M GLOIRE グローレ ドライバーの適合ゴルファー

テーラーメイドから2018年後期に発表されたM GLOIRE グローレ ドライバー。このモデル名に驚いたゴルファーは少なくないでしょう。本記事ではMグローレがどのようなゴルファーに適しているについて、モデルの特徴から迫っていきます。

Mグローレの位置づけ

テーラーメイドのモデルと言えば、これまで「Mシリーズ」と日本専用のシニア向け「グローレシリーズ」の2つのラインナップとなっていました。

今回のMグローレは、文字通りMとグローレの融合となっています。包括関係で言えば、テーラーメイド社の発表を聞く限り、Mの中にグローレが取り込まれた形になっているようです。

実際、グローレMではなく、Mグローレとなっていますので、M3、M4、Mグローレという区分けになっていると捉えると良いと思います。

MグローレとM3、M4との違い

既存のM3ドライバー、M4ドライバーと、Mグローレドライバーの違いを見ていくと、Mグローレドライバーが対象にしているゴルファー像が浮かび上がってきます。

クラブ重量が軽い

クラブ重量で見ていくと、M3ドライバーが307g、M4ドライバーが297g、そして、Mグローレドライバーが278gとなっています。(標準シャフト、SRでの重量)

Mグローレドライバーは、グローレのようにかなり軽めに重量設計されていますので、ヘッドスピードが遅めのゴルファーが扱いやすいクラブとなっています。

つかまりがよく、ドロー系の弾道

重量配分がしっかりしていて、低重心・深重心、ドロー・バイアス・ウェイトの搭載により、重心角が大きく、高弾道でつかまりが良くなっています。弾道から見ると、つかまりが欲しいスライサーのゴルファーに向いています。

フォージドのツイストフェース

Mシリーズということで、ツイストフェースがしっかり搭載されています。しかも、そこはグローレらしく「フォージドツイストフェース」となっていますので、高級感があり、打音にも拘りが見られます。

シニアや初級者に支持されているゼクシオは、打音が好まれていますので、Mグローレが商品説明の中で「打音」というキーワードを盛り込んできたあたり、シニア・初級者をターゲットに見据えている様子が伺えます。

Mグローレドライバーの推奨ゴルファーは!?

ここまでMグローレドライバーの特徴を見てきました。最後に整理しますと、Mグローレドライバーの適合ゴルファーとして、以下のようなタイプが推奨されると考えられます。

・つかまりが欲しい、スライサー
・ヘッドスピードが速くない(43m/s以下)
・軽めのクラブで心地良い打音で飛ばしたい
・弾道のブレが大きい

参考記事

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

ツイストフェースの効果、M4ドライバーは何故、凄いか!?

M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

投稿者: ゴルフ

ゴルファーにとって飛距離は永遠のテーマ。ドライバーで飛距離アップを図りたいゴルファー向けに、おすすめのディスタンス系ドライバーを紹介します。