飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー タイトリスト

VG3 ドライバー 2016の試打・評価・感想

投稿日:2021年8月22日 更新日:

タイトリストから発売されているVG3ドライバー 2016年モデルについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。

VG3ドライバー 2016年モデルの特徴

タイトリストのVG3ドライバーの2016年モデルは、2010年の発売から2年毎のリニューアルを重ね、4代目のモデルとなります。

VG3は、テーラーメイドのグローレシリーズのようにワールドモデルとは別に、日本市場向けのモデルとして展開されているシリーズです。

2016年モデルは、シルバーからブラックになりましたので、タイトリストの91シリーズと似ていて、タイトリストらしい精悍で引き締まったデザインとなっています。

ヘッドの中心軸近くに重心を配置

ゴルフクラブの重心は、中心とは異なっていることが大半ですが、VG3ドライバーでは、フェースセンターから垂直に伸びる中心軸線上の近くに重心が設定されています。

重心が中心近くに設定されていますので、よりボールにエネルギーが効率的に伝わり、ボール初速のアップにつながります。

アクティブ・リコイル・チャンネル

4代目VG3で新たに搭載されたテクノロジーとして注目したい点が、フェースの直ぐ後ろにあるソール側のスリット構造です。

スリットそのものは、各メーカー様々な位置や形状で搭載していますので、目新しいものではありませんが、この位置と大きさを採用するメーカーは少なくありません。

こちらは同時期に発売の915シリーズの解説動画になりますが、スリット構造の効果について、プロの評価を交えて詳しく解説されています。

高価としては、クラウンとソールが撓んで、スピンが抑えられ、飛距離が伸び、オフセンターになってしまった場合もボール初速は下がらず、弾道が安定します。

カップフェース構造により、スイートエリアが拡大

初代から引き続いて、カップフェース構造が採用されています。前作の2014年モデルでもスイートエリアが10%拡大していますが、2016年モデルではさらに拡大しています。

さらにフェースの広いエリアで高初速が実現されていますので、打点がバラツキやすい方には、弾道の安定性が増します。

安心感のあるヘッド形状

タイトリストらしい洋ナシ型と丸型の中間ぐらいの形状です。難し過ぎず、かと言って、つかまり過ぎてしまう様子もありません。

カラーリングがブラックになったことで精悍さが出ていて、ニュートラルなイメージで落ち着いて構えられそうです。

ロフト角・ライ角の調整機能を搭載

前作に引き続いて、ロフト角・ライ角の調整機能であるSureFitTourが搭載されています。

ロフト角・ライ角共に、独立して−1°〜+2°の範囲で調整することができますので、自由度の高いカスタマイズが可能です。

VG3 ドライバー 2016の試打・評価

  • 溝構造によってヘッドが撓んでボールが喰い付く感じが出ている。
  • 反発するので、初速が速くなって、高弾道になる。
  • シャフトはVG3専用で、手元が重くなっていて最後にシャフトがしなる。少し遅れてきても、シャフトが仕事してくれる。
  • 915と似ているが、VG3は軽めに出来ているのが特徴。

  • やさしいアスリートドライバーと言われるだけあって、やさしい。
  • 打感は硬すぎず、溝により弾き感がある。
  • クラブ長さは46インチあるが、長さを感じさせない。
  • ハードさがないので、最後まで振り抜けば高弾道が出る。

VG3ドライバー 2016のスペック

クラブスペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:282g
  • 標準シャフト:タイトリスト VG50
  • フレックス:S、SR、R
  • キックポイント:先中
  • スイングウェイト:D2.0

クラブ重量は282gとかなり軽めです。同時期のツアープロ向けモデルである915D2・D3は共に307gですので、約25gとかなりの重量差があります。

一般的なアベレージゴルファー向けのドライバーが290~300gと考えると、15g前後の軽さとなります。軽めのクラブで楽にふりたいという方におすすめです。

シャフトラインナップ

公式サイトでは4種類のシャフトが紹介されています。

  • タイトリスト VG50・VG60(三菱ケミカル社製)
  • KURO KAGE XM50(三菱ケミカル社製)
  • Speeder 569 EVOLUTION II(フジクラ社製)
  • Tour AD GP-5(グラファイトデザイン社製)

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, タイトリスト
-, , , ,

関連記事

松山英樹が遂にスリクソン ZX5ドライバーを使用!アイアンはZX7アイアンか?

松山英樹がBMW選手権の初日(2020年8月27日)にトップとなりました。 この試合で握っていたドライバーがスリクソンの新作、ZX5ドライバーだったことで、話題となっています。 目次1 松山英樹が遂に …

【日本モデル】SIM MAX-Dドライバー・フェアウェイウッドが限定発売!発売価格・発売日・スペックまとめ

▼SIM MAX D-TYPEドライバーのUSモデルは、下記記事をご覧ください。 ≫ SIM MAX D-TYPEドライバー(US)の試打・評価・感想 テーラーメイドの2020年モデル、SIM MAX …

G410 MAXドライバーの最新情報まとめ

▼2020年08月24日追記 PINGのG425 MAXシリーズの存在が確認されました。詳しくはこちらをご覧ください。 PING G425ドライバー(MAX・LST・SFT)の最新情報まとめ &nbs …

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2019年モデルとして発売のG410ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。 G410 PLUS ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探 …

ROGUE ドロー ドライバーを徹底解剖!試打・スペックも掲載

キャロウェイから発売のROGUE DRAW ドライバーについて取り上げます。 ROGUE ドロー ドライバー USモデル フェアウェイゴルフで探す 楽天市場で探す 目次1 ROGUE ドロー ドライバ …