飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るアイアン ピン

PING i230アイアンの最新情報まとめ【渋野日向子が使用開始】i210の後継機種

投稿日:2021年5月28日 更新日:

★2022/09/05追加:金谷拓実のi230評価・感想を追記しました。
★2022/09/03追加:渋野日向子のi230評価・感想を追記しました。

PINGのi230アイアンについて、最新情報を取り上げます。

i230アイアンが遂に登場!

商標サイトにて確認されていた「i230」。

i210アイアンの発売から4年が経過していて、そろそろ後継モデルが発売されるのではないかと噂されていました。

2022年7月に、遂に実物映像が確認されました。

上記のインスタ投稿には写真が合計6枚掲載されていまして、i230の特徴も確認することができます。

渋野日向子がi210からi230アイアンにチェンジ

ニューモデルの良し悪しを測る上で参考になるのが、ツアープロによる移行状況です。

その意味で、渋野日向子が、早速、発売前の段階からi230アイアンに移行したことで、このモデルへの期待値と注目度を上げてくれます。

ドライバーで言えば、PING契約の殆どの選手がG410からG425に移行しましたが、渋野日向子は未だにG410 PLUSドライバーを使い続けています。

その理由として、スタンダードモデルがG425でMAXタイプになってしまったことが少なからず影響していると思います。

i230アイアンについては、G410からG425のような位置づけの変更はありませんので、移行のしやすさはありますが、それでも変えるに値する進化があったことは確かでしょう。

実際、渋野日向子が移行した理由についても伝わってきています。

<渋野日向子によるi230アイアンの評価・感想>

  • 約4年ぶりのアイアン変更について、飛距離が2、3ydプラスされ、球の高さがしっかり出る
  • ラフの抜けがすごくいい
  • 前の(i210)より、スピンが入って抜けやすいのが良くて、スッと替えられた
*引用:yahoo.co.jp

金谷拓実もi210からi230アイアンにチェンジ

女子プロゴルファーに大人気のイメージが強いi210アイアンですが、実は男子プロにも使用されています。

その一人が金谷拓実で、彼も渋野日向子と同じくi210アイアンからi230アイアンにスイッチしました。

そして、渋野日向子と似たような感想を述べられています。

<金谷拓実によるi230アイアンの評価・感想>

  • 見た目がシャープ。
  • カッコよくなった。
  • 小ぶりに見える。
  • けっこうなラフから6番か7番くらいでバックスピンが入る(笑)。
*引用:ALBA

PING i230アイアンの特徴を解説

トゥ側にネジ状構造がある

こちらは、2018年に発売の現行モデル、i210アイアンです。

PINGの契約女子プロゴルファーは、殆どの選手がこのモデルを使用していて、とても人気があるアイアンです。

≫ 渋野日向子の全米女子オープンのクラブセッティング

大き過ぎず小さ過ぎず、ソールがやや厚めで、バックフェースにはほんのりキャビティもあり、操作性と寛容性のバランスが良いアイアンです。

出典:instagram

そしてこちらが今回確認されたi230アイアンの映像です。

トゥ側にネジ状の構造が設けられていることが分かります。

これは現行のi210アイアンには無かったもので、高比重金属を用いて、トゥ側の重量を高め、左右慣性モーメントを大きくしている狙いがあると思われます。

ちなみに、このネジ状構造による重量調整は、BLUEPRINT、i59、i525など、最近のアイアンでは必ず採用されていますので、i230に用いられたのは順当とも言えます。

セッティングは4~9番、P、Uを確認

先程の映像では、番手が多数移されています。ヒールの番手を読み取ってみると、4~9番、P、Uの存在を確認することができます。

なお、現行のi210アイアンは、これに3番が加わります。3番は使う選手がレアだと考えると、3番が無いのはおかしなことではなく、モデルとしては3番もあるのではないかと思われます。

外観はかなりスッキリしている

バックフェースは、i230になってかなりすっきりしてみえます。

i210ではヘッド内部にエラストマーが入っていて、それに蓋をするかのようなパーツがバックフェースのソール上部にありました。

i230ではこの点がスッキリしています。前作同様、蓋の役割をするパーツがあることは間違いないようなので、エラストマーにより打感を生み出す構造は変わらないものと思われます。

まとめ

i230アイアンについて、最新情報を取り上げました。

商標情報から存在は間違いないだろうと思われていましたが、遂に実物映像が確認されました。

今後、PINGからも正式な情報が出されると思いますので、確認され次第、アップしていきます。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るアイアン, ピン
-, , ,

関連記事

ZX5アイアンの試打・評価・感想

スリクソンの2020年モデル、ZX7アイアンについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 ZX5アイアン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す ゴルフパートナーで探す 目次1 …

G400 STD・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!

▼G410シリーズのロフト角・ウェイト調整機能については、下記記事をご覧ください。 ≫ G410 PLUS・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角・ウェイト調整機能を徹底解説! PINGから発売 …

【50代・60代向け】おすすめ中古アイアンBEST5【飛距離が落ちてきたゴルファー必見】

50代・60代におすすめの中古アイアンとして、ゴルフ・ドゥさんにて厳選した5種類のモデルを取り上げていました。 選ばれているアイアンは、50代・60代と一括りにしても、ゴルファーのタイプは様々ですので …

ゼクシオ9 アイアンの試打・評価・口コミ!スペック・シャフト

ダンロップのゼクシオから発売のゼクシオ9アイアンについて、スペック・シャフト、そして、試打した評価・口コミを取り上げます。 ゼクシオ9アイアン Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次1 ゼクシ …

TW757 P・Vx・Bアイアン(2022)の最新情報・違いをまとめ!試打・評価・感想

本間ゴルフから発売のTW757 P・Vx・Bアイアン(2022)について、最新情報を取り上げます。 TW757 Vxアイアン Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次1 TW757シリーズのアイ …