飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー テーラーメイド

SIM2ドライバー(2021)とSIMドライバー(2020)の違いを徹底解説!

投稿日:2021年1月27日 更新日:

▼SIM2シリーズドライバーの最新情報については、下記記事をご覧ください。
≫ SIM2・SIM2 MAX・SIM2 MAX-Dドライバーの最新情報まとめ【2021年】

SIM2ドライバー(2021)と前作のSIMドライバー(2020)。

共にアスリート向けの新・旧ドライバーの違いについて取り上げます。

SIM2ドライバーとSIMドライバー

テーラーメイドの2021年モデルは、2020年のSIMの後継となるSIM2シリーズです。

SIM2シリーズのドライバーは、アスリート向けのSIM2ドライバーと、アベレージ向けのSIM2 MAXドライバー、そして、そのドローモデルのSIM2 MAX-Dドラバーの3タイプあります。

この3種のラインナップは、前年のSIMと同じ構成でして、SIM2ドライバーとSIMドライバーは継承関係にあり、適合ゴルファーも同じです。

SIM2ドライバーとSIMドライバーの共通点

SIM2ドライバー(2021)とSIMドライバー(2020)の違いを取り上げる前に、まず、共通のテクノロジーや特徴を確認しましょう。

主要なテクノロジーは継承されている

※上図はSIM2ドライバー

SIMドライバー(2020)とSIM2ドライバー(2021)は、どちらもアスリート向けの低スピン・強弾道が特徴のドライバーです。

基本的なコンセプト、ターゲットゴルファーは変わっておらず、主要なテクノロジーもSIMからSIM2へしっかり継承されています。

  • イナーシャ・ジェネレータ
  • スピード・インジェクション
  • ツイスト・フェース
  • 貫通型スピードポケット

低スピン性能に優れた強弾道ドライバー

SIM2ドライバー(2021)とSIMドライバー(2020)は、どちらも低スピンが最大の特徴のドライバーです。

スピン量が抑えられることにより、球に過剰な揚力が掛からず、吹け上がらずにライナー性の強い弾道が出やすくなっています。ヘッドスピードが速く、思い切り叩きたい方に適したドライバーです。

SIM2ドライバーとSIMドライバーの違い

ドロー・フェードの調整機能は、SIM2で外されている

※左がSIM2 MAXドライバー2021、右がSIM MAXドライバー2020

SIM2ドライバー(2021)で大きく変わったところは、ウェイトを左右にスライドさせる重心調整機能が廃止されている点です。

前作のSIMドライバー(2020)では、ソール前方にスライダー式ウェイトが搭載されていましたので、ドロー・フェードの弾道調整が行えましたが、SIM2ドライバー(2021)ではウェイトが固定されています。

これまでのMシリーズやSIMでウェイトを移動させていた方にとっては、今回のSIM2はデグレードとなります。

最近では、スライス気味でない方でも敢えてウェイトドローにして、逃がしながら楽に振るという打ち方が増えています。

ドロー・フェード調整が必要と言う方は、SIMドライバー(2020)やM5ドライバー(2019)が選択肢となります。

≫ SIMドライバーのウェイト調整機能について徹底解説【調整例の基本3種+タイガーウッズ・ロリーマキロイの調整例】

≫ M5ドライバーのウェイト調整機能、リバースTトラックについて徹底解説【調整例の基本5種+おすすめ2種】

なお、可変スリーブによるロフト角の調整機能は搭載されていますので、ロフト角・ライ角・フェース角の切替による弾道調整は、引き続き可能となっています。

SIM2は、更に低スピン、更に寛容性アップ

SIM2シリーズのドライバーの大きな特徴として、アルミニウム素材が用いられている点、フルカーボンソールが採用されている点が挙げられます。

テーラーメイドのドライバーヘッドは、マルチマテリアルによる軽量化が売りですが、今回、採用されているアルミニウムはチタンよりも比重が軽いため、フルカーボンのソールと相まって、また一段とヘッドの軽量化が進んでいます。

※左がSIM2ドライバー2021、右がSIMドライバー2020

生み出された余剰重量は慣性モーメントやスピン性能を調整するために、最適位置に配分されています。

特に、イナーシャ・ジェネレータの最後部には、どちらのモデルもウェイトが装着されていまして、SIMドライバー(2020)の10gからSIM2ドライバー(2021)では16gにアップしています。

▼スピン量と慣性モーメントの比較

引用:youtube

テーラーメイドがSIM2シリーズのプレゼンで公開した資料(上図)によると、SIM2ドライバー(2021)の方がスピン量が低く、慣性モーメントは大きくなっています。

弾道の特徴としては、SIM2ドライバー(2021)の方が、低スピンで強いライナー性の弾道が出やすく、大きな慣性モーメントによりミスが抑えられやすくなっています。つまり、低スピンなのにミスに強いという、良いとこ取りになっています。

普通に考えると、SIM2ドライバー(2021)の方が後ろが重くなっていますので、寛容性は下がりそうですが、軽量化が進んだことで、最適な重量配分が実現されているようです。

スピード・インジェクションのポート位置がフェースからサイドに移動

テーラーメイドのドライバーは、2019年のM5・M6から、スピード・インジェクションと呼ばれるテクノロジーが採用されていて、全ての製品が最大反発性能を持つようにチューニングされています。

簡単に言えば、製品による反発性能のムラ・個体差がなく、アタリ・ハズレが無いと言うことになります

※SIMドライバー2020のフェース

2019年のM5・M6ドライバー、2020年のSIM・SIM MAXドライバーでは、フェースの前面に樹脂の注入口がありました。

※SIM2ドライバー 2021のフェースとサイド

しかし、SIM2ドライバーでは、SIMグローレと同様にヘッドの側面に樹脂を注入するポートが移動しています。

このポートの移動による影響や効果について、特にテーラーメイドからの言及は無いようですが、ユーザーとしては2つほどメリットが感じられます。

まず1つ目は、フェースが美しくなったことです。ゴルフクラブの顔とも言えるフェースに、これまでなかったポートが2つ設置されていると、正直、違和感を感じられたかたもいたと思います。今回は、ポートがトゥ側のサイドに移動していますので、すっきりとしたフェースに仕上がっています。

2つ目は、フェースにポートの有無による弾道への影響です。そもそもフェースはメーカーが最も神経を使うパーツの一つで、裏面の凹凸設計や研磨の仕方など、精密な加工が施されています。前作のSIMドライバー(2020)では、フェースにポートが2つ設置されましたので、撓みや反発に影響が出ないのかを心配する声がありましたので、新作のSIM2ドライバー(2021)では、その不安感が払しょくされているのではないでしょうか。

SIM2ドライバーとSIMドライバーのスペック比較

新・旧ドライバーで、ロフト角やライ角、クラブ長さなど、基本的なスペックは同じです。SIMからSIM2への移行を検討されている方は、スムーズに行えるのではないかと思います。

なお、シャフトは同じTENSEI SILVERではありますが、SIM2ドライバー(2021)用の方が2~3g重量アップしていまして、クラブ重量は3g重量アップしています。

振りやすさを表すバランスは、RスペックのみD2.5からD3.0になっていますが、SとSRは同じD3.0のままです。

▼それぞれのモデルのスペックの詳細、試打評価については、別記事にまとめてありますので、リンクを載せておきます。
≫ SIM2 MAXドライバーの試打・評価・感想
≫ SIM MAXドライバーの試打・評価・感想

価格は下がっている

アベレージゴルファー向けのMAXタイプの方は、SIM MAXドライバーよりもSIM2 MAXドライバーの方が3,000円値上がりしています。

しかし、アスリート向けの方は、SIMドライバーよりSIM2ドライバーの方が2,000円値下がりしています。

筆者の推測では、SIM2ドライバーは、スライダー式のウェイト調整機能が廃止されていますので、この機構が無い分、値段が下がったのではないかと思います。

SIM2ドライバーとSIMドライバーの試打比較

▼SIM2ドライバー(2021)の試打(6:49頃)から再生されます。

こちらの動画では、SIM2シリーズとSIMシリーズの比較試打をされています。全SIM、SIM2を試打されていますので、SIM2ドライバーの試打をご覧になる方は6:49頃から、SIMドライバーの試打は14:43頃に進めてご覧ください。

  • SIM2には(ウェイトの)調整機能が無くなっている。
  • 調整機能が欲しい方は、SIMドライバー。
  • より強い球が打ちたい方は、SIM2ドライバー。プロも強い球を打ちたい方は、SIM2ドライバーに移行すると思う。

まとめ

SIMドライバー(2020)、SIM2ドライバー(2021)は、低スピンで強い弾道が特徴のドライバーです。ヘッドスピードが速い方が、左へのミスを恐れずに叩けるモデルです。

SIM2ドライバー(2021)は、慣性モーメントが高められていますので、アスリート向けながらも、やさしさが少し欲しいという方は、SIM2ドライバー(2021)がおすすめです。

SIM2ドライバーの試打・評価・感想

SIMドライバーの試打・評価・感想

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, テーラーメイド
-, , ,

関連記事

タイトリスト 917 D3 ドライバー の試打・評価・感想

タイトリストから2017年モデルとして発売されている(発売日は2016年後期)、917D3ドライバー。2018年後期にはタイトリストから新モデルTSドライバーが発売されているため、9系の最後のモデルが …

テーラーメイド SIM・SIM MAX・SIM MAX Dドライバーの最新情報をまとめました【スペック・特徴を徹底解説】

★2020/01/10追記 SIMの全モデルの情報を掲載しました。 ★2020/01/09追記 SIMが公式発表されましたので詳細スペックを追記しました。 テーラーメイドの2020年モデルと思われる「 …

TSiドライバーの全モデルの違い・特徴を徹底比較!TSi1、TSi2、TSi3、TSi4

タイトリストから発売のTSiシリーズのドライバー、TSi1・TSi2・TSi3・TSi4の違い・特徴について取り上げます。 TSi2・TSi3ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探 …

【本当にオススメ】ゴルフの防寒アイテム・グッズ・ウェア【冬は必須!マストバイです】

冬のゴルフで是非、揃えて頂きたい防寒アイテム・グッズ・ウェアを紹介します。 防寒のポイントは、端っこです。体の端っこのパーツを防寒するだけで、ぐっと暖かさがアップします。 この記事で紹介するグッズやウ …

ミズノ ST200ドライバーの最新情報まとめ

ミズノ ST200シリーズのドライバーについて、USモデルのみの発売ではなく、日本モデルも発売が決まりました。モデルは複数種類ありますので、最新情報を取り上げます。 ST200ドライバー/ミズノ GD …