飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ヨネックス

EZONE GT 425・450ドライバー(2022年)の最新情報・違いをまとめ!

投稿日:2022年1月26日 更新日:

ヨネックスから発売のEZONE GTシリーズ(2022)のドライバー2種、425・450について、モデルの種類、スペックなど、最新情報をまとめました。

ROGUE STシリーズの発売モデルは2機種

※左がEZONE GT450、右がEZONE GT425

EZONE GTシリーズは、2018年に初代モデルが発売されていて、2020年は2代目、そして、今回の2022年は3代目となります。

従来通り、2種類のヘッドサイズがあり、直進性を重視したタイプ、操作性を重視したタイプに分かれています。

  • EZONE GT450
    ヘッドサイズ450cc。高弾道で直進性を重視したドライバー。
  • EZONE GT425
    ヘッドサイズ425cc。中弾道で操作性を重視したドライバー。

EZONE GTシリーズのドライバーの共通の特徴・テクノロジー

新ヘッド構造のサイドウォールを採用

出典:yonex.co.jp

新たなヘッド構造として、サイドウォールと呼ばれる壁を成す構造が採用されています。

インパクトの際に、ヘッドのブレを抑えてくれるため、当り負けせずにホールを強くはじき返してくれます。

インコアグルーブによりフェースの復元を均一化

出典:yonex.co.jp

前作にも搭載されていたインコアグルーブと呼ばれるヘッド内部の溝構造は、フェースインコアグルーブの形状が楕円になっています。

これにより、フェースセンターの撓みの復元効果がフェース全周に均一化され、オフセンターヒットでも大きな撓みが生み出されます。

ボディに微結晶性ポリアミドを採用

出典:yonex.co.jp

ソールのトゥ側には、微結晶性ポリアミドが採用されています。この素材はカーボンシートよりも軽量で、しかも軟質耐衝撃性にも優れていますので、より最適な重量配分が実現されています。

また、心地よい打球音・フィーリングも生み出されています。

EZONE GT 425・450ドライバーの違いを比較

スペックの違いを比較

モデル 425 450
ロフト角 9、10.5° 9、10.5°
ヘッド体積 425cc 450cc
ライ角 56.5° 58.5°
長さ 45.75″ 45.75″
クラブ重量(S) 298g 298g

ヘッド体積はモデル名の通り、425ccと450ccで、25ccの違いがあります。

近年の同シリーズのドライバーとしては、ヘッド体積に大きく違いを持たせてあります。

そして、それに合わせるようにライ角も2°のギャップがあります。425の方は56.5°でフラット気味、450ccの方は58.5°でアップライト気味になっています。

一般的にアップライトにすることで、同じロフトスペックでもフェースは立ち・閉じる方向となり、つかまりが良くなります。

ヘッド形状の違いを比較

※左が425、右が450

左の425の方が後方が長いシャローになっています。トップラインは、左の425の方がトゥ側逃げていて、思い切り叩いても左に行き過ぎないイメージを持てます。

球をつかまえきれない方は、425よりも450の方がオススメです。

※左が425、右が450

こちらは横から見たヘッドを比べた映像です。

左の425の方は、全体的にふっくらとしていてヘッドに厚みがあり、ハイバックに近い形状となっています。

一方、右の450の方は、ヘッド後方にいくにつれてクラウンがなだらかに下がっていて、深重心・低重心の設計になっていることが分かります。

425の方は重心が浅く、低スピンで低く強い弾道が出やすい形状、450の方は深重心で直進性と寛容性に優れ、球が上がりやすい形状になっています。

EZONE GT 425ドライバーの特徴

特徴

EZONE GT 425ドライバーは、ヘッド体積は425ccで、近年のドライバーとしてはかなり小ぶりに絞られています。

2年前の前作モデルでは435ccでしたので、さらに10cc絞られています。

ヘッド形状はディープで重心が浅く、低スピン・中弾道で、強いライナー性の弾道が出やすいタイプとなります。

重心距離が短く、操作性にも優れています。

適合ゴルファーは、ヘッドスピードが速いハードヒッター、自分で球をつかまえて上げられるゴルファーです。

わっていますので、カバーしているスペックが幅広いのも特徴です。

スペック

  • ロフト角:9.0°、10.5°
  • ライ角:56.5°
  • ヘッド体積:425cc
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

シャフト名:RK-03GT(先中調子)

フレックス シャフト質量(g) トルク(°) クラブ質量(g) バランス
R 45 4.9 286 D1
SR 52 3.7 293 D1.5
S 57 3 298 D2.0

EZONE GT 450ドライバーの特徴

特徴

EZONE GT 450ドライバーは、ヘッド体積は450ccで、425との対比では大きな方のヘッドとなりますが、一般的な大型ヘッドのドライバーは460ccありますので、10cc小ぶりなヘッドです。

2年前の前作モデルでは455ccでしたので、5cc絞られています。

425と比べると、ヘッド形状は後方が下がったシャローで、重心が深く・低く、慣性モーメントを高めた設計になっています。

重心が低いことで球が上がりやすく、寛容性と直進性に優れた弾道で飛ばせます。

適合ゴルファーは、操作性よりもオートマチックな直進性、ミスに対する許容性を求めるゴルファーで、上を目指すアベレージゴルファー、セミアスリート、逃がしながら打ちたい上級者などです。

スペック

  • ロフト角:9.0°、10.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:450cc
  • 長さ:45.75インチ

シャフト

シャフト名:RK-03GT(先中調子)

フレックス シャフト質量(g) トルク(°) クラブ質量(g) バランス
R 45 4.9 286 D1
SR 52 3.7 293 D1.5
S 57 3 298 D2.0

EZONE GT 425・450ドライバーの発売日・発売価格

EZONE GT 425・450ドライバーの発売日は、2022年3月11日です。発売価格は82,500円です。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ヨネックス
-, , , ,

関連記事

タイトリスト 909 D3 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2009年モデルとして発売されている909 D3ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 909 D3ドライバー/タイトリスト Amazonで探す 楽天市場で探 …

テーラーメイドの契約プロのステルスへのドライバー移行状況まとめ【ステルスPLUSが圧倒的に人気】

テーラーメイドの2022年の新作は、発売前から話題に上がっていたカーボンフェースを搭載したステルスシリーズです。 2020のSIM、2021年のSIM2は、高い評価を得ていますが、今回のステルスシリー …

タイトリスト 915 D2・D3ドライバーの違いを徹底解説!

タイトリストから2015年モデルとして発売されている915 D2ドライバーとD3ドライバーについて、違いを解説します。 915 D2ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す Amazon …

低重心・高重心とドライバーの飛距離との関係

目次1 一番飛ぶドライバーは?という問いに答えは無い2 重心設計を取り上げる理由3 重心高とは!?4 打点が重心より上か下かでスピン量が変わる5 シャローかディープかも重心高に影響する 一番飛ぶドライ …

テーラーメイド M4 ドライバーの試打・感想・評価

2018年の飛距離が出るドライバーとして、海外メーカーのモデルでCALLAWAYのROGUEと双璧をなすのが、テーラーメイドから発売されているM4ドライバー。 テーラーメイド M4ドライバー GDOで …