ドライバー」タグアーカイブ

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違い

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違いについて解説します。

スリクソンの2018年 Zドライバーは2種類!

スリクソンのZシリーズドライバーの2018年モデルは、2種類発売されています。左がZ585ドライバーで、右がZ785ドライバーです。

2016年のZ65系、2014年のZ45系では、3種類発売されていましたが、2018年モデルは2種類です。

2018年モデルはヘッドサイズが460cc

従来のZドライバーは、ヘッドサイズが複数発売されていました。例えば、2014年モデルでは、Z545、Z745、Z945とあり、数字が上がるにつれ、より上級者モデルとなり、ヘッドサイズが小さくなっています。

2016年モデルでは、Z9のシリーズが発売されず、Z565 、Z765に加え、Z765のLimitedが発売され、ヘッドサイズは3種類となっていました。

しかし、今回はZ585とZ765の二種類に留まっただけでなく、ヘッドサイズに違いが無く、ともに最大サイズの460ccとなっています。

2018年モデルのZドライバーは、ゼロから作り上げている!

ヘッドラインナップが従来と変わっていることで、違和感を感じた方もいると思います。それもそのはず、今回の製品勝はゼロスリクソンと銘打って、ゼロベースで開発が行われています。

そして、他のメーカーが上級者向けとアベレージ向けの差を縮めてきているのと呼応するように、Z9**が2016年から廃止され、Z5**とZ7**のヘッドサイズが同じになるというところまで来ました。

アスリートだけでなく、ゴルフを楽しむ層もターゲットになっている!

今回のZシリーズは、ターゲットゴルファーが広くなってきているのが最大の特徴の一つです。実際、メーカーにて下記の説明がなされています。

従来のメインターゲットであったシリアスにゴルフに取り組むコアユーザーから、やさしく飛ばせるクラブでゴルフを楽しみたいというライトユーザーまで、幅広いゴルファーに適したドライバーとなりました。
引用:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

簡単な方にシフトしているのは他メーカーも同じ

タイトリストもTSプロジェクトが立ち上げられ、これまでの915、913といったモデルと異なる新たなブランド、TSがゼロから開発され、ヘッドサイズも460で統一されています。

また、国産メーカーのブリヂストンでも、2016年モデルはTOUR B XD-3、5、7とヘッドサイズ違いが3種類発売されていましたが、2018年モデルはTOUR B XD-3の1種類のみで、ヘッドサイズも460ccとなっています。

ツアープロも簡単な方をチョイスするケースが増えていますので、ヘッドサイズが小さいモデルは、市場向けのリリースが減ってくる方向が、より一層進んでくるものと思われます。スリクソンの2016年からの流れは、全体に沿っています。

Z585ドライバーとZ785ドライバーの違い

ここまで2018年モデルのZシリーズに関する前置きを説明しました。そろそろ本題にZ585ドライバーとZ785ドライバーについて見ていきましょう。

Z585の方が慣性モーメントが大きい!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

Z585ドライバーとZ785ドライバーでは、上下・左右の慣性モーメントがZ585ドライバーの方が大きくなっています。やさしさと直進性はZ585ドライバーの方が高く、操作性・反応性の良さはZ785ドライバーとなります。

Z585ドライバーはアップライト・低重心で、つかまりの良さをイメージできる

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

こちらはZ585ドライバーとZ785ドライバーのフォルムの違いです。Z585ドライバーはアップライトで、つかまりの良さをイメージしながらアドレスに入ることができます。

Z785ドライバーは重心がやや高く、強い弾道で飛ばせる

サイドからのフォルムでは、Z785の方がお尻が持ち上がっていて、Z585よりも重心が高い形状となっています。重心が低い方が球があがりやすくなりますので、Z785の方は逆に弾道が抑えられます。

Z585ドライバー

圧倒的な飛距離性能とやさしさ。 ドラスティックに進化した スリクソン Z585 ドライバー。

  • ロフト角(°):9.5/10.5
  • ライ角(°):58
  • ヘッド体積(cm3):460
  • クラブ長さ(インチ):45.25
  • バランス:D2

Z785ドライバー

圧倒的な飛距離性能とやさしさ。 クラブを操る喜びも忘れない スリクソン Z785 ドライバー。

  • ロフト角(°):9.5 10.5
  • ライ角(°):58
  • ヘッド体積(cm3):460
  • クラブ長さ(インチ):45.25
  • バランス:D2

上級者・中級者向けドライバー おすすめランキング!2019年版

上級者・中級者向けドライバーのおすすめモデルを、ランキング形式で紹介します。取り上げるモデルは2019年版ということで、2018年後期から2019年に発売されているものに限定します。

第1位 キャロウェイ EPIC FLASH サブゼロドライバー

ソールの前側にもスクリューウェイトが搭載され、浅重心で低スピンの強弾道で飛ばせます。そして、もう一つの特徴がAIデザインによるフェース。「ボール初速を最大にする」という問いに対して、AIが15000回のシミュレーションを繰り返した学習しながら生み出した答えがフラッシュフェースです。2本の柱、JAILBREAKも搭載されていて、飛距離性能も有していて、上級者が扱いやすいドライバーです。

第2位 テーラーメイド M5ドライバー

テーラーメイドのM5ドライバーは、ヘッドサイズが2種類あり、ノーマルなM5ドライバーは460cc、M5ツアードライバーは435ccです。よりインテンショナルなショットを繰り出したい場合は、435ccの小ぶりなツアーモデルがおすすめです。

このドライバーにはスピードインジェクションにより反発を最大にチューニングされている点も、ゴルファーから支持されているポイントとなっています。

第3位 スリクソン Z785ドライバー

国産ブランドの上級者向けとして人気のスリクソン。従来は5、7、9と3種類のヘッドサイズが用意されていましたが、最近は、5、7のみとなり、Z585ドライバーとZ785ドライバーではヘッドサイズが共に460ccとなています。
上級者向けモデルではありますが、やさしさも取り入れてきていますので、中・上級者に支持されているモデルです。
上級者向けでは珍しく、サウンドリブが搭載されていますので、打感と打音の双方が優れています。

第4位 コブラ KING F9 スピードバックドライバー

日本ではテーラーメイドやキャロウェイほどの人気はありませんが、海外では人気のブランドです。KING F9はキャロウェイのサブゼロモデルと同様にソールの前後にウェイトが搭載されています。ウェイトは前後で交換することができますので、前側を重くすることで、浅重心でスピンと打ち出し角を抑えた突き刺すような弾道になり、逆にすればスピン量と打ち出し角を上げることができます。

第5位 ブリヂストン TOUR B XD-3ドライバー

TOUR B XD-3ドライバーは、スピン量を抑えたいプロにも好んで採用されているモデルです。特徴の一つがソールに横向きに張られた金属弦で、ヘッドの撓みの復元力を高め、ボールスピードをアップしてくれます。

あなたにオススメの「おすすめドライバー」関連記事

低スピンで飛ばせる!2019年おすすめドライバー特集!

飛距離が出るドライバー2019年版、アベレージゴルファー編!

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

スライサーにおすすめ、重心角が大きいドライバーランキング!2019年版

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

 

M4ドライバーとM2ドライバーの違い

テーラーメイドのM4ドライバーとM2ドライバー 2017について違いを取り上げます。

M4ドライバーの前作に当たるのがM2ドライバー 2017

M4ドライバーとM2ドライバーはモデル名の数字が違いますが、継承関係にあります。2017年に発売されのM2ドライバー 2017、その後継モデルが2018年に発売されたM4ドライバーとなります。

ちなみに、M2ドライバーの方は、今回取り上げている2017年モデル以外に、前年の2016年に発売されたM2ドライバー 2016(初代)があります。タイトリストのようにM1、M2の数字は当初モデルの特性を表すものと思われましたが、2018年モデルで、M3、M4とカウントアップされています。これが続くと後々どうなるんでしょうかね。

M4ドライバーで新たに搭載されたツイストフェース

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

M4ドライバーの最大の特徴は、ツイストフェースです。これまでフェースの注目点は、使用される素材、薄さ、裏面の形状、カップ形状といったあたりで、フェース曲面がフォーカスされることは殆どありませんでした。

M4ドライバーでは、フェースを捩じるという前代未聞のテクノロジーを搭載し、この年の注目を集めました。

概要を説明すると、ハイトゥ・ローヒール方向に集まる打点のバラツキを、フェースを捩じることで対応し、弾道をセンターに戻してくれるというテクノロジーです。

※ツイストフェースの詳細については、こちらをご覧ください。

スピードポケットはM2、M4共に搭載されているが、M4はハンマーヘッドに進化している!

テーラーメイドと言えば、スピードポケットです。ソール前方に施された溝は、M2ドライバー、M4ドライバーの双方に搭載されています。

M2ドライバー 2017のスピードポケット

こちらがM2ドライバー 2017のスピードポケットです。スピードポケットの効果については、表現が毎回異なっているので、メーカーの記載をそのまま掲載します。

新開発スピードポケットにより前作よりも反発力が向上、高弾道低スピンで飛ばせる。
引用:https://www.taylormadegolf.jp/Driver/DW-CCB90.html

M4ドライバーのハンマーヘッド

M4ドライバーの方は、ポケットに2本のリブが掛けられていて、剛性が高められています。こちらもメーカーの説明を引用します。

搭載されたテーラーメイドの新テクノロジー「ハンマーヘッド」は、スイートエリアを拡大すると共に、反発係数最大値に近い高い反発性能を実現した。
引用:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

フェースの反発力を向上させるソール前部の「ハンマーヘッド」デザインが、初速アップ、スイートエリア拡大に貢献。
引用:https://www.taylormadegolf.jp/Driver/DW-LNZ77.html

どちらも反発力をアップに寄与し、さらに、M2ドライバーの方は高弾道・低スピン、M4ドライバーの方はスイートエリア拡大、ということになります。

M4ドライバーとM2ドライバーのスペック比較

モデル M2ドライバー M4ドライバー
ロフト角( ゜) 9.5/10.5 9.5/10.5
ライ角( ゜) 58 58
ヘッド体積(㎤<cc>) 460 460
長さ 45.75 45.75
標準シャフト TM1-217 FUBUKI TM5
クラブ重量(g) 296(R) 297(R)
シャフト重量(g) 51(R) 52(R)

M2ドライバーとM4ドライバーのスペックを並べてみますと、殆ど変わらないことが分かります。重量面で標準シャフトがM4になって1g重くなっていますが、クラブ重量も1gの差のままです。

M4ドライバー・M2ドライバーのフォルム比較

フェースやクラウンなど、全体的なフォルムの比較画像です。縮尺は異なります。

左がM4、右がM2です。M4でツイストフェースが搭載されたことが大きな変更点です。

左がM4、右がM2です。M2ではホワイトのところがM4ではシルバーになっています。カーボンエリアが若干広くなったように見え、境界線の形状も変わり、M4はアドレスしやすくなったという声が聞かれます。

左がM4、右がM2です。スピードポケットの溝の縦幅(間隔)がリブにより補強されたことで広がっています。

M4、M2ドライバーに関連するおすすめ記事

テーラーメイド M4 ドライバーの試打・感想・評価

M6ドライバーとM4ドライバーの違い

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

テーラーメイド M2 ドライバーの試打・感想・評価

 

KING F9ドライバーに迷彩バージョンが登場

コブラゴルフから発売のKING F9スピードバックドライバーのcamo(迷彩)バージョンについて取り上げます。

KING F9 スピードバックドライバー SPECIAL EDITION CAMO(迷彩バージョン)

2019年に発売されているKING F9スピードバックドライバーから、新たに迷彩カラーのバージョンが発売されています。

迷彩柄はアメリカ合衆国とジョージア州のアウトラインが用いられている

こちらは迷彩柄が施されている部分のアップ画像です。この迷彩柄は、なんとアメリカ合衆国とジョージア州のアウトラインが用いられています。

何故、ジョージア州か?

これはもうゴルファーにとっては野暮な問いかもしれませんね。アメリカのゴルフ場と言えばオーガスタです。そして、オーガスタがあるのがジョージア州です。このデザインは、毎年4月に開催されるマスターズ・トーナメントの雰囲気に敬意を表しているそうです。

毎年4月上旬に開かれるマスターズ・トーナメントの開催コースとして名高い。1934年、ボビー・ジョーンズとゴルフコース設計家アリスター・マッケンジーとの設計によってオープンした。
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96

アドレスした時のバックショット

こちらはドライバーショットの際に、後ろから同組の人から見える姿になります。なかなか渋くでかっこいいです。

ソールの画像

こちらはソールの画像です。前方のウェイトのカラーまでグリーンになっています。芝の上に置いてみると、さすがに迷彩からだけあって、しっくりくるというか、溶け込み感が半端ないです。

通常バージョンはイエロー

ちなみにこちらが通常バージョンです。ブラックベースにイエローが配され、レッドがアクセントカラーになっています。こちらはコブラという感じがしますが、個人的な好みとしては、camoの方がシックで良いです。

なお、KING F9 スピードバックドライバーの試打・評価はコチラをご覧ください。

KING F9スピードバックドライバーの試打・評価・感想

KING F9 ドライバー camo 迷彩バージョンの入手方法は?

camo 迷彩カラーバージョンは、米国サイトには掲載されていますが、日本サイトには掲載がありませんので、現時点、入手はUSモデルということになります。

USモデルと言っても入手は今や簡単な時代です。USモデル取り扱いの日本専門店がありますので、そちらで注文することができます。USモデルと言えば、フェアウェイゴルフUSAさんです。スペックもしっかり揃っていますので、ご存知の方も多いUSモデル専門のNO.1サイトです。

シャフト・グリップもカラーコーディネートされている

ヘッドだけでなく、シャフト、グリップまで落ち着いたグリーンで統一されています。こういうカラーリングのモデルはなかなかありませんので、文字通り独自色が出せてカモフラ―ジュのための迷彩ですが目立ちそうです。

低スピンで飛ばせる!2019年おすすめドライバー特集!

2019年モデルのドライバーの中で、低スピンで飛ばせるモデルからお勧めをランキング形式で紹介します。

第1位 キャロウェイ EPIC FLASH サブゼロドライバー

低スピンタイプとして一番のおすすめはEPIC FLASHのサブゼロドライバーです。これまでのキャロウェイのサブゼロモデルは、難しい、球が上がり辛いといわれていましたが、2019年モデルであるEPIC FLASHサブゼロドライバーは、使いやすいという評価が多く聞かれます。

そして、AIデザインによるフラッシュフェースが話題となっていますが、今回のサブゼロモデルでは、左右の重心調整機能、ペリメーター・ウェイティングが搭載されているところが大きなポイントです。ペリメーター・ウェイティングの搭載により、ウェイトだけでなく、仕組みそのものが一定の重量を持ちますので、重心が深く・低くなり、やさしさが増したため、バランスが良くなったのではないかと思います。

第2位 コブラ KING F9 スピードバックドライバー

リッキー・ファウラーやブライソン・デシャンボーが早速クラブセッティングの中に取り入れ優勝したことで、注目が集まっているドライバーです。

低重心・空力構造に加え、デュアルロールテクノロジーが搭載さています。デュアルロールテクノロジーは、テーラーメイドのツイストフェースを彷彿とさせるもので、上下でフェースの曲率が異なり、弾道をセンターに戻してくれます。

第3位 テーラーメイド M5ツアードライバー

テーラーメイドの2019年モデルM5、M6の内、上級者向けと言われているM5ドライバーで、さらにヘッドサイズが小さい方のモデルです。435ccの小ぶりなヘッドでノ460ccのM5ドライバーよりも更に低スピンで飛ばせるモデルです。

そして、M1、M3という系譜を持ち、特徴の一つである重心調整機能。M5ツアーではリバースTトラックシステムが搭載され、レール形状が変わることで調整幅が広がっています。

ウェイトをソール後方の左右に分散させることで、重心位置に重量が集中しませんので、打点のブレへの強さも発揮してくれそうです。

第4位 本間ゴルフ TW747 460ドライバー

TW747ドライバーはヘッドサイズが455ccと460ccがありますが、おすすめしたいのは460ccのTW747 460ドライバーです。重心位置が低く深く設定されていますので、低スピンでかつ高弾道で飛ばすことができ、慣性モーメントへの寄与もあり打点のブレにも強さを発揮してくれます。

ソールに搭載されているウェイトビスは交換することができますので、重心調整も可能となっています。

第5位 タイトリストTS4ドライバー

この記事の執筆時点で、またTS4ドライバーは発売されていません。ですが何故ここに取り上げたかというと、タイトリストの新しいブランドTSシリーズが、これまでとガラッと変わって一般ゴルファーにも扱えるモデルに様変わりしたからです。

そしてTSモデルから新たに発売されるTS4は低スピンタイプとなっています。ヘッドサイズが430ccと小さめですので、小ぶりヘッドをまず扱えるか、または扱いたいかにもよってきますが、2019年モデルの低スピン・中弾道のドライバーとして、期待も込めて選びました。

TS4ドライバー、TS3ドライバー、TS2ドライバーの違いを比較

 

以上、低スピンの2019年版ドライバーのおすすめモデルを紹介しました。