飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 PING 」 一覧

G425 MAXフェアウェイウッドの試打・評価・感想

PINGの2020年モデル、G425 MAXフェアウェイウッドについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

PING G425 MAXフェアウェイウッドについて

PINGのG425シリーズのフェアウェイウッドは、前作であるG410と同様に3タイプのモデルがあります。写真左からG425 MAXフェアウェイ、G425 LSTフェアウェイ、G425 SFTフェアウェイです。

G400では、スタンダードタイプとMAXは別モデルでしたが、G425のドライバーとフェアウェイウッドでは、スタンダードタイプが「G425 MAX」という名称になっています。

▼G425フェアウェイの3種類の概要・特徴はコチラの記事をご覧ください。
≫ G425 MAX・LST・SFTフェアウェイウッドの最新情報まとめ

額賀辰徳プロがPING本社でG425 MAXフェアウェイウッドを試打・評価

  • G425 MAXフェアウェイウッドは9番まであるので、ユーティリティや4番アイアンが苦手な方に良い。
  • 前作まではクラウンにタービュレーターがついていたが、G425ではなくなって、アライメントのマークがあって構えやすくなっている。
  • G425は極薄のフェースがソール・クラウン部分まで拡大していて、フェースが撓む。飛び系のフェウェイウッド。
  • 球上らない、飛ばないという課題は、G425の新フェースで拭えると思う。
  • 下っ面に当たった時に、従来モデルよりも7ヤード飛ぶようになっている。

G425 MAXフェアウェイウッドを詳しく解説・試打

▼G425 MAXフェアウェイウッドが登場するところ(4:09頃)から再生されます。

 

  • LSTよりMAXの方が重心深度が深くて、ソールも長い。球のつかまりも良く、上がりやすいと感じる。
  • G425 LSTフェアウェイウッドと比べて、球があがりやすい。

G425 MAXフェアウェイウッドの5番を試打

  • マレージング素材を使っているのが分かる。キーンという打音がするが、打感は柔らかく、しっかり撓んでいるのが分かる。
  • 前作のG410は打感が硬くなったが、G425はG400のような打感の柔らかさがある。
  • 打音・飛距離が凄く出る。

G425フェアウェイウッドの公式動画

G425の3タイプのフェアウェイウッドについて、内部構造と360°ビューでテクノロジーや特徴が詳しく解説されています。

PING契約プロによる試打と評価も参考になります。

G425 MAXフェアウェイウッドの評価・口コミ

本当に真っ直ぐ&よく飛びます。打感は好き嫌いがありそうですが、自分は弾き感があって好きです。

G410から比べると打感が良くなっていることと、飛距離が上がっている。

打感は弾き系だけど、芯食いショットにはマイルドさがあります。

音はやや高めですが、ドライバーよりは気持ち低めかな。

使い手を選ばないオートマチック系FWですね。

何より、ぶっ飛び性能にはマジでビックリ!!

 

G425 MAX・LST・SFTフェアウェイウッドの最新情報まとめ

 







G400 SF TECドライバーの試打・評価・感想

PINGから2017年に発売のG400 SF TECドライバーについて、試打・評価・商品の特徴について取り上げます。 G400 SF TECドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amaz …

G425ハイブリッドの最新情報まとめ【試打・評価・スペック】

PINGのGシリーズの2020年モデルから発売のG425ハイブリッドについて、試打・評価・スペックなどを詳しく取り上げます。 G425ハイブリッド GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す フ …

G400ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2017年に発売のG400 SF TECドライバーについて、試打・評価・商品の特徴について取り上げます。 G400ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す G …

G425のMAX(ドロー設定) vs SFTドライバー、どちらがドローバイアスか?【スライサーは必見です】

PINGの2020年モデルのG425シリーズは、前作と同じくドローバイアスのSFTタイプが用意されていて、スライサーには注目のモデルとなっています。 一方で、スタンダードタイプのG425 MAXドライ …