本間ゴルフ」カテゴリーアーカイブ

低スピンで飛ばせる!2019年おすすめドライバー特集!

2019年モデルのドライバーの中で、低スピンで飛ばせるモデルからお勧めをランキング形式で紹介します。

第1位 キャロウェイ EPIC FLASH サブゼロドライバー

低スピンタイプとして一番のおすすめはEPIC FLASHのサブゼロドライバーです。これまでのキャロウェイのサブゼロモデルは、難しい、球が上がり辛いといわれていましたが、2019年モデルであるEPIC FLASHサブゼロドライバーは、使いやすいという評価が多く聞かれます。

そして、AIデザインによるフラッシュフェースが話題となっていますが、今回のサブゼロモデルでは、左右の重心調整機能、ペリメーター・ウェイティングが搭載されているところが大きなポイントです。ペリメーター・ウェイティングの搭載により、ウェイトだけでなく、仕組みそのものが一定の重量を持ちますので、重心が深く・低くなり、やさしさが増したため、バランスが良くなったのではないかと思います。

第2位 コブラ KING F9 スピードバックドライバー

リッキー・ファウラーやブライソン・デシャンボーが早速クラブセッティングの中に取り入れ優勝したことで、注目が集まっているドライバーです。

低重心・空力構造に加え、デュアルロールテクノロジーが搭載さています。デュアルロールテクノロジーは、テーラーメイドのツイストフェースを彷彿とさせるもので、上下でフェースの曲率が異なり、弾道をセンターに戻してくれます。

第3位 テーラーメイド M5ツアードライバー

テーラーメイドの2019年モデルM5、M6の内、上級者向けと言われているM5ドライバーで、さらにヘッドサイズが小さい方のモデルです。435ccの小ぶりなヘッドでノ460ccのM5ドライバーよりも更に低スピンで飛ばせるモデルです。

そして、M1、M3という系譜を持ち、特徴の一つである重心調整機能。M5ツアーではリバースTトラックシステムが搭載され、レール形状が変わることで調整幅が広がっています。

ウェイトをソール後方の左右に分散させることで、重心位置に重量が集中しませんので、打点のブレへの強さも発揮してくれそうです。

第4位 本間ゴルフ TW747 460ドライバー

TW747ドライバーはヘッドサイズが455ccと460ccがありますが、おすすめしたいのは460ccのTW747 460ドライバーです。重心位置が低く深く設定されていますので、低スピンでかつ高弾道で飛ばすことができ、慣性モーメントへの寄与もあり打点のブレにも強さを発揮してくれます。

ソールに搭載されているウェイトビスは交換することができますので、重心調整も可能となっています。

第5位 タイトリストTS4ドライバー

この記事の執筆時点で、またTS4ドライバーは発売されていません。ですが何故ここに取り上げたかというと、タイトリストの新しいブランドTSシリーズが、これまでとガラッと変わって一般ゴルファーにも扱えるモデルに様変わりしたからです。

そしてTSモデルから新たに発売されるTS4は低スピンタイプとなっています。ヘッドサイズが430ccと小さめですので、小ぶりヘッドをまず扱えるか、または扱いたいかにもよってきますが、2019年モデルの低スピン・中弾道のドライバーとして、期待も込めて選びました。

TS4ドライバー、TS3ドライバー、TS2ドライバーの違いを比較

 

以上、低スピンの2019年版ドライバーのおすすめモデルを紹介しました。

 

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

ヘッドスピードがあまり速くない方、ヘッドスピードが下がってきた方は、クラブ重量が軽めのドライバーに変えることで、スイングしやすく結果的に飛距離が上がるというケースが多々あります。
当記事では軽量ドライバーでおすすめのモデルをランキング形式で紹介します。現在のドライバーが少し重くて扱いづらいかも、というゴルファーは参考にしてみてください。

第1位 ゼクシオプライムドライバー(クラブ重量:250g)

前作より2g軽量化され、10.5度のRでクラブ重量は250gです。ヘッド体積はしっかり最大サイズの460ccありますので、安心感もあります。
クラブの長さは46.5インチとやや長めになっていますので、飛距離アップにつながりますが、体格やスイングによっては長すぎると感じる方もいるかもしれません。

第2位 マジェスティ プレステジオ テン ドライバー(クラブ重量:255g)

マルマンのマジェスティ プレステジオ テン ドライバー。10.5度のRスペックでクラブ重量は255gです。
シャフトには航空宇宙分野で開発された素材が使われており、Rスペックで38gという軽さです。クラブ長さは47インチとなります。

第3位 PHYZ ドライバー(クラブ重量:266g)

ブリヂストンから3年ぶりに発売されたPHYZの5代目ドライバー。10.5度のR-LIGHTで、クラブ重量は266gです。32度という大きな重心角も特徴の一つで、スライサーにはとても心強いドライバーです。

と、ここまでで本来は軽量クラブの紹介は終わるところですが、そこまで軽くなくても良いというゴルファーもいると思いますので、引き続いて人気モデルで270g台のドライバーを取り上げます。

第4位 ROGUE スタードライバー スピードスターバージョン(クラブ重量:272g)

キャロウェイのROGUEから発売されている軽量モデルです。ROGUEスターモデルよりもシャフトが2g、グリップが10g軽量化され、クラブ重量はRスペックで272gです。シャフトの調子も先中から元中になっていて、振り遅れに対応しています。

第5位 Mグローレドライバー(クラブ重量:273g)

テーラーメイドのグローレとMシリーズの融合により誕生したMグローレドライバーです。グローレにMシリーズの飛びのテクノロジーが搭載された真に良いとこ取りモデルです。クラブ重量はRスペックで273gです。

第6位 インプレス UD+2ドライバー(クラブ重量:279g)

ヤマハから発売のinpres UD+2ドライバー。PHYZよりも1度大きい33度の重心角を持ったドライバーです。ライ角も61度ありますので、つかまりという点にとことん拘ったモデルです。クラブ重量は10.5度のRスペックで279gとなっています。クラブ長さは45.75インチです。

以上、超軽量のドライバー3点(1~3位)と、割と軽めの270g台のドライバー3点(4~6位)をご紹介しました。他にもタイトリストのVG3、本間ゴルフのBeZEALやダンロップのゼクシオ10など、軽いドライバーはまだまだありますが、おすすめ3点に絞って紹介しました。

「おすすめドライバー」関連の記事

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

 

 

本間ゴルフ Be ZEAL535ドライバーの試打・評価・感想

本間ゴルフから発売されているBe ZEAL535ドライバー。イボミが宣伝していることでご存知の方も多い、BeZealシリーズのドライバーです。

Be Zealとはどんなブランド?

TVでイボミプロが宣伝していることでご存知の方も多いBe Zeal。このブランド名のZealは、熱意、熱心といった意味があり、熱意のあるアベレージゴルファー向けに立ち上げられたブランドです。

Be Zeal535ドライバー

2018年モデルとして発売のBe Zeal535ドライバーは、2代目のモデルです。

名前からして3代目っぽいですが、2016年モデルのBe Zeal525ドライバーが初代モデルで、515や505は存在しません。

特徴1、独特な形状のスリットがミスを許容してくれる

Be Zeal535ドライバーの最大の特徴がソール前方に施された溝です。テーラーメイドで言うところのスピードポケットですね。

この溝がセンターとトゥヒールで形状が異なっています。打点が真中と端っこでは、溝の働くベクトルが異なることは想像に難しくありません。そのため、溝の幅、深さ、形が場所によってことなっているわけです。

このポケットの働きとしては、ミスを吸収してくれるだけでなく、弾道もセンター方向に戻してくれます。まるでテーラーメイドMシリーズのツイストフェースですね。

特徴2、更なる低重心化により、高弾道、低スピンで飛ばせる!

前作と比べて低重心化に成功していますので、高弾道の低スピンボールで飛ばすことができます。

特徴3、ソールに配置されたビスにより、大きな重心角でボールがつかまる!

ソール後方のヒール側には7gのウェイトビスが装着されています。大きな重心角を取る効果がありますので、つかまりが良くなっています。スライサーの方には適した重心角設計です。

BeZeal535ドライバーのゴルフ我流道による試打と評価

・重量はゼクシオより重いが、バランスが違うため軽く感じる。
・スリットが深く入っていて、打点が左右にずれたときにボールが戻ってきてくれる。
・テンプラしても飛距離が落ちにくい。

BeZeal535ドライバーの一般ゴルファーによる試打と感想

・つかまりが良い。軽くて良い。振りやすい。弾きが良い。