テーラーメイド」カテゴリーアーカイブ

M5、M6のMは、どういう意味か知ってる?

テーラーメイドの人気モデルであるMシリーズ。M5ドライバーやM6ドライバーなど、ニューモデルの登場により数がカウントアップされていきますが、そもそもMはどういう意味があるのかご存知ですか?

本投稿では「M」について取り上げます。

M5、M6の「M」は、何の略か?

M1、M2から始まり、現在はM5、M6まできているテーラーメイドの人気モデル、Mシリーズ。さて、M4、M6など数字にばかり目が行きがちですが、Mにも意味が込められています。

そもそもMシリーズとは

Mシリーズは2016年に発売されてモデルで、当初はM1、M2の二種類でした。翌年はM1、M2の2017年モデルが発売されています。

そして、2018年、M1、M2がモデル名として固定かと思いきや、それぞれの後継モデルとしてM3、M4が発売されました。

タイトリストでは、917D2、TS2や917D3、TS3といった具合に、最後の2、3はモデルとしての統一性を表した数字ですが、テーラーメイドでは異なることが分かります。

それを更に表すかのように、2019年はM3、M4の2019年モデルではなく、M5、M6が発売されました。

数字は奇数が上級者・アスリート、偶数がアベレージゴルファーを表している

テーラーメイドでの数字は、M1、M3、M5が上級者向けと言われていますので、奇数が上級者やアスリートゴルファー向けのモデルで、偶数がアベレージゴルファー向けとなっています。

ではM5、M6などの「M」はどういう意味があるのか?

さて残る「M」ですが、これはMulti Materialの頭文字で、複数の素材という意味です。

「Mシリーズの『M』は、Multi Material(マルチマテリアル=複数の素材)の頭文字です。チタンやグラファイトなど多様な素材を複合している構造を強くアピールしたいことから、このネーミングがつけられました」

引用:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/topics/article/68697/1/

ヘッドに複数の素材が使われ、軽量化・重量配分などが行われています。実際、M6ドライバーのヘッド素材はこのようになっています。

チタン+グラファイト・コンポジット・クラウン&ソール

なんのこっちゃと思ってしまうそうですが、要するに、

クラウンとソールは、チタンとグラファイトを組み合わせて作っています

ということになります。

実際にM6ドライバーではカーボン領域を増すことでヘッドの劇的な軽量化に成功しており、ソール後方に46gもの大重量のウェイト搭載が実現されています。当然ながらこれは慣性モーメントがアップしますので、打点のバラツキへの許容度が増し、やさしさがアップします。

出典:http://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

まとめ

テーラー名のMシリーズのネーミングについて、数字、Mそれぞれの意味に触れ、そして、最後はM6ドライバーを例に素材・設計、そして、実現される効果に辿り着きました。

ゴルフクラブって、奥が深いですね!

タイトリストの数字も意味があるので、別の機会に触れてみたいと思います。

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

2019年モデルのドライバーはテーラーメイドのM6、M5、キャロウェイのEPICFLASHを始め、注目のモデルが目白押しです。少し早いですが、年初のニューモデルの情報が出そろってきたところで、2019年モデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

第1位 テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、スピードインジェクションという驚きの製造手法が採用されています。まずルール違反の高反発フェースを製造し、前方の穴よろジェルを注入して反発性能を下げてルール限界値の反発を持ったクラブに仕上げられています。

つまり、M6ドライバーは商品により当たり外れがなく、全てが最大反発に仕上げられているところが最大の魅力です。そして、M3、M4でも注目されたツイストフェースは引き続き搭載されていますので、打点がバラついても弾道をセンターに戻してくれます。

第2位 インプレス UD+2ドライバー

ヤマハから発売のインプレスUD+2ドライバーの2代目、2019年モデルです。前作に引き続き、最大の特徴は大きな重心角です。

一般的なドライバーで22度ぐらいですから、33度というのは極端に大きな重心角です。フェースの返りが抜群によく、しっかり捕まえることができます。飛距離アップの仕組みも搭載されていますが、スライサーの方は弾道が改善されることによる飛距離アップの効果が大きいと思います。

第3位 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー

発売前からAIデザイン、フラッシュフェースというキーワードが漏れ聞こえてきて、注目を浴びていたモデルです。AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回のシミュレーションによりはじき出された答えが、左右非対称の波打ったフラッシュフェースです。

引き続き、ソール後方のウェイト調整機能、ペリメーターウェイティングは搭載されていますので、弾道にFADE・DRAWの調整を掛けたい方にはおすすめのモデルです。

第4位 PING G410 PLUSドライバー

PINGの人気モデル、G400シリーズのニューモデルがG410です。今回のG410ドライバーでは、ウェイト調整機能が搭載され、FADE、DRAW設定とて、ウェイトを移動することができます。

G400ではMAX、スタンダード、SFT、LSTと4つのモデルから選ぶ必要がありましたが、ある程度、クラブの側からも弾道調整が行えるようになりました。

第5位 PHYZドライバー

PHYZドライバーもインプレスUD+2と同じく大きな重心角を持っています。一度、及ばない32度ですが、この大きさを有していれば大きな違いはないでしょう。

もう一つの特徴がクラブの重量です。シャフトが重量の異なる2種類から選ぶことができ、軽量な方を選択すると、クラブ重量は266gという軽さになります。体力が落ちていて、ヘッドスピードに悩みがあるゴルファーにはおすすめのモデルです。

こちらもオススメ

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

M6ドライバーとM4ドライバーの違い

テーラーメイドのM6ドライバーとM4ドライバーについて違いを取り上げます。

M6ドライバーの前作に当たるのがM4ドライバー

M6ドライバーとM4ドライバーは名称こそ違いますが、新旧の関係にあります。2018年に発売されのM4ドライバー、その後継モデルが2019年に発売のM6ドライバーとなります。

もう少し遡ると、M2ドライバー(2016年)、M2ドライバー(2017年)、M4ドライバー(2018年)、M6ドライバー(2019年)いう継承になっています。余計なお世話ですが、その後はM8ドライバー、M10ドライバーぐらいまではカウントアップするのか気になるところです。

M4ドライバーからM6ドライバーに引き続き搭載されたもの

モデルがバージョンアップすると、搭載されているテクノロジーの中で、残るものと削ぎ落されるものがあります。

M6ドライバーでは、残ったもの、つまり引き続き搭載されたテクノロジーが幾つかあります。

ツイストフェース・ハンマーヘッドはM6ドライバーにも搭載

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

M4ドライバーの最大の特徴であるツイストフェース、そして、ハンマーヘッドは、引き続き搭載されています。2018年後期に発売されているMグローレにもこの二つのテクノロジーは搭載されていますので、粗方の予想通りと言えるでしょう。

特に、ツイストフェースはテーラーメイド社が50万発の弾道データを元に編み出したものですから、1年でそれに代わるものが出るとは思えませんし、フェアウェイやレスキューなど、導入がさらに進んでいて、積極的に取り入れています。

M6ドライバーとM4ドライバーの違いその1、M6は最大反発を持つ!

M6とM4の違いとして、最初に取り上げるべきはヘッドの反発性能です。これまでゴルフクラブはルール限界ギリギリの反発性能を目指して開発されてきました。現在もこれからもそうですが、M6ドライバーは、ギリギリの目指し方で新たな手法が取り入れられました。

まず、高反発のモデルを作り、その後、フェースの全面からレジンという樹脂を注入することで、反発性能をルール限界値まで下げるという工程を取り入れています。

これの素晴らしい点は、すべてのモデルがルールギリギリではなく、ルール限界の反発を持つ点にあります。

従来までは高反性能の優れたモデルはプロにまわされていたが、M6はゴルファー全員が最大反発!?

これまでの製造方法では、ルール限界を超えないよう製造されてきましたがので、ギリギリのもの、やや余裕があるもの(つまり、反発性能がやや低い)など、どうしてもばらつきがありました。そして、ギリギリのもの、つまり上質なものはプロなどに回されてきたという話も耳にしたことがある人がいるのではないでしょうか?

しかし、今回のM6ドライバーは、レジンの注入工程によるチューニングで、最大反発に仕上げられていますので、クラブの当たり外れがありません!

M6ドライバーは低重心・深重心設計になっている!

2019年のMシリーズはM5 ドライバーとM6ドライバーの2種類のラインナップとなっています。M5 がアスリート向け、M6がアベレージ向けともいわれていますので、簡単なモデルの方が低重心・深重心になっているのは不思議ではありません。

しかし、今回のM6ドライバーは、クラウンを見ると良くわかるのですが、黒いカーボンエリアが増えていて、ヘッドの軽量化がかなり進んでいます。

それにより生み出された余剰重量は、ソールのM6のロゴがあるマスパッドに充てられていて、46gの重量になります。

他メーカーのウェイトビスと比べると、数倍の重さになっていますので、思い切った低重心・深重心となっていることが分かります。

M6の低重心・深重心が生む効果!

低重心・深重心となると、どのような効果が生まれてくるかですが、まず、低重心により、ボールが上がりやすくなります。そして、縦のギア効果によりバックスピンと逆の回転を掛ける効果が生まれますので、スピン量が減り、強い弾道で飛ばせます。

深重心については、ヘッドがどっしりと安定しますので、重心を外してヒットしても、ミスを許容してくれますので、やさしさがアップします。

M6ドライバーはつかまりが良くなっている

最後にM6とM4の違いとして触れておきたい点は、ボールのつかまりについてです。アベレージゴルファーの方には、ボールのつかまりが良いか悪いかは気になるところではないでしょうか?と言いますのも、M4ドライバーは爆発的に売れているモデルではなりますが、つかまりという点ではあまり良くないという感想が聞こえてきていました。

大半のゴルファーがスライサーであることを考えると、つかまりの具合は極めて重要なポイントとなります。 そして、今回のM6ドライバーは、上に紹介した動画などでも述べられています通り、つかまりが良くなっているという感想が多く聞かれます。M6ドライバーは、スライサーには扱いやすいクラブと言えます。

M6、M4ドライバーに関連するおすすめ記事

M6ドライバーとM5ドライバーの違い

M6ドライバーの 試打・評価・感想

M6 D-TYPEドライバーを詳細解説・ヘッド内部動画あり!

 

M6ドライバーとM5ドライバーの違い

テーラーメイドのMシリーズから発売されている注目のドライバー、M5ドライバー、M6ドライバー。どちらを選択するか悩むゴルファーも少なくない中、両モデルの違いについて取り上げます。

GDOで「M5ドライバーの価格をチェック

GDOで「M6ドライバーの価格をチェック

楽天で「M5ドライバー」の価格をチェック

楽天で「M6ドライバー」の価格をチェック

M5ドライバーとM6ドライバー

2019年のMシリーズの発売について、まずM5ドライバーはヘッドサイズが異なるM5ドライバーとM5ツアードライバーの2種類が発売されています。

M6ドライバーは、USモデルでM6 D-TYPEドライバーが発売されていますが、日本ではM6ドライバー1種類となっています。

M6 D-TYPEドライバーを詳細解説・ヘッド内部動画あり!

M5とM6の違い1、調整機能の有無が違う!

前作のM3、M4の関係と同じく、アスリート向けと言われるM5ドライバーではソールにウェイトを移動できる「リバースTトラック・システム」と呼ばれる調整機能が搭載されています。ウェイトを移動させることで、ドロー・フェード、スピン量の調整が行えます。

対して、M6ドライバーは調整機能がありません。これは自由度が無いというより、オートマチック性が高い、つまり、クラブの方が仕事をしてくれるとも言えます。

浅重心・深重心とドライバーの飛距離との関係

弾道調整については、カチャカチャと動かしてフィットさせられる人もいれば、自分の弾道とスイングを見失ってしまうケースもあります。

M5とM6の違い2、M6ドライバーは超低重心・超深重心!

下の画像は前作のM4ドライバーとM6ドライバーを比べてみたもので、左がM4ドライバー、右がM6ドライバーです。M6ドライバーでは、クラウンのシルバーのエリアが狭くなり、ブラックのカーボンエリアが増えているのが確認できます。

今回のM6ドライバーの特徴として、カーボン素材によりヘッドの軽量化が進み、余剰重量の創出にかなり成功しています。

そして、余剰重量はソール後方のM6ロゴのバッジ部分に46g寄せられています。他メーカーのウェイト調整ネジと比べると数倍の重量比がありますので、かなり思い切って低重心化・深重心化していることがわかります。

M6ドライバーは、深重心によりミスの許容性が高まり、やさしいドライバーになっています。

M5とM6の違い3、クラブ重量が約10g違う!

クラブ重量については、シャフトで大きく変わりますので、ゴルファーの選択により重量差は開きがあります。両モデルで純正シャフトを装着したモデルで比較すると、同じSRで約9グラムの差があります。

<標準シャフト装着時のクラブ重量>

  • M6ドライバー FUBUKI TM5 2019 (S) 299g
  • M6ドライバー FUBUKI TM5 2019 (SR) 297g
  • M6ドライバー FUBUKI TM5 2019 (R) 295g
  • M5ドライバー KUROKAGE TM5 2019 (R) 308g
  • M5ドライバー KUROKAGE TM5 2019 (SR) 306g

M5とM6の違い4、M6ドライバーはつかまりが良い!

試打したゴルフ関係者の話を総合すると、M6ドライバーは前作のM4ドライバーと比べて、つかまりが良くなっていると感じる人が多いようです。

スライスに悩んでいる方、M5のウェイト調整機能に興味を抱くと思いますが、今回のM6ドライバーはつかまりがぐっと良くなっているとのことなので、試打してみて感じてみることをお勧めします。

M5とM6の共通点!基本的な搭載機能はほぼ同じ!

M5、M6の違いの一つとして、ウェイト調整機能の有無を上げましたが、それ以外のM5、M6に代表されるテクノロジーは両者にしっかり搭載されています。

  • スピードインジェクション
  • ツイストフェース
  • ハンマーヘッド
  • ロフト角調整機能

M5ドライバー、M6ドライバーに関する記事

M6ドライバーの 試打・評価・感想

M5ドライバーの試打・評価・感想

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

M6 D-TYPEドライバーを詳細解説・ヘッド内部動画あり!

テーラーメイドの2019年のニューモデルの内、M6 D-TYPEドライバーについて取り上げます。

M6ドライバーは2種類ある!

テーラーメイドのM6ドライバーは、M6ドライバーとM6 D-TYPEドライバーの2種類あります。

ただし、日本発売モデルに関して言えば、M6は、M6ドライバーのみで、M6 D-TYPEドライバーは取り扱いがありません。何故、ドローモデルを発売しないのかは不明ですが、M4と同じく、D-TYPEの日本発売は見送られています。

M6 D-TYPEはドローバイアス仕様のドライバー

M4では外観からドローバイアス仕様であることが分かりました。

左がM4ドライバーで、右がM4 D-TYPEドライバーです。ドローモデルではソール後方のシルバーのネジがヒール寄りにあるのが分かります。

今回のM6 D-TYPEはソールのヒール寄りにD-TYPEと書かれているのみで、ぱっとみ違いが分かり難いですが、しっかりドロー設定になっています。

M6 D-TYPEのヘッド内部動画

こちらがM6 D-TYPEのヘッド内部の動画です。0:18ぐらいからD-TYPEと書かれた部分の説明が始まり、ドローバイアスデザインでヒール寄りに重心を寄せていることが分かります。

重心がヒール寄りに設定されていると、重心距離が短くなり、ボールのつかまりがよくなりスライスが出にくくなります。これが基本的なドローモデルと言われるクラブの設計で、詳しい説明は重心位置の話になりますので下記記事をご覧ください。

ヘッドの重心距離とドライバーの飛距離との関係

M6 D-TYPEはスライスに悩むゴルファーにおすすめ!

M6 D-TYPEドライバーは、つかまりが良くなるドローバイアス設計となっていますので、スライスに悩むゴルファーにおすすめです。ただし、M6 D-TYPEドライバーを手にする際には若干の留意点があります。

M6 D-TYPEドライバーのクラウン

前作と比べて前方のシルバーのエリアが薄く・狭くなっています。後ろの黒いカーボンエリアが増えていて、ヘッドの軽量化が進んでいることが分かります。

M6 D-TYPEドライバーのフェースには二つの赤い穴がある

こちらのフェースの2つの穴は、製造工程上の事情からあけられたもので、使用者が調整などで使うものではありません。こちらの動画を見ると分かりやすいのですが、2つの穴はレジンというジェルを注入ためのものです。

M5、M6のヘッドは、一度、ルール適用外の高反発で製造されます。その後、ジェルを注入することで、反発性能をルール限界点に合わせる作業が行われます。ルールギリギリではなく、ルール限界の反発性能を持つドライバーということになります。

ツイストフェース・ハンマーヘッドも搭載されている

前作のM3、M4で新たに搭載されたツイストフェースとハンマーヘッド。M6 D-TYPEドライバーでも搭載されていますので、自分のスイングではなく、クラブの方で弾道を真っすぐにして欲しいとうゴルファー、特にスライサーには、ツイストフェースで弾道の戻し、ハンマーヘッドでミスの許容性、D-TYPEで抜群のつかまりが発揮され、心強いクラブとなります。

M6 D-TYPEドライバーのスペック

ヘッドサイズはルール限界の460ccあり、スペック設定はノーマルのM6ドライバーと同じとなっています。ただし、下記項目に表れない重心設計については、ヒール寄りに設定されていますので、重心点はドロー仕様で異なります。

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56~60°
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • バランス:D3

M6 D-TYPEドライバーのオリジナルシャフト、PROJECT X EVENFLOW MAX CARRY 45

オリジナルシャフトはPROJECT X EVENFLOW MAX CARRY 45となります。なお、これはM6 D-TYPEやテーラーメイドだけではないのですが、USモデルのシャフトは日本シャフトより硬いと言われています。日本でSを使っているゴルファーがUSモデルでRを選んでも、それでも若干硬いと感じるとう声も良く聞かれますので、シャフトのフレックスは日本と同じものを選択しないように注意しましょう。

M6 D-TYPEドライバーを入手するさいにの留意点、気を付けたい点!

冒頭で触れました通り、M6 D-TYPEドライバーは日本モデルとしての用意がありません。そのため、USモデルを取り扱いしているショップから入手する形になります。とはいってもそれほど難しいわけではなく、ご自分でUSサイトから購入するといったことも不要です。

USモデルを専用に取り扱っているゴルフショップもありますし、中古ゴルフショップでも取り扱われます。中古ゴルフショップというと、「私は新品しか買わない」と敬遠される方もいるかと思いますが、新品も普通に取り扱っていますし、保証書もあります。また、USモデルといったややレア扱いのものも積極的に取り扱うお店も多くあります。

〇M6 D-TYPEドライバーの付属品

M6ドライバーに関する記事

M6ドライバーの 試打・評価・感想