当サイトは広告が含まれています

LB818 440・460ドライバーの最新情報まとめ

本間ゴルフのLB818ドライバー2種類がルール適合リストに掲載されましたので、最新情報を取り上げます。

LB818ドライバーは、440・460の2種類

LBシリーズは、ゼビオとのコラボ復刻モデル

本間ゴルフのゴルフクラブは、現在、ツアーワールド、BeZEAL、BERESといったブランドが有ります。

LBシリーズは本間ゴルフの過去の名器で、最近発売されている2017年のLB808ドライバーは、ゴルフ小売り大手のゼビオグループとのコラボレーションにより復刻モデルという位置づけでリリースされているようです。

そして、ルール適合リストで新たに確認されたのは、LB818 440ドライバーとLB818 460ドライバーです。

LB808の後継を思わせるようなネーミングですので、こちらもゼビオグループとのコラボレーションモデルではないかと予想されます。

2種類のヘッドサイズか?

モデル名からすると、440、460となっていますので、ヘッドサイズ違いで2種類あると思われます。

ヘッド形状も、440の方はディープ、460の方はシャローにみえますので、440は低スピン・操作性、460は寛容性・直進性が特徴のようです。

LB818 440ドライバー

出典:R&A

こちらがLB818 440ドライバーです。ヘッドサイズは恐らく440ccで、ヘッド形状は奥行きが浅めのディープヘッドに見えます。

ロフト角は9.5°のみとなっていますので、低く強い弾道で飛ばしたい方向けのモデルです。

ウェイトはソール後方の中央に9gが1つ、前方には左右に3gが1つずつ装着されています。別重量のものに交換して重心調整を行えるようです。

「RADIALTiFace」という表記がありますので、チタン素材で、ツアーワールドにも搭載されている放射状のラジアルフェースが採用されているようです。

LB818 460ドライバー

出典:R&A

こちらがLB818 460ドライバーです。ヘッドサイズは恐らく460ccで、ヘッド形状は奥行きが深いシャロープヘッドに見えます。

先程の440はロフト角が9.5°のみでしたが、こちらの460は10.5°となっています。球をクラブの力で上げて、適度なスピンで揚力を得ながら飛ばすタイプのドライバーのようです。

ウェイトは440の方と同じで、ソール後方の中央に9gが1つ、前方には左右に3gが1つずつ装着されています。こちらも別重量のものに交換して重心調整を行えるとみて良さそうです。

また、フェースについえは、こちらも「RADIALTiFace」という表記がありますので、チタン素材のラジアルフェースのようです。

まとめ

LB818 440・460ドライバーについて、最新情報を取り上げました。

公式情報はまだ確認されていませんので、新たな情報が出て来ましたら、スペックや特徴等、反映していきたいと思います。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, 本間ゴルフ
-, , ,

関連記事

XXIOドライバーの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2000年に発売!

▼ゼクシオ歴代アイアンはコチラをご覧ください ≫ XXIOの歴代アイアンを一挙紹介!初代は2000年に発売! ゼクシオと言えば、ゴルフをしない方にも認知されている名実共に国内NO.1ブランドです。今回 …

PING G410 PLUSドライバーの公式情報が出た!

PINGの2019年モデルとして囁かれていたG410ドライバーについて、ついにPINGから公式に発表されました。G410について、現在、確認されている公式の最新内容をまとめます。 G410 PLUS …

インプレス inpres DRIVESTARドライバーの最新情報まとめ!試打・評価・感想

★2022-09-13更新:公式情報・試打動画を反映しました。 ヤマハから発売のinpres DRIVESTARドライバーについて、モデルの特徴・スペック・試打・評価についてまとめました。 購入を検討 …

ヤマハ RMX 220ドライバーと218ドライバーの違い

ヤマハのRMXシリーズから発売のRMX 220ドライバーと218ドライバーの違いについて取り上げます。 RMX 220ドライバー/ヤマハ GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 RM …

歴代インプレス inpres UD+2ドライバーを一挙紹介!

ヤマハから発売の「inpres UD+2」シリーズは、特徴とターゲットゴルファーが明確で分かりやすく、アベレージゴルファーのニーズをストライクに捉えていることから、初代モデルから人気があります。 これ …