飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 910 」 一覧

タイトリスト 910 D3 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2011年モデルとして発売されている910 D3ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。

910 D3ドライバーの特徴

タイトリストの910シリーズは、2009年の909シリーズの後継モデルです。商品サイクルが2年毎のため、本来は奇数の11がモデル名に含まれそうですが、あえてその組み合わせの数字は避けたのではないかと思います。

そのため、907、909、910、913、915というシリーズ名になっています。

910シリーズは2種類のヘッドがある

910シリーズのドライバーは、前作の909シリーズと同じくD2・D3の2種類のヘッドがあります。

910 D2ドライバーは460ccの大型ヘッドのシャローで、打点のブレに対する寛容性があります。一方、910 D3ドライバーは445ccの小ぶりなディープ形状で、操作性・球の強さがあります。

  • 910 D2ドライバー
    中~低スピンで中~高弾道の460ccドライバー。重心が深く寛容性がある。
  • 910 D3ドライバー
    中~低スピンで中弾道の445ccドライバー。重心が浅く操作性がある。

445ccの小振りなヘッド

910D3ドライバーは、前作に当たる909D3ドライバーの440ccから5ccサイズアップしましたが、形状はディープで445ccの小振りなヘッドです。

重心距離が短く、操作性に優れていますので、弾道を操りたい上級者が使いやすいヘッドです。

また、重心深度は浅いためスピンが抑えられますので、吹け上がりを抑えたい方、低く強い弾道で飛ばしたい方に適しています。

逆に言えば、スライスが出やすい方、ヘッドスピードが遅い方、球が上りづらい方には扱い辛いと思います。

910D2ドライバーと比べると、ヒール寄りがすっきりしていますので、重心角が抑えられるヘッド形状となっています。

球のつかまりは抑えられますので、ハードヒッターが左のミスを恐れずに叩きにいけるドライバーです。

中弾道で飛ばせる

910D3ドライバーは、ディープでヘッド後方がやや持ち上がった形状となっています。

重心が低すぎないため、インパクトの際にロフト角が大きくなる動きが抑えられ、910D2ドライバーよりも打ち出しが抑えられます。

低スピン・中弾道で、球のつかまりも抑えられますので、ヘッドスピードが速い方、吹け上がりを抑えたい方、思い切り叩きたい方におすすめです。

ロフト角・ライ角調整機能を初搭載

910シリーズは、ロフト角・ライ角の調整機能が初めて搭載されたモデルです。

調整の仕組みは、多くのメーカーで採用されているロフト・ライが連動する可変スリーブとは少し異なっています。

ヘッドとスリーブの間に、調整用のリング状があり、ロフト角とライ角を別々に調整することができます。

調整値は、ロフト角・ライ角共に、-0.75°、0°、+0.75°、+1.5°に独立的に変更することができますので、4×4=16通りのセッティングが可能となっています。

910 D3 ドライバーの試打・評価

タイトリスト910 D3ドライバーを試打・評価

  • 構えてみるとクセがなく、すっと構えられる。
  • フェースも左を向いている感じが無く、ひっかけのイメージが嫌な方にも良い。
  • ボールスピードも最近のクラブと同じぐらい出るので、今でも使える。

「どこよりも早く!新製品レポート」の試打・評価

D2よりもハード。D3は、弾道がかなり抑えられるね。

打感などの要素は、D2と変わらないかな。「パシャッ」って感じで、やはり左には行きづらくなってる。

ヘッド性能的には、吹け上がりと左を嫌うハードヒッター向け。

「ゴルフ体験主義」の試打評価

フェースですが、「910D2」に比較するとトゥヒールがやや短めで、ややディープになっていますね。

ヘッド体積がおさえられているだけあって、クラウンも気持ちコンパクトに見えます。形状的には、やはり洋ナシ形ですね。

重心位置がやや高めなせいか弾道が抑えられた感じで、「910D2」ほど球の上がりやすさは無く、ある程度HSが必要な感じ。

打感ですが、これも基本的には「910D2」同様で、ソリッド感がありはやや弾き系な感じです。音もほぼ一緒だと思います。

引用:nikkansports.com

「どこよりも早く!新製品レポート」の試打・評価

「パシャッ」って感じの打感だね。国産メーカーの人気ドライバーのようにフェースにボールが乗っかる感じはないけど、打っていて気持ちがいい。

球筋は、中・高弾道でスピン量も少なそう。ただ、見た目ほどはつかまらないなぁ。そのあたりはタイトリストらしく、左を嫌う上級者を意識しているんだろうね。

引用:golfdigest.co.jp

910 D3 ドライバーの適合ゴルファー

どんなゴルファーに向いているか?

  • 左へのミスを減らしたいフッカー
  • 低スピン弾道で飛ばしたいゴルファー
  • 弾道調整機能付きが好きな人

910 D3 ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:445cc
  • クラブ重量:308g
  • 標準シャフト:タイトリスト・モトーレ5.5
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ長さ:45.25インチ

シャフトラインナップ

公式サイトでは、13種類のシャフトが掲載されています。

  • タイトリスト・モトーレ5.5
  • ツアーAD BB 6
  • ツアーAD BB 7
  • フブキ K 60
  • フブキ K 70
  • アッタス 3 6
  • アッタス 3 7
  • アッタスT2 6
  • アッタスT2 7
  • ツアーAD DJ-6
  • ツアーAD DJ-7
  • ディアマナ アヒナ60
  • ディアマナ アヒナ70







タイトリスト 910 D2 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2011年モデルとして発売されている910 D2ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 910 D2ドライバー/タイトリスト Amazonで探す 楽天市場で探 …

910 D2と910 D3ドライバーのロフト角・ライ角、ウェイトの調整機能を徹底解説【Sure Fit Tourホーゼル・ウェイト】

タイトリストから発売の910 D2ドライバー、910 D3ドライバーには、ロフト角・ライ角、ウェイトの調整機能が搭載されています。 この2種類の調整機能について、調整の仕組み・方法などについて詳しく取 …

タイトリスト 910 D2・D3ドライバーの違いを徹底解説!

タイトリストから2010年後期に発売されている910 D2ドライバーとD3ドライバーについて、違いを解説します。 910 D2ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …