ヨネックス」カテゴリーアーカイブ

ヨネックス Royal EZONEドライバーの試打・評価・感想

ヨネックスから発売のRoyal EZONEドライバーについて、試打や評価、モデルの特徴について解説します。

ヨネックス Royal EZONEドライバー

シニア向けらしく、ブラックにアクセントカラーのゴールドが配われ、ラグジュアリー感があります。

ちなみに以下の画像が前作となる2017年モデルです。

(注意:上記画像は前作の2017年モデルで、比較のため掲載しています)

比べてみると、今作の2019年モデルの方はホワイトが取り入れられ、下手すると金ピカ感が出てしまうところ、上品で洗練されたスマートさが感じられます。

サイドから見たヘッド、ソールに溝がある!

こちらは横からヘッドを見た姿です。お気づきと思いますが、前作との大きな違いとして、ソール前方、フェースの直ぐ後ろに、大きな溝があります。

飛びの秘訣1、クラウンとソールの溝がたわんで素早く復元

出典:http://www.yonex.co.jp/golf/clubs/royal-ezone-driver-2019.html

Royal EZONEのヘッドには、Namdという新素材が採用されています。

Namdは、強靭なしなりと復元力を生み出すことから、新たなカーボン素材として高く評価されています。
(引用:https://www.nitta.co.jp/new_technology/)

クラウンがインパクトの際に撓み、素早く復元することから、ヘッド上部に反発効果が発生します。

さらに、ソールには先ほどサイドから画像で触れましたパワーグルーブと呼ばれる溝が搭載されています。溝の効果については、もうパワースリットとかスピードポケットとか、各社各様の表現で搭載していますので、ご存知の方も多いと思います。溝部分がインパクトの際に撓むことで、ヘッド下部に反発効果を生み出してくれます。

ヘッドの上部と下部の二つの撓み効果により、反発が高まり、従来モデルと比較すると+4.4ヤードの飛距離アップがロボットテストにより確認されています。

飛びの秘訣2、シャフトのしなり戻りが速い

出典:http://www.yonex.co.jp/golf/clubs/royal-ezone-driver-2019.html

シャフトにもクラウンで採用されている復元スピードの速いNamd、さらに次世代航空宇宙素材の高強度・高反発素材のナノメトリックDRが採用されています。

従来のシャフトと比べると、スイング時には大きくしなり、そして、しなり戻りが速いため、インパクトの際にヘッドを加速してくれます。

「撓み弾く」メカニズムは公式CM動画でも解説されています。

Royal EZONEドライバーを試打–阿河徹プロ

  • ヒール寄りの下に当たってミスした時も距離が落ちない。
  • フェースに縦研磨が入っていると、弾道が曲がらない。
  • シャフトが46.25インチと若干長めなので、インサイドからの切替しで、入射角でいうとややアッパーにすると、撓み効果を引き出せて一番飛ぶ。

発売前のRoyal EZONEドライバーを試打


こちらの動画はゆるめですので、お時間のある方がゆったりした気持ちで見てください。4H~6Hの3ホールで、4H、6HでRoyal EZONEを使用しています。

  • 構えた時、フェースが少し開いてるので、引っ掛けなさそうに感じられて思い切り振れる。
  • 打感が良い。誰でも真っすぐ飛ぶ。
  • フェースはディープ。

フェースが縦研磨で曲がらない!

出典:http://www.yonex.co.jp/golf/clubs/royal-ezone-driver-2019.html

フェースの研磨が縦方向にされることで、ボールにかかるスピンの回転軸が傾きにくくなります。左右の傾きが出にくいので横方向成分のスピン量が少なく、ボールが曲がりにくくなります。

Royal EZONEドライバーの適合ゴルファー

プレスリリースでは、ヘッドスピード36m/s前後のゴルファー向けとされています。このシリーズは、ゼクシオのプライムやマルマンのマジェスティプレステジオとターゲットゴルファーは同じセグメントになります。

  • シニア、力があまりないゴルファー
  • ヘッドスピードが早く無いゴルファー
  • シャフトのしなりで飛ばしたいゴルファー

Royal EZONEドライバーのスペック

ロフト角は10°と11.5°です。フレックスはRとSRが用意されていますが、シャフトのしなりを十分にいかしたい方はRを試してみると良いでしょう。

クラブ重量は270g台で、ゼクシオプライムと比べると重量感ありますので、ヘッドの重さも効かせながら飛ばすことができそうです。

シャフト硬さ R SR R SR
ロフト角 10° 11.5°
ライ角 59.5°
フェース角 1.0°オープン
体積 460cc
シャフト質量(g) 39 41 39 41
トルク 5.9°
クラブ長さ 46.25インチ
クラブ質量(g) 276 278 276 278
バランス D2 D2.5 D2 D2.5

Royal EZONE専用シャフト

シャフトは、NamdとナノメトリックDRを複合した専用シャフトです。

ヨネックス Royal EZONEドライバーの発売日と価格

ヨネックス Royal EZONEドライバーの発売日は2019年3月上旬が予定されています。筆者は3月8日頃ではないかと推測しています。メーカー発表の価格は95,000円+税です。