飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 2016 」 一覧

G SF TECドライバーの試打・評価・感想

PINGから2016年に発売のG SF TECドライバーについて、試打・評価・商品の特徴について取り上げます。

G SF TECドライバーの特徴

PINGのG SF TECドライバーは2016年に発売のドライバーです。

2004年に初代モデルがリリースされているGシリーズに属していて、2016年のGドライバーは8代目となります。

Gドライバーは3種類のヘッドがある

Gドライバーは、全部で3種類のヘッドが用意されています。

左からスタンダードタイプのGドライバー、低スピンタイプのG LS TECドライバー、直進性に優れたG SF TECドライバーです。

なお、本記事で取り上げているのは、右のG SF TECドライバーです。

ウェイトがヒール寄りに搭載され、つかまりが良い

G SF TECの最大の特徴は、球のつかまりの良さにあります。上の映像は、SF TEC(写真左)とスタンダード(写真右)を並べたものです。左のSF TECの方がソール後方のウェイトがヒール寄りに搭載されています。

重心がヒール寄りになることで、ヘッドの返りが良くなりますので、インパクトの際にフェースをスクエアに戻しやすくなっています。

弾道が意図せずスライス気味の方には、最もスライス改善効果が期待できる重心設計の一つです。

とはいえ、Gシリーズはプロも使うモデルですから、ドスライサー向けのスライス矯正モデルというより、スタンダードやLS TECに比べると、つかまりが良いモデルという感覚が近いと思います。

大型ウェイトをヒール側に配置したPING独自のSF TEC(ストレート・フライト・テクノロジー)により、直進性に優れた高弾道を可能に。右へのミスを極限まで抑制した憧れの力強いドロー設計

引用:clubping.jp

ハイロフトで球が上がりやすい

G SF TECドライバーは、他の2モデルと比べて、ロフト角が1~1.5°寝ています。

打ち出しが高くなりますので、球が上がりやすくなっています。

モデル ロフト角
Gドライバー 10.5°
G LS TECドライバー 10.5°
G SF TECドライバー 10° 12°

タービュレーターが空気抵抗を抑え、ヘッドが走る

Gシリーズドライバーは、前作となるG30からクラウンにタービュレーターと呼ばれる凹凸が施されています。

これにより、空気抵抗が抑えられ、ヘッドの走りが良くなりますので、ボールスピードのアップに繋がります。

▼タービュレーターの効果を検証した動画です

エアロ設計のヘッドは他メーカーでもありますが、なかなか効果を感じづらいのが実状です。

PINGでは、タービュレーターの検証結果を動画で公開されていて、空気の流れがスムーズになっている様子が分かります。

新採用のVORTECが、ヘッドをスムーズに走らせる

出典:jp.ping.com

G SF TECドライバーでは、新たにVORTECがヘッド後方に搭載されています。

空気抵抗を抑えてヘッドの走りをよくし、さらに、ヘッドの余分な振動も抑えてくれます。

フェースがインパクトの際に最大の撓みを生み出す

出典:jp.ping.com

G SF TECドライバーには、軽くて高強度のT9Sチタンのフェースが搭載されています。

インパクト時にフェースの撓みが最大となることで、ボール初速をアップしてくれます。

フェースに加えて、クラウンも軽量化されていて、生み出された余剰重量は効果的に重量配分され、深重心・低重心が実現されています。

ロフト角の調整機能を搭載

出典:clubping.jp

Gシリーズのドライバーは、可変スリーブによるロフト角の調整機能が搭載されています。

スリーブに予め設定されている5つのポジションを選択することで、-1.0~+1.0の範囲でロフト角を変更することができます。

▼Gドライバーのロフト角調整機能については、別記事に詳しくまとめてありますので、リンクを載せておきます。

https://driver.jpn.org/4178/g%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%83%95%e3%83%88%e8%a7%92%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%82%a4%e8%a7%92%e8%aa%bf%e6%95%b4%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/

なお、可変スリーブは、前作のG30、後継のG400と互換性があります。

G SF TECドライバーの試打・評価

G SF TECドライバーを試打した感想

  • ノーマル、LS TEC、SF TECで見た目は殆ど同じ。
  • フェース、投影面積の大きさは安心感がある。
  • 打感は弾き感があるが一番柔らかめ。
  • ウェイトがヒール寄りになっていて、多少、つかまりが良くなっている。
  • 弾道は高い。
  • スピン量が少なくて、球がドロップしてしまう方、スライス気味の方におすすめのドライバー。

G SF TECの適合ゴルファー

どんなゴルファーに向いているのか?

  • スピンを減らして飛距離を稼ぎたい人
  • 空力特性にこだわるゴルファー
  • 捕まりのいいピンのドライバーを使いたい人

G SF TECドライバーのスペック

ヘッドスペック

スタンダードモデル、LS TECは、ロフト角が9、10.5°の2種類ですが、SF TECは1~1.5°のハイロフトとなっています。

つかまりの良さに加えて、より球が上がりやすい仕様となっています。

  • ロフト角:10、12°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:約290g(ALTA J50・R)
  • フェース素材:T9Sチタン
  • ボディ素材:811チタン

シャフトスペック

出典:clubping.jp

標準シャフトはALTA J50です。メーカー公式サイトでは合計4種類のシャフトが紹介されています。

  • ALTA J 50(R、SR、S、TS)
  • Tour 65(S、X)
  • N.S.PRO Regio Formula B TYPE55(R2、R、S)
  • ATTAS G7 6(SR、S、X)

G SF TECドライバー関連おすすめ記事

▼Gドライバーのロフト角調整機能

https://driver.jpn.org/4178/g%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%83%95%e3%83%88%e8%a7%92%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%82%a4%e8%a7%92%e8%aa%bf%e6%95%b4%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/

▼後継モデルのG400ドライバー関連記事

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G400 STD・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

▼Gシリーズドライバーの歴代モデル

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 







G LS TECドライバーの試打・評価・感想

PINGから2016年に発売のG LS TECドライバーについて、試打・評価・商品の特徴について取り上げます。 G LS TECドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …

Gドライバーの試打・評価・感想

PINGから2016年に発売のGドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。 Gドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す Gドライバ …

Gドライバーのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!

▼G410シリーズのロフト角・ウェイト調整機能については、下記記事をご覧ください。 ≫ G410 PLUS・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角・ウェイト調整機能を徹底解説! PINGのGシリ …

XR 16ドライバーとXR PRO 16ドライバーの違いを徹底解説

キャロウェイのXR 16ドライバーとXR PRO 16ドライバーについて、違いを解説します。 XR 16ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 2種類あるXRドライバーの2016 …