2019」タグアーカイブ

PRGR egg 5500 ゴーゴードライバーの評価・くちこみをまとめました

egg 5500 ゴーゴードライバーの試打評価については、下記記事をご覧ください。
⇒PRGR egg 5500 ゴーゴードライバー ノーマル・IMPACT 2019の試打・評価・感想

PRGRのeggシリーズから発売の NEW egg 5500 ゴーゴー ドライバーについて、評価やクチコミ・感想をまとめました。

PRGR egg 5500(ゴーゴー) ドライバーはノーマルモデルと短尺モデルがある

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-egg-driver-impact.html

egg 5500ドライバーは、前作に引き続いて、ヘッドが重くシャフトが短い短尺モデルも用意されています。短いことの懸念として飛距離の低下が挙げられますが、メリットとして、短いことで振りやすさが向上してミート率が上がり、逆に平均飛距離が上がる方もいます。さらに、egg 5500ドライバーでは、短尺もモデルはヘッドが5g重くなっていますので、この点も飛距離アップにプラス材料となっています。

ノーマルモデルも45.25インチで、一般的なドライバ―よりも0.25~0.75インチ短尺ですので、最近のドライバーが長くて違和感を感じている方にとっては、45.25インチと44.25インチの二つの選択肢は、是非、検討されてみると良いでしょう。

前作についてはこちらをご覧んください。
PRGR eggドライバー(赤エッグ)2017の試打・評価・感想

37°の大きな重心角で、スライサーに適した重心設計

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-egg-driver.html

egg 5500ドライバーは、重心角が37°あり、恐らくこの年のニューモデルの中で最大です。

ヘッドターンが容易になりますので、ヘッドが開いたままインパクトしてスライスが出るゴルファーの方には、とても扱いやすいドライバーです。

スライサーにおすすめ、重心角が大きいドライバーランキング!2019年版

egg 5500 ドライバーの評価・感想・クチコミ

PRGRのeggゴーゴーは、40m/s以下のスウィングスピードがあまりない人でも、同様の飛びと方向性の安定の図れるところに魅了があります

37度と他のドライバーよりも約10度程度も大きな重心角により、ヘッドターンがしやすい形状になっているだけでなく、eggゴーゴーの合計7タイプある純正シャフトは「M-35」の44.75インチから、最も長い10.5度の「M-43」でも45.25インチ。振りやすさは間違いがない。
引用 https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17302433

出球を見る限り、かなりスピン量少なめの強弾道で、直進性の高さは実感できました。シャットに引いて打てる人向けで、いわゆる今風なドライバーでした。
引用 https://golftaiken.nikkansports.com/2019/09/19800.html

こんなに重心角が大きいヘッドなんて、今まで何百個、何千個とドライバーを見てきましたけど、初めてです……。マルマンの『シャトル』とか、ヤマハ『インプレスUD+2』とか、重心角の大きさを謳うクラブはたくさんありますけど、間違いなく、見たことないレベルです

重心角大で高MOIで、先端の動きが穏やかなシャフトだと、初めて打つドライバーでも、こうなるんですね~。インパクトミスによる飛距離ロスも少なくて、球もつかまる。
引用 https://www.pargolf.co.jp/special/122209

ヨネックス EZONE FS ドライバーの最新情報まとめ

ヨネックスから発売のEZONE FSドライバーについて、最新情報をまとめます。

EZONE FS ドライバー

EZONE FSドライバーは、ヨネックスのフィッティングスタジオ限定モデルのヘッドパーツです。

ディープヘッドで、思い切り叩ける

ヘッド形状はディープともシャローとも言いにくい中間的な形状に見えます。メーカーの公式サイトでの説明を借りると、「ディープフェースの操作性とシャローバックのやさしさを兼ね備えた適度なヘッドサイズで、より幅広い層のお客様にお使いいただけます。」とされています。

この後にも触れますが、ウェイトがヘッド後方とヒール寄りにありつつ、フェースは1.5度オープンとなっていますので、ウェイト調整をすることで、たしかに幅広いゴルファーに使えそうです。

縦研磨フェースで、横スピンが抑えられる

フェースは高さがある形状で、縦研磨が施されています。一般的なドライバーフェイスは横研磨で、スコアラインも横向きですが、縦研磨とすることで、縦方向にボールが動きやすくスピン軸が傾きにくくなります。

スピン軸が垂直に近い程、横成分のスピンが抑えられますので、意図しない左右への弾道のそれが抑えられます。

ウェイトは後方とヒール寄りに装着

ウェイトビスは、標準でソール後方に8g、ヒール寄りに2gとなっています。ウェイトはオプションで2、4、6、8、10、12gが用意されていますので、ウェイト交換による重心調整によって、弾道を変えることができます。

ヘッドの上下が撓んで、反発エリアが広い

カーボンクラウンにNamd素材が複合され、また、ソールには新構造のパワーグルーブ(溝)が施されています。

出典:http://www.yonex.co.jp/golf/clubs/ezone-fs-driver.html

クラウンもソールも撓み・復元することで、フェースの上部・下部で大きな反発が得られます。

Namdについて
Namdは、強靭なしなりと復元力を生み出すことから、新たなカーボン素材として高く評価されています。
(引用:https://www.nitta.co.jp/new_technology/)

EZONE FS ドライバーのスペック

ロフト角は9°と10.5°です。

ロフト角 10.5°
ライ角 58.5°
フェース角 1.5°オープン
体積 460cc
ヘッド重量 198g

EZONE FS ドライバーの発売日と価格

ヨネックス EZONE FS ドライバーの発売日は2019年9月下旬が予定されています。フィッティングスタジオ限定モデルとなりますので、ヘッドパーツ単体で発売価格は62,500円+税です。

ランチャー HB ターボウッドの最新情報まとめ

クリーブランドから発売のランチャー HB ターボウッドについて、最新情報をまとめました。

ランチャー HB ターボウッド

クリーブランドのランチャーシリーズから、ランチャー HB ターボウッドがUSにて2019年9月に発売となっています。日本では2018年6月にランチャー HB ドライバーが発売されていますが、当記事執筆時点で、ターボウッドは掲載されていません。日本モデルが発売されない場合は、USモデルを入手する形となります。

ターボチャージ・カップフェース


出典:https://www.clevelandgolf.com/en/launcher-hb-turbo-woods.html

日本で2018年に発売されたランチャー HB ドライバーと同じく、カップフェース構造が採用されています。カップフェース構造とすることで、打点がセンターに集中しないゴルファーにとって効果的に反発性能が発揮され、速いボール初速がもたらされます。

3・パーツ・システムによる高い打ち出し


出典:https://www.clevelandgolf.com/en/launcher-hb-turbo-woods.html

ランチャー HB ターボウッドのヘッドは、3・パーツ・システムが採用されています。軽量化されたホーゼル、ハイボアクラウン、低く深い位置へのウェイト搭載です。

ヘッド全体が低重心・深重心化されていますので、高いボールの打ち出しを実現してくれます。

深重心により寛容性がアップ


出典:https://www.clevelandgolf.com/en/launcher-hb-turbo-woods.html

ヘッド後方には35gのウェイトが搭載されていますので、低重心だけでなく深重心にもなっています。重心が深くなることで、MOIは424gcm2アップしていまして、ミスへの寛容性が高まっています。

ヘッド形状も高さがランチャー独特のクラウンで、ヘッド全体が地面を這うようなフォルムとなっています。ウェイトに加えてシャローな形状により、より低重心・深重心効果が高まっています。

打点がバラつきやすいゴルファーにとっては、オフセンターヒットによるボール初速の低下や弾道のそれが抑えられます。

カウンターバランス


出典:https://www.clevelandgolf.com/en/launcher-hb-turbo-woods.html

一般にアベレージゴルファー向けのゴルフクラブは、クラブ全体のバランスとしてヘッドが重いものが多くなっています。これをハンマーバランスと言います。

ヘッドが重くなることで、衝突エネルギーが増しますので、飛距離アップにつながりますが、振りやすさが損なわれると、反対に飛距離が低下することも考えられます。

ランチャー HB ターボウッドでは、カウンターバランスのシャフトが採用され、重いヘッドが振りやすくなっています。

ランチャー HB ターボウッドの公式動画

USモデルとなりますので、USクリーブランドの英語の動画となります。

ランチャー HB ターボウッドのスペック

  • ロフト角:9.0°/10.5°
  • ライ角:60.0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • クラブ重量:308g(S)

ランチャー HB ターボウッド USモデルの購入方法

日本で取り扱いの無いモデルは入手する場合、USモデルを購入することとなります。USモデルとなると、普通のゴルフショップではなかなかと入り扱いがありませんが、かといって、USのショッピングサイトから英語で注文して海外配送が必要かというと、そんなことはありません。

USモデルは日本でも割と簡単に入手できますし、大手ネットショップでの取り扱いも徐々に増えていますが、USモデル専門の日本人向けのサイトがありますので、そちらで購入することができます。一番有名なのは、フェアウェイゴルフさんです。

⇒フェアウェイゴルフでUSモデルを探す

PRGRのTUNEに03モデルが追加!全4種類のヘッドを徹底解説!

PRGRのヘッドパーツ専用シリーズのTUNEドライバーに、ニューモデルが追加されましたので、新たなヘッドの情報を紹介しながら、TUNEドライバーの全ヘッドについて取り上げます。

TUNE 02がモデルチェンジ、TUNE 03が新発売で、ヘッドは全4種類に!

TUNEドライバーは、これまでTUNE 01、02、05の3種類が発売されていました。

今回、TUNE 02がモデルチェンジとなり、新たにTUNE 03が追加となりましたので、全部で4種類のヘッドとなります。

全4種類のTUNE ドライバーの概要・スペック比較

  • TUNE 01 ドライバー:左を気にせず、思い切り叩ける
  • TUNE 02 ドライバー:ストレートフェースで、適度につかまる
  • TUNE 03 ドライバー:やさしくつかまって上がる
  • TUNE 05 ドライバー:深重心、シャロー形状で、やさしい高弾道

TUNE 01は思い切りたたけるハードヒッター・上級者向け、TUNE 05は深重心で慣性モーメントが大きいアベレージ向けモデルとなっています。

数字が小さいほど難易度が高く、大きいほどやさしいモデルとなっています。

モデル TUNE 01 TUNE 02 TUNE 03 TUNE 05
ロフト 9.5 10.5 9 10 9 10 10 11
ライ角 57 57 59 59 59 59 59.5 59.5
FP 17 18 17 18 17 18 15.5 16.5
フェース角 -5.9 -5.9 -3 -3 -1.5 -1.5 -1 -1
重量 198 198 198 198 198 198 195 195
体積 450 450 460 460 460 460 460 460
重心高 31 31 32 32.5 32.5 33 32 32.5
重心深度 39 40 40 41 42 43 41 41.5
重心距離 38.5 38.5 39 39 38 38 42 42
重心角 28 28 28.5 28.5 31 31 30 30
慣性モーメント 4,000 4,000 4,405 4,405 4,550 4,550 4,700 4,700

TUNE 01のみ450ccのややこぶりなヘッドとなっていて、慣性モーメントと重心角が最も小さく、操作性の高いモデルとなっています。

重心角が最も大きいのは、今回、新たに追加となったTUNE 03の31°です。最近のPRGRは、egg5500の重心角が37°と極端に大きなものを立て続けにリリースしていますが、それらと比べるとおとなしさを感じてしまいますが、それでも31°と言うのは他メーカーのヘッドと比べてかなり大きい方となります。

TUNE 01 ドライバー

左を気にせず重いり叩いていけるモデルで、ヘッドスピードが速いゴルファーに適したヘッドです。ソールのウェイトは後方とヒール寄りの2箇所に設定されていて、標準で後方が10g、ヒール寄りが4gとなっています。

洋ナシ型で重心は浅めになっていますので、操作性が高く、意図的にボールを打ち分けたい上級者に適しています。

TUNE 02 ドライバー

TUNE 01よりもフェースもストレッチも大きくなっていて、慣性モーメントが一段大きくなっています。ウェイトは同じくセンター後方とヒール寄りに搭載されていて、標準で共に8gとなっています。

重心設計とウェイト配分からは、ヒール寄りの重量を持った形になっています。叩けるイメージのヘッド形状を保ちつつ、TUNE 01よりも適度なつかまり感があるヘッドとなっています。

TUNE 03 ドライバー

TUNE02よりも投影面積が一回り大きく、シリーズの中で最もストレッチが長いヘッドです。重心角度も31°とシリーズで最も大きく、ヘッドがオートマチックに返りやすい重心設計となっています。

ウェイトはTUNE 02と同様に後方とヒール寄りに共に8gが標準で搭載されています。スライスが出やすく、球が上がりづらい方に適したヘッドです。

TUNE 05 ドライバー

TUNE 05はソールのウェイトが唯一後方に一つだけのモデルとなっています。重量がソール後方に集中し、さらに、フェース高がシリーズで最も低く、シャローヘッドになっています。

ウェイト、ヘッド形状の両面から重心を深くする設計になっていて、慣性モーメントがシリーズで一番大きく、直進性が高いモデルとなっています。

PGRG TUNE05ドライバーの試打・評価・感想

TOUR B JGR 2019年モデルの評価・くちこみをまとめました

ブリヂストンのTOUR B JGRの2019年モデルについて、評価やクチコミ・感想をまとめました。

GRとしては8代目、JGRの名では3代目、ツアーB JGRでは2代目

ツアーB JGRドライバ―は、2017年に同名のモデルが発売されています。その前は「ツアーB」が付かない「JGRドライバ―」という名称で、更に遡るとツアーステージ X-DRIVE GRドライバーというモデルに辿り着きます。

こちらが2007年に発売の初代ツアーステージ X-DRIVE GRドライバーで、このモデルから数えると2019年モデルは8代目となります。ツアーステージというと筆者は宮里藍ちゃんを思い浮かべますが、今はもうこの名前は使われていません。

黄色いネジの正体は、反発エリアを拡大するSP-COR

今回、この黄色いネジの画像が先に流出しまして、さまざまな憶測を呼びました。ジャパンメーカーもティザー広告を上手に使えるのだなと感心しつつ、やはり興味はこのネジの正体。

まず、このネジを含めた機構は、SP-COR(サスペンションコア)と呼ばれ、芯の反発をルール上限を超えないよう抑えつつ、その周辺の反発エリアを拡大してくれます。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

反発エリアの拡大については、上図がとても分かりやすく表しています。一点をネジで裏から抑えることで、反発性能がルール超過するのを抑えますが、抑えてないところは反発が高まった状態になるというメカニズムです。

ルール超過を抑えるということですので、上図にSP-COR導入前の図を入れてもらえると更にわかりやすいと思いますが、某社の技術と部分的に重なると捉えられる懸念があるのかもしれません。
何れにしても、反発エリアが広くなり、試打者からは上々の評価が聞こえてきていて、2019年後期の注目ドライバーとなっています。

ツアーB JGR ドライバー 2019のSNSでの評価・感想・クチコミ

ツアーB JGR ドライバー 2019の評価・感想・クチコミ

前作も球のつかまりと打ちやすさで人気が高かったですが、この最新作は全体的にかなりブラッシュアップされていますよ。そのうえ打感がいい。反響音が抑えられていて、上級者が好みそうな引き締まったフィーリングになりました。

オフセンターヒットに強く、前作よりスピン量も少し減っていると思います。確実に飛ばしやすくなっています。

純正シャフトは、中間から先が素早くしなり戻るタイプ。中調子に近い先中調子という感じ。対象ヘッドスピードは、硬さがSで40~43m/sぐらいだと思います。
引用:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/newreport/article/100473/1/?car=fromNewsSearch

クラウンはカーボンではなくフルチタンらしい。ヒール寄りにウェートが見えるので、つかまりも良さそう。
引用:https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17274454

ヒールに装着されているウェイトは、オプション購入で交換することができます。標準では10gが装着されていて(一部スペックでは8g)、2~20gまで2g刻みで用意されています。この位置のウェイトはボールのつかまりを大きく左右しますので、よりボールをつかまえたい方は重いウェイト、逃がしたい方は軽いウェイトにすると良いでしょう。なお、カチャカチャ式と呼ばれるシャフト抜き差しの機構は搭載されていませんので、ロフト角の変更は行えません。
出典:https://golf-club-news.com/1531/%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BCb-jgr-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%81%AE3%E4%BB%A3%E7%9B%AE-2019%E5%B9%B4%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/

飛距離性能にプラスして、SP-CORの先端部にポリマー(熱可塑性ウレタン)を採用したことで、打感も弾きと吸い付きがバランスよく感じられるとのこと。さらにソールの剛性が上がったことで、つかまりの良い高弾道が打てる設計になったそうだ。
出典:https://news.golfdigest.co.jp/news/gear/article/102490/1/

ブリヂストン 歴代JGRドライバーを一挙紹介!JGRの前はGRだった!