飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

XR 16ドライバーの試打・評価・感想

投稿日:2020年5月7日 更新日:

キャロウェイのXR 16ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

XRドライバーの2016年モデルは2種類ある


XRドライバーは2015年にX HOTの流れを汲んで初代モデルが発売されています。本記事で取り上げているモデルは、2016年の2代目モデルです。

2代目のXRドライバーは、大型ヘッドのXR 16ドライバーとディープでやや小ぶりなXR PRO 16ドライバーの2種類となっています。

  • XR 16ドライバー
    ヘッド体積460ccのシャローヘッドで、低重心・深重心設計。ドローバイアスで球のつかまりもサポート。
  • XR PRO 16ドライバー
    ヘッド体積440ccのディープヘッド。つかまりを抑えた重心設計で、低スピンで強い弾道が出る。

XR 16ドライバーの特徴

XR 16ドライバーは、大型ヘッドで投影面積も大きいモデルです。PROモデルがある中、石川遼プロがやさしいこちらのドライバーを選択したことで注目が集まったモデルです。

従来モデルよりも低重心・深重心

XR16ドライバーのヘッドは、PROモデルと比べてかなり投影面積が大きく取られています。

従来モデルよりも10%慣性モーメントが大きく、15%低重心になっていますので、球の上がりやすさ、ミスへの許容性が上がっています。また、外観からは視認できるウェイト配分は見当たりませんが、ドローバイアスを強めていてボールのつかまりもアップしています。

つまり、やさしさを高めたドライバーということになります。もし、操作性が欲しい、芯に当てた時の爆発的な飛距離が欲しいという方は、プロモデルの方がおすすめです。

19%薄肉化されたフェースは反発エリアが拡大

フェースの厚さは従来モデルよりも19%薄肉化されています。

高初速エリアが拡大し、深重心による慣性モーメントのアップと相まって、打点のブレに強さを発揮してくれます。

ロフト角・ライ角の調整機能を搭載

アジャスタブル・ホーゼルが搭載されていて、ロフト角・ライ角を個々に調整することができます。

ロフト角は-1°、スタンダード、+1°、+2°の4種類、ライ角はスタンダード、ドロー(アップライド)の2種類で、合計4×2=8種類のセッティングが可能となっています。

XRドライバー・XR PROドライバー 2016のロフト角・ライ角の調整機能を徹底解説!アジャスタブル・ホーゼル

XR16ドライバー 使用プロ

XR16ドライバーはやさしい方のモデルですが、プロにより使用されている(または使用されていた)ドライバーです。

  • 石川遼
  • 柏原明日架
  • マーク・レイシュマン etc。

XR 16ドライバーの試打・評価

XR 16とXR PRO 16を試打比較

  • フェースは弾きが良いが、打感は硬くない。
  • スイートスポットが広くて、球のバラツキが少ない。
  • 飛ばそうとするよりも、ゆったりと振ると、平均飛距離が上がるドライバー。
  • XRドライバーは、やさしく高弾道で飛ばしたい人、XR PRO 16は、ヘッドスピードが速い人におすすめ。

XR 16ドライバーの特徴をゴルフショップスタッフが解説

  • ボーイングとの共同開発で、ソール・クラウンにデザインが施され、空気抵抗が抑えられる。
  • 標準シャフトは、Fujikuraとの共同開発で、先中調子。ボールのつかまりが良く、飛距離が出る。

藤田光里プロがXR 16ドライバーを試打

  • 外観はマット加工でかっこよく仕上がっている。
  • 打感が良く、思っていたより球が上がる。
  • 構えた時に難しさを感じさせない。
  • やさしいので女性も使える。

XR 16ドライバーのスペック

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:58°、59°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • 標準シャフト:XR

XR 16ドライバーのシャフトラインナップ

  • XR(S、SR、R)
  • Tour AD GP-6(S)
  • Tour AD GP-5(S)
  • SPEEDER Evolution II 569(S)
  • SPEEDER Evolution III 661(S)
  • SPEEDER Evolution III 569(S)
  • Diamana BF 60(S)
  • Diamana BF 50(S)
  • ATTAS PUNCH 6(S)
  • ATTAS PUNCH 5(S)
  • Tour AD TP-6(S)
  • Tour AD TP-5(S)

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , ,

関連記事

M6ドライバーとM4ドライバーの違い

テーラーメイドのM6ドライバーとM4ドライバーについて違いを取り上げます。 テーラーメイド M6ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 M6ドライバーの前作に当たるのがM …

タイトリスト 913 D3 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2013年モデルとして発売されている913 D3ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 913 D3ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す A …

ゼクシオ2022の試打会情報

ダンロップから発売の12代目となるゼクシオ2022年モデルについて、試打会が予定されています。 エリア別の詳しい日程が発表されていますので、まとめました。 このページは、ゼクシオ2022の試打会に関す …

テーラーメイド オリジナル ワン ミニドライバー 275ccの試打・最新情報まとめ

300miniドライバーについては下記記事をご覧ください ≫ テーラーメイド 300ミニドライバー 2021の最新情報まとめ!試打・評価・スペック テーラーメイドのUSで発売されているオリジナル ワン …

Mグローレ ドライバーとゼクシオ10ドライバーはどちらがオススメか?徹底比較!

テーラーメイドから発売のMグローレドライバーは、まさかのグローレとMシリーズの融合で驚きのモデルです。Mグローレはクラブ重量の軽さからゼクシオ10と比較されるケースが目立ちます。 目次1 Mグローレと …