飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

パラダイム◆◆◆ ドライバーの試打・評価・感想

投稿日:2023年1月17日 更新日:

キャロウェイの2023年モデル、パラダイム◆◆◆ ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

パラダイム◆◆◆ ドライバーの特徴

パラダイムシリーズのドライバーは、前年のローグSTと同様に4種類のモデルがあります。

特徴としては、スタンダードモデルを中心にして、ドローモデル、低スピンモデル、軽量ドローモデルがあります。

本記事で取り上げているのは低スピンモデルのパラダイム◆◆◆ ドライバーです。モデル名に◆◆◆が付いていまして、ツアープロ向けのモデルが市販されている形となっています。

特徴としては、450ccの小振りでディープなヘッド形状、そして、バックに加えてフロントにも搭載されたウェイトが挙げられます。

この2つの特徴により、低スピンで低打ち出しの吹けない強い弾道が出やすく、高い操作性を備えています。

対象ゴルファーとしては、ヘッドスピードが速く、自分でつかまえて球を上げるスキルがあり、球を操作することを好むゴルファーとなり、上級者・ツアープロが対象となります。

キャロウェイ PARADYM パラダイム ドライバーの最新情報・違いをまとめ!パラダイム・パラダイム X・パラダイムMAX FAST・パラダイム ◆◆◆

パラダイム◆◆◆ ドライバーの試打・評価

パラダイム◆◆◆ ドライバーをプロがトラックマンで試打・評価

  • 球が上に行かず(吹けず)、抑えられている。
  • 重いウェイトが後ろにあると、弾道が圧倒的に安定する。
  • ローグSTの◆◆◆よりもヘッドがターンする感じがする。
  • 真っ直ぐ飛ばしたいならパラダイムのノーマル、動かしたいなら◆◆◆。
  • アッパーにクラブを入れられる方は9°でも良い。
  • 前作のMAX LSを使っていた人は、ノーマルのパラダイムの方が近い。

▼こちらは前方に重いウェイトを搭載した超浅重心での試打です

試打クラブは、ロフトが9°、シャフトがTENSEI 55 for CW Sです。

  • 三角形っぽいシェイプで、EPICの◆◆◆に近い。ローグSTの◆◆◆よりもシャープ。
  • 球が強い。低スピンで、ロフトを間違えると球が浮かない。
  • 打感は、ローグSTの方は弾いた感じがして、パラダイムの方はフェースに乗って球持ち感がある。
  • 顔はキャロウェイのキレイな洋ナシ形状で、パラダイムの方が良い。この顔で嫌だという人はいないと思う。

GDO編集部がパラダイムシリーズのドライバーを比較・試打

▼パラダイム◆◆◆の試打のところ(12:25頃)から再生されます

試打クラブは、ロフトが9°、シャフトがDiamana GT60 Sです。

 

  • ヘッドは小さい。10ccしか違わないが、投影を絞ってきている。
  • 全機種同じ感じで振ると、◆◆◆は右に抜ける。ヘッドがターンしてくる感じは無い。
  • 意図して右に左に打ち分けたい人には良いが、安定感はない。上級者・ツアープロ向け。
  • ローグST MAX LSの方が全然簡単だった。

プロがパラダイム◆◆◆を試打

▼◆◆◆のところ(15:26頃)から再生されます

  • ヘッドがおにぎり型でツアープレーヤー好み。フェースが右を向いている。
  • フェース側のウェイトを重くすると、振り感も速く感じる。
  • 弾道は一番低く、前に言っている感じがある。
  • 打感もしっかりあって、音も良く、飛距離とも一致している。
  • スピン量は振っても増えない。
  • プロが純正シャフトを振っても吹けない。

パラダイム◆◆◆ ドライバーのスペック

  • ロフト角:8、9、10.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:450cc
  • 長さ:45.5インチ
  • 標準シャフト:TENSEI 55 for Callaway
  • フレックス:S/SR/R
  • クラブ重量:308g(S)

パラダイム◆◆◆ ドライバーのシャフト

パラダイム◆◆◆ ドライバーのシャフトは、公式サイトに掲載されているものが4種類あります。

シャフト 硬さ シャフト重量 クラブ重量 トルク バランス 調子
TENSEI 55 for Callaway S 約55g 約308g 4.3 D3.5
SR 約53g 約306g 4.4 D3.5
Tour AD CQ-6 S 64.0g 約320g 3.4 D3 先中
SPEEDER NX GREEN 60 S 66.5g 約321g 3.8 D3
Diamana GT 60 S 62.5g 約316g 3.8 D3 中元

パラダイム◆◆◆ ドライバーの発売日・発売価格

パラダイム◆◆◆ ドライバーの発売日は、2023年2月24日です。

発売価格はシャフトにより以下の通りとなっています。

  • TENSEI 55 for Callaway:¥96,800(税込み)
  • Tour AD CQ-6:¥116,600(税込み)
  • SPEEDER NX GREEN 60:¥116,600(税込み)
  • Diamana GT 60:¥116,600(税込み)

キャロウェイ PARADYM パラダイム ドライバーの最新情報・違いをまとめ!パラダイム・パラダイム X・パラダイムMAX FAST・パラダイム ◆◆◆

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , ,

関連記事

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

PING ピンゴルフ ジャパンから発売されているG400 MAXドライバー。G400シリーズから4番目に満を持して登場となったMAXヘッド。 G400 MAX ドライバー/PING GDOで探す 楽天 …

KING LTDx ツアーレングスドライバーは何が違うか?ノーマルバージョンとの違いを比較・解説

コブラゴルフの2022年モデル、KING LTDxシリーズのドライバーで、ツアーレングスというモデルがあります。 このツアーレングスがどのような特徴があるか、そして、ノーマルバージョンとどのような違い …

MAVRIK MAXユーティリティの試打・評価・感想

キャロウェイの2020年モデル、MAVRIKシリーズから発売のMAVRIK MAXユーティリティについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 MAVRIK MAXユーティリティ Amazo …

ギア効果とスピン量の関係を理解して、スライスや吹き上がりを改善

このサイトでは飛距離が出るドライバーをテーマにして、おすすめ・注目のモデルを取り上げています。クラブ解説の中で、重心位置・スピン量・ギア効果といったキーワードがが度々登場します。 そこで、本記事ではギ …

PING G440ドライバーの最新情報まとめ!

PINGのG440に関する情報が確認されましたので、最新情報を取り上げます。 目次1 「G440」が出願申請されている2 G430の次はG440ということは、正統進化か?3 G440シリーズのドライバ …