飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー スリクソン

ZX7 MKⅡ・ZX7 MKⅡ LSドライバーの最新情報まとめ!試打・評価・スペック・発売日・発売価格

投稿日:2022年8月30日 更新日:

★2022年10月20日更新:公式発表の情報を受け、最新の内容に書き換えました。

スリクソンのZX7 MKⅡ・ZX7 MKⅡ LSドライバーについて、最新情報をまとめました。

ZX7 MKⅡドライバーの特徴

ZX MKⅡシリーズのドライバーは3機種

スリクソンの2022年後期のモデルは、ZX MKⅡシリーズです。ドライバーは、ZX5 MKⅡ、ZX5 MKⅡ LS、ZX7 MKⅡドライバーの3機種です。

適合リストではZX7 MKⅡ LSドライバーの存在も確認されていますが、市場リリースは無いようです。

モデル ZX5 MKⅡ ZX5 MKⅡ LS ZX7 MKⅡ
弾道高さ 中~高
スピン量 中~多 少~中
つかまり 中~強
直進性 中~高
操作性 低~中 中~高

ちなみに、ZX7 MKⅡ LSドライバーは、ウェイトがソール前方のみに搭載されています。

▼ZX7 MKⅡ LSドライバー

※右がZX7 MKⅡ、左がZX7 MKⅡ LSドライバー

カーボンコンポジットからフルチタンに回帰

*出典:dunlop.co.jp

ゴルフ業界全体の流れとしては、軽量素材のカーボンを如何に取り入れるかが重視されていて、複合素材が良しとされる空気があります。

ただ、チタンとカーボンを組み合わせると、接合部があることで、撓みが最大化されないというデメリットも抱えています。

今回のZX MKⅡシリーズのドライバーでは、フェース・ソール・クラウンの全てにチタンが用いられ、シームレス(継ぎ目のない)構造が実現されることで撓みの最大化が実現されています。

これにより、従来モデルよりも高反発エリアは10%拡大しています。

ちなみに、前作でも11%拡大していますので、前々作と比べると、約22%も拡大している計算となります。

リバウンドフレームは今回も搭載

前作で採用された剛軟剛軟の構造を重ねたリバウンドフレームは、今回のZX7 MKⅡドライバーでも採用されています。

フルチタンによるシームレス構造も相まって、撓みを大きくする効果が働きます。

ウェイトは左・右に搭載!入れ替えて弾道調整も可能!

ZX7 MKⅡドライバーでは、ソールウェイトがやや後方の左右に1つずつ搭載されています。

一方は8g(ステンレス)、もう一方は4g(アルミニウム)で重量が異なっていますので、付属の専用レンチを使って入れ替えることで、重心を切り替えて弾道を調整することも可能です。

可変スリーブと合わせて、弾道カスタマイズの自由度が高い点も、ZX5にはないZX7の大きな特徴です。

ZX7 MKⅡドライバーの試打・評価

GDO編集部がZX5・ZX7のMKⅡドライバーを試打・評価

ZX5 MKⅡ、ZX5 MKⅡLS、ZX7 MKⅡの全3機種のドライバーを、GDO編集部の2名が試打されています。

<試打・評価のポイント抜粋>

  • ZX7 MKⅡは、トップラインとフェースの向きが一致していて、構えた時に迷うことが無い。
  • ZX5 MKⅡよりも一回り小ぶりで、後方が窄められている。
  • ZX5 MKⅡよりも操作性が良く、打感もZX5 MKⅡより柔らかい。
  • ミスヒットすると、手応えでミスが分かるが、打点がズレても初速が落ちにくい。
  • ZX7 MKⅡは、ZX5 MKⅡとZX5 LS MKⅡの中間ぐらいの位置づけ。ZX5 MKⅡ LSよりもZX7 MKⅡの方がヘッドの機敏さは抑えられている。

ZX5・ZX5 LS・ZX7のMKⅡドライバー3機種の試打・評価

ZX5 MKⅡ、ZX5 MKⅡ LS、ZX7 MKⅡのドライバー3タイプを試打されている動画です。

  • ZX7 MKⅡは、ヘッドが小さいのが分かる。アマチュアには、不安に感じる。
  • ZX5 MKⅡ LSよりも、ZX7 MKⅡの方がつかまる。
  • ZX7 MKⅡは、ヘッド形状が従来の丸っぽさがあって、スリクソンらしい。
  • 飛距離はZX5 MKⅡLSが良い、小ぶりなヘッドが好きで操作したい人はZX7 MKⅡが良い。

ZX7 MKⅡドライバーのスペック

クラブスペック

  • ロフト角:9.5°、10.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:450cc
  • クラブ長さ:45.25インチ
  • クラブ重量:307g(S)
  • バランス:D2(S)

シャフトスペック

シャフト 硬さ 重量 トルク 適応HS
Diamana ZX-Ⅱ 60 S 55g 4.2° 40~48m/s
SR 52.5g 4.2° 37~45m/s

ZX7 MKⅡドライバーの発売日・発売価格

ZX7 MKⅡドライバーの発売日は、2022年11月19日です。発売価格は、Diamana ZX-II60 カーボンシャフトで81,400円(税込み)です。

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, スリクソン
-, , , ,

関連記事

TS4ドライバー、TS3ドライバー、TS2ドライバーの違いを比較

タイトリストのTSシリーズのドライバー3本について、比較して違いを取り上げます。 ※追記2019/06/07同時発売のTS1ドライバーについては「TS1ドライバーの試打・評価・感想」をご覧下さい。 T …

2022年の低スピンドライバー5本から、ハードヒッター3名が選んだドライバーが興味深かった件

毎年のようにドライバーの当り年と言われていますが、2022年もテーラーメイドのステルス、キャロウェイのローグSTが爆発的な人気で、ドライバー市場が賑わっています。 特に、低スピン性能に優れたドライバー …

【名器ドライバー】おすすめランキング【完全版】アベレージゴルファー編

ドライバーはゴルフクラブの中で最も飛距離が出て、スコアを大きく左右するクラブです。 更なる飛距離ややさしさを実現すべく、開発が重ねられていますが、過去のモデルの中でも名器と呼ばれているドライバーがあり …

スリクソン Z565ドライバーの試打・評価・感想

スリクソンのZシリーズから発売されている2016年モデルのドライバー、Z565ドライバーについて取り上げます。 Z565ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 …

PHYZ ファイズ ドライバー 2019の最新情報

ブリヂストンから発売の PHYZ ファイズ ドライバー 2019について取り上げます。 PHYZドライバー/ブリヂストン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 PHYZ ファイズド …