飛距離が出るドライバー」カテゴリーアーカイブ

5代目となるPHYZ ファイズ ドライバー 2019についてメーカー担当者が解説

PHYZ ファイズドライバー(2019)について、メーカー担当者が商品コンセプトを語った動画が公開されています。

商品コンセプトについて解説(動画1)

  • PHYZを購入するゴルファーのヘッドスピードを調べて見ると、下がっている傾向がある。
  • ヘッドスピード38m/s以下の方に提案するクラブ、そして、長く楽しんでもらえるクラブ、というのがPHYZのコンセプトとなっている。
  • 3~4年前までは平均ヘッドスピードが40m/sぐらいだったが、現在は38m/sと見ている。
  • 今作の開発サイクルは2年とは考えてなく、長く考えている。
  • PHYZのボールもヘッドスピード38m/sの方がもっと飛ばせることを考えて開発している。
  • カラーリングは、初代のPHYZの緑が印象深いということで、今作も踏襲している。
  • ターゲットはヘッドスピード38m/s以下のゴルファーが対象で、シニア向けと限定するものではない。
  • 若いゴルファーでヘッドスピード30台のゴルファーが使っても問題ない。

PHYZの最適ゴルファーや今後のレディース向けについて言及(動画2)

  • ヘッドは軽いが、シャフトが男性向けで、女性には長い。女性向けはまた新たに分析して投入ということになる。
  • 高齢化に向き合って、スポーツを愛する会社として、ヘッドスピード38m/s以下でも、よりゴルフを長く楽しんで使ってもらえるモデルとしてPHYZを投入した。

「PHYZ」関連のおすすめ投稿

PHYZ ファイズ ドライバー 2019の最新情報

M5、M6のMは、どういう意味か知ってる?

テーラーメイドの人気モデルであるMシリーズ。M5ドライバーやM6ドライバーなど、ニューモデルの登場により数がカウントアップされていきますが、そもそもMはどういう意味があるのかご存知ですか?

本投稿では「M」について取り上げます。

M5、M6の「M」は、何の略か?

M1、M2から始まり、現在はM5、M6まできているテーラーメイドの人気モデル、Mシリーズ。さて、M4、M6など数字にばかり目が行きがちですが、Mにも意味が込められています。

そもそもMシリーズとは

Mシリーズは2016年に発売されてモデルで、当初はM1、M2の二種類でした。翌年はM1、M2の2017年モデルが発売されています。

そして、2018年、M1、M2がモデル名として固定かと思いきや、それぞれの後継モデルとしてM3、M4が発売されました。

タイトリストでは、917D2、TS2や917D3、TS3といった具合に、最後の2、3はモデルとしての統一性を表した数字ですが、テーラーメイドでは異なることが分かります。

それを更に表すかのように、2019年はM3、M4の2019年モデルではなく、M5、M6が発売されました。

数字は奇数が上級者・アスリート、偶数がアベレージゴルファーを表している

テーラーメイドでの数字は、M1、M3、M5が上級者向けと言われていますので、奇数が上級者やアスリートゴルファー向けのモデルで、偶数がアベレージゴルファー向けとなっています。

ではM5、M6などの「M」はどういう意味があるのか?

さて残る「M」ですが、これはMulti Materialの頭文字で、複数の素材という意味です。

「Mシリーズの『M』は、Multi Material(マルチマテリアル=複数の素材)の頭文字です。チタンやグラファイトなど多様な素材を複合している構造を強くアピールしたいことから、このネーミングがつけられました」

引用:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/topics/article/68697/1/

ヘッドに複数の素材が使われ、軽量化・重量配分などが行われています。実際、M6ドライバーのヘッド素材はこのようになっています。

チタン+グラファイト・コンポジット・クラウン&ソール

なんのこっちゃと思ってしまうそうですが、要するに、

クラウンとソールは、チタンとグラファイトを組み合わせて作っています

ということになります。

実際にM6ドライバーではカーボン領域を増すことでヘッドの劇的な軽量化に成功しており、ソール後方に46gもの大重量のウェイト搭載が実現されています。当然ながらこれは慣性モーメントがアップしますので、打点のバラツキへの許容度が増し、やさしさがアップします。

出典:http://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

まとめ

テーラー名のMシリーズのネーミングについて、数字、Mそれぞれの意味に触れ、そして、最後はM6ドライバーを例に素材・設計、そして、実現される効果に辿り着きました。

ゴルフクラブって、奥が深いですね!

タイトリストの数字も意味があるので、別の機会に触れてみたいと思います。

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

2019年モデルのドライバーはテーラーメイドのM6、M5、キャロウェイのEPICFLASHを始め、注目のモデルが目白押しです。少し早いですが、年初のニューモデルの情報が出そろってきたところで、2019年モデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

第1位 テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、スピードインジェクションという驚きの製造手法が採用されています。まずルール違反の高反発フェースを製造し、前方の穴よろジェルを注入して反発性能を下げてルール限界値の反発を持ったクラブに仕上げられています。

つまり、M6ドライバーは商品により当たり外れがなく、全てが最大反発に仕上げられているところが最大の魅力です。そして、M3、M4でも注目されたツイストフェースは引き続き搭載されていますので、打点がバラついても弾道をセンターに戻してくれます。

第2位 インプレス UD+2ドライバー

ヤマハから発売のインプレスUD+2ドライバーの2代目、2019年モデルです。前作に引き続き、最大の特徴は大きな重心角です。

一般的なドライバーで22度ぐらいですから、33度というのは極端に大きな重心角です。フェースの返りが抜群によく、しっかり捕まえることができます。飛距離アップの仕組みも搭載されていますが、スライサーの方は弾道が改善されることによる飛距離アップの効果が大きいと思います。

第3位 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー

発売前からAIデザイン、フラッシュフェースというキーワードが漏れ聞こえてきて、注目を浴びていたモデルです。AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回のシミュレーションによりはじき出された答えが、左右非対称の波打ったフラッシュフェースです。

引き続き、ソール後方のウェイト調整機能、ペリメーターウェイティングは搭載されていますので、弾道にFADE・DRAWの調整を掛けたい方にはおすすめのモデルです。

第4位 PING G410 PLUSドライバー

PINGの人気モデル、G400シリーズのニューモデルがG410です。今回のG410ドライバーでは、ウェイト調整機能が搭載され、FADE、DRAW設定とて、ウェイトを移動することができます。

G400ではMAX、スタンダード、SFT、LSTと4つのモデルから選ぶ必要がありましたが、ある程度、クラブの側からも弾道調整が行えるようになりました。

第5位 PHYZドライバー

PHYZドライバーもインプレスUD+2と同じく大きな重心角を持っています。一度、及ばない32度ですが、この大きさを有していれば大きな違いはないでしょう。

もう一つの特徴がクラブの重量です。シャフトが重量の異なる2種類から選ぶことができ、軽量な方を選択すると、クラブ重量は266gという軽さになります。体力が落ちていて、ヘッドスピードに悩みがあるゴルファーにはおすすめのモデルです。

こちらもオススメ

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

ギア効果とスピン量の関係を理解して、スライスや吹き上がりを改善

このサイトでは飛距離が出るドライバーをテーマにして、おすすめ・注目のモデルを取り上げています。クラブ解説の中で、重心位置・スピン量・ギア効果といったキーワードがが度々登場します。
そこで、本記事ではギア効果とスピン量の関係について取り上げて、ドライバーショットへの影響について理解を深めてみたいと思います。

インパクトの際、フェースが傾く!

ドライバーでもアイアンでも、インパクトでフェース面上の重心点にボールを垂直に当てることができれば、素直な球が飛んで行きます。しかし、現実はそう上手くは行きません。人間がスイングする以上、必ずブレが生じます。

このブレの具合が弾道に大きな影響を与えます。1つは打ち出し角、もう1つがスピン量です。

フェースにボールが当たると、フェースが傾きます。例えばフェースの上側に当たればフェースが上を向き、フェースの下側に当たればフェースは下を向きます。これは左右方向でも同じ現象が生じます。

そして生まれるギア効果!

ギアとは自転車や車などの話で聞いたことがあると思います。歯車により伝達装置のことを言います。ギア効果とは、まさに歯車と同じ動きのことを表しています。

ちょっとマニアックな感じの動画で、実験なので地味なところがありましたが個人的には好きです。ゴルフ目線では下記の動画の方が分かりやすいです。

フェースにボールが当たった時の動きについて、フェースもボールも歯車で噛み合っていると考えてみてください。例えば、ボールがフェースの上側に当たった場合、ヘッド上側が押し込まれ、フェースが寝る方向に傾きます。一方、ボールの方は、歯車が噛み合ってますので、フェースとは逆の向きに回転することになります。これがギア効果です。

上述の例では、フェースが寝るのと反対向きに回転しますので、バックスピンとは逆方向に回転する力が生じます。

反対に、ボールをフェースの下側で打つと、フェースが下を向く方向に押し込まれますので、フェース面上で噛み合っているもう一方の歯車、つまりボールは、バックスピン方向に回転する力が加わります。そのため、ボールは吹け上がることとなります。

スライスの原因はフェースの向きだけではない!

このギア効果によるスピンする力は、上下方向だけではありません。左右に対しても同じメカニズムでギア効果が生じます。

スライスで悩んでいる人は、フェースがインパクトの際に開いていることだけでなく、トゥ側で打ってしまっていることでスライス回転のギア効果が生じていることが原因として考えられます。

エピックフラッシュのスクリューウェイトの交換について

キャロウェイのEPIC FLASHのスクリューウェイトの交換・調整について取り上げます。

スクリューウェイトの種類は全部で7種類!

 

まず、スクリューウェイトは、2gから14gまで、2g単位で計7種類あります。スクリューウェイトが搭載されているモデルは、ウェイトを交換して、重心調整を行うことができます。

スクリューウェイトが搭載されたEPIC FLASHは3種類!

ウェイトというと、ソール後方に設置されたレールの上をスライドするペリメーター・ウェイティングを思い浮かべますが、交換できるスクリューウェイトは、上図のエピックフラッシュ サブゼロ ドライバーでいうと、ソール前方、フェースに近い方の固定式ウェイトになります。

この固定式ウェイトが搭載されているモデルを下記に列挙します。

  • EPIC FLASH Sub Zero ドライバー(1つ)
  • EPIC FLASH STAR フェアウェイウッド(1つ)
  • EPIC FLASH Sub Zero フェアウェイウッド(2つ)
  • EPIC FLASH STAR WOMEN’S フェアウェイウッ(1つ)

エピックフラッシュ サブゼロ フェアウェイウッドは、固定式ウェイトを2つ搭載!

エピックフラッシュ サブゼロのフェアウェイウッドのみ、固定式のスクリューウェイトは前後で合計2つ搭載されています。これらはネジが同じスペックですので、前後で入れ替えることもできるため、より調整の幅が広くなっています。

なお、ドライバーに搭載されているスライダーウェイトとは違い左右の調整は行えませんので、調整できるのは、弾道の高低・スピン量・直進性ということになります。

ウェイト調整による弾道の変化について

低重心での弾道

一般に、ソールのウェイトを増すほど重心位置が低くなりますので、弾道は高くなります。

浅重心での弾道

後方のウェイトを減らしたり、前方のウェイトを増やすと、浅重心となります。重心が浅くなりますと、前方からの衝突に対してクラブの安定度が下がりますので、インパクトの微妙な違いに弾道が反映されます。上級者視点で言えば、操作性が高く、思い通りの弾道が繰り出せ、アベレージゴルファー視点で言えば、ミスの許容度が低く、打点がバラつくと弾道も暴れます。

また、スピン量については、重心が浅い程、減りますので、低スピンの強い弾道の球を飛ばすことができます。

重心調整による弾道への影響について詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

重心設計とドライバーの飛距離の関係