本間ゴルフ」カテゴリーアーカイブ

本間ゴルフ ツアーワールド XP-1 ドライバーの試打・評価・感想

本間ゴルフから発売のツアーワールド XP-1ドライバーについて取り上げます。

ツアーワールド XP-1ドライバー

出典:https://www.facebook.com/honmagolfJP/

本間ゴルフでは、TW(ツアーワールド)、BeZeal、BERESという3つのシリーズを展開しています。今回、新登場となるXP-1は、BeZealに変わる新たなシリーズとなり、ヘッドスピードは35~40m/sぐらい、スコアは100前後のゴルファーが適合ゴルファーとなります。アベレージ向けの中でも、ヘッドスピードが遅い人向けとなります。

短尺で軽めのミート率重視のドライバー

ツアーワールドXP-1ドライバーの最大の特徴は、短尺で軽量の振りやすさを重視している点にあります。

BeZeal535ドライバーと比べると、クラブの長さは0.5インチ短尺で、クラブ重量は約5gほど軽量化されています。

モデル BeZeal535 TW XP-1
ヘッド体積(cc) 460 460
長さ(インチ) 45.75 45.25
クラブ重量(g) 292(R) 285(R)

短く軽くして振りやすさをアップすることで、ミート率を上げ、ミスをなくそうというコンセプトです。

ロフト角の調整機能、そして、ソールの溝も搭載!

出典:https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17289579

BeZealでは、ホーゼル部の角度調整機能が搭載されていませんでしたが、XP-1では搭載されています。

本間ゴルフの製品の詳細説明ページがまだ公開されていませんので、目視確認また、ソールにはたわみを生み出すと思われる溝構造と思われる凹みが確認できます。分かり辛いですが、この溝のネック側の方に、いわゆるカチャカチャのレンチを刺し込む箇所があります。

ドライバーからアイアンまでラインナップされている

出典:https://www.honmagolf.com/storage/admin/news_pdf/156393008183036.pdf

ツアーワールド XP-1シリーズは、ドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンまで用意されています。

ドライバーがあった人は、フェアウェイウッド、アイアンがあった人はユーティリティも同じシリーズで揃えることができます。

トルクが高く、硬めのシャフトでミート率を上げて飛ばす!

本間ゴルフさんがXP-1について解説している動画です。イメージムービーではなく、特にシャフトについて詳しく解説されています。

トルクが大きく捻じれが得られる一方、フレックスはやや硬めで安定性を高めています。捩じれ戻りが得られ、短尺による飛距離の懸念に対処した設計となっています。

ツアーワールド XP-1 ドライバーを試打–みんなのゴルフダイジェスト

  • 重量的には42.5と軽く、長さは45.25と短く、振りやすい。
  • ドローバイアス設計で、つかまりが良い。球は上がる。
  • ヘッドスピードは43m/sぐらいまでの人に適している。
  • シャフトが勝手にヘッドスピードを上げてくれて、つかまえてくれる。

ツアーワールド XP-1 ドライバー、メンズ・レディース を試打

XP-1ドライバーは、メンズとレディースの両方が用意されています。試打動画では珍しい、両方のモデルを試打した動画です。

ツアーワールド XP-1 ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:9.5°/10.5°/12°(HL)
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.25インチ

シャフトスペック

  • シャフト種類:VIZARD43
  • フレックス:R/SR/S
  • バランス:D1/D1/D1.5
  • クラブ重量:285g/290g/292g

ツアーワールド XP-1 ドライバーの発売日・価格

ツアーワールドXP-1は、2019年9月20日の発売が予定されています。ドライバーの発売価格は、メンズが75,000円、レディースが70,000円です。

本間ゴルフ Be ZEAL535ドライバーの試打・評価・感想

 

TW747 460ドライバーとTW737 460ドライバーの違い

本間ゴルフのツアーワールドから発売されているTW747 460ドライバーとTW737 460ドライバーの違いについて取り上げます。

TW747 460ドライバーとTW737 460ドライバー

左がTW747 460ドライバーで、右が1世代前のモデルとなるTW737 460ドライバーです。TW747は2種類、TW737は4種類のドライバーが同時に発売されていますが、両者ともヘッド体積が460ccの最大モデルとなっています。

TW747 / TW737 460ドライバーの基本特性は同じ、高弾道・低スピンモデル

TW747 460とTW737 460は、高弾道・低スピンのモデルとして発売されていまして、本間ゴルフ特有の算式的な表現も、ほぼ同じになっています。

  • TW747 460ドライバーは、高初速 × 高弾道・低スピン=爆発的な飛距離
  • TW737 460ドライバーは、高弾道 × 低スピン × 飛距離優先のやさしさ

TW747 / TW737 460ドライバーのウェイト比較

こちらはTW747 460ドライバーです。ウェイトはソールの前方と後方に1つずつで、合計2つ搭載されています。前方の浅重心ウェイトは2.5g、後方の深重心ウェイトは9gで、交換することもできます。前側の重心は低スピン効果を生み出し、後ろ側の重心はやさしさと高弾道を生み出します。

一方、TW737 460の方は、視認できるウェイトはソール前方の1つのみですが、内部のヒール寄りにウェイトが搭載されています。

出典:https://honmagolf-ec.com/club/driver/ORDER-W-TW737-460-A

内部ウェイトの数値は公式ページに掲載がありませんが、前方のウェイトは8gありますので、重心を浅くしようという意図が見えます。

TW747 / TW737 460ドライバーのヘッド形状

左がTW747、右がTW737です。ヘッド形状はいずれもシャローで、ソールバックが下がっています。重心を低くして球があがりやすくなるように配慮されています。

一般的にはこの形状の場合、深重心でやさしさ重視のモデルであることが多いですが、ソールの前方にウェイトを搭載し、重心深度を浅くしているモデルのため、ツアーモデルであることを考えてもミスへの許容性はあまり高くないでしょう。

TW747 / TW737 460ドライバーのフェースの比較

こちらはフェースの画像を並べたもので、左がTW747 460ドライバー、右がTW747 455ドライバーです。シャローヘッドの割に面長で、特にTW737の方は前から見るとディープに見えます。このあたりはツアープロの要望が反映されているのかもしれません。

TW747 / TW737 460ドライバーのスペック比較

モデル TW747 460 TW737 460
ロフト角(°) 9.5 10.5 9.5 10.5
ライ角(°) 60 59
ヘッド体積(cc) 460 460
重心距離(mm) 39 41 41.5
重心深度(mm) 38 38.5 36 36.5
長さ(インチ) 45.25 45.5

TW747の方が重心距離は短く、重心深度が深くなっています。この値だけみれば、モデルチェンジにより寛容性を上げてきたように読み取れます。

TW747 / TW737 460ドライバー関連記事

本間ゴルフ TW747 460ドライバーの試打・評価・感想

TW737ドライバー 445、450、455、460の評価!徹底比較!

TW737ドライバー 445、450、455、460の評価!徹底比較!

本間ゴルフから発売されているツアーワールド TW737ドライバー。全モデル4種を取り上げて比較・評価します。

TW737ドライバーは全部で4種類!

ツアーワールドは本間ゴルフがアスリート向けに発売しているシリーズです。今回取り上げているTW737シリーズは3代目として2016年10月に発売されていて、ツアープロだけでなく、上級者・中級者ゴルファーからも支持されています。

TW737のドライバーは、445、450、455、460の4種類が発売されています。この4種類のモデルについて比較しながら違い・特徴について詳しく解説します。

TW737ドライバーのヘッド形状とヘッド体積の比較

左から445、450、455、460となります(以降、並び順は同じとします)。まず、ヘッド体積ですが、他年度に発売されているモデルではモデル名の数字がヘッド体積を表しているのですが、TW737シリーズのドライバーに限っては若干、事情が異なっています。

モデル TW737 445 TW737 450 TW737 455 TW737 460
ヘッド体積 457cc 450cc 456cc 460cc
形状 面長・洋ナシ オーソドックス 洋ナシ 大型

注意したい点はTW737 445ドライバーです。ヘッド体積は445ccではなく457ccですので、ほぼルール限界サイズの大型です。ただし、面長なため、投影面積はあまり大きさを感じさせません。

TW737ドライバーの横からのヘッド形状の比較

こちらはヘッドを横からみた画像です。一番左の445がハイバック形状で、450、455はややハイバック形状、一番右の460がシャローで、455もややシャロー気味です。左からハイバック・ディープがシャローになっていきますので、この4モデルはヘッド体積ではなく形状の違いで並んでいると考えられます。

一番左の445ははっきりとしたハイバック形状で重心が浅く設定されていますので、左を恐れずに思い切り叩けるモデルです。

TW737ドライバーのフェース比較

445と450がディープフェース、455と460がシャローフェースになっています。左の455、460はシャローで重心が低くなっていますので、高弾道で飛ばすことができます。

TW737ドライバーのウェイトの比較

出典:http://www.honmagolf.co.jp/jp/tourworld_vizard/tw737/tw737_driver.html

こちらは4モデルのウェイトの配置図です三角系のウェイトはソールに装着されているウェイトで、ヒール寄りに搭載されている大きなウェイトは内部に配置されているものです。

特徴的なのは右から2番目の455で、ソールウェイトが唯一後方に設定されています。深重心・低重心になっていますので、慣性モーメントが高く、直進性と打ち出しが高い弾道となります。

TW737 445ドライバーの特徴と適合ゴルファー

TW737 445ドライバーは457ccと大型でありながらハイバック形状のため、コンパクトなヘッドとなっています。重心が浅くなっているため、思い切り叩いても左にミスが出にくくなっています。

持ち球がドローで低スピンで飛ばしたいヘッドスピードの速いゴルファーにおすすめです。

TW737 450ドライバーの特徴と適合ゴルファー

TW737 450ドライバーは、バランスの良いモデルです。小ぶりで操作性がありながらも、ヒール側がやや膨らんでいますので、適度なつかまりもあります。

重心深度も深すぎず浅すぎずですので、持ち球に癖の少ない方、インテンショナルなショットを打ちたいゴルファーにおすすめです。

TW737 455ドライバーの特徴と適合ゴルファー

TW737 455ドライバーは、ソールのウェイトが後方に搭載されているのが特徴です。ヘッド形状はツアープロが好む洋ナシ型で、つかまり過ぎない形状となっています。

ややシャローで深重心・低重心となっていますので、弾道の高さがある程度欲しい、弾道のバラツキを抑えたいというゴルファーにおすすめです。

TW737 460ドライバーの特徴と適合ゴルファー

TW737 460ドライバーは、460ccの大型ヘッドでシャローヘッドとなっています。一般にこの形状のドライバーはアベレージゴルファー向けに深重心となっていることが多いのですが、TW737 460ドライバーは超浅重心となっています。

打ち出しはヘッド形状からイメージされる通り高弾道ですが、重心が浅いため低スピンの弾道となります。スピンを抑えて強弾道で飛ばしたいゴルファーにおすすめです。

TW747 455ドライバーと460ドライバーの違い

本間から発売されているTW747 455ドライバーと460ドライバー。この二つのモデルの違いについて取り上げます。

TW747シリーズのドライバーは2種類

前作となるTW737は455、450、455、460の4種類が発売されました。後継モデルのTW747は現時点で455と460の2種類となっています。

ウェイトの配置と数

TW747 455と460の最大の違いはウェイトにあります。

TW747 455ドライバーのウェイト

こちらはTW747 455ドライバーです。ウェイトは一つで、センターよりトゥ側に配置されています。一般的にヘッドのトゥ側に配置されていると、フェードバイアスで左に抜けにくく、ヘッドスピードが速い人が思い切り叩いていけるモデルとなります。

しかし、TW747 455ドライバーの概要説明は、「つかまりのよさと直進性を追求した深重心設計」となっています。つかまりの良いモデルは、ドローバイアスですから、逆になります。

話をウェイトに戻しますと、トゥ側に設置されたウェイトは、フェードバイアスのためではなく、慣性モーメントを最大化させるためのものとなります。

実際、シャフト軸からみてソール面上で最も遠い位置にウェイトが配置されています。これにより、ヘッドがぶれにくく直進性の高い弾道が生み出されます。

TW747 460ドライバーのウェイト

こちらはTW747 460ドライバーです。455と大きく異なっています。まず、ウェイトの数は2つです。そして、ソールの前方と後方に配置されています。

TW747 460ドライバーの概要説明は、「高弾道・低スピン」とされています。ウェイトの意図は見た目通りで、前方のウェイトは重心を浅くすることでスピンの発生を抑える効果があります。そして、後方のウェイトは低重心に寄与しますので、打ち出し角を高くする効果があります。

操作性の違い

左がTW747 460ドライバーで、右がTW747 455ドライバーです。ヘッド体積は460ccと455ccですから、455の方が操作性が高いのは想像がつきます。実際、クラウンの形状を見ましても460の方はかなりシャローで、455は小ぶりです。

一般に、小ぶりであるほど操作性は良いとされています。実際に試打されている方の感想からも、455の方が操作性が高いという声が多く聞かれます。

ただし、455の方はメーカー説明では「直進性・慣性モーメント」というキーワードが用いられています。これらはモデルが2種類ある場合、アベレージ向けの簡単なモデルで使われます。そして、操作性とは対極にあるオートマチック性が高いモデルとなります。実際、この後に紹介するスペックの数値比較では、小ぶりな455の方が重心深度も重心距離も長くなっています。

ということで、小ぶりな455の方が操作性が高いのかどうかは、メーカー説明と試打者のコメントで反対になっているように筆者としては感じられます。ツアーモデルですので、外観から判断できるほどヘッド特性は単純ではないように思います。この点はもう少し多方面のコメントなどが確認できましたら、また取り上げたいと思います。

スペック比較

モデル TW747 455 TW747 460
ロフト角(°) 9.5 10.5 9.5 10.5
ライ角(°) 59.5 60
ヘッド体積(cc) 455 460
重心距離(mm) 41 39
重心深度(mm) 39.5 40 38 38.5
長さ(インチ) 45.25 45.25

ヘッド体積も見た目も小ぶりな455の方が重心深度・重心距離が大きくなっています。

試打・評価・感想

それぞれのモデルの試打・評価については、個別の記事で取り上げていますので、そちらを参考にしてみてください。

本間ゴルフ TW747 455ドライバーの試打・評価・感想

本間ゴルフ TW747 460ドライバーの試打・評価・感想

本間ゴルフ TW747 455ドライバーの試打・評価・感想

本間ゴルフから発売されているTW747 455ドライバーについて取り上げます。

TW747ドライバーは2種類発売されている

本間ゴルフのアスリート向けモデルであるツアーワールドが2年振りにリニューアル。ニューモデルのTW747では、TW747ドライバー455とTW747ドライバー460ドライバーの2種類のドライバーが発売されています。本投稿では前者のTW747 455ドライバーを取り上げます。

※TW747 460ドライバーについてはコチラをご覧ください。

過去モデルでは数字がヘッド体積と一致しないこともあるので注意!

今回のモデルでは、455、460がヘッド体積を表していますが、過去のモデルでは異なるケースがありますので、今後への予備知識として触れておきます。

前作のTW737では4種類のドライバーが発売されています。モデル名の最後に添えられた数字は、殆どがヘッド体積と同じか近いのですが、全くことなる場合もあります。TW747では一致していますが、これからのモデルは異なってくる可能性もありますので、必ずスペックも確認されることをおすすめします。

<TW737ドライバーのモデル名とヘッド体積>

モデル名 ヘッド体積
TW737 445 457cc(モデル名と異なる)
TW737 450 450cc(モデル名と同じ)
TW737 455 456cc(モデル名と近い)
TW737 460 460cc(モデル名と同じ)

TW747 455ドライバー

TW747 455ドライバーの特徴を見るに当たって、まず、同時に発売されているTW747  460ドライバーとの違いを確認してみましょう。メーカーHPでは下記のように紹介されています。

  • TW747ドライバー 455
    ヘッド体積が455ccで、慣性モーメントが最大化され弾道が捩じずに飛ばせるモデルです。
  • TW747ドライバー 460
    ヘッド体積が460ccで、高弾道・低スピンで飛ばせるモデルです。

この説明をみて、おやっと思われた方もいると思います。タイトリストの917やスリクソンのZシリーズでは、ヘッド体積が小さくなると、より難しさが増してくるのが一般的です。例えば、ヘッド体積が小さい方が操作性・低スピン、ヘッド体積が大きい方が慣性モーメント・直進性といった具合です。ところが、TW747では逆になっている点が興味深いところで、他メーカーのようなシンプルな区分けではないようです。

TW747 455のウェイトに注目!

TW747ドライバーの最大の特徴はソールに搭載されたウェイトの数と位置です。460では前と後ろで合計2個搭載されていますが、455では後方のトゥよりに1個搭載されています。ゼクシオなどアベレージ向けではヒール寄りに搭載されているものが多いので、ターゲットゴルファーの違いが改めて感じられるところです。

センターではない微妙な位置の掲載は、慣性モーメントを最大化しようという意図があります。9gのウェイトビスは、シャフト軸から最も遠いところに配置されています。ゴルフクラブはネック周りのウェイト比率が高くなりやすいですが、これと対局の位置に持ってくることで、慣性モーメントが最大化され、弾道のブレにくさを発揮してくれます。

改めて460(左)と455(右)のウェイト位置を確認してみますと、全く異なる重心設計で、クラブのコンセプトも変わってくることが分かります。

TW747 455ドライバーのヘッド形状

ヘッドはツアープロが好む洋ナシ型です。460と比べるとヒール寄りのボリュームは薄くなっているように感じられますが、つかまりが良いとされています。内部ウェイトがつかまりの良い配置になっているか、または、ストレッチが短いことで重心角が大きくなっているといった設計が施されていると思われます。

こちらはヘッドのサイドです。ハイバック形状となっていますので、シャローな460と比べると低重心の度合いの違いにより弾道が高めとなります。

TW747 460と455のヘッド形状の比較

出典:https://www.honmagolf.co.jp/jp/item/web_catalog_product/book/html5.html

460(左)と455(右)のヘッドを並べた画像です。460の方がストレッチが長く、お尻が沈んでいて、低重心になっていることが分かります。

TW747 455の試打と評価–マーク金井氏

TW747 455と460の違いについて解説されています。また、本間ゴルフ独特の調角機能についても詳しく解説されています。

TW747 455と460を比較・試打

TW747 455ドライバーと460ドライバーを打ち比べした動画です。メーカーの説明では455はつかまりが良いとされていますが、それとは異なる解説をされていて、打ってみると右に抜けている弾道があったところが興味深いです。

TW747 455ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:9.5°/10.5°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:455cc
  • 重心距離:41mm
  • 重心深度:39.5mm/40mm
  • クラブ長さ:45.25インチ

シャフトラインナップ

  • VIZARD For TW747 50:75,000円
  • VIZARD FD-6S:85,000円
  • VIZARD FP-6S:85,000円
  • Speeder 569 EVOLUTIONⅤ、Speeder 661 EVOLUTIONⅤ
  • Diamana DF60