PRGRのTUNEに03モデルが追加!全4種類のヘッドを徹底解説!

PRGRのヘッドパーツ専用シリーズのTUNEドライバーに、ニューモデルが追加されましたので、新たなヘッドの情報を紹介しながら、TUNEドライバーの全ヘッドについて取り上げます。

TUNE 02がモデルチェンジ、TUNE 03が新発売で、ヘッドは全4種類に!

TUNEドライバーは、これまでTUNE 01、02、05の3種類が発売されていました。

今回、TUNE 02がモデルチェンジとなり、新たにTUNE 03が追加となりましたので、全部で4種類のヘッドとなります。

全4種類のTUNE ドライバーの概要・スペック比較

  • TUNE 01 ドライバー:左を気にせず、思い切り叩ける
  • TUNE 02 ドライバー:ストレートフェースで、適度につかまる
  • TUNE 03 ドライバー:やさしくつかまって上がる
  • TUNE 05 ドライバー:深重心、シャロー形状で、やさしい高弾道

TUNE 01は思い切りたたけるハードヒッター・上級者向け、TUNE 05は深重心で慣性モーメントが大きいアベレージ向けモデルとなっています。

数字が小さいほど難易度が高く、大きいほどやさしいモデルとなっています。

モデル TUNE 01 TUNE 02 TUNE 03 TUNE 05
ロフト 9.5 10.5 9 10 9 10 10 11
ライ角 57 57 59 59 59 59 59.5 59.5
FP 17 18 17 18 17 18 15.5 16.5
フェース角 -5.9 -5.9 -3 -3 -1.5 -1.5 -1 -1
重量 198 198 198 198 198 198 195 195
体積 450 450 460 460 460 460 460 460
重心高 31 31 32 32.5 32.5 33 32 32.5
重心深度 39 40 40 41 42 43 41 41.5
重心距離 38.5 38.5 39 39 38 38 42 42
重心角 28 28 28.5 28.5 31 31 30 30
慣性モーメント 4,000 4,000 4,405 4,405 4,550 4,550 4,700 4,700

TUNE 01のみ450ccのややこぶりなヘッドとなっていて、慣性モーメントと重心角が最も小さく、操作性の高いモデルとなっています。

重心角が最も大きいのは、今回、新たに追加となったTUNE 03の31°です。最近のPRGRは、egg5500の重心角が37°と極端に大きなものを立て続けにリリースしていますが、それらと比べるとおとなしさを感じてしまいますが、それでも31°と言うのは他メーカーのヘッドと比べてかなり大きい方となります。

TUNE 01 ドライバー

左を気にせず重いり叩いていけるモデルで、ヘッドスピードが速いゴルファーに適したヘッドです。ソールのウェイトは後方とヒール寄りの2箇所に設定されていて、標準で後方が10g、ヒール寄りが4gとなっています。

洋ナシ型で重心は浅めになっていますので、操作性が高く、意図的にボールを打ち分けたい上級者に適しています。

TUNE 02 ドライバー

TUNE 01よりもフェースもストレッチも大きくなっていて、慣性モーメントが一段大きくなっています。ウェイトは同じくセンター後方とヒール寄りに搭載されていて、標準で共に8gとなっています。

重心設計とウェイト配分からは、ヒール寄りの重量を持った形になっています。叩けるイメージのヘッド形状を保ちつつ、TUNE 01よりも適度なつかまり感があるヘッドとなっています。

TUNE 03 ドライバー

TUNE02よりも投影面積が一回り大きく、シリーズの中で最もストレッチが長いヘッドです。重心角度も31°とシリーズで最も大きく、ヘッドがオートマチックに返りやすい重心設計となっています。

ウェイトはTUNE 02と同様に後方とヒール寄りに共に8gが標準で搭載されています。スライスが出やすく、球が上がりづらい方に適したヘッドです。

TUNE 05 ドライバー

TUNE 05はソールのウェイトが唯一後方に一つだけのモデルとなっています。重量がソール後方に集中し、さらに、フェース高がシリーズで最も低く、シャローヘッドになっています。

ウェイト、ヘッド形状の両面から重心を深くする設計になっていて、慣性モーメントがシリーズで一番大きく、直進性が高いモデルとなっています。

PGRG TUNE05ドライバーの試打・評価・感想

あわせて読みたい

当サイトの人気記事