飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

飛距離が出るフェアウェイウッド 飛距離が出るユーティリティ スリクソン

スリクソン ZXフェアウェイウッド・ZXハイブリッドの最新情報まとめ

投稿日:

スリクソンの2020年のZシリーズのZXフェアウェイウッド、ZXハイブリッドについて、最新情報を取り上げます。

日本のSRIXON公式サイトではまだ発表がありませんが、海外サイトでは掲載されましたので、外観や特徴などを紹介します。

▼ZX5・ZX7ドライバーについてはコチラにまとめてあります。
≫ スリクソン ZX5・ZX7ドライバーの最新情報まとめ
▼ZX5・ZX7アイアンについてはコチラにまとめてあります。
≫ スリクソン ZX5・ZX7アイアンの最新情報まとめ

ZXフェアウェイウッド・ZXハイブリッドについて

フェアウェイウッドとハイブリッドは、それぞれ1種類

スリクソンの2020年のZシリーズは、「ZX」です。

ドライバーやアイアンはZX5とZX7の2種類のモデルがありますが、フェアウェイウッドとハイブリッドは従来通り1種類のみとなっています。

出典:R&A

フェアウェイウッドは、R&AにZXフェアウェイウッドとZXツアーフェアウェイウッドの2種類が掲載されていました。

市販モデルとして掲載されているのはZXフェアウェイウッドのみのため、ツアーモデルの方はプロ用で、市販はされないようです。

ZXフェアウェイウッド・ZXハイブリッドの公式動画

日本のスリクソンからはZXシリーズに関する情報がまだ発表されていませんが、海外の一部のエリアでは公式情報が出ています。

海外のスリクソンのyoutubeチャンネルにも投稿がありますので、説明は英語ですが、デザインやサイズ感などは360°ビューで良く分かります。

共通のテクノロジー①:REBOUND FRAME

出典:srixon.co.uk

ドライバーも含め、ウッド系にはREBOUND FRAMEという新たなテクノロジーが搭載されています。

REBOUND FRAMEは、上図のオレンジ部分が柔らかくなっていることで、「柔」と「硬」が交互に繰り返され、スプリング内のスプリングのような構造が実現されています。

これにより、全てのショット、特にセンターで捉えた時にボール速度をアップしてくれます。

共通のテクノロジー②:ステップクラウン

クラウンは階段上のステップクラウンが採用されています。

この形状を取ることで、重心が低くなり、最適な打ち出しの高さが実現されています。

ZXフェアウェイウッドの特徴

こちらがZXフェアウェイウッドです。ドライバーと殆ど同じデザインですが、前作同様、外観から視認できる三角形のウェイトは搭載されていません。

キャノンソールを搭載

出典:srixon.co.uk

ゼクシオイレブンで搭載されているキャノンソールが、スリクソンのZXフェアウェイウッドに採用されています。

フェースの直ぐ後ろに、薄くて柔軟なソールが実現され、最適化された打ち出しの高さとボールスピードのアップをもたらしてくれます。

調整機能は未搭載

前作同様、フェアウェイウッドにはロフト角・ウェイトの調整機能は搭載されていません。

すっきりとしたペンシルネックで構えやすいと同時に、余分な重量物が無く、より最適な重心設計に繋がっています。

ZXフェアウェイウッドのスペック(UKサイトのデータ)

番手 ロフト角 ライ角 長さ
3+ 13.5° 57.5° 43″
3 15° 57.5° 43″
5 18° 58.0° 42.5″
7 21° 58.5° 42″

現時点では海外サイトのみ情報が公開されていますので、UKサイトに掲載されているスペックを取り上げています。

そのため、日本発売モデルとは異なる可能性があります。日本発売モデルの情報が確認され次第、スペックデータを更新します。

3+があるのは海外特有の場合がありますので、日本発売モデルではこのスペックは無い可能性があると思います。

ZXハイブリッドの特徴

こちらがZXハイブリッドです。外観はドライバーやフェアウェイウッドと同じテイストで、従来通りきれいなタラコ型のウッド型ユーティリティです。

ZXハイブリッドのスペック(UKサイトのデータ)

番手 ロフト角 ライ角 長さ
2 16° 57.0° 40.25″
3 19° 57.5° 40.25″
4 22° 58.0° 39.75″

現時点では海外サイトのみ情報が公開されていますので、UKサイトに掲載されているスペックを取り上げています。

そのため、日本発売モデルとは異なる可能性があります。日本発売モデルの情報が確認され次第、スペックデータを更新します。

Z H85では、3~6番の4本のセッティングでしたが、UKでは2~4の3本となっています。R&Aに掲載された番手は、2~6ですので、日本発売モデルでは従来通り3~6になるのではないかと思われます。

まとめ

スリクソンのZXフェアウェイウッド・ZXハイブリッドについて、最新情報を取り上げました。

日本のスリクソンの公式サイト等からの新たな情報が確認されましたら、こちらのページに反映していきます。

【何処よりも早い】スリクソン ZX5・ZX7ドライバーの最新情報まとめ

【何処よりも早い】スリクソン ZX5・ZX7アイアンの最新情報まとめ

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るフェアウェイウッド, 飛距離が出るユーティリティ, スリクソン
-, , , , ,

関連記事

スリクソン Z565ドライバーとZ765ドライバーの違い

スリクソン Z565ドライバーとZ765ドライバーの違いについて解説します。 スリクソン Z65シリーズドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 スリクソンの2016年 Z …

スリクソン Z585ドライバー、Z785ドライバーが、やさしくなっている!その根拠を徹底解説!

スリクソンから2018年9月22日に発売のZ585ドライバー。ダンロップのアスリート向けブランドとして人気のスリクソンからは、2018年モデルのドライバーとして、Z585 とZ785 の2種類が発売さ …

スリクソン Z785ドライバーの試打・評価・感想

※追記2019/02/26:試打動画を1件追加しました。 アスリートゴルファー向けのブランドのスリクソン。上級者が好み、アベレージゴルファーが憧れるZシリーズについて、2018年モデルのZ785ドライ …

スリクソン Z545ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2014年モデルのドライバー、Z545ドライバーについて取り上げます。 Z545ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 …

Z785・Z565・Z765などスリクソンZドライバーのロフト角・ライ角の調整機能(QTSスリーブ)を徹底解説!

スリクソンのZドライバーに搭載されているロフト角・ライ角の調整機能、QTSスリーブについて調整方法・設定・互換性について解説します。 Z785ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Am …