飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー BALDO

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバー BC 438・BC 458(2022)の最新情報まとめ

投稿日:

BALDOの2022年モデル、CORSA PERFORMANCEドライバー BC 438・BC 458について、最新情報を取り上げます。

2022年のCORSA PERFORMANCEドライバーは、BC 438と BC 458の2種類

BALDOの2022年のドライバーは、前年と同様にCORSA パフォーマンスドライバーのヘッドサイズが異なる2種類となっています。

モデル名が同じでは?と思われた方もいるかも知れませんが、今回も438、458と言う数字は一緒ながら、その前に「BC」と付いています。

ちなみに、「BC」の意味は、Baldo Corsaです。

 

前作は「会心の一撃」というキャッチコピーでしたが、今回は「OVER THE OVER 〜超えろを超えろ〜」となっています。

  • CORSA PERFORMANCEドライバー BC 438
    ヘッドサイズ420cc + セミシャローで操作しやすい。
  • CORSA PERFORMANCEドライバー BC 458
    ヘッドサイズ458cc + ディープでフルサイズ。

CORSA PERFORMANCE BC 438・BC 458ドライバーの共通の特徴

空力学を採用した新ソールデザイン

今回のドライバーも、ソール後方のデザインに工夫が凝らされています。

2021年の前作ではハニカム構造が採用されることで、高剛性と衝撃吸収性が高められていて、捉まりとボール初速のアップが図られていました。

2022年モデルでは、3段のステップ構造を取ることで、気流を効率よく拡散してくれるディフューザーの働きがあります。

海外メーカーだけでなく、ダンロップのゼクシオも空力を取り入れていますので、この分野を制することがドライバー性能を高める上で重要になってきているようです。

深重心設計

公式サイトでの説明によると、「重心をより深く」とされています。

重心深度をより深く、インパクトエネルギーを最大限ボールに伝達させるためのバルド特有の造形。

引用:公式HP

深重心にすることで、寛容性が高まり、打点がバラついても飛距離ロスが出にくくなります。

ちなみに、前年の2021年モデルと重心深度を比較してみると、438は浅く、458は同じ値になっています。

発売年 モデル 重心深度 ヘッド奥行
2021年 438 40.5mm 96.4mm
2022年 BC 438 40mm 96mm
2021年 458 41mm 100mm
2022年 BC 458 41mm 100mm

438の方は、ヘッドサイズが440ccから420ccになっていますので、こういったところも含めての説明かもしれません。

レーザーミーリング加工

スコアラインの間には、マイクロレーザーミーリング加工が施されています。

これにより、インパクト時にボールを安定してフェース面に接地され、ショットの精度が高まります。への許容性が高くなっています。

バックウェイトはオプションで重量変更できる

ソールには、どちらのモデルにも標準で8gのウェイトが装着されています。

オプションで別重量のものが2~14gまで2g刻みでありますので、ウェイトを交換することで、重心を調整することができます。

なお、この後でも触れますが、重心角は438ドライバーの方が25°、458ドライバーの方が26°です。最近の重心角の大きさを特徴としたドライバーは、30°以上が当たり前の世界になっていますので、一般的な大重心角モデルと比べると、かなり抑えられています。

CORSA PERFORMANCE BC 438ドライバー

CORSA PERFORMANCE BC 438ドライバーの特徴

CORSA PERFORMANCE BC438ドライバーは、ヘッドサイズが420ccで、現代のドライバーとしてはかなり小ぶりな部類となります。

前年モデルでは440ccでしたので、筆者としては間違いじゃないかと思うぐらい、思い切ったサイズの縮小です。

フェース高も前年の57.5mmから59.0mmと高くなっていて、よりディープな形状になっています。

弾道を操りたい方、ヘッドスピードが速く思い切り叩きたい方に好まれるヘッド形状です。

CORSA PERFORMANCE BC 438ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5〜11°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:420cc
  • ヘッド重量:198g
  • 重心距離:37.0mm
  • 重心深度:40.0mm
  • 重心高:32.0mm
  • 重心角:25°

CORSA PERFORMANCE BC 458ドライバー

CORSA PERFORMANCE BC 458ドライバーの特徴

CORSA PERFORMANCE BC 458ドライバーは、ヘッド体積が460ccのドデカヘッドです。ヘッド形状も438よりシャローで、奥行きが深く取られています。

ヘッドのストレッチが取られることで、慣性モーメントが大きくなりますので、打点のブレに対する強さ、直進性を重視したい方に適しています。

CORSA PERFORMANCE BC 458ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5〜11°
  • ライ角:60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 重量:198g
  • 重心距離:40.0mm
  • 重心深度:41.0mm
  • 重心高:33.5mm
  • 重心角:26°

CORSA PERFORMANCEドライバー BC 438・BC 458の発売日と価格

CORSA PERFORMANCEドライバー BC 438・BC 458の発売日は、2022年2月下旬です。

発売価格は、どちらもヘッド単体が77,000円(税込み)、ヘッドカバーが4,180円(税込み)となっています。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, BALDO
-, , ,

関連記事

Mizuno Pro MODEL E・MODEL S ドライバーの試打・評価・感想

2019/10/20:MODEL-Sの試打動画を一本追加しました。 ミズノから発売のMizuno Pro MODEL-E / MODEL-S ドライバーについて、商品の特徴を交えながら試打の評価と感想 …

TS4ドライバーは小ぶりヘッドの低スピンモデル!

タイトリストのTSシリーズから発売のTS4ドライバーについて取り上げます。 ※追記2019/06/07 同時発売のTS1ドライバーについては「TS1ドライバーの試打・評価・感想」をご覧下さい。 TS4 …

コブラ F-MAX エアスピード ドライバーの最新情報まとめ

コブラから発売となるF-MAX エアスピード ドライバーについて、最新情報を取り上げます。 目次1 F-MAX エアスピード ドライバー2 F-MAX スピード ドライバーは、徹底的に軽量化されている …

新 TOUR B JGR 2019年モデルの最新情報まとめ

★追記2019/08/17 TOUR B JGR 2019の試打評価については、下記記事をご覧ください。 ⇒TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想 2019年モデルと201 …

G425 SFTドライバーの試打・評価・感想

PINGの2020年モデル、G425 SFTドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 G425 SFTドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …