当サイトは広告が含まれています

ONOFF KURO 黒 ユーティリティウィングス 2023の試打・評価・感想

飛距離が出るユーティリティ オノフ 2023年10月26日

オノフから発売のONOFF KURO 黒 ユーティリティウィングス 2023について取り上げます。

ONOFF KURO 黒 ユーティリティウィングス 2023の特徴

ONOFFは、黒(KURO)シリーズが奇数年、赤(AKA)シリーズが偶数年にリリースされていて、アスリート向けとアベレージゴルファー向けのモデルが、毎年交互に発売されています。

ということで、2023年(奇数年)はアスリート向けの黒(KURO)が2年振りのリニューアルとなっています。

番手別に異なる重心設計を採用

▼3番・4番と5番・6番のヘッド内部設計

上の番手(3番・4番)と試打の番手(5番)で、ヘッドの内部設計を変えることで、各番手に求められる弾道に合わせた重心設計が採用されています。

3番・4番ではヘッド後方を肉厚にすることで、球の上がりやすさを持たせてあります。

一方、5番では、トゥ側とヒール側を肉厚にすることで、打点ブレに対する強さを持たせてあり、より正確なショットを繰り出しやすくなっています。

3番・4番は角溝

フェース高を高くすることで、重心位置を高めに設定されていて、最適スピン量が確保されています。

さらに、3番と4番はロフト角が25°より小さいため、アイアンの溝規制の対応から外れることから角溝が採用されていて、よりスピンが入りやすくなっています。

スピン量が伴うことで、しっかり高さを出すと共に、ランを抑える効果もありますので、グリーンで止めてピンを狙いに行きやすくなっています。

ONOFF KURO 黒 ユーティリティウィングス 2023の試打・評価

ONOFF KURO 黒 ユーティリティウィングス 2023をトラックマンで計測試打・評価

<試打クラブ>

  • U4(24°):CBT:624I S、スピーダーTRハイブリッド85 S

<主な試打評価>

  • 不満が無い。パラダイムと同じぐらい良い。
  • ウッド系だが、打ち込んだりできそうなヘッドの高さがある。アイアンっぽくもウッドっぽくも打てる。
  • 短く見えて、払うより打ち込みたくなる。
  • 純正シャフトが素直で打ちやすい。暴れない。
  • 打感がドライバーと共通で、乾いていつつもムチッとした感じもある。ボールを潰している感じがする。
  • ソール形状は、真ん中が減っていて、打ち込んでも抜けが良い。
  • つかまりは、左に行く感じはない。

ONOFF KURO ユーティリティウィングス 2023を忖度無く試打・評価

<ONOFF KUROフェアウェイの特徴>

  • 縦ブレ・横ブレが極めて小さい。
  • 番手間の距離フローが調度良い(10~15ヤード)。
  • スピン性能が高い。
  • 引かっけない。
  • 小ぶりでカッコいいデザイン。
  • 赤と住み分けされていて、やさしいユーティリティではない。つかまえるのは少し難しい。
  • 3番・4番は各溝が採用されている。

ONOFF KUROシリーズ 2023をゴルフライターが詳しく解説

▼ユーティリティのところ(4:07頃)から再生

<ユーティリティの評価>

  • かなりフェースがディープになっている。
  • 構えるとオフセットが入っていて、しっかり上から入れていけるイメージが持てる。
  • 良くスピンが入って、アイアンっぽい球が打ちやすい。

ONOFF KURO 黒 ユーティリティウィングス 2023のスペック

ヘッドスペック

番手 ロフト角 ライ角 フェース角 ヘッド体積 長さ
3番 21° 59° -1° 120cc 39.25″
4番 24° 59.5° -1° 117cc 38.75″
5番 27° 60° -1° 116cc 38.25″

シャフトスペック

標準シャフトは、ONOFF CBT:624Iです。

  • フレックス:S
  • 重さ:64g
  • トルク:3.5°
  • キックポイント:中元調子
  • 適応ヘッドスピード:40~47m/s

ONOFF KURO 黒 ユーティリティウィングス 2023の発売日・発売価格

ONOFF KURO 黒 ユーティリティウィングス 2023の発売日は、2023年9月9日です。発売価格は、シャフトにより異なります。

  • ONOFF CBT:624I:40,700円(税込)
  • LABOSPEC SHAFT SHINARI:u70:46,200円(税込)
  • LABOSPEC SHAFT SHINARI:i65、SHINARI:i80:44,000円(税込)
  • REPULSION KICK:ST90、ST105:44,000円(税込)

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るユーティリティ, オノフ
-, , ,

関連記事

XXIOの歴代ユーティリティ・ハイブリッドを一挙紹介!初代は2000年に発売!

ゼクシオは、国内でNo.1の人気を誇るブランドで、初心者・シニア・女性ゴルファーを中心にとても支持されています。 最近では、ツアープロにも利用されていて、デザインもシャープになり、若いゴルファーなどに …

ONOFF KURO 黒 フェアウェイ アームズ 2023の試打・評価・感想

オノフから発売のONOFF KURO 黒 フェアウェイ アームズ 2023について取り上げます。 ONOFF KUROフェアウェイ 2023 楽天市場 Amazon ゴルフパートナー 目次1 ONOF …

ゼクシオ13 ハイブリッドの試打・評価・感想

ゼクシオ13ハイブリッドについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 ゼクシオ13 ハイブリッド 楽天市場 Amazon ゴルフダイジェスト ゴルフパートナー 目次1 ゼクシオ13 ハイブ …

ZX MKⅡハイブリッドの最新情報まとめ!試打・評価・スペック・発売日・発売価格

スリクソンのZX MKⅡハイブリッドについて、最新情報をまとめました。 ZX MKⅡハイブリッド 楽天市場 Amazon ゴルフパートナー 目次1 ZX MKⅡハイブリッドの特徴1.1 上下方向のブレ …

小祝さくらが5番ウッドと3番ハイブリッドを入れ替えた理由【ダイキンオーキッド、Tポイント×ENEOSでの違い】

小祝さくらがダイキンオーキッドレディスで優勝してから2週間で、今度はTポイント×ENEOSゴルフで優勝を飾りました。 この2試合でクラブセッティングに変更がありましたので、コースの違いを踏まえて取り上 …