飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ピン

G25ドライバーの試打・評価・感想

投稿日:2021年8月2日 更新日:

PINGから2013年に発売のG25ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。

G25ドライバーの特徴

PINGのG25ドライバーは、2013年に発売されたモデルで、Gシリーズの6代目にあたります。前作は2011年のG20ドライバー、後継は2015年のGドライバーです。

7代目に当たるGドライバーからスタンダード、SF TEC、LS TECの3タイプ構成となりますが、6代目のG25ドライバーは1種類のみです。

▼歴代Gシリーズのドライバーについてはコチラにまとめてあります。
≫ PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

PING史上、最も重いヘッド

G25ドライバーは、当時のPING史上で最も重たい205gのヘッドが採用されています。

重たいながらも、振りやすさが損なわれないよう、重心位置を手元寄りにしたスーパーハイバランスポイントシャフトが採用され、ヘッドスピードのアップが図られています。

軽量化により低重心・深重心を実現

クラウンを前作よりも薄肉になっていて、軽量化が進められています。ソール後方にはウェイトが装着され、低重心・深重心が実現されています。

これにより、打ち出し角のバラツキは17%、左右のバラツキは10%抑えられ、弾道の安定性が高まっています。

ロフト角は±0.5°の調整が可能

PINGのGシリーズのドライバーでは、初めてロフト角の調整機能が搭載されています。

シャフトの先端に可変スリーブが搭載され、回転させることで、ロフト角を+0.5°、-0.5°に調整することができます。

▼G25ドライバーのロフト角調整機能については、別記事に詳しくまとめてありますので、リンクを載せておきます。

https://driver.jpn.org/4929/g25%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%83%95%e3%83%88%e8%a7%92%e8%aa%bf%e6%95%b4%e6%a9%9f%e8%83%bd%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3%e8%aa%ac%ef%bc%81/

なお、G25の可変スリーブは、i25、Gアンサーと互換性があるようです。

G25ドライバーの試打・評価

塚田好宣プロのよる試打・評価

  • 何も考えずに打っても、弾道が揃う。
  • 弾道の安定性が高いので、ボールを右左にずらすだけで、低く打てたり高く打てたりする。
  • 海外の飛ばすツアープロ達が打っても、弾道が曲がらない。
  • ヘッドの投影面積が大きく、芯からズレて当たっても、距離や方向性のブレが少ない。

ピン G25 ドライバー 新製品レポート–GDOギア情報

曲がりづらいし、上がりやすい。深重心の効果が感じられます

球は高いけど、スピンが多すぎてフケてる感じがしない。…直進性も強い…高弾道の低スピンで飛ばせそうなモデル

引用:golfdigest.co.jp

ゴルフ体験主義 ピン「G25」ドライバー

実際に打ってみると、いわゆるロースピンモデル。

弾道ですが、普通に高弾道。

出球傾向ですが、…ほぼストレート。スピン量が少ないことのいい意味での影響か、曲がりも少ない感じです

TFC360DでHS42~43m/sあたりがドンピシャで、TFC189Dは44~45m/sは欲しいでしょうね。性格的にはオートマチックにロースピンのハイボールが打てるモデルだと思います。かなりロースピンを意識したモデルなので、シャフトさえ合わせれば、飛んで曲がらないドライバーになりそう

引用:nikkansports.com

G25ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5、12°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:約309g(TFC 360・R)
  • フェース素材:6-4チタン
  • ボディ素材:8-1-1チタン
  • クラブ長さ:45.75インチ

シャフトスペック

シャフト TFC 360D TFC 189D
フレックス R SR S Tour-S Tour-X
シャフト重量(g) 49 53 58 60 64
トルク(°) 5.5 5 4.8 4.2 4.1
キックポイント 先中 手元 手元

標準シャフトは、R、SR、SスペックがTFC 360Dで、Tour-S、Tour-XがTFC 189Dです。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ピン
-, , ,

関連記事

XXIOプライムドライバーの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2001年に発売!

XXIOプライムの最近のモデルについてはコチラをご覧ください ≫ XXIOプライムドライバー 2021の最新情報まとめ ゼクシオのゴルフクラブと言えば、シニアを中心としたヘッドスピードが遅めの方向けで …

MグローレドライバーとM4ドライバーの違い

テーラーメイドから2018年後期に発売されているMグローレドライバー。Mシリーズとグローレの融合ということで、注目のモデルとなっています。2018年の前半はM4、後半はMグローレと、1年を通してドライ …

Wilson Staff Launch Pad ドライバーの最新情報まとめ

Wilson StaffのLaunch Pad ドライバーに関する情報が公式ツイッターや海外ゴルフメディアで取り上げられていますので、最新情報をまとめました。 ウィルソン スタッフ Launch Pa …

ブリヂストン ツアーステージ TOURSTAGE V002ゴルフセットを徹底解説!ツアステの復刻モデル

ブリヂストンから発売のゴルフセット、「TOURSTAGE(ツアーステージ) V002 ゴルフセット」について、詳しく解説します。 ツアーステージ V002ゴルフセット Amazon 楽天市場 目次1 …

ガチで一押しのドライバー 2021【ゴルフ識者が厳選】タイプが異なる4機種を詳しく解説

ゴルフ識者が2021年いちおしドライバーを語り尽くす企画が、スポナビゴルフさんのyoutubeチャンネルにて行われました。 ゴルフライター、クラブフィッター、ティーチングプロの総勢5名が集まって、一押 …