飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 テーラーメイド 」 一覧

ステルス UDIとステルス DHYの最新情報・違いをまとめ!スペック・シャフト

ステルスシリーズのUDIとDHYの映像が、海外サイトで確認された件を、先日、当記事で取り上げました。

それから5日後、USのテーラーメイドの公式サイトにステルスUDIとステルスDHYが掲載されました。

公式情報が出ましたので、製品の特徴など詳しくまとめなおしました。

ステルスUDIとステルス DHYは、アイアン型ユーティリティ

こちらがテーラーメイドのUS公式サイトに掲載されているステルスの新たなユーティリティです。

左がステルスUDI、右がステルスDHYです。

既にステルスシリーズには、ステルスPLUSレスキュー、ステルスレスキューがありますが、そちらはウッド型なのに対して、今回追加されたステルスUDIとステルスDHYはアイアン型になります。

ちなみに、現行では、ステルス意外に、P790 UDI、SIM UDI、SIM DHYがあります。

名称や形状からして、SIM UDIとSIM DHYの後継モデルと考えて良いでしょう。

SIM UDIとSIM DHYの違いを徹底解説!

UDIとDHYの違い

ステルスシリーズで同じクラブ種類でのモデル違いは、PLUSの有無で表されています。

それが、アイアン型ユーティリティに関しては、ステルスUDIとステルスDHYという名前の分け方になっています。

UDIとDHYには意味がありまして、UDIはUltra Driving Ironの略で、DHYはDriving Hybridの略です。

弾道の特徴としては、DHYの方が高く上がり、UDIの方が低く強い弾道が出やすくなっています。

ステルス UDIとステルス DHYの違い

ウェイト配置の違い

※左がステルスUDI・右がステルスDHY

この2機種は、ぱっとみ非常に似通って見えますが、色々な角度からみると大きな違いがあります。

1つ目はウェイトの位置です。

ステルスUDIの方はバックフェースにあり、寛容性を持たせてあります。ソール幅は薄めでシャープに仕上がっていて、球の上がりやすさよりも、前に強く飛ばせる設計になっています。

ステルスDHYの方はソール面にある珍しいウェイト配置です。より低い位置に重心を持たせる意図が伝わってきます。ソール幅も極端に厚く、球を浮かせる設計になっています。

ソール形状の違い

※左がステルスUDI・右がステルスDHY

 

ソール幅は、ステルスDHYの方が極端に厚めになっています。この後で映像を紹介しますが、構えた時にトップラインの後ろにソールがはっきり視認できるぐらいしっかりしています。

この形状からも、ステルスUDIは飛距離とコントロール、ステルスDHYは高さを出すモデルであることが分かります。

ネック形状の違い

※左がステルスUDI・右がステルスDHY

こちらはネック形状を比較した映像です。UDIの方がストレート感があり、フェースをさし出したなりの弾道が出やすい形状になっています。

先程も取り上げましたが、ステルスDHYの方は、トップラインの後ろにソールが見えるぐらい、ソールが厚めになっています。

これは、ロフトが立っている分、余計に見えやすくなるのですが、中にはこの見え方を苦手とするゴルファーもいますので、検討される場合は、予め承知されておくと良いでしょう。

スペックの違い

番手 UDI DHY
ロフト角 長さ ロフト角 長さ
2 18° 39.75″ 17° 40.25″
3 20° 39.25″ 19° 39.75″
4 23° 38.75″ 22° 39.25″
5 25° 38.75″

UDIの方は2~4番でロフト角は18~23°まで、DHYの方は2~5番でロフト角は17~25°までカバーしています。

アイアン型ユーティリティが扱いやすいという方は、DHYの5番まで使って、アイアンは6番・7番から持ち始めるというセッティングもできそうです。

【アイアンが苦手な人は必見】青木瀬令奈はウッド7本・アイアン3本で優勝!

ステルス UDIの特徴

特徴

UDIは伝統的なツアーにインスパイアされた形状をしています。DHYと比べると、ソール幅は狭く、ウェイトもソールではなくバックフェースに搭載されています。

寛容性をそなえつつ、低く強い弾道で飛ばすことができます。

使用される場面としては、距離を残してしまった5番の2打目、風邪の強い中で低く強く狙いたいシーンなどです。

テクノロジー

  • 鍛造の中空構造
  • スピードフォームエアー
  • 貫通型スピードポケット

スペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ バランス
2 18° 60° 39.75″ D2
3 20° 60.5° 39.25″ D2
4 23° 61° 38.75″ D2

シャフト

<ADILA ASCENT BLACK>

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
S 80g 3.4 低~中 少~中
R 69.5g 4 低~中 少~中
M 59.5g 4.4 低~中 少~中

ステルス DHYの特徴

特徴

DHYは、ソール幅が広く、ウェイトもソールに搭載されています。

長い距離を打つクラブでありながら、ステルスUDIと比べて、球が上がりやすい設計になっています。

ソールが厚く、ダフリを恐れずに振ることができます。

テクノロジー

  • 鍛造の中空構造
  • スピードフォームエアー
  • 貫通型スピードポケット

スペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ バランス
2 17° 59.5° 40.25″ D2
3 19° 60.0° 39.75″ D2
4 22° 60.5° 39.25″ D2
5 25° 61.0° 38.75″ D2

シャフト(USモデル)

<ADILA ASCENT BLACK>

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
S 80g 3.4 低~中 少~中
R 69.5g 4 低~中 少~中
M 59.5g 4.4 低~中 少~中

まとめ

ステルスのUDIとDHYについて、ツアー会場で確認された情報から始まり、テーラーメイドのUS公式サイトに掲載されたのを受け、より正確で詳しい情報にまとめなおしました。

日本のテーラーメイドの公式サイトには、まだ掲載がありませんが、恐らくのモデルは日本でも市販されるのではないかと思われます。

また追加情報が確認されましたら、当ページで追加で紹介していきます。

SIM UDIとSIM DHYの違いを徹底解説!







P7MBアイアンとP7MCアイアンの違いを徹底解説!

テーラーメイドのPシリーズアイアンの中で、ツアープロに愛用されているのがP7MBアイアンとP7MCアイアン。 上級者に人気のこの2種類のアイアンについて、違いを比較しながら解説します。 P7MBアイア …

テーラーメイド 歴代P700シリーズアイアンを一挙紹介!

テーラーメイドから発売のアイアンは、M・SIM・ステルスといったシリーズとは別に、P700シリーズがあります。 本記事では、テーラーメイドのP700シリーズの歴代アイアンを一挙紹介します。 P700シ …

【USモデルでしか手に入らない】ハードヒッターにオススメのドライバー2本!ステルスとローグST【低スピン+低打ち出し・強弾道】

USモデルでしか提供されていない、ハードヒッターにオススメのドライバー2本を取り上げます。 日本モデルでは物足りたいという方には、振り応えのあるUS仕様のドライバーを、是非、検討してみてください。 テ …

テーラーメイド ステルスPLUSドライバーのUSモデルと日本モデルの違い!

テーラーメイドから発売のステルスPLUSドライバーについて、日本モデルとUSモデルの違いについて取り上げます。 ステルス PLUSドライバー テーラーメイド公式ストア Amazon 楽天市場 フェアウ …