当サイトは広告が含まれています

【FWが苦手な方!必見】3番と5番を使い分け出来ない方【改善点はクラブスペックにある】

飛距離が出るフェアウェイウッド 2023年6月30日

フェアウェイウッドは、苦手なクラブとして挙げる方が多いです。

「長い」「地面から打つ」からといったことが背景にあるようですが、その結果、何本か入れていても上手に使い分けが出来ていないケースも多いようです。

本記事では、フェアウェイウッドの3番と5番を上手に使いこなせない方向けに、クラブのスペックから見た改善点について3つ解説します。

3番と5番が使いこなせないケース

フェアウェイウッドを上手に使えないという方に話を聞くと、球が上がらない、飛距離が出ないというものが多いですが、もう少し具体的な悩みも聞かれます。

「3番ウッドと5番ウッドの使い分けが出来ない」

このケースをもう少し具体的に聞いて行くと、

「飛距離の差が殆ど無い」

「5番の方が飛ぶ」

と言った話が出て来ます。

こういったケースの場合に、クラブのスペックに問題があることが多々あります。

そもそもウッドは、クラブのスペックフローに偏りがある?

ウッドは、1番(ドライバー)、3番、5番、7番、9番あたりが、市販モデルで一般的に用意されている番手です。

これらのスペックについて、メジャーなメーカーのキャロウェイの標準的なモデルで見てみましょう。

▼ローグST MAXのウッドのスペック

番手 ロフト角 ヘッド体積 長さ
1番 10.5° 460cc 45.5″
3番 15° 174cc 43″
5番 18° 148cc 42.5″
7番 21° 139cc 42″
9番 24° 136cc 41.5″

こちらはキャロウェイのローグSTシリーズで、スタンダードモデルであるローグST MAXのドライバー・フェアウェイウッドのスペックをまとめたものです。

ドライバーは、1番ウッドとも言いまして、3番、5番などと並ぶ一番上のモデルとなります。

本来、番手間のスペックの際は等間隔であることが望ましいですが、ドライバーは可能な限り遠くに飛ばすという特殊な使い方をするクラブのため、スペックも特殊です。

ただそうは言っても、次に続くクラブとの間で飛距離の差が大きく開くわけにはいかないので、クラブ性能も近いものが等間隔で続いていくのが理想的です。

その視点でスペックを見てみると、ドライバーと3番はロフト角・ヘッド体積・長さなど、あらゆるスペックが大きく開いているのに対して、3番と5番はかなり近いスペックになっていることが分かると思います。

3番と5番を上手に使いこなせない理由の一つに、この微妙なスペックの違いを発揮させるのが難しいという点が挙げられます。

この点について、解決へのアプローチを3つ紹介します。

解決方法1:3番と5番のスペックを広げてみる

まず見直して見てもらいたいのは、3番と5番のスペックです。

多くの場合、ロフト角に目が行きがちですが、もう一つ注目してもらいたいのがクラブ長さです。

クラブは長い程、遠心力が効いてきますので、飛距離が出ます。

1番と3番は2.5インチの差がありますが、3番と5番は0.5インチしか違いがありません。

そこで、5番の長さを短くすることで、スペックの差により、飛距離性能に差をつけることができます。

実は、3番と5番の長さの差が0.5インチというのは、業界標準ではあります。

一方で、キャロウェイと並ぶ2大メーカーの一つ、テーラーメイドでは、この点について違った考え方を取り入れています。

テーラーメイドのフェアウェイウッドは、3番と5番で長さに1インチの差をつけています(例外もあります)。

▼ステルスフェアウェイウッドの3番と5番のスペック

番手 3番 5番
ロフト角 15° 18°
ライ角 57° 57.5°
ヘッド体積 190cc 165cc
長さ 43.25″ 42.25″

長さが違えば、自然と飛距離の差も出やすくなりますので、3番と5番の使い分けが解決する可能性があります。

【何処よりも早い】STEALTH(ステルス)フェアウェイウッドの最新情報・違いまとめ|ステルスPLUS・ステルス|発売は2月

解決方法2:ミニドライバーを入れてみる

最近のゴルフでは、ミニドライバーの価値が見直されてきています。

要因の一つとして、50代で初のメジャー制覇を成し遂げたフィル・ミケルソンが、長尺ドライバーとミニドライバーの2刀流にしていることも少なからず影響しているように思います。

3番が思うように飛距離を出せないのであれば、スペック的にドライバーに近づける意味で、2番ウッドとも言われることがあるミニドライバーに変えてみると、ピタッと嵌って解決する可能性があります。

テーラーメイド 300ミニドライバー 2021の最新情報まとめ!試打・評価・スペック

ミニドライバーの人気が再燃!?その理由を徹底解説!おすすめミニドライバーも紹介!

解決方法3:差が無いなら、1本にしてしまう

3番と5番で飛距離が出ないということであれば、これを1本に統合してしまうという方法があります。

5番で十分飛距離が出るなら、3番は外してしまっても良いでしょう。

事実、大手メーカーから発売されているクラブセットでは、ウッドは1番と5番の2本だけというパッケージが多くみられます。

▼こちらでも大手メーカーのゴルフセットは1番・5番のみのものが多い

【約5万円で買える】ゴルフセット おすすめ人気ランキング【ゴルフ初心者に最適】

もし、5番で飛距離に不安があるという場合は、キャロウェイやゼクシオにすると4番ウッドが用意されているモデルがありますので、そちらを検討してみるのもオススメです。

また、モデルによっては、可変スリーブを搭載していてスペックを切り替えられるものもあります。例えば、PINGのウッド(ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ)では、全てに可変スリーブが搭載されています。

G430フェアウェイウッドの最新情報まとめ!G430 MAX・G430 LST・G430 SFTフェアウェイ

フェアウェイウッドを1本に統合できると、クラブを1本他のところで増やすことができます。

よく聞かれるのは、ウェッジを手厚くするケースがありますし、ユーティリティやアイアンを足すというのも良いでしょう。

まとめ

「3番ウッドと5番ウッドの使い分けが出来ない」ケースについて、クラブのスペック面から見た解決方法を3つ紹介しました。

この種の話は、技術的な問題として扱われやすいですが、技術の前に、適したスペックのクラブを使うこともとても重要です。

特に、フェアウェイウッドのスペックの差の付け方は、メーカーによって、また、モデルによって大きく違います。

自分の課題が3番にあるのか、5番にあるのかでも変わってきますので、問題のあるクラブを中心に、前後のクラブスペックとの差を見てみましょう。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るフェアウェイウッド
-

関連記事

【2021年】飛距離が出るフェアウェイウッド おすすめランキング

フェアウェイウッドで飛距離が出る2021年モデルをランキング形式で紹介します。 対象となるフェアウェイウッドは、各メーカーで現行モデルとしてホームページやカタログに掲載しているものとなります。そのため …

【初心者向け】フェアウェイウッド おすすめランキング!簡単・球が上がる・スライスしにくい【2023年】

初心者向けのフェアウェイウッドについて、2023年のおすすめモデルをランキングで紹介します。 初心者向けと言っても、スライスが出にくい、球が上がりやすい、飛距離が出やすいなど、モデルにより秀でた特徴に …

RMX VDフェアウェイウッド 2024の試打・評価・感想

ヤマハから発売のRMX VDフェアウェイウッド 2024について取り上げます。 RMX VDフェアウェイ 楽天市場 Amazon ゴルフパートナー 目次1 RMX VDフェアウェイウッド 2024の特 …

APEX UWの最新情報まとめ!購入・取り扱いショップ

キャロウェイのAPEX UWが発売されていますので、最新情報を取り上げます。 APEX UW Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA ゴルフパートナー 目次1 APEX UWの特徴1.1 A …

Qi10 フェアウェイウッド 2024の試打・評価|全3機種の違いを比較|スペック・発売日・発売価格

テーラーメイドの2024年の最新モデル「Qi10」シリーズ。 フェアウェイウッドは前作同様に3タイプに分かれています。 各タイプの違い、特徴、スペック、発売日、発売価格など詳細をまとめました。 Qi1 …