当サイトは広告が含まれています

テーラーメイド M4 ドライバーの試打・感想・評価

飛距離が出るドライバー テーラーメイド 2018年8月16日

2018年の飛距離が出るドライバーとして、海外メーカーのモデルでCALLAWAYのROGUEと双璧をなすのが、テーラーメイドから発売されているM4ドライバー。

M4はM2の後継モデル

M4ドライバーはM3と同時にリリースされている。そして、これらの前に投入されているのが、M2とM1だ。継承関係では、M1→M3、M2→M4となっており、M1、M3が上級者モデル、M2、M4が一般モデルという位置づけだ。

M2ドライバーとM4ドライバーの比較

上の写真は、M2の2017年モデルとM4を並べたもの。ソール面を見ると、どちらもウェイトスライド機能は搭載されていないが、M4の方はソール前面に2本の硬いリブで補強されたフェーススロットが搭載されていて、ハンマーヘッドという独特の形状となっている。これにより、大きな反発が得られるため、飛距離アップの要素が新たにプラスされている。

400ヤード飛ばしたドライバーということでも話題に

このモデルは、ダスティン・ジョンソンが430ydのティショットでピンそばまで運んだことで、一気に話題のモデルになった。

最大の特徴はツイストフェース

そして、M3、M4の最大の特徴は、フェースにある。ツイストフェースと呼ばれるフェース面のねじれが意図的に採用されている。これは、実際の膨大なユーザー打点のデータを調べた末、打点が「トウ側高め」と「ヒール側低め」に集まることを調べ上げ、センターを外れた際の弾道を適正化するためにフェースのねじれが採用されている。

M4ドライバーの試打、評価、感想

マーク金井
M4ドライバーはフッカー向きのモデルで、スライサーには振り遅れるとフェースが開いて入る。シャフトを使ってフェースを戻していける、そんなスイングができる人におすすめ。
https://youtu.be/waZQyuKHLQs
小山 哲矢プロ
問題は芯を外した時にどうなるか、あえてトウ側で打ってみたところ、少し右に行ったが、これは持ち球なのでそんなに曲がってない感じ。距離も落ちていない。M4は易しいクラブ。
https://ameblo.jp/koyama2011/entry-12345663399.html

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, テーラーメイド
-, , , ,

関連記事

6千円と25万円のドライバーで飛距離を打ち比べた結果が興味深かった件

ドライバーをニューモデルの新品で購入すると、殆どのモデルが7~9万円ぐらいです。一方で、例外的に安いものもあれば、反対に超高級なものもあります。 ドライバーの値段と飛距離は関係があるのか? こんな素朴 …

軽いドライバーの弊害は?メリットとデメリットを徹底解説!

ヘッドの大型化が進む一方で、小振り、短尺、軽量といったコンパクトなドライバーが発売され話題になっています。 本投稿では軽量なドライバーにフォーカスして、メリット・デメリットについて取り上げます。 目次 …

エアロジェット AEROJET LSドライバーの試打・評価・感想

コブラの2023年モデル、エアロジェット AEROJET LSドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 AEROJET LSドライバー Amazon 楽天市場 フェアウェイゴ …

「ステルス2 vs パラダイム」どちらが売れるか?【品質より販路で決まる】ゴルフライターが解説

2023年の2大メーカーの新作、キャロウェイのパラダイムとテーラーメイドのステルス2。 ドライバーの買い替えを検討されている方は、どちらが人気があるのか、どちらが売れているのか、世の中の評価が気になる …

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

ROGUE STAR ドライバー/キャロウェイ GDOで探す 楽天市場で探す EPICからROGUE 2018年の海外メーカーの注目クラブの一つが、キャロウェイのROGUE。昨年はEPICという新たな …