M3ドライバーとM1ドライバーの違い

M3ドライバーとM1ドライバー 2017年モデルの違いについて取り上げます。

M3ドライバーはM1ドライバー 2017の後継モデル

Mシリーズは、2016年に初代のM1、M2ドライバー、2017年に2代目のM1、M2ドライバーが発売されました。翌年の2018年は3代目として、M3、M4ドライバーが発売され、モデル名の数字がこの年からカウントアップしています。

継承関係は維持されていますので、M1 2016、M1 2017、M3(2018)となっています。

M3ドライバー、M1ドライバー 2017は、共に460ccと440ccがある!

M3、M1 2017共に、440ccと460ccの2種類のヘッドサイズがリリースされています。上の写真の左がM3 460ドライバー、右がM3 440ドライバーです。

こちらはM1 2017年モデルで、同様に左がM1 460ドライバー、右がM1 440ドライバーです。

共に右の440ccの方がストレッチが短く、ディープバックとなっています。重心が浅くなっていますので、より低スピンで操作性が高いため、440ccはより上級者に好まれるモデルです。

大きな違いはフェースにある

出典:https://www.taylormadegolf.jp/m3m4driver_jp.html

M3の最大の特徴と言えるのがツイストフェースです。この年のMシリーズで初めてツイストフェースが搭載され、ハイトゥ・ローヒールに打点が集中するというゴルファーの傾向に対して、フェースを捩じることで、弾道をセンターに寄せてくれます。

M3ドライバーは、ツイストフェースが搭載され、弾道がセンターに飛びやすい

ウェイトの調整レールがM3では1系統に統合されている

M1ドライバーのウェイト調整機能は、2016、2017年共に、縦・横の独立したものとなっていました。これは、横がFADE・DRAW、縦がスピン量の調整で直感的な分かりやすさがありました。

一方で、M3の方はレールが統合されていますので、ウェイトの移動のさせ方に最初は一瞬悩む方も出てきそうですが、統合されているので、調整の1手間が省略され、簡易化されています。また、左右方向のウェイトレールがヘッド後方に移ったことで、スピードポケット(ハンマーヘッド)が明確にフェース後方に搭載されるという利点も出ています。

M1の方が弾道が上がりやすく、M3は弾道が抑えられる

M3ドライバーとM1ドライバーのヘッド形状を横から比較してみると、M3ドライバーはヘッド後方がくいっと持ち上がっていることが分かります。対してM1ドライバー 2017は、地面に沿うようにヘッド後方が下がっています。この形状からして、M1ドライバーの方は弾道が上がりやすく、M3 ドライバーは上がりづらいことが分かります。

実際に試打した人の感想を見回すと、M3ドライバーは低弾道・低スピンで、ヘッドスピードが速い人向けという評価が多く見受けられます。

M3とM1で迷われる方は、どちらも低スピンモデルですので、弾道の高さが一つの判

M3ドライバーの試打動画

M3ドライバーを試打した動画を2件取り上げます。一つはM3ドライバーの解説、もう一つは同時に発売されているM3、M4ドライバーを比較した動画です。

M3ドライバー・M1ドライバーのスペック比較

モデル M3 460 M1 460 2017
ロフト角 9.5/10.5° 9.5/10.5°
ライ角 58° 58°
ヘッド体積 460cc 460cc
長さ 45.5in 45.5in
標準シャフト KUROKAGE TM5 TM1-117
フレックス S/SR S/SR
クラブ重量 309/307g 312/310g

どちらのモデルもロフト角・ライ角、長さといった基本的なスペックは同じになっています。

M3・M1ドライバー関連のおすすめ記事

テーラーメイド M3 ドライバーの試打・感想・評価

https://driver.jpn.org/1787/%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%89-m1-%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc-2017%e3%81%ae%e8%a9%a6%e6%89%93%e3%83%bb%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1/

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

M5ドライバーとM3ドライバーの違い

M3ドライバーのYトラックは発明的かもしれない件

あわせて読みたい

当サイトの人気記事