飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ピン

G LS TECドライバーの試打・評価・感想

投稿日:2020年8月17日 更新日:

PINGから2016年に発売のG LS TECドライバーについて、試打・評価・商品の特徴について取り上げます。

G LS TECドライバーの特徴

PINGのGドライバーは2016年に発売されたGシリーズのドライバーです。

名前から初代モデルのように思われそうですが、Gシリーズの初代は2004年のG2ドライバーでして、2016年のGドライバーは8代目に当たります。

Gドライバーは全部で3タイプ

Gドライバーは、全部で3タイプのヘッドがあります。

左からスタンダードタイプのGドライバー、低スピンタイプのG LS TECドライバー、ドロータイプのG SF TECドライバーです。本記事で取り上げているのは、真中のG LS TECドライバーです。

最近ではすっかり馴染みのある3種類のタイプ別のヘッドですが、このラインナップになったのは1世代前のG30ドライバーからです。

ディープヘッド・浅重心設計でスピン量が抑えられる

G LS TECの最大の特徴は、低スピン性能にあります。

上の映像は、LS TEC(写真左)とスタンダード(写真右)を並べたものです。左のLS TECの方がストレッチが短くディープで、浅重心になっているのが分かります。

重心が浅くなることで、バックスピンが抑えられますので、吹け上がらない強いライナー性の弾道が出ます。

LS TECタイプは、スタンダードタイプと比較して、重心位置をフェース寄りに配置する事で、約400回転もスピン量を軽減した低スピン設計

引用:clubping.jp

タービュレーターと新搭載のVORTECが、空気抵抗を抑える

前作に引き続いて、クラウンにはタービュレーターと呼ばれる突起が施されてい空気抵抗を抑えてくれます。

▼タービュレーターの効果を検証した動画です

こちらの実験で、空気がスムーズに流れている様子が確認できます。

出典:jp.ping.com

また、Gドライバーではヘッド後方にVORTECが新搭載されています。ヘッドの余分な振動を減少させ、空気抵抗も抑えてくれます。

軽量フェースが、撓んで飛ばす

出典:jp.ping.com

G LS TECドライバーのフェース素材には、軽くて高強度のT9Sチタンが採用されています。

インパクト時にフェースの撓みが最大となり、ボール初速をアップしてくれます。

フェースだけでなく、クラウンも軽量化されていることで余剰重量が生み出されていて、軽量化されているため、さらに、軽量化による余剰重量が最適配分され、深重心・低重心が実現されています。

ロフト角の調整機能を搭載

出典:clubping.jp

Gシリーズのドライバーは、ネックに可変スリーブが採用されていて、ロフト角の調整機能が備わっています。

角度調整は予め定められた5種類のセッティングから選択することで、-1.0~+1.0の範囲で行うことができます。

▼Gドライバーのロフト角調整機能については、別記事に詳しくまとめてありますので、リンクを載せておきます。

https://driver.jpn.org/4178/g%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%83%95%e3%83%88%e8%a7%92%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%82%a4%e8%a7%92%e8%aa%bf%e6%95%b4%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/

なお、可変スリーブは、前作のG30、後継のG400と互換性があります。

G LS TECドライバーの試打・評価

G LS TECドライバーを試打した感想

  • ノーマル、LS TEC、SF TECで見た目は殆ど同じ。
  • 打音は高い金属音で、打感は弾き感がある。
  • 中弾道で強い弾道が出る。
  • ヘッドスピードがある方におすすめのドライバー。

G LS TECの適合ゴルファー

どんなゴルファーに向いているのか?

  • スピンを減らして飛距離を稼ぎたい人
  • 空力特性にこだわるゴルファー
  • シャットフェースでスイングする人

G LS TECドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:約300g(ALTA J50・S)
  • フェース素材:T9Sチタン
  • ボディ素材:811チタン

シャフトスペック

出典:clubping.jp

標準シャフトはALTA J50です。メーカー公式サイトでは合計4種類のシャフトが紹介されています。

  • ALTA J 50(R、SR、S、TS)
  • Tour 65(S、X)
  • N.S.PRO Regio Formula B TYPE55(R2、R、S)
  • ATTAS G7 6(SR、S、X)

Gドライバー関連おすすめ記事

▼Gドライバーのロフト角調整機能

https://driver.jpn.org/4178/g%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%83%95%e3%83%88%e8%a7%92%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%82%a4%e8%a7%92%e8%aa%bf%e6%95%b4%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/

▼後継モデルのG400ドライバー関連記事

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G400 STD・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

▼Gシリーズドライバーの歴代モデル

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ピン
-, , ,

関連記事

TSi4ドライバーとTS4ドライバーの違いを徹底解説!

▼TSi4ドライバーの最新情報については、下記記事をご覧ください。 ≫ TSi4ドライバーの試打・評価・感想 タイトリストのTSi4ドライバーとTS4ドライバー。 「4」のモデルは、なかなか市販された …

PING G730アイアンの最新情報まとめ

PINGのG710アイアンの後継モデルについて、新たな情報が確認されましたので、取り上げます。 目次1 G7系アイアン2 G710アイアンの後継は、G730アイアンか!?3 G730アイアンの発売日 …

ChipR(チッパー)の試打・評価・感想

PINGから発売のChipR(チッパー)について、最新情報を取り上げます。 ChipR(チッパー) Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA ゴルフパートナー 目次1 ChipR(チッパー)の …

HONMA D1ドライバーの最新情報まとめ

本間ゴルフのD1ドライバーがR&Aのルール適合リストに掲載されましたので、最新情報を取り上げます。 目次1 本間ゴルフ D1ドライバーが適合リストに掲載2 D1ドライバーの特徴2.1 ロフト角 …

MAVRIK(マーベリック)サブゼロ ドライバーのトリプルダイヤモンド ◆◆◆が早くも適合リストに追加!

▼MAVRIK マーベリックドライバーの最新情報はコチラをご覧ください。 ≫ キャロウェイのMAVRIK(マーベリック)・MAVRIKサブゼロの最新情報まとめ キャロウェイのMAVRIK(マーベリック …