テーラーメイド」タグアーカイブ

M3ドライバーとM1ドライバーの違い

M3ドライバーとM1ドライバー 2017年モデルの違いについて取り上げます。

M3ドライバーはM1ドライバー 2017の後継モデル

Mシリーズは、2016年に初代のM1、M2ドライバー、2017年に2代目のM1、M2ドライバーが発売されました。翌年の2018年は3代目として、M3、M4ドライバーが発売され、モデル名の数字がこの年からカウントアップしています。

継承関係は維持されていますので、M1 2016、M1 2017、M3(2018)となっています。

M3ドライバー、M1ドライバー 2017は、共に460ccと440ccがある!

M3、M1 2017共に、440ccと460ccの2種類のヘッドサイズがリリースされています。上の写真の左がM3 460ドライバー、右がM3 440ドライバーです。

こちらはM1 2017年モデルで、同様に左がM1 460ドライバー、右がM1 440ドライバーです。

共に右の440ccの方がストレッチが短く、ディープバックとなっています。重心が浅くなっていますので、より低スピンで操作性が高いため、440ccはより上級者に好まれるモデルです。

大きな違いはフェースにある

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

M3の最大の特徴と言えるのがツイストフェースです。この年のMシリーズで初めてツイストフェースが搭載され、ハイトゥ・ローヒールに打点が集中するというゴルファーの傾向に対して、フェースを捩じることで、弾道をセンターに寄せてくれます。

M3ドライバーは、ツイストフェースが搭載され、弾道がセンターに飛びやすい

ウェイトの調整レールがM3では1系統に統合されている

M1ドライバーのウェイト調整機能は、2016、2017年共に、縦・横の独立したものとなっていました。これは、横がFADE・DRAW、縦がスピン量の調整で直感的な分かりやすさがありました。

一方で、M3の方はレールが統合されていますので、ウェイトの移動のさせ方に最初は一瞬悩む方も出てきそうですが、統合されているので、調整の1手間が省略され、簡易化されています。また、左右方向のウェイトレールがヘッド後方に移ったことで、スピードポケット(ハンマーヘッド)が明確にフェース後方に搭載されるという利点も出ています。

M1の方が弾道が上がりやすく、M3は弾道が抑えられる

M3ドライバーとM1ドライバーのヘッド形状を横から比較してみると、M3ドライバーはヘッド後方がくいっと持ち上がっていることが分かります。対してM1ドライバー 2017は、地面に沿うようにヘッド後方が下がっています。この形状からして、M1ドライバーの方は弾道が上がりやすく、M3 ドライバーは上がりづらいことが分かります。

実際に試打した人の感想を見回すと、M3ドライバーは低弾道・低スピンで、ヘッドスピードが速い人向けという評価が多く見受けられます。

M3とM1で迷われる方は、どちらも低スピンモデルですので、弾道の高さが一つの判

M3ドライバーの試打動画

M3ドライバーを試打した動画を2件取り上げます。一つはM3ドライバーの解説、もう一つは同時に発売されているM3、M4ドライバーを比較した動画です。

M3ドライバー・M1ドライバーのスペック比較

モデル M3 460 M1 460 2017
ロフト角 9.5/10.5° 9.5/10.5°
ライ角 58° 58°
ヘッド体積 460cc 460cc
長さ 45.5in 45.5in
標準シャフト KUROKAGE TM5 TM1-117
フレックス S/SR S/SR
クラブ重量 309/307g 312/310g

どちらのモデルもロフト角・ライ角、長さといった基本的なスペックは同じになっています。

M3・M1ドライバー関連のおすすめ記事

テーラーメイド M3 ドライバーの試打・感想・評価

https://driver.jpn.org/1787/%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89-m1-%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc-2017%e3%81%ae%e8%a9%a6%e6%89%93%e3%83%bb%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1/

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

M5ドライバーとM3ドライバーの違い

M3ドライバーのYトラックは発明的かもしれない件

テーラーメイド M1 ドライバー 2017の試打・感想・評価

テーラーメイドの2017年のMシリーズから発売されているM1ドライバーについて取り上げます。

M1ドライバーは新旧で2種類ある

テーラーメイドのMシリーズは、2016年に初代のM1ドライバー、M2ドライバーが発売されました。そして、翌年の2017年には、リニューアルしたM1ドライバー、M2ドライバーが発売されていますので、M1、M2は同名のモデルが年代違いで存在しています。

左の赤い方が2016年のM1ドライバー、右の黄色い方が2017年のM1ドライバーです。

M1ドライバー 2017もヘッドサイズ違いで2種類ある

また少々ややこしくなりますが、2017年のM1ドライバーも2種類あります。これは前年のモデルと一緒で、440ccと460ccの2種類のヘッドサイズが用意されています。左が440ccのM1 440ドライバー 2017で、右が460ccのM1 460ドライバー2017です。

左の440ccは奥行きが浅いため、操作性が高くより上級者向けのモデルで、右の460ccは奥行きがあり直進性やミスの許容性が高くなっています。

ソールに重心調整機能を搭載

前作と同じく、ソールには縦・横にスライダー式の可動式ウェイトが搭載されています。左右への調整でドローとフェード、前後の調整でスピン量と打ち出し角を調整することができます。

ロフト角調整機能も搭載

ネックにはロフト角の調整機能が搭載されています。スリーブの向きにより12通りのセッティングが可能となっています。

出典:http://demandware.edgesuite.net/aais_prd/on/demandware.static/-/Sites-TMaG-JP-Library/ja_JP/v1490283382293/images/customerService/pdf/m1_manual.pdf

ロフト角は±2°の範囲で調整できますので、打ち出し角はかなりの範囲で調整が可能です。なお、1つ留意が必要な点として、ライ角も変わってきますので、アドレス・ボールのつかまり具合にも影響が出る可能性があります。

シャローバック形状で球が上がりやすくなっている

前作のM1ドライバー2016と比べるとヘッドの後方が下がっています。かなりシャローバック形状に変えてきていますので、球が上がりやすくなっています。

M1ドライバーの試打、評価、感想

  • クラウンの軽量化が進んでいて、バック・トラック・ウェイトが重くなり、調整幅が広がっている。
  • シャローバック形状で、球が上がりやすい。

M1ドライバーの試打、評価、感想

  • 球の強さもありながら、操作性もある。
  • 前作と比べて、やさしさが加わっている。

 

MグローレドライバーとグローレF2ドライバーの違い

テーラーメイドのグローレシリーズから発売のMグローレとグローレF2の2種類のドライバーについて、違いを解説します。

MグローレはグローレF2の後継モデル!?

グローレF2は、グローレの中のグローレFシリーズから2016年に発売されている2代目のモデルです。シニア・アスリートをコアなターゲットとして開発され、国内の男子プロシニア・女子プロでの使用率がNo.1になったこともあるシリーズです。

一方、MグローレはMシリーズと思われがちですが、グローレに属しています。グローレFシリーズとは明示されていませんが、グローレF2の後継的に見られています。発売は2018年ですので、グローレF2の2年後にリリースされています。

Mグローレは、Mシリーズのコアテクノロジーを搭載!

MグローレはM3、M4ドライバーと同じ年に、後から発売されてモデルで、MとGの融合として話題になりました。M3、M4ドライバーと同様に、ツイストフェースとハンマーヘッドが搭載されています。

※ツイストフェースの仕組みと効果については、「ツイストフェースの効果、M4ドライバーは何故、凄いか!?」をご覧下さい。

クラブ重量は、Mグローレドライバーの方が約10g軽い!

クラブ重量はMグローレの方が約10g軽くなっています。フレックス毎の重量は下表に示しますが、最も軽いスペックで273gですので、シニアに使いやすいと言われるPHYZ、ゼクシオ10と同じぐらいの軽さに仕上がっています。ちなみにヘッド素材はグローレF2がフルチタン、Mグローレはカーボンコンポジットです。

モデル グローレF2 Mグローレ
クラブ重量 S 290 281
SR 287 278
R 284 273
シャフト重量 S 53 50
SR 50 47
R 47 42

グローレF2ドライバーは、ロフト角調整機能を搭載!

軽さの代償として、Mグローレはホーゼル部のロフト角調整機能がありません。一方、グローレF2ドライバーは、カチャカチャ式と呼ばれるシャフト脱着式のスリーブによりロフト角の調整が±2°の範囲で可能となっています。自分のスイングや持ち球に合わせて、弾道を調整することが可能です。

シャフトの違いについて

出典:https://www.taylormadegolf.jp/TaylorMade/M-GLOIRE-DRIVER/DW-KY150.html

Mグローレの方は、カーボンシャフトのSpeeder EVOLUTION TM(S・SR・R)が用意されています。公式サイトで紹介されているのはこのシャフトのみですので、開発側でコアユーザーがある程度絞られていると考えて良いでしょう。ヘッドスピードが速くないスインガータイプが使いやすいモデルです。

一方、グローレF2の方は、初代からツアープロに多様されていることもあり、また、バリバリで意欲王政なシニア・アスリート向けということから、シャフトラインナップが豊富に用意されています。

シャフト GL6600 Tour AD
TP-5
Tour AD
IZ-5
Speeder 569
EVOLUTION III
Speeder 569
EVOLUTION IV
フレックス S SR R S S S S
クラブ重量(g) 約290 約287 約284 約294 約294 約296 約296
シャフト重量(g) 53 50 47 57 56 59 59
トルク 4.1 4.2 4.9 4.4 4.4 4.5 4.6
バランス D3.5 D3.5 D3 D2 D2 D2.5 D2.5
キックポイント 先中

MグローレとグローレF2を打ち比べ

  • Mグローレの方がつかまりが良い。
  • グローレF2は、Mグローレのユーザーよりもハンディキャップが少ない人向け。
  • スライスが強い人は、Mグローレがおすすめ。

Mグローレ、グローレF2、グローレFを打ち比べ

  • Mグローレ
    球のつかまりが良く、弾く。
  • グローレF2
    シャフトはMグローレよりしなり感がある。右に出ていく感じは無いが、つかまり過ぎない。
  • グローレF(初代)
    投影面積が一番シャープ。初代が一番球を包む感じがある。Mグローレと比べるとつかまり過ぎない。
  • まとめ
    ボールをつかまえたい人はMグローレ。ロフト角の調整をしたい人は、グローレF2かグローレF。グローレF2とグローレFはあまり違いが無い。

M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

Mグローレ ドライバーの評価・くちこみをまとめました

グローレF2ドライバーの試打・評価・感想

 

M2 D-TYPEドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドのM2 D-TYPEドライバーについて取り上げます。

M2 D-TYPEドライバーはUSモデル!

M2ドライバーはMシリーズのアベレージモデルとして人気のドライバーです。一方、M2 D-TYPEドライバーというモデルも、一部のゴルファーの間で支持されています。

テーラーメイドのジャパン公式サイトにはM2 D-TYPEドライバーは掲載がありません。というのも、D-TYPEドライバーはUSモデルのみでの発売で、日本では公式な取り扱いがないためです。

M2 D-TYPEドライバーはスライサー向けのモデル

M2 D-TYPEドライバーは、名前から分かる通り「ドロー仕様モデル」です。通常のM2ドライバーと重心設計が大きくことなっていて、スライスしにくいモデルとなっています。

上の写真で通常のM2ドライバーと比べてみると、ソール後方のウェイトが、左のD-TYPEではセンターではなくヒール寄りに配置されています。

重心がヒール寄りになると、スライスが出にくくなる!

ヒール側の後方にウェイトが配置されることで、重心角が大きくなります。重心角とはいわばフェースが自然な状態で向きたがる方向(角度)です。重心角が大きければ大きいほど、フェースはスクエアな状態からクローズの方向に回転しやすくなります。

スライスの大きな原因の一つがインパクトの際のヘッドの開きですので、ヘッドが返りやすいことで、右への抜けが出にくくなります。

搭載されているテクノロジーは、通常モデルと同じ

通常のM2ドライバーとM2 D-TYPEドライバーは、重心変更によるドロー仕様かどうかの違いのみです。ソール前方のスピードポケットや、打音・打感を与えてくれるジオコースティックデザインは、両方のモデルに搭載されています。

また、ホーゼル部の角度変更による弾道調整機能も、両方のモデルに搭載されています。

ライ角は1°アップライトになっている

ライ角は、ノーマルタイプが56~60°なのに対して、D-TYPEは57~61°となっていて、D-TYPEの方が1°だけアップライトになっています。

ライ角が大きい方がスライス改善効果がありますので、つかまりを意識した設計になっています。

M2 D-TYPEドライバーの360°ビュー

こちらはM2 D-TYPEドライバーの360°ビュー動画です。ウェイトの搭載位置や全体的なフォルムを確認することができます。

M2 D-TYPEドライバーの試打・感想

試打動画で述べられている感想・評価は下記のようになっています。なお、シャフト選択を慎重にというのは、USモデルのシャフトは、同じRやSでも日本のシャフトより1フレックス硬いと言われているため、フレックスの選択のことと思われます。

  • ヘッドローテーションがしやすく、スライスが減る。
  • フェースのはじきがよく、日本製のM2ドライバーよりも打音が甲高い。
  • 低スピンが打ちやすい。
  • (USモデル故に?)シャフト選択は気を付けたい。

M2 D-TYPEドライバーとM2ドライバーのスペック比較

モデル M2 D-TYPE M2
ロフト角 9.5/10.5/12° 9.5/10.5/12°
ライ角 57~61° 56~60°
ヘッド体積 460cc 460cc
クラブ長さ 45.75in 45.75in

比較のため、両者ともにUSモデルで比較しました。ライ角以外で基本スペックに大きな違いはありません。なお、M2ドライバーではロフト角12°は発売されていません。

標準シャフトはマトリックス MFS56 White Tie 55

  • フレックス:S、R
  • シャフト重量:57g、55g

USモデルのシャフトは日本のシャフトよりも1フレックス硬いと言われています。普段Sの方は、USモデルでは同じSではなくRを選ぶケースが多いようです。

M2 D-TYPEドライバーの評価・感想

  • D-Typeは捕まりが良くなっています。最近のテーラーメイドのドライバーはいずれも重心角が小さめ(20度以下)ですが、このD-Typeは23度。テーラーメイドの中では例外的に数値が大きめ。
  • ただし、D-Typeの場合、フェース向きはノーマルと同じ。捕まりを良くしつつもスタンダードポジションにおいてはフックフェースになっていません。なので、D-Typeといいつつもスライサーのお助けクラブという位置付けではなさそうです。
    引用:http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=18452
  • スライスどころかきれいなストレート弾道!…このドライバーならそんなこともお構いなし!しっかりつかまえた弾道で、吹き上がりもなく強い打球が飛んでいきました。
  • シャフトはUSモデルのマトリックスというシャフトです。
    Rシャフトでも日本仕様のS相当の振動数があったシャフトですので、ヘッドスピード43くらいの方までは安心
    引用:https://www.atomicgolf.jp/contents/community/240/
  • Dタイプが気になり購入しました、つかまりも良く優しいモデルです。
    引用:https://www.aftergolf.net/gekiyasu/club/1/1/11/TE/ydp45728/

グローレF2ドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドから発売のグローレF2ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。

グローレF2ドライバー

テーラーメイドのグローレF2ドライバーは、グローレFドライバーの後継モデルです。実は後継モデルも正式な名前はグローレFですが、動画や画像でF2という表記が使われているため、グローレF2と呼ばれています。

グローレだが、シニア・アスリート向けの本格モデル

もともとグローレは日本向けのやさしいシリーズとして開発されたシリーズで、2012年3月にグローレドライバーがリリースされています。

グローレシリーズのコンセプト
「やさしく遠くに飛ばしたい日本のゴルファーのために開発」
引用:http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/120116_01.pdf

その中で、グローレFはまた別のカラーを持っています。「プレミアム・アスリート」という新たなコンセプトが設定され、スキルレベルや意欲の高いシニア向けにのたシリーズです。

シニアツアー、女子ツアーの使用率がNo.1に

引用:http://tmag8624.jp/tm_japan/pr/documents/20140902.pdf

グローレF、グローレF2共にプロによる使用率も高く、リリース当時は国内男子シニアツアー、国内女子ツアーでの使用率が第1位になった本格的なモデルです。

ヘッド形状や洋ナシ型で、アスリート感がある!


左:グローレF2、右:ゼクシオ10

ヘッド形状の比較のため、ゼクシオ10ドライバーと並べてみました。左のグローレF2の方は洋ナシ型で、右のゼクシオ10と比べると、ヒール寄りの膨らみが少なくなっています。

グローレF2はツアープロに好まれる形状で、アスリート感が出ています。ボールのつかまりについては、前作から重心位置が見直され、重心角が大きくなりヘッドが返りやすくなっています。ただし、シニア・アスリートというだけあって、一般的なやさしいクラブと違いますので、スライサー向けのようながっちりとつかまる仕様ではありません。

拡大したスピードポケットが搭載され、スイートエリアが拡大

こちらは横からの画像で少々分かり辛いですが、ソールの前方に溝構造が設置されています。テーラーメイドではスピードポケットと呼ばれる溝が搭載されることで、フェース下部の反発性能が向上しています。

フェース全体として、反発エリアを広げる効果がありますので、打点が下に寄りやすいゴルファーは、ミスが許容さえやすくなっています。

グローレF2は、シャフトラインナップが豊富

一般的なシニア・アベレージ向けのクラブは、メーカーが用意した標準シャフトのみで提供されるケースが大半ですが、シニア・アスリート向けとあって、シャフトの種類が豊富に用意され、公式ページでは5種類紹介されています。最も重いもので59gのシャフトが用意されていますので、まだまだしっかりめのシャフトを振りたい方でも、扱いやすくなっています。

  • GL6600(S/SR/R)
  • Tour AD TP-5(S)
  • Tour AD IZ-5(S)
  • Speeder 569 EVOLUTION III(S)
  • Speeder 569EVOLUTION IV(S)

フォージドフェースを搭載で打感が良い

フェースはディープで縦幅が長くなっています。スピードポケットが搭載されていますので、フェースの下目でヒットしても、許容性が高くなっていますので、飛距離ロスが軽減されます。

ソケット部にはカチャカチャ式の角度調整機能が搭載されていますので、自分のスイング・弾道に合わせて、調節することができます。

Mグローレ・グローレF2・グローレF、3世代を試打

  • Mグローレと比べて、シャフトがしなる。
  • Mグローレはカチャカチャが無いが、グローレFにはある。
  • ボールのつかまりは、Mグローレより弱いが、右に出る感じはない。
  • 初代グローレFの方が、球の包み感があり、打感がモチッとしている。

グローレF2ドライバーについて3upClubが徹底解説


3upClubがグローレF2ドライバーをお題として、幅広く語られています。普段と違う奥深い議論はドライバー選びの参考になります。

グローレF2ドライバーをプロが試打して解説

  • 初代と比べて、スピードポケットが深く・広くなったので、ボールの初速が出て、高さが出る。
  • 打感がやわらかい。
  • 芯を外して打っても、大きな曲がり幅もなく、ミスに強い。

グローレF2ドライバーのスペック

  • ロフト角(°):9.5/10.5/11.5
  • ライ角(°):60
  • ヘッド体積(cc):460
  • クラブ長さ(in):46(GL6600)、45.75(他4種)