2019」タグアーカイブ

ONOFF KURO ドライバー 2019年モデルの最新情報まとめ

ブリヂストンのTOUR B JGRの2019年モデルについて、最新情報をまとめました。

ONOFF KURO ドライバーについて

※左からONOFF KUROの2015年、2017年、2019年モデル

ONOFFは2002年から発売されているブランドです。発売当初からエンジョイゴルファー(アベレージ)向けとアクティブゴルファー(アスリート)向けが発売されています。

2015年からは、アベレージ向けがONOFF AKA(赤)、アスリート向けがKURO(黒)で、テーラーメイドやキャロウェイのように2ラインナップとなっています。

ONOFF KURO ドライバー 2019

ONOFF KUROドライバー 2019は、赤・黒の名前になってから3代目のモデルとなります。ここ数年、赤と黒で発売年が1年ずれていますので、2019年モデルはKUROのみのとなります。

3つのウェイトで弾道調整できる!トラジェクトリー・コントロールを搭載

出典:https://onoff.globeride.co.jp/club/kuro/driver/index.html

ONOFF KUROドライバーの最大の特徴は、ソールに搭載された3つの取り外し可能なウェイトスクリューです。

標準でヒール寄りに7g、センター後方に2g、トゥ寄りに4gが装着されています。これらを入れ替えることで、ストレート・ドロー・フェード、中弾道・高弾道に変えることができます。

トラジェクトリー・コントロールの設定例

出典:https://onoff.globeride.co.jp/club/kuro/driver/guide_trajectory.pdf

スクリューウェイトはオプションで6種類

スクリューウェイトは、1、2、4、7、9、12gの6種類がオプションで提供されていますので、弾道調整の自由度が高まります。

ヘッドサイズは460ccで、やさしさが備わっている

ONOFF KURO ドライバーのヘッド体積は、2015年モデルが440ccで小ぶりでしたが、2017年モデルで460ccとなり、2019年モデルも同じく460ccとルール最大サイズとなっています。

パワートレンチとサークルリブを搭載し、撓みと復元で飛ばす

出典:https://onoff.globeride.co.jp/club/kuro/driver/index.html

クラウンとソールにトレンチ(溝)構造が採用されていて、効果的に撓んで復元します。

出典:https://onoff.globeride.co.jp/club/kuro/driver/index.html

撓むためには柔らかさが不可欠ですが、効果的に撓ませるために、逆に言えば、不必要に撓ませないために、適切な箇所で剛性を高める設計を、メーカー各社様々な形で搭載しています。

ONOFF KURO ドライバーでは、ヘッド内部の全週方向にサークルリブ構造が採用されています。トレンチによるたわみ効果と相まって、フェースの広い範囲を高初速エリアとしてくれますので、打点のブレにも強さを発揮してくれます。

ONOFF KURO ドライバー 2019のスペック

  • ロフト角:9.5/10.5°
  • ライ角:57°
  • フェース角:-0.5°/±0°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.5インチ
  • クラブ重量:304g
  • フレックス:S
  • シャフト重量:57g

標準シャフトは、LABOSPEC SHAFT SHINARI:50Kです。適応ヘッドスピードは、メーカー公式ページで41~47m/sとされています。

ONOFF KURO ドライバー 2019の発売日と発売価格

ONOFF KURO ドライバーの発売日は、2019年8月31日が予定されています。発売価格は、標準のLABOSPEC SHAFT SHINARI:50Kの装着モデルで、70,000円+税、その他のLABOSPEC SHAFTの装着モデルで、75,000円+税です。

TOUR B JGR 2019年モデルと2017年モデルの違い

当記事はTOUR B JGRドライバ―の2017年モデルと2019年モデルの比較を行っています。2019年モデルについて詳しく知りたい方は、下記の試打・評価記事をご覧ください。
⇒TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

ブリヂストンから発売のTOUR B JGRの2019年モデルお2017年モデルの違いについて解説します。

JGRドライバ―は、GRドライバーから続く8代目モデル

JGRシリーズは、やや懐かしさのあるツアーステージX-DRIVE GRドライバーからの継承関係にあります。X-DRIVE GRは5代目まで発売され、その後、2015年にJGRドライバ―、2017年にTOUR B JGRドライバー、そして、2019年は2017年と同一名のTOUR B JGRドライバーが発売となっています。

GRから数えると、2019年モデルは8代目、JGRで数えると3代目、ツアーB JGRで数えると2代目となりますが、8代目という数え方が多いようです。

2017年モデルは撓みにフォーカスしたモデル

出典:https://www.bs-golf.com/

2017年モデルでは、「飛距離モンスター」というキャッチコピーが付けられ、飛距離を前面に謳ったモデルです。

出典:https://www.bs-sports.co.jp/press/2017/g0801_jgr_wood/g0801_jgr_wood.pdf

ソールの剛性を高めることで、クラウンがWAVE状に撓み、高打ち出し・高初速が生み出されるというメカニズムです。

2019年モデルは反発エリアの拡大にフォーカスしたモデル

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

一方、2019年モデルの方は、全く新しい機構が搭載されています。フェースの裏側から反発性能の高いエリアを一点で支え、サスペンション機能を働かせています。

これにより、最も反発するエリアでルールを超過することを抑え、その周辺部の反発性能を高めています。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

従来の設計では、パフォーマンスを発揮してくれるエリアが小さかったのに対して、SP-CORが搭載された設計では、最大反発に近いエリアが広がっています。

2019年モデルは高初速エリアが広く、打点のブレに強い

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

SP-COR(サスペンション コア)が搭載されることで、高初速エリアが広がっていることが分かります。特に左右方向に赤い高初速エリアが広がっていることがわかりますので、左右の打点のズレが大きい方は、ミスが許容され、飛距離ロス・弾道のブレが抑えられます。

2019年モデルもヘッドの撓みは継承されている

2017年モデルは「撓み」、2019年モデルは「反発エリアの拡大」と取り上げると、2019年モデルは撓まないモデルと誤解されそうですが、Boost Power Technologyは引き続き継承されています。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/club/driver/jgr.html

ソールの剛性を高めた設計に、クラウンの前方にスリットが施され、クラウンが効果的に撓んでくれますので、高打ち出し・高初速の弾道が生み出されます。

2019年モデルはヒール寄りが肉厚に

左が2017年モデルで、右が2019年モデルです。並べてみると、ヘッドシェイプが大きく変わっていることが分かります。

左の2017年モデルは洋ナシに近く、右の2019年モデルは丸形に近いヘッドシェイプとなっています。特に、2019年モデルはヒールよりも体積が確保されています。

一般にこの形状は、ヒール寄りにウェイトを持たせることで重心角を大きくすることで、ヘッドターンしやすく、ボールのつかまりがよくなります。

TOUR B JGR ドライバー 2017と2019のスペック比較

モデル 2017 2019
ロフト角 9.5/10.5/11.5° 9.5/10.5°
ライ角 59° 59°
ヘッド体積 460cc 460cc
長さ 45.5インチ 45.5インチ
標準シャフト JGRオリジナル TG1-5 TOUR AD for JGR TG2-5
クラブ重さ 295g(S) 294g(S)
フレックス S/SR/R S/SR/R

TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

★追記2019/08/19
新旧モデルの打ち比べ動画を追加しました。
★追記2019/08/17
コースでの試打動画を追加しました。
★追記2019/08/13
2019年モデルと2017年モデルの違いについては、下記記事をご覧ください。
⇒TOUR B JGR 2019年モデルと2017年モデルの違い

ブリヂストンのTOUR B JGRの2019年モデルについて、試打の感想や評価を交えながら取り上げます。

JGRの名では3代目だが、ツアーB JGRでは2代目

JGRは2015年に初代ドライバーが発売されています。その後、2017年にはTOUR B JGRとして発売されていまして、TOUR Bが新たに付されました。そして、2019年モデルもTOUR B JGRという名称で発売されています。

TOUR B JGR ドライバー 2019(3代目)

TOUR B JGRのニューモデルは、5月ぐらいからプロトタイプが確認されていまして、粗方の予想通り、2019年モデルの発売が発表されました。

早速、2017年モデルから乗り換えるツアープロも出て来ています。

黄色いネジの正体は、高反発エリアを広げてくれる新構造だった

試打会情報でも話題になっていてフェースの直ぐ裏にある黄色いネジ状のもの。これは、SP-COR(サスペンションコア)と呼ばれるもので、フェース面の反発をコントロールするテクノロジーです。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

一点を効果的に抑えることでルールオーバーを防ぎ、オフセンターの高初速エリアの拡大が可能に
引用:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

オフセンターエリアの反発をあげようとすると、中心の反発を高める必要がありますが、ルール限界値という壁があります。そこで、ネジで1点を抑えることで、反発性能がルールを超えるのを防ぎつつ、周辺部の反発性能は高くなっていいます。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

テーラーメイドのスピードインジェクションに共通する点も感じられますが、センターを抑え、周りを高めることで、フェース全体として反発性能を広げるという点は、M5、M6と異なります。

ここが重要!ポイント

  • SP-CORにより高反発エリアが拡大している
  • 打点がブレても飛距離のロスが抑えられる

クラウンが効果的に撓んで、高初速・高弾道になる

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/club/driver/jgr.html

ソール側の剛性がアップし、クラウンにはたわみを促進するスリットが施されていて、クラウンが効果的に撓んでくれます。これにより、弾道は高く、初速は速くなります。

TOUR B JGR ドライバーを3upCLUBが徹底的に試打して解説

  • ヘッドスピード40m/s前後で、持ち球は悪いとスライスが出て、ドライバーが苦手な人、そういったゴルファーがど真ん中のターゲットのクラブ。
    40~43m/sぐらいの人は、純正のTOUR AD XC-5(S)で良さそう。
  • 前作はアップライトなのが気になっていたが、今作は構えやすい。あからさまにつかまるわけではなく、右に逃げない。
  • 打感は弾き感がある。弾道は高い。前作よりスピンが少ない。
  • 打点が左右にずれても、弾道が変わらず、曲がらない。
  • 色々なヘッドスピードでも、打ち出し、スピン量が程よくなるので、幅広いゴルファーが使える。

TOUR B JGRの新・旧モデルを打ち比べして評価

  • 前作はフェースの横幅が長く、左右の慣性モーメントが多きかったが、新作はフェースが小顔でシャフト寄りになっている。ボールのつかまりが良いクラブになっている。
  • 前作はつかまりがニュートラル、新作の方は明らかにつかまる。
  • スピン量も良く、飛距離がでる。

TOUR B JGR ドライバーを試打して解説

  • JGRはつかまる先入観があったが、そこまでつかまらない。
  • 思っていたより弾道が高い。
  • ミート率が高い。打感は硬い。

TOUR B JGR ドライバーの公式PV、プロの試打コメント有り

  • 松田鈴英プロ
    つかまって真っすぐ行く感じがする。
  • 片岡体育プロ
    初速が速い感じがする。
  • 大里桃子プロ
    スイートスポットが広くて、少し芯から外れても真っすぐ行く感じがする。
  • 三ヶ島カナプロ
    前のドライバーより飛んでる。
  • 渡邉彩香プロ
    球が上がりやすい。

TOUR B JGR ドライバー 2019のスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
長さ 45.5インチ
標準シャフト TOUR AD for JGR TG2-5
クラブ重さ 294g(S)
フレックス S/SR/R

TOUR B JGR ドライバー 2019の発売日・発売価格

ツアーB JGRドライバ― 2019の発売日は、2019年9月13日が予定されています。発売価格はシャフトにより異なり、以下の通りになっています。

  • TOUR AD for JGR TG2-5:¥68,000+税
  • AiR Speeder JGR:¥68,000+税
  • TOUR AD XC-5:¥83,000+税
  • Speeder 569 EVOLUTION VI:¥83,000+税
  • Diamana ZF50:¥83,000+税
  • ATTAS 11 5:¥83,000+税

PRGR egg 5500 ゴーゴードライバー ノーマル・IMPACT 2019の試打・評価・感想

PRGRのeggシリーズから発売の NEW egg 5500 ゴーゴー ドライバーについて、ノーマルモデルと短尺のIMPACTについて、試打の感想や評価を交えながら取り上げます。

PRGR egg 5500(ゴーゴー) ドライバーは2種類ある

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-egg-driver-impact.html

2年振りの発売となるNEW eggドライバ―。前作と同じく、短尺とノーマルの2種類の発売となっています。今回も短尺の方はヘッド重量が重くなっています。シャフトが短くなるとバランスが軽くなるため、ヘッドを重くすることでバランスの極端な低下が抑えられています。

最近はコンパクトなドライバーが流行りつつありまして、短尺・重ヘッドを継続してリリースしてきたあたりは、その裏付けと言えそうです。

前作とのヘッド重量・クラブ長さの比較

タイプ 発売年 モデル ヘッド重量 クラブ長さ
ノーマル 2019 egg 5500 198g 45.25in
2017 egg 195g 45.5in
短尺 2019 egg 5500 IMPACT 203g 44.25in
2017 egg IMPACT-SPEC 202g 44.5in

ノーマルと短尺の新旧モデルについて、クラブ重量と長さを比較してみると、長さは0.25インチ短くなっています。短尺とノーマルの重量差は、新作の方が縮まっています。

いずれにしても、短尺に振りやすさがアップすることでヘッドを重くし、インパクトエネルギーを高め、短尺による飛距離ロスを補うというモデルです。重いといっても総重量は289~295gですので、一般的なクラブよりもやや軽めです。

短い方がミート率が上がって飛距離が上がる方もいますので、シャフトの長さが選べる点は、eggドライバ―の魅力の一つです。

前作についてはこちらをご覧んください。
PRGR eggドライバー(赤エッグ)2017の試打・評価・感想

スライサー向け設計の大きな重心角

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-egg-driver.html

PRGRでも、RS Eが34°、RS REDが31.5°と大重心角モデルを投入してきましたが、今回はさらにそれを上回る37°に設定してきました。

ドライバーの重心角を大きくすると、ヘッドが返りやすくスライス改善に大きな効果を発揮してくれます。ヤマハ inpres UD+2ドライバーは、2016年モデルが重心角34°、2019年モデルが33°で、「スライスさせないぞ」という強烈な意図が反映された設計で、人気のモデルとなりました。

重心角37°という大きな重心角は、筆者の記憶では最も大きな重心角を持ったドライバーです。スライスに悩む初心者・アベレージゴルファーには、かなりのお助けクラブになりそうです。

ヘッドの重心角とドライバーショットとの関係

深重心設計で、ミスに強く、真っすぐ飛ぶ!

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-egg-driver.html

内部ウェイトの位置が更に工夫され、重心が深くなる設計になっています。一般的とされるブルーの配置の方は、低重心も意識した配置ですが、深重心をより重視した設計となっています。

低重心によるボールの上がりやすさは、ロフト角とシャフトのしなりで対応もできますので、ヘッド構造としては深重心を重視する設計は理に適っているように思います。

効果としては、打点のバラツキに強く、弾道の直進性が高くなります。いわゆるやさしいクラブです。

前作よりもヘッドシェイプはシャローバックに!?

こちらはヘッドを横から見た画像で、左が新作のegg 5500 2019、右が前作のegg 2017です。新作のegg 5500の方がより後方がすっきりしていて、より低重心化を意識したヘッド形状に見えます。

低重心になればなるほど、打点が重心よりも高くなり、インパクトの際にヘッドが上を向く作用が働いて打ち出しが高くなります。

ロフト角は前作と同じく10.5°と11.5°の2種類で、一般的なモデルよりも1°寝ているところも特徴的です。球の上がりやすさに配慮したロフト設計になっています。

NEW egg 5500 ゴーゴー ドライバー、ノーマルとIMPACTをメーカー担当者が解説

ノーマルとIMPACTを試打して、メーカー担当者に解説してもらっている動画です。両者の違い、適合ゴルファーなど説明されています。

NEW egg 5500 ゴーゴー ドライバー、ノーマルとIMPACTを試打した動画

こちらもノーマルモデルとIMPACTモデルを試打して、感想・評価が述べられています。

NEW eggシリーズのメーカー公式動画


メーカーの製品公式動画です。イメージムービーに近いので、詳しい解説はありませんが、やさしさを重視したモデルであることが伝わってきます。

NEW egg 5050 ドライバー ノーマル/IMPACTのスペック

NEW egg 5050 ノーマル ドライバー

シャフトスペック M-43 (S) M-40 (SR) M-37 (R) M-35 (R2)
ロフト角(°) 10.5 10.5 11.5 10.5 11.5 10.5 11.5
体積(㎝3) 460
フェースアングル(°) -1
ライ角(°) 59.5
長さ(インチ) 45.25 44.75
総重量(g) 290 287 287 286 286 283 283
バランス D-3.0 D-0.0
シャフト重量(g) 50 48 48 46 46 44 44
シャフトトルク(°) 6.4 6.9 6.9 7.4 7.4 7.9 7.9

NEW egg 5050 IMPACT ドライバー

シャフトスペック M-43 (S) M-40 (SR) M-37 (R) M-35 (R2)
ロフト角(°) 10.5 10.5 11.5 10.5 11.5 10.5 11.5
体積(㎝3) 460
フェースアングル(°) -1
ライ角(°) 59.5
長さ(インチ) 44.25 43.75
総重量(g) 295 292 292 290 290 289 289
バランス D-1.0 C-8.0
シャフト重量(g) 49 46 46 44 44 43 43
シャフトトルク(°) 6.4 6.9 6.9 7.4 7.4 7.9 7.9

NEW egg 5050 ドライバー ノーマル/IMPACTの発売日・発売価格

egg 5050 ドライバー ノーマル/IMPACTの発売日は、2019年9月13日が予定されています。発売価格は、両モデル75,000円+税で、前作と同じ価格です。

「PRGR egg」関連のおすすめ記事

NEW SUPER egg 480 ドライバーの最新情報まとめ

eggドライバー IMPACT-SPEC(赤エッグ)の特徴!通常モデルとの違いを徹底解説!

PRGR eggドライバー(赤エッグ)2017の試打・評価・感想

 

新 TOUR B JGR 2019年モデルの最新情報まとめ

★追記2019/08/17

ブリヂストンのTOUR B JGRの2019年モデルについて、最新情報をまとめました。

JGRドライバーについて

JGRは2015年に発売され、2017年にはTOUB JGRが発売されています。そして、2019年はJGR3代目となるTOUR B JGRドライバーが発売されるようです。

「ようです」と書いているのは、公式発表が無いからですが、メーカーによる試打会も行われたというニュースが出ていますので、2019年の発売で間違いないと思っています。

TOUR B JGRドライバーのプロトタイプが5月頃から出ている!



片岡大育プロ、松田鈴英プロ、福山恵梨プロ、その他、ブリヂストンと契約していない金田久美子プロらが、プロトタイプが支給されたというニュースが2019年5月の時点で出ていました。

年度的に2年間隔で調度良い年ですし、プロトタイプの件でTOUR B JGRのニューモデルの発売はほぼ確定的に感じた方が多かったようです。

USGAのコンフォーミングリストにも掲載されている!

引用:https://www.usga.org/

そして、ルール適合のニューモデルを発売するとなれば、申請が必要となります。ドライバーの近フォーミングリストにも2019年5月18日の時点で登録されています。なお、プロトタイプと思われる9.5°のみのモデルは、もう少し前の段階で登録されています。ここから分かることを列挙してみます。

  • 登録モデル名は、Tour B JGR (Version 2)
    JGR3代目という言われ方もされていますが、正式には2015年のJGRは含めず、Tour B JGRの2代目モデルという位置づけのようです。
  • ロフト角は、9.5°、10.5°の2種類
  • ソールにBOOST POWER TECHの文字
    前作日に期続き、BOOST POWER TECHNOLOGYは踏襲され、ヘッドの撓みを生かしたモデルになると思われます。
  • ソール前方にSP、CORの記載
    ソール前方にはセンターに窪みがあり、ネジ状のものが見える。テーラーメイドのスピードインジェクションのように反発性能の調整を行っているのか?詳細は現時点では不明。

シークレット試打会も2019年6月に開催されている!

GDOのニュース記事によると、ブリヂストンによる「JGR」シリーズ次期モデルのシークレット試打会が、2019年6月28日に開催されているとのことです。

フェース裏のネジが新たなテクノロジーか?



注目点はソール前方にある窪みの部分です。フェースのすぐ裏に位置し、フェース方向に向かってネジのようなものが設置されています。その部分に記載されている文字がCOR、SP。CORとは反発係数のことですから、反発性能を高めるための、もしくは、テーラーメイドのように下げて制限値ギリギリにするためのものと、筆者としては推測します。

一般ゴルファーが触るには小さすぎるように感じますので、製造工程のニーズで設置されたもののように思えます。

ヒール側のネジは新JGRでも搭載!



JGRの特徴の一つでもあるヒール寄りのウェイトネジ。JGR 2019年のドライバーにも同様に搭載されています。なお、既にプロトタイプを使ったプロや試打者のコメントから、前作の2017年モデルよりつかまりは抑えられているようです。

つかまり過ぎると、左へのミスが怖く、思い切り叩き辛くなりますので、重心調整がなされた可能性があります。

 

以上、TOUR B JGR 2019 ドライバーの最新情報をまとめました。引き続き最新情報や公式情報が出ましたら、取り上げたいと思います。

★追記2019/08/07
メーカーから公式発表がありましたので、製品の詳細解説・試打動画を新たにまとめましたので、最新情報は下記記事をご覧ください。
⇒TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

TOUR B JGR 2019年モデルと2017年モデルの違い