テーラーメイド」カテゴリーアーカイブ

MグローレドライバーとグローレF2ドライバーの違い

テーラーメイドのグローレシリーズから発売のMグローレとグローレF2の2種類のドライバーについて、違いを解説します。

MグローレはグローレF2の後継モデル!?

グローレF2は、グローレの中のグローレFシリーズから2016年に発売されている2代目のモデルです。シニア・アスリートをコアなターゲットとして開発され、国内の男子プロシニア・女子プロでの使用率がNo.1になったこともあるシリーズです。

一方、MグローレはMシリーズと思われがちですが、グローレに属しています。グローレFシリーズとは明示されていませんが、グローレF2の後継的に見られています。発売は2018年ですので、グローレF2の2年後にリリースされています。

Mグローレは、Mシリーズのコアテクノロジーを搭載!

MグローレはM3、M4ドライバーと同じ年に、後から発売されてモデルで、MとGの融合として話題になりました。M3、M4ドライバーと同様に、ツイストフェースとハンマーヘッドが搭載されています。

※ツイストフェースの仕組みと効果については、「ツイストフェースの効果、M4ドライバーは何故、凄いか!?」をご覧下さい。

クラブ重量は、Mグローレドライバーの方が約10g軽い!

クラブ重量はMグローレの方が約10g軽くなっています。フレックス毎の重量は下表に示しますが、最も軽いスペックで273gですので、シニアに使いやすいと言われるPHYZ、ゼクシオ10と同じぐらいの軽さに仕上がっています。ちなみにヘッド素材はグローレF2がフルチタン、Mグローレはカーボンコンポジットです。

モデル グローレF2 Mグローレ
クラブ重量 S 290 281
SR 287 278
R 284 273
シャフト重量 S 53 50
SR 50 47
R 47 42

グローレF2ドライバーは、ロフト角調整機能を搭載!

軽さの代償として、Mグローレはホーゼル部のロフト角調整機能がありません。一方、グローレF2ドライバーは、カチャカチャ式と呼ばれるシャフト脱着式のスリーブによりロフト角の調整が±2°の範囲で可能となっています。自分のスイングや持ち球に合わせて、弾道を調整することが可能です。

シャフトの違いについて

出典:https://www.taylormadegolf.jp/TaylorMade/M-GLOIRE-DRIVER/DW-KY150.html

Mグローレの方は、カーボンシャフトのSpeeder EVOLUTION TM(S・SR・R)が用意されています。公式サイトで紹介されているのはこのシャフトのみですので、開発側でコアユーザーがある程度絞られていると考えて良いでしょう。ヘッドスピードが速くないスインガータイプが使いやすいモデルです。

一方、グローレF2の方は、初代からツアープロに多様されていることもあり、また、バリバリで意欲王政なシニア・アスリート向けということから、シャフトラインナップが豊富に用意されています。

シャフト GL6600 Tour AD
TP-5
Tour AD
IZ-5
Speeder 569
EVOLUTION III
Speeder 569
EVOLUTION IV
フレックス S SR R S S S S
クラブ重量(g) 約290 約287 約284 約294 約294 約296 約296
シャフト重量(g) 53 50 47 57 56 59 59
トルク 4.1 4.2 4.9 4.4 4.4 4.5 4.6
バランス D3.5 D3.5 D3 D2 D2 D2.5 D2.5
キックポイント 先中

MグローレとグローレF2を打ち比べ

  • Mグローレの方がつかまりが良い。
  • グローレF2は、Mグローレのユーザーよりもハンディキャップが少ない人向け。
  • スライスが強い人は、Mグローレがおすすめ。

Mグローレ、グローレF2、グローレFを打ち比べ

  • Mグローレ
    球のつかまりが良く、弾く。
  • グローレF2
    シャフトはMグローレよりしなり感がある。右に出ていく感じは無いが、つかまり過ぎない。
  • グローレF(初代)
    投影面積が一番シャープ。初代が一番球を包む感じがある。Mグローレと比べるとつかまり過ぎない。
  • まとめ
    ボールをつかまえたい人はMグローレ。ロフト角の調整をしたい人は、グローレF2かグローレF。グローレF2とグローレFはあまり違いが無い。

M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

Mグローレ ドライバーの評価・くちこみをまとめました

グローレF2ドライバーの試打・評価・感想

 

M2 D-TYPEドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドのM2 D-TYPEドライバーについて取り上げます。

M2 D-TYPEドライバーはUSモデル!

M2ドライバーはMシリーズのアベレージモデルとして人気のドライバーです。一方、M2 D-TYPEドライバーというモデルも、一部のゴルファーの間で支持されています。

テーラーメイドのジャパン公式サイトにはM2 D-TYPEドライバーは掲載がありません。というのも、D-TYPEドライバーはUSモデルのみでの発売で、日本では公式な取り扱いがないためです。

M2 D-TYPEドライバーはスライサー向けのモデル

M2 D-TYPEドライバーは、名前から分かる通り「ドロー仕様モデル」です。通常のM2ドライバーと重心設計が大きくことなっていて、スライスしにくいモデルとなっています。

上の写真で通常のM2ドライバーと比べてみると、ソール後方のウェイトが、左のD-TYPEではセンターではなくヒール寄りに配置されています。

重心がヒール寄りになると、スライスが出にくくなる!

ヒール側の後方にウェイトが配置されることで、重心角が大きくなります。重心角とはいわばフェースが自然な状態で向きたがる方向(角度)です。重心角が大きければ大きいほど、フェースはスクエアな状態からクローズの方向に回転しやすくなります。

スライスの大きな原因の一つがインパクトの際のヘッドの開きですので、ヘッドが返りやすいことで、右への抜けが出にくくなります。

搭載されているテクノロジーは、通常モデルと同じ

通常のM2ドライバーとM2 D-TYPEドライバーは、重心変更によるドロー仕様かどうかの違いのみです。ソール前方のスピードポケットや、打音・打感を与えてくれるジオコースティックデザインは、両方のモデルに搭載されています。

また、ホーゼル部の角度変更による弾道調整機能も、両方のモデルに搭載されています。

ライ角は1°アップライトになっている

ライ角は、ノーマルタイプが56~60°なのに対して、D-TYPEは57~61°となっていて、D-TYPEの方が1°だけアップライトになっています。

ライ角が大きい方がスライス改善効果がありますので、つかまりを意識した設計になっています。

M2 D-TYPEドライバーの360°ビュー

こちらはM2 D-TYPEドライバーの360°ビュー動画です。ウェイトの搭載位置や全体的なフォルムを確認することができます。

M2 D-TYPEドライバーの試打・感想

試打動画で述べられている感想・評価は下記のようになっています。なお、シャフト選択を慎重にというのは、USモデルのシャフトは、同じRやSでも日本のシャフトより1フレックス硬いと言われているため、フレックスの選択のことと思われます。

  • ヘッドローテーションがしやすく、スライスが減る。
  • フェースのはじきがよく、日本製のM2ドライバーよりも打音が甲高い。
  • 低スピンが打ちやすい。
  • (USモデル故に?)シャフト選択は気を付けたい。

M2 D-TYPEドライバーとM2ドライバーのスペック比較

モデル M2 D-TYPE M2
ロフト角 9.5/10.5/12° 9.5/10.5/12°
ライ角 57~61° 56~60°
ヘッド体積 460cc 460cc
クラブ長さ 45.75in 45.75in

比較のため、両者ともにUSモデルで比較しました。ライ角以外で基本スペックに大きな違いはありません。なお、M2ドライバーではロフト角12°は発売されていません。

標準シャフトはマトリックス MFS56 White Tie 55

  • フレックス:S、R
  • シャフト重量:57g、55g

USモデルのシャフトは日本のシャフトよりも1フレックス硬いと言われています。普段Sの方は、USモデルでは同じSではなくRを選ぶケースが多いようです。

M2 D-TYPEドライバーの評価・感想

  • D-Typeは捕まりが良くなっています。最近のテーラーメイドのドライバーはいずれも重心角が小さめ(20度以下)ですが、このD-Typeは23度。テーラーメイドの中では例外的に数値が大きめ。
  • ただし、D-Typeの場合、フェース向きはノーマルと同じ。捕まりを良くしつつもスタンダードポジションにおいてはフックフェースになっていません。なので、D-Typeといいつつもスライサーのお助けクラブという位置付けではなさそうです。
    引用:http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=18452
  • スライスどころかきれいなストレート弾道!…このドライバーならそんなこともお構いなし!しっかりつかまえた弾道で、吹き上がりもなく強い打球が飛んでいきました。
  • シャフトはUSモデルのマトリックスというシャフトです。
    Rシャフトでも日本仕様のS相当の振動数があったシャフトですので、ヘッドスピード43くらいの方までは安心
    引用:https://www.atomicgolf.jp/contents/community/240/
  • Dタイプが気になり購入しました、つかまりも良く優しいモデルです。
    引用:https://www.aftergolf.net/gekiyasu/club/1/1/11/TE/ydp45728/

グローレF2ドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドから発売のグローレF2ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。

グローレF2ドライバー

テーラーメイドのグローレF2ドライバーは、グローレFドライバーの後継モデルです。実は後継モデルも正式な名前はグローレFですが、動画や画像でF2という表記が使われているため、グローレF2と呼ばれています。

グローレだが、シニア・アスリート向けの本格モデル

もともとグローレは日本向けのやさしいシリーズとして開発されたシリーズで、2012年3月にグローレドライバーがリリースされています。

グローレシリーズのコンセプト
「やさしく遠くに飛ばしたい日本のゴルファーのために開発」
引用:http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/120116_01.pdf

その中で、グローレFはまた別のカラーを持っています。「プレミアム・アスリート」という新たなコンセプトが設定され、スキルレベルや意欲の高いシニア向けにのたシリーズです。

シニアツアー、女子ツアーの使用率がNo.1に

引用:http://tmag8624.jp/tm_japan/pr/documents/20140902.pdf

グローレF、グローレF2共にプロによる使用率も高く、リリース当時は国内男子シニアツアー、国内女子ツアーでの使用率が第1位になった本格的なモデルです。

ヘッド形状や洋ナシ型で、アスリート感がある!


左:グローレF2、右:ゼクシオ10

ヘッド形状の比較のため、ゼクシオ10ドライバーと並べてみました。左のグローレF2の方は洋ナシ型で、右のゼクシオ10と比べると、ヒール寄りの膨らみが少なくなっています。

グローレF2はツアープロに好まれる形状で、アスリート感が出ています。ボールのつかまりについては、前作から重心位置が見直され、重心角が大きくなりヘッドが返りやすくなっています。ただし、シニア・アスリートというだけあって、一般的なやさしいクラブと違いますので、スライサー向けのようながっちりとつかまる仕様ではありません。

拡大したスピードポケットが搭載され、スイートエリアが拡大

こちらは横からの画像で少々分かり辛いですが、ソールの前方に溝構造が設置されています。テーラーメイドではスピードポケットと呼ばれる溝が搭載されることで、フェース下部の反発性能が向上しています。

フェース全体として、反発エリアを広げる効果がありますので、打点が下に寄りやすいゴルファーは、ミスが許容さえやすくなっています。

グローレF2は、シャフトラインナップが豊富

一般的なシニア・アベレージ向けのクラブは、メーカーが用意した標準シャフトのみで提供されるケースが大半ですが、シニア・アスリート向けとあって、シャフトの種類が豊富に用意され、公式ページでは5種類紹介されています。最も重いもので59gのシャフトが用意されていますので、まだまだしっかりめのシャフトを振りたい方でも、扱いやすくなっています。

  • GL6600(S/SR/R)
  • Tour AD TP-5(S)
  • Tour AD IZ-5(S)
  • Speeder 569 EVOLUTION III(S)
  • Speeder 569EVOLUTION IV(S)

フォージドフェースを搭載で打感が良い

フェースはディープで縦幅が長くなっています。スピードポケットが搭載されていますので、フェースの下目でヒットしても、許容性が高くなっていますので、飛距離ロスが軽減されます。

ソケット部にはカチャカチャ式の角度調整機能が搭載されていますので、自分のスイング・弾道に合わせて、調節することができます。

Mグローレ・グローレF2・グローレF、3世代を試打

  • Mグローレと比べて、シャフトがしなる。
  • Mグローレはカチャカチャが無いが、グローレFにはある。
  • ボールのつかまりは、Mグローレより弱いが、右に出る感じはない。
  • 初代グローレFの方が、球の包み感があり、打感がモチッとしている。

グローレF2ドライバーについて3upClubが徹底解説


3upClubがグローレF2ドライバーをお題として、幅広く語られています。普段と違う奥深い議論はドライバー選びの参考になります。

グローレF2ドライバーをプロが試打して解説

  • 初代と比べて、スピードポケットが深く・広くなったので、ボールの初速が出て、高さが出る。
  • 打感がやわらかい。
  • 芯を外して打っても、大きな曲がり幅もなく、ミスに強い。

グローレF2ドライバーのスペック

  • ロフト角(°):9.5/10.5/11.5
  • ライ角(°):60
  • ヘッド体積(cc):460
  • クラブ長さ(in):46(GL6600)、45.75(他4種)

テーラーメイド Original One ミニドライバー 275ccの評価・くちこみをまとめました

テーラーメイドから発売のミニドライバー、Original Oneミニドライバーについて、評価やクチコミ・感想をまとめました。

テーラーメイド Original One ミニ ドライバーの特徴

オリジナルワン ミニ ドライバーは、USモデルながらも日本国内で話題・人気のモデルとなっています。名前から分かる通りミニドライバーで、ヘッド体積は275ccです。

クラブ長さも43.75インチとドライバーより2インチほど短く、ドライバーとフェアウェイウッドの中間的なクラブです。ブラッシー(2番ウッド)に近いと表現する人もいます。

搭載されているテクノロジ―や様々な角度からの画像については、下記の別記事にまとめてあります。

テーラーメイド オリジナル ワン ミニドライバー 275ccの試打・最新情報まとめ

M6ドライバー/フェアウェイウッドとスペックを比較

上記リンクの別記事にも掲載していますが、M6のドライバー、フェアウェイウッドとスペックを並べてみたのが以下の表です。ドライバーともフェアウェイウッドとも言い難い、良いとこどりしたユニークなクラブです。

番手 ロフト角 ライ角 ヘッド体積 長さ
M6ドライバー 9/10.5° 58° 460cc 45.75
ミニワン ドライバー 11.5/13.5° 56~60° 275cc 43.75
M6 FW #3 15° 57° 184cc 43.25
M6 FW #5 18° 57.5° 158cc 42.25
M6 FW #7 21° 58° 147cc 41.75

テーラーメイド Original One ミニ ドライバーの評価・感想・クチコミ

ドライバーとスプーンのギャップを埋める、2つのクラブの良いとこどりをした武器になるクラブです!ロフト13.5度、2番ウッド=ブラッシーとでも言ってもいいかもしれませんね。

ただのミニドライバーとは違います!ティーショットではドライバーより打ちやすくコントロール性に優れ、フェアウェイでは3番ウッドより飛距離が出ます!

スクエアフェース&ディープフェースで左を怖がらずに思いっきり打っていけるイメージが湧きますね。ディープフェースなので球が拭け上がったり、つかまり過ぎて左に行くイメージは皆無です!
引用:https://www.golfkids.co.jp/shop/list/detail/info/news/4765

ドライバーの飛距離性能とフェアウェイウッドの寛容性を兼ね備えた、プロも注目クラブです。
引用:https://golf5-blog.alpen-group.jp/

ヘッドが小さいので重心距離が短いということもあり、ボールの捕まりがとても良いです。飛距離よりも方向性重視、安定性を重視しているゴルファーに向いてます。
引用:https://www.golfkids.co.jp/shop/list/detail/info/news/4765

大きなヘッドのドライバーより振りやすく、ミート率は良くなったと思います。
引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/243550_10025331/1.1/

275ccという数値だけで考えてしまうと、通常の460ccくらいのドライバーと比べて小ぶりですので、難しいイメージになりますが、クラブの長さは43.75インチと短く、今のM5フェアウェイウッドの3番ウッドが長さ43インチで、ヘッド体積が142ccですので、3番ウッドよりもヘッドの大きさは約2倍で、長さが2センチほど長くなっただけ。と思えば、やさしいイメージも出てくる。
引用:https://www.atomicgolf.jp/fs/b005/1905-bmhk

テーラーメイド Original One ミニドライバーの購入は簡単!

テーラーメイド オリジナル ワン ミニドライバーはこれまでUSモデルのみでしたが、2019年6月24日より、日本のテーラーメイドでも取り扱いが開始されました。これまで通りUSモデルをネットから購入することも可能ですし、日本国内のゴルフショップで購入することも可能です。

USモデルを購入する場合は、USモデル専門の日本人向けのサイトがありますので、そちらで購入することができます。一番有名なのは、フェアウェイゴルフさんです。

⇒フェアウェイゴルフでオリジナル ワンミニ ドライバーを探す

テーラーメイド オリジナル ワン ミニドライバー 275ccの試打・最新情報まとめ

 

テーラーメイド 歴代Mシリーズを一挙紹介!M1、M2は2世代ある!

テーラーメイドから発売の「Mシリーズ」は、常に新しいテクノロジーを搭載し、人気のモデルとなっています。これまで発売されているか「Mシリーズ」のドライバーについて、歴代モデルを時系列にまとめます。

Mシリーズとは?

ここ数年のウッド市場では最も人気があるのではないかと思われるMシリーズ。そもそもMシリーズとはどんなモデルなのか、振り返ってみましょう。

Mシリーズの「M」は「Multi Material」の頭文字からきています。「複数の素材」という意味で、チタンやグラファイトなど多様な素材を用いた複合構造です。複合構造を取ることで、軽量化・重量配分の自由度が高まり、クラブ性能を追求することができます。

モデル名の数字が小さい方が上級者向け、大きい方がアベレージ向け!

Mシリーズを検討する上でまず押さえておきたい点は、各年のモデルが上級者向けとアベレージ向けの2種類存在する点です。さらに上級者向けはヘッドサイズが異なる2種類のモデルが存在します。従いまして、各年、上級者向けが2種類、アベレージ向けが1種類で、合計3種類のヘッドが存在します。

例えば2016年の初代モデルでは、M1 430、M1 460、M2といった具合です。M1が上級者向け、M2がアベレージ向け。そして、M1の430・460はヘッド体積を表していますので、M1 430は上級者向けの中でも更に操作性が高いモデルとなっています。

同年のモデルで、数字が小さい方が上級者向け、大きい方がアベレージ向け

Mシリーズのモデル年表

世代 発売年 モデル名
初代 2016年 M1 430ドライバー
M1 460ドライバー
M2ドライバー
2代目 2017年 M1 440ドライバー
M1 460ドライバー
M2ドライバー
3代目 2018年 M3 440ドライバー
M3 460ドライバー
M4ドライバー
4代目 2019年 M5ツアードライバー
M5ドライバー
M6ドライバー

Mシリーズは当初、M1・M2の2種類のモデルで、M1が上位モデル・M2が下位モデルという構成でした。発売から3年目より、モデル名の数字をカウントアップし、M3・M4がリリース、その翌年の2019年は、M3 2019、M4 2019がリリースされるのではという予測もありましたが、M5・M6がリリースされました。

3代目の2018年モデルからはカウントアップを続けていますので、2代目のネーミングだけが例外的だったようです。

このままMシリーズの人気が続くと、2020年がM7ドライバー、M8ドライバー、2021年がM9ドライバー、M10ドライバーとなり、2022年のネーミングがどうなるのか興味深いです。

2016年モデル(初代)

M1 430 ドライバー 2016

2016年の初代M1ドライバーで、ヘッドサイズが小さい方の430ccモデルです。上級者向けモデルは初代からスライダー式の縦横の重心調整機能が搭載されています。ロフト角調整機能も搭載していますので、Mシリーズの上級者向けモデルは、初代から調節の自由度が極めて高いです。

M1 460 ドライバー 2016

2016年の初代M1ドライバーのヘッドサイズが大きい方のモデルです。460ccありますので、430ccモデルよりアドレスした時の安心感が感じられます。

M2ドライバー 2016

初代Mシリーズのアベレージ向けモデル、M2ドライバーです。M1のような重心調整機能は無く、ホーゼルの角度調整のみで、基本的にオートマチックに扱えるモデルとなっています。

2017年モデル(2代目)

M1 440 ドライバー2017

2017年の2代目 M1ドライバーです。ソールのウェイトシステムは継承されています。大きく異なる点として、ヘッドサイズが10cc大きくなっていて、やさしさ重視に寄ってきています。

M1 460 ドライバー2017

2代目のM1 460ドライバーです。上級者向けのヘッドサイズが大きい方のモデルで、ヘッドサイズは前作と変わらず最大サイズの460ccあります。

M2ドライバー 2017

2代目のM2ドライバー。タイガーウッズが手にしたことでも話題になったモデルで、フェース面積が初代よりも7%拡大していて、安心感も備わっています。

また、ジオコースティックデザインが搭載され、打感・打音にも拘ったモデルで、フィーリングを重視するアベレージゴルファーにも好まれているドライバーです。

テーラーメイド M2 ドライバーの試打・感想・評価

2018年モデル(3代目)

3代目のMシリーズ、M3・M4ドライバーは、ツイストフェースが初めて搭載されたモデルです。

フェースを捩じるという新発想は、ハイトゥ・ローヒールに打点のバラツキが集中する傾向に対して、弾道をセンターに戻してくれる機能で、この年のドライバー市場で最も注目されるテクノロジーの一つとなりました。

M3 440 ドライバー

3代目Mシリーズの上級者向けモデルであるM3ドライバー。2種類あるヘッドサイズの内、小さい方の440ccモデルです。

前作との大きな違いはスライダー式のウェイトのレールがT字型からY字型に変わった点です。横方向と縦方向のレールが一体化しましたので、重心調整がしやすくなっています。

M3 460 ドライバー

上級者向けモデルであるM3ドライバーのヘッドサイズが大きい方です。前作、前々作と同じく460ccありますので、上級者向けでありながら、構えた時の安心感が備わっているモデルです。

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

M4ドライバー

3代目となるMシリーズはデザインががらりと変わりました。ツイストフェースの話題性もあり爆発的に売れたモデルです。直進性が高く、ボールもあがりやすく、アベレージゴルファーが扱い安いモデルですが、右に滑りやすいという声も聞かれ、スライス気味の方は前作のM2の方がセンターに飛びやすいとも言われています。

テーラーメイド M4 ドライバーの試打・感想・評価

2019年モデル(4代目)

M5・M6ドライバーは、「スピード・インジェクション」という新たな開発手法が採用されています。ルール違反の高反発モデルを敢えて製造し、仕上にフェース全面からレジンを注入して反発係数をルール限界値に合わせるという、これまでと逆の手法で、全てのモデルが最大反発となっています。前作で話題となったツイストフェースは引き続き搭載されています。

M5 ツアードライバー

前作のM3ドライバーとの大きな変更点としては、まず、ウェイト調整のY字トラックが丸みを帯びたT字型にかわりました。可動域が広がっていますので、重心調整の幅が広がっています。

M5ドライバーのウェイト調整機能、リバースTトラックについて徹底解説!

もう一つの変更点はヘッドサイズです。前作のM3では440ccでしたが、435ccと若干小さくなっています。

M5ツアードライバーの評価・くちこみをまとめました

M5 ドライバー

M3の後継モデルであるM5ドライバー。発売当初はM6の出来の良さを評価する声が高かったですが、じわじわとM5を推す声が増えています。

スピン量が抑えられ、弾道が強く、つかまりも適度にあり、上級者がリラックスして使いやすいモデルです。

M5ドライバーの試打・評価・感想

M6ドライバー

M4の後継モデルにあたるM6ドライバー。前作のM4は右に出やすいという評価が聞かれましたが、M6はつかまりが良くなっています。また超低重心・深重心設計により、高弾道で直進性が高い点も評価されています。

M6ドライバーの 試打・評価・感想

「Mシリーズ」関連のおすすめ記事

M6ドライバーとM5ドライバーの違い

M6 D-TYPE ドライバーを徹底解剖!試打あり・スライサー必見

M4ドライバーとM3ドライバーの違い