飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 2014 」 一覧

スリクソン Z545ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2014年モデルのドライバー、Z545ドライバーについて取り上げます。

2014年 Zシリーズドライバーは3種類

スリクソンの2014年のZドライバーは、前作と同じく3種類のヘッドサイズとなっています。

Z545は460cc、Z745は430cc、Z945は400ccと30cc刻みになっています。

  • Z545ドライバー
    ヘッド体積は460ccの安心感ある大型ヘッド。ウェイトが2つ搭載され、好みの弾道に調整可能なドライバー。
  • Z745ドライバー
    ヘッド体積は430cc。操作性を求めるゴルファーにおすすめのドライバー。
  • Z945ドライバー
    ヘッド体積400ccの小振りなヘッド。ヘッドスピードが速い上級者向けのドライバー。

Z545ドライバーの特徴

ウェイトフィッティングシステム

Z545ドライバーのみソールにウェイトが二つ搭載されています。

ソール前方の中央に1つ、ソール後方のややトゥ寄りに1つ搭載され、交換することで重心の深さ・高さを変更し、弾道を調整することができます。

ウェイトは前後を交換することもできますし、3~11gまで1g刻みで用意されています(オプション)。

ブースターカップフェース

フェースには、「ブースターカップフェース」が採用されています。

従来モデルよりも反発エリアが約35%拡大していますので、前作よりも、打点がバラついた時の飛距離ロス・コントロールミスを抑えてくれます。

Z545ドライバーの試打・評価

  • ヘッドサイズが一番大きいタイプで投影面積もしっかりあるので、やさしさを感じさせてくれる。
  • ヘッドの厚みがしっかりあり、そんなにシャローではない。
  • シャープに振り抜けて、ボールのつかまりが良い。
  • ウェイトを交換したり、オプションで1つずつ別重量を購入して重心を調整できる。

  • ソールはブラックになっていて、精悍に見える。
  • ヘッドが三角形に見える形状のため、スライサーの方も安心して打てる。

こちらはZドライバーの公式動画です。テクノロジー面について動画で詳しく解説されています。

Z545ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5°
  • ライ角:57.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45インチ

シャフトラインナップ

  • Miyazaki Kosuma Blue 6 カーボンシャフト
  • RX-45 カーボンシャフト
  • Diamana R60 カーボンシャフト
  • TOUR AD MJ-6 カーボンシャフト
  • KUROKAGE XT60 カーボンシャフト
  • Motore Speeder 661 Evolution カーボンシャフト
  • ATTAS ロックスター6 カーボンシャフト