飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 2019 」 一覧

TS1・TS2・TS3・TS4ドライバーの適正モデルを診断する方法がありました

タイトリストのTSシリーズのドライバーは、TS1、TS2、TS3、TS4の4種類あります。

従来は2と3の種類だけということが多かったため、1~4までのモデルが全て発売となったことで、ターゲットユーザー層も広くなっています。

ほぼ全てのゴルファーをカバーするラインナップになっている反面、調整機能も搭載されていますので、どのモデルが自分に合っているかを判断するのに戸惑われるケースもありそうです。

そこで、本記事では自分に合ったモデルを診断する方法を紹介します。

タイトリスト TSドライバー4種類は特徴がある

タイトリストの1、2、3、4というモデル名の末尾の数字は、これまでのモデルを通して共通の意味・位置づけが込められています。

簡単に言えば、数字が小さいほどやさしく、大きくなるにつれ難しくなっていきます。

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
弾道 高弾道 高弾道 中弾道 中弾道
スピン量 普通 低スピン 低スピン 超低スピン
ヘッドサイズ 460cc 460cc 460cc 430cc
ロフト角 9.5、10.5、12.5° 8.5、9.5、10.5、11.5° 8.5、9.5、10.5° 8.5、9.5、10.5°
ライ角 58.5° 58.5° 58.5° 58.5°
ヘッド形状 シャロー・丸形 シャロー 洋ナシ 洋ナシ

▼モデルの特徴から見た適合ゴルファー、対象ゴルファーについては、別記事にまとめてありますのでリンクを載せておきます。

TSドライバーの全モデルを徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4

TSドライバーの自分に合ったモデルを診断する方法

上述の特徴からは、自分に合ったモデルが分かりにくい、または、複数あって絞り切れないという方もいると思います。

そのような場合は、USのタイトリストのサイトに無料の診断サービスがありますので、利用してみると良いと思います。

このサービスが日本にあれば、VG3も含めて適合モデルを紹介してくれそうですが、USではVG3がありませんので、TSシリーズのみとなります。

▼USタイトリストのDriver Selector Tool

ドライバーセレクターツールで4つの項目を設定すると、TS1~4のドライバーで、どのモデルが自分に合っているか教えてくれます。

<質問項目>

  • 平均飛距離:200~300ヤードの間で10ヤード刻みで回答
  • 自分が望む弾道高さ:低い・普通・高いの3つから選択
  • 好みのヘッド形状:わからない・モダン・トラディショナルの3つから選択
  • 弾道の安定性:わからない・多少・とてもの3つから選択

以上の4項目に回答すると、ご自身に合ったTS1~4のドライバーを案内してくれます。

ちなみに、{250ヤード、低弾道、トラディショナル、とても安定}にすると、TS4ドライバーを推薦されました。

後継のTSiドライバーの情報が出ていますが、恐らく各モデルの特徴と対象ゴルファーはTSシリーズとほぼ同じと思われます。

興味がある方は、診断サービスを使ってみてください。

≫ Titleist Driver Selector Tool
 







G410 PLUS ドライバーの評価・クチコミをまとめました

▼G410 PLUSの試打・評価はコチラです ≫ G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想 PINGから2019年モデルとして発売のG410 PLUSドライバーについて、評価やクチコミ・感想を …

G410 LST ドライバーの評価・クチコミをまとめました

▼G410 LSTドライバーの試打・評価はコチラです ≫ G410 LST ドライバーの試打・評価・感想 PINGから2019年モデルとして発売のG410 LSTドライバーについて、評価やクチコミ・感 …

BERES ドライバー 2019年モデルの最新情報まとめ

本間ゴルフから発売のBERES ドライバー 2019年モデルについて、最新情報をまとめます。 BERES ドライバー 2019年モデル GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す ゴルフパートナ …

TS1ドライバーのウェイト調整・シャフトについて【6種類のウェイトとシャフトデータ】

タイトリストから発売されているTS1ドライバーについて、標準で選択可能なシャフト、ヘッド後方のウェイトについて取り上げます。 TS1ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す Amazon …