テーラーメイド」タグアーカイブ

M4ドライバーとM2ドライバーの違い

テーラーメイドのM4ドライバーとM2ドライバー 2017について違いを取り上げます。

M4ドライバーの前作に当たるのがM2ドライバー 2017

M4ドライバーとM2ドライバーはモデル名の数字が違いますが、継承関係にあります。2017年に発売されのM2ドライバー 2017、その後継モデルが2018年に発売されたM4ドライバーとなります。

ちなみに、M2ドライバーの方は、今回取り上げている2017年モデル以外に、前年の2016年に発売されたM2ドライバー 2016(初代)があります。タイトリストのようにM1、M2の数字は当初モデルの特性を表すものと思われましたが、2018年モデルで、M3、M4とカウントアップされています。これが続くと後々どうなるんでしょうかね。

M4ドライバーで新たに搭載されたツイストフェース

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

M4ドライバーの最大の特徴は、ツイストフェースです。これまでフェースの注目点は、使用される素材、薄さ、裏面の形状、カップ形状といったあたりで、フェース曲面がフォーカスされることは殆どありませんでした。

M4ドライバーでは、フェースを捩じるという前代未聞のテクノロジーを搭載し、この年の注目を集めました。

概要を説明すると、ハイトゥ・ローヒール方向に集まる打点のバラツキを、フェースを捩じることで対応し、弾道をセンターに戻してくれるというテクノロジーです。

※ツイストフェースの詳細については、こちらをご覧ください。

スピードポケットはM2、M4共に搭載されているが、M4はハンマーヘッドに進化している!

テーラーメイドと言えば、スピードポケットです。ソール前方に施された溝は、M2ドライバー、M4ドライバーの双方に搭載されています。

M2ドライバー 2017のスピードポケット

こちらがM2ドライバー 2017のスピードポケットです。スピードポケットの効果については、表現が毎回異なっているので、メーカーの記載をそのまま掲載します。

新開発スピードポケットにより前作よりも反発力が向上、高弾道低スピンで飛ばせる。
引用:https://www.taylormadegolf.jp/Driver/DW-CCB90.html

M4ドライバーのハンマーヘッド

M4ドライバーの方は、ポケットに2本のリブが掛けられていて、剛性が高められています。こちらもメーカーの説明を引用します。

搭載されたテーラーメイドの新テクノロジー「ハンマーヘッド」は、スイートエリアを拡大すると共に、反発係数最大値に近い高い反発性能を実現した。
引用:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

フェースの反発力を向上させるソール前部の「ハンマーヘッド」デザインが、初速アップ、スイートエリア拡大に貢献。
引用:https://www.taylormadegolf.jp/Driver/DW-LNZ77.html

どちらも反発力をアップに寄与し、さらに、M2ドライバーの方は高弾道・低スピン、M4ドライバーの方はスイートエリア拡大、ということになります。

M4ドライバーとM2ドライバーのスペック比較

モデル M2ドライバー M4ドライバー
ロフト角( ゜) 9.5/10.5 9.5/10.5
ライ角( ゜) 58 58
ヘッド体積(㎤<cc>) 460 460
長さ 45.75 45.75
標準シャフト TM1-217 FUBUKI TM5
クラブ重量(g) 296(R) 297(R)
シャフト重量(g) 51(R) 52(R)

M2ドライバーとM4ドライバーのスペックを並べてみますと、殆ど変わらないことが分かります。重量面で標準シャフトがM4になって1g重くなっていますが、クラブ重量も1gの差のままです。

M4ドライバー・M2ドライバーのフォルム比較

フェースやクラウンなど、全体的なフォルムの比較画像です。縮尺は異なります。

左がM4、右がM2です。M4でツイストフェースが搭載されたことが大きな変更点です。

左がM4、右がM2です。M2ではホワイトのところがM4ではシルバーになっています。カーボンエリアが若干広くなったように見え、境界線の形状も変わり、M4はアドレスしやすくなったという声が聞かれます。

左がM4、右がM2です。スピードポケットの溝の縦幅(間隔)がリブにより補強されたことで広がっています。

M4、M2ドライバーに関連するおすすめ記事

テーラーメイド M4 ドライバーの試打・感想・評価

M6ドライバーとM4ドライバーの違い

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

テーラーメイド M2 ドライバーの試打・感想・評価

 

M5ドライバーのウェイト調整機能、リバースTトラックについて徹底解説!

M5ドライバーのウェイト調整機能について取り上げます。

M5に搭載されているウェイト調整機能

2019年のテーラーメイドのMシリーズドライバーは、M5とM6がリリースされています。そしてリバースTと呼ばれるウェイト調整機能は、M6にはなくM5だけの機能となっています。

M3とM5のウェイト調整機能の比較

前作でもウェイト調整機能は上級者向けとされているM3に搭載されています。両者を比較してみると、レールに進化が見られることがわかります。

まず、M5の方はヘッド後方のウェイト稼働領域が、キャロウェイのエピックフラッシュのようになっています。ヘッドシェイプに沿った形状になったことで、M5の方が左右へのウェイト調整領域が広がり、設定の自由度が増しています。

なお、ウェイトの個数は同じですが、M3では1個11gなのに対して、M5では1個10gとなっています。

M5ドライバーの360度ビューで、稼働ウェイトを動画で紹介!

こちらの360度ビュー動画の中で、ウェイトがスライドする様子が紹介されています。ヘッドの内部構造、そして、最後にスリーブのロフト調整機能も紹介されていますので、参考になります。

M5ドライバーのウェイト調整例、基本5パターン!

M5ドライバーのウェイトをネジで緩めレール上をスライドすることで、前後・左右に重心変更することができます。

出典:http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/190111_M5M6.pdf

基本的な重心調整は、上図の真ん中の例がウェイトを前後に配置したスタンダードです。上図の左上から時計回りに、フェード、ドロー、深重心、浅重心となっています。

なお、重心の深さ、高さによるドライバーショットへの影響については、下記の特集記事をご覧ください。

浅重心・深重心とドライバーの飛距離との関係

低重心・高重心とドライバーの飛距離との関係

あなたにオススメの「ウェイト調整」に関連する記事

M3ドライバーのYトラックは発明的かもしれない件

M5ドライバーの試打・評価・感想

M6ドライバーとM5ドライバーの違い

M5ドライバーとM3ドライバーの違い

M5ドライバーとM3ドライバーの違いについて取り上げます。

M5ドライバーはノーマルモデルとツアーモデル

M5ドライバーは、M3と同様に2種類のヘッドがあります。ノーマルはM5ドライバー(写真左)は460ccで、M5ツアードライバー(写真右)は435ccです。

ツアーの方は名前の通り、より反応性・操作性を求めるツアープロが好む小ぶりなヘッドとなっています。

M3ドライバーは460と440

M3ドライバーはM5で登場したツアーという名称はなく、M3 460ドライバー(写真左)、M3 440ドライバー(写真右)という名称となっています。いずれも数字はヘッドサイズを表していて、ヘッドサイズが異なるモデルとなっています。

M3、M5といった同一モデルの中で、それぞれ2種類のモデルがありますが、搭載されているテクノロジーは同じです。M5とM3の比較は、ヘッドサイズが大きい方のモデルを取り上げます。

M5とM3ではウェイトが稼働するレールが異なる

スライディングウェイトは、M3ではYトラックという名称でした。M5ではリバースTという名称になり、形状も若干異なっています。ヘッド後方のソール形状に沿っていて、稼働範囲が増えています。

M5の方が重心調整の幅が広がっている

M5はスピードインジェクションによる最大反発フェースを持っている

M5とM3の違いというより、M5・M6とM3・M4の最大の違いはフェースにあります。動画でご覧になった方もいると思いますが、フェースの左右下側に特徴的な赤いネジがあります。これはゴルファーが触る調整ネジではなく、メーカーが製造工程の中でジェルを注入するために使用しています。

今回のM5、M6は、まず高反発のいわばルールを破ったヘッドを製造し、後からルール限界値までジェルを注入して下げています。今まではルールギリギリの最高品質のクラブはプロに回されているといった噂が実しやかにささやかれていたようですが、全てのゴルファーが最大反発のヘッドを手にできることを意味します。

とは言え、従来のモデルでもルール限界に近づけるように製造されていたわけですから、この若干の差を一般ゴルファーの飛距離に影響を与えるかというより、その他のテクノロジーや重心設計のフィット具合の方が重要かもしれません。

ツイストフェース、ハンマーヘッドはM5にも搭載されている!

M3、M4でゴルフ業界を驚かせたツイストフェースとハンマーヘッドは、引き続きM5、M6でも搭載されています。ボールが曲がらないのはツイストフェースによる効果なのか、確認するのは難しいと思われますが、使用者の声、試打の感想を聞いていると、真っすぐ飛ぶという評価が多いようです。

M5の方がカーボン領域が増えている

こちらはクラウンの比較画像で、左がM5、右がM3です。M5の方が全体的にブラックで、カーボンが使用されている領域が増えていることが分かります。M5、M6ではヘッド構造の軽量化を進んでいますので、余剰重量は有意義な場所に配置されています。

また、カーボン領域が増えた関係で、アドレスの際にボールを合わせる目安となるテーラーメイドのロゴプリントの位置、カラーが変わっています。M5は後ろのカーボンエリアの中に入り、若干、目立ちづらくなった印象はあります。

M5ドライバーの試打動画

M5ドライバーを試打した動画を2件埋め込み掲載します。とちらも参考になりますので、M5を検討されている方はご覧になることをおすすめします。

標準シャフトの違い

標準カーボンシャフトを比較すると、クラブ重量やトルクなど大きな差はありません。

M5 / KUROKAGE TM5 2019

フレックス クラブ重量(g) シャフト重量(g) トルク バランス キックポイント
S 約308 約56 4.1 D3
SR 約306 約54 4.5 D3

M3 / KUROKAGE TM5

フレックス クラブ重量(g) シャフト重量(g) トルク バランス キックポイント
S 約309 約55 4.1 D2.5
SR 約307 約53 4.5 D2.5

M5ドライバーの購入

M4 D-TYPEドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドのM4 D-TYPEドライバーについて取り上げます。

M4 D-TYPEドライバーはUSモデル!

根強い人気のあるM4 D-TYPEドライバー。名前は聞いたことがあるものの、テーラーメイド公式HPに掲載されていないため、詳細をご存知ない方もいると思います。M4 D-TYPEドライバーは日本未発売のため、流通しているモデルはUSモデルとなります。

USモデルといっても、日本の小売りでも取り扱われていますので、購入することができます。購入方法については、当ページの最後で紹介していますので、早速購入という方は、ページ末までおすすみください。

M4 D-TYPE ドライバーが重心がヒール寄り

こちらはM4 D-TYPEとM4ノーマルタイプを並べて比較したものです。左のD-TYPEは、シルバーのウェイトネジがヒール側によっていることが確認できると思います。そして、ウェイトの周辺部分(黒)もヒール寄りにごっそり片寄っていますので、ウェイトがかなりヒール寄りになっていることが分かります。

重心がヒール寄りになると、スライス改善に効果を発揮する

重心がヒール寄りになると、重心距離が短く・重心角が大きくなり、ヘッドが返りやすくなります。ヘッドが返りやすいと、インパクトの際にオープンフェースになることを抑えてくれる方向に働きますので、スライスが出にくくなります。

ヘッドの重心距離とドライバーの飛距離との関係

M4 D-TYPEドライバーの試打・感想

  • 20gほどのウェイトが、ヒール側に30度ぐらい寄せられている。重心距離が約6.5mm短くなっている。ヘッドが返しやすく、ボールのつかまりが良い。
  • D-TYPEがあるという意味は、ノーマルタイプは左のミスが嫌いな人向け。D-TYPEは球をつかまえたい人向け。

ライ角は2°アップライトになっている

ライ角はD-TYPEの方が58~62°、ノーマルタイプが56~60°で、D-TYPEの方がアップライトになっています。ライ角が大きい方がスライス改善には効果が出やすいとされていますので、D-TYPEはこの点でも有効な仕様となっています。

バランスはD-TYPEがD2、ノーマルタイプがD3となっていますので、ノーマルタイプの方が重さを感じるようになっています。

M4 D-TYPEドライバーのクラウン

M4で新しく搭載されたテクノロジー、ツイストフェースとハンマーヘッドはM4 D-TYPEでも搭載されています。

M4 D-TYPEドライバーのスペック

ロフト角 左右 ライ角 ヘッド体積 長さ バランス
9。5° 右・左 58~62° 460CC 45.75インチ D2
10.5° 右・左 58~62° 460CC 45.75インチ D2
12° 58~62° 460CC 45.75インチ D2

標準シャフトは FUJIKURA ATMOS RED 5

公式サイトで紹介されているシャフトは、FUJIKURA ATMOS RED 5です。ご存知の方も多いと思いますが、USモデルはシャフトが日本と異なります。種類の違いだけなら分かりやすいのですが、硬さが同じSでも異なり、1~1.5違うと言われています。そのため、普段日本でSを使っている場合、USモデルではRを選ぶケースが多いようです。

FLEX WEIGHT TORQUE LAUNCH SPIN
S 55G 4.4 MID MID
R 54G 4.5 MID-HIGH MID-HIGH
A 53G 4.5 MID-HIGH MID-HIGH

M4 D-TYPEユーザーの感想

  • このクラブは素晴らしいです。設計されている通りに機能してくれて、スライスはもう出ません。
  • 普段、フェードだが、殆どストレートボールで打てました。文句は全くありません。

引用:https://www.taylormadegolf.com/M4-D-Type-Driver/DW-WZ627.html

M4 D-TYPEドライバーの入手方法について

M4 D-TYPEドライバーは日本未発売モデルですが、日本のゴルフショップでも取り扱われています。USモデルのため、メジャーな大手ゴルフショップさんではないと思いますので、ネットで購入する形となります。USモデルの取り扱いで有名なのがフェアウェイゴルフUSAです。

楽天でも取り扱っている業者がいますので、検索してみると良いでしょう。
⇒楽天で「M4 D-TYPEドライバー」を探す

M6 D-TYPE ドライバーを徹底解剖!試打あり・スライサー必見

※2019/02/23 試打と評価を追記

テーラーメイドのM6 Dタイプ ドライバーが一部のゴルファーの間で注目されています。日本のテーラーメイド公式サイトに掲載されていないD-TYPEドライバーについて取り上げます。

M6 D-TYPEドライバーはUSモデル!

テーラーメイドの日本の公式サイトでは、M6はM6ドライバーのみで、M6 D-TYPEドライバーの情報は掲載されていません。これは、M2、M4でもそうだったように、D-TYPEドライバーはUSモデルでして、日本モデルとしては販売されていません。

でも安心してください。日本でも購入できますので、モデルの特徴と購入について紹介します。

M6ドライバーのフェースアングル

上の写真は、USのM6 D-TYPE ドライバーとノーマルなM6ドライバーのヘッドを重ねてみました。色が濃くなっている部分が重なっているところです。

フェース側がはみ出ているのがM6 D-TYPEドライバーで、ヘッド後方がはみ出ているのがノーマルなM6ドライバーです。ドロー仕様というだけあって、D-TYPEはフェースが閉じている様子が分かります。

M6とM4を比べるとカーボン比率が増えていることが分かる!

こちらは同じD-TYPEのM6と前作のM4で、クラウンを比較してみました。左のM6 D-TYPEドライバーでは、ブラックのカーボンエリアが大幅に増えていることが分かります。

今回のM6ドライバーは、ソール後方に46gのウェイトを集中させ、ミスへの許容性を上げています。余剰重量を生み出すためにヘッドの軽量化をかなり徹底的に進めています。

D-TYPEはウェイトがヒール寄りに搭載されている

M6 D-TYPE ドライバーのドロー仕様設定の大きなポイントは、ヒール寄りにウェイトが搭載され、重心距離が短くなっている点です(0:17からドロー設定の紹介です)。

重心がフェース寄りになっていると、ヘッドが返しやすくなります。フェースターンが容易になりますので、ボールのつかまりがよくなり、スライス改善に効果的に働いてくれます。

D-TYPEもスピードインジェクションにより最大反発を実現!

ノーマルなM6ドライバーやM5ドライバーと同じく、フェースには赤いネジ部分が2箇所あります。M5、M6の製造では、まず高反発のルール違反のヘッドが製造されます。その後、フェース面の赤いネジ部分からジェルを注入し、ルール限界値まで反発性能を下げる工程を経て、最大反発を持ったヘッドが完成します。これがスピードインジェクションです。

M5、M6は全てのモデルが最大反発ぴったりに調整される画期的な手法が採用されています。

ツイストフェース、ハンマーヘッドも搭載

M4で初めて搭載された注目のテクノロジー、ツイストフェースとハンマーヘッドはM6 D-TYPEドライバーにも継承されています。ミスを許容し、弾道をセンターに戻してくれる効果を発揮してくれます。

M6 D-TYPEドライバーをマーク金井氏が試打・評価

  • アドレスするとヘッドがきれいに座り、フェースが開かず、+1°のフックフェースになっている。
  • M6はつかまりが良いと言われているが、D-TYPEはさらにつかまりが良いようにデザインされている。
  • USモデルのためシャフトはRでも日本のSと同じぐらい(の硬さ)。
  • ボールがとてもよくつかまる。その分、ボール初速もあがる。
  • シャフトでヘッドが走る感じはないが、手元側がねじれるので、Rにしては固めだがしなりを感じる。
  • M6 D-TYPEドライバーは日本で未発売だが、ネットで購入できる。フェアウェイゴルフだと在庫があれば1週間ぐらいで届く。

M6 D-TYPEドライバーのスペック

ロフト角 左右 ライ角 ヘッド体積 長さ バランス
右・左 56~60° 460CC 45.75インチ D3
10.5° 右・左 56~60° 460CC 45.75インチ D3
12° 56~60° 460CC 45.75インチ D3

標準シャフトは PROJECT X EVENFLOW MAX CARRY 45

公式サイトで紹介されているシャフトは、PROJECT X EVENFLOW MAX CARRY 45です。USシャフトは同じフレックスでも日本のものより硬めと言われていますので、1つ2つ下を選択することをおすすめします。

FLEX WEIGHT TORQUE LAUNCH SPIN
6.0 (S) 53G 5.6 HIGH HIGH
5.5 (R) 52G 5.6 HIGH HIGH
4.5 (A) 51G 5.6 HIGH HIGH

ロフト角調整機能は搭載されている

ホーゼル部分のロフト角調整機能は、M5、M6と同じく搭載されています。こちらで弾道調整を行うことができます。

ロフト調整機能があっても、デフォルト設定のロフト角は重要

ロフト角の調整機能があるので、ロフトの選択は意味が無いのではないか?という声も聞こえてきそうですが、デフォルトのロフトと調整して設定したロフトでは、他のスペックに違いが出るそうです。

クラブの構造上、ロフトを寝かせるとフェースは閉じます。ロフトを寝かせるとフェースが開くと思っている人が多いのですが、実際は『フェースは上を向くと左を向く』のです…ロフトは寝れば寝るほどボールのつかまりが良くなるとされるが、それには「ロフトが寝るとフェースが閉じる」ことも大きく関わってい…つまり、はじめから10.5度のヘッドと、9.5度を10.5度に1度寝かせたヘッドでなにが違うかといえば、フェース向きが違う、ということになる。引用:https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17051471

上記の引用からすると、ロフトが立っている方を購入して、調整して寝かした場合、調整した方がフェースが閉じてつかまりが良くなるそうです。

M6 D-TYPEドライバーの入手方法について

M6 D-TYPEドライバーは、USモデルではありますが、日本国内のゴルフショップでも取り扱っています。有名なのがフェアウェイゴルフUSAさんで、海外モデルの取り扱いが豊富です。

楽天でも取り扱っている業者がいますので、検索してみると良いでしょう。
⇒楽天で「M6 D-TYPEドライバー」を探す