飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 月別アーカイブ:2019年05月 」 一覧

スリクソン Z765ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2016年モデルのドライバー、Z765ドライバーについて取り上げます。

2016年のZシリーズドライバーは3種類ある?

スリクソンのZシリーズとしてリリースされている2016年モデルのドライバーは、2014年モデルの前作と同様に3種類のラインナップとなっています。しかし、2014年とは状況が少し異なっていまして、従来はZ5*5、Z7*5、Z9*5というモデル名で、数位が上がるにつれヘッドサイズが明確に小さくなっていました。

しかし、2016年モデルは、Z565、Z765、Z765リミテッドモデルの3種類となっています。従来にならえばあったであろうZ965ドライバーというモデルは、発売されていません。

そもそも、スリクソンのZシリーズは5、7、9のヘッドサイズの差が年々縮まってきていまして、遂に2016年モデルで9のモデルが廃止となりました。ヘッドサイズは、Z565が460cc、Z765が445cc、Z765リミテッドモデルが440ccとなっています。

Z765ドライバーの特徴

Z765ドライバーは、同シリーズの中で「しっかり叩ける」と「中弾道」が特徴のモデルです。アドレスするとフックフェース気味のため、つかまりの良さを感じながら構えることができます。

ここが重要!ポイント

  • 左を恐れず、しっかり叩ける。
  • 中弾道の低スピンで飛ばせる。

重心距離が長く、思い切り叩ける!

ヘッド体積が445ccとZ565の460ccと比べるとやや小ぶりになっていますが、重心距離は長めに設定されています。ヘッドが返り過ぎるのを抑える重心設計になっていますので、ヘッドスピードの速い、ドロー系弾道のゴルファーが思い切り叩いても、左へのミスが出にくくなっています。

もっと叩けて操作性も欲しい人は、Limited Editionがおすすめ

Z965がリリースされなかった代わりか分かりませんが、Z765ドライバーよりも更に小ぶりなヘッドとして、Z765ドライバー Limited Editionが発売されています。

こちらは更に5cc小さい440ccとなっています。そして、最大の特徴はウェイトの搭載位置にあります。Z565もZ765もソール後方にウェイトが搭載されていましたが、Z765リミテッドエディションでは、ソール前方に二つ搭載されています。

重心が浅く設定され、かつ、Z565、Z765よりも低重心効果が薄れますので、より低スピン、より低弾道で、力強く飛ばせるモデルとなっています。ヘッドが小ぶりですので、操作性も優れています。

Z765ドライバーの試打・評価

屋外の練習場で試打した動画です。低い弾道で突き刺すように飛んで行きます。

Zシリーズ2016年モデル全般について、マニアックに語られています。

Z765ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:57.5°
  • ヘッド体積:445cc
  • クラブ長さ:45インチ

シャフトラインナップ

  • Miyazaki Kaula MIZU 6 カーボンシャフト
  • SRIXON RX カーボンシャフト
  • Diamana BF60 カーボンシャフト
  • Fujikura Speeder 661 EvolutionⅢ カーボンシャフト
  • ATTAS PUNCH 6 カーボンシャフト







M6とM4、どちらのドライバーが飛ぶか?アマチュアがリアルに試打した結果が興味深い!

M6ドライバーとM4ドライバーのどちらが飛ぶのか?これはニューモデルが出ると常に気になる点です。 本記事では、この最大の関心事を検証したアマチュアゴルファー2人の動画を取り上げ、M6、M4ドライバーに …

スリクソン Z565ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2016年モデルのドライバー、Z565ドライバーについて取り上げます。 Z565ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 201 …

ゼクシオ7 ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2012年モデルとして発売されているゼクシオ7ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 XXIO ゼクシオ7 ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す ゼクシオ7ドライバ …

曲がらないドライバー ランキング!直進性が高い2019年モデル

ドライバーショットで飛距離が伸びない・スコアを落とす大きな要因の一つが、真っすぐ飛ばないことです。本記事では「曲がらないドライバー」の2019年おすすめモデルをランキング形式で紹介します。 なお、20 …