飛距離が出るドライバー ランキング

2018年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

飛距離が出るフェアウェイウッド キャロウェイ

キャロウェイ MAVRIK・MAVRIKサブゼロ・MAVRIK MAX フェアウェイの試打・評価!マーベリック3種の違いも徹底解説

投稿日:

キャロウェイから発売のMAVRIK・MAVRIKサブゼロ・MAVRIK MAXフェアウェイウッドについて取り上げます。

MAVRIKのフェアウェイウッドは3種類ある

MAVRIK マーエリック シリーズのフェアウェイウッドは、ドライバーと同様のモデル構成となっていて、3種類あります。

写真左から、アベレージゴルファー向けのスタンダードモデルのMAVRIKフェアウェイウッド、アスリートゴルファー向けのMAVRIK サブゼロ フェアウェイウッド、スライサーやアクティブシニア向けのMAVRIK MAXフェアウェイウッドです。

モデル 対象ゴルファー ウェイト 特徴
MAVRIK FW アベレージ 後方に1つ スタンダードモデル
MAVRIK サブゼロ FW アスリート 前方・後方に1つずつ ソール前方にウェイトがあり、ヘッドスピードが速い人向け
MAVRIK MAX FW スライサー、アクティブシニア 後方・ヒール寄りに1つずつ 投影面積が大きく、ヒール寄りにウェイトがあり、やさしい

MAVRIK・MAVRIKサブゼロ・MAVRIK MAX フェアウェイウッドの試打・評価

MAVRIKのフェアウェイウッド3種類について、プロが試打して特徴を解説しています。

  • MAVRIK フェアウェイは、リーディングエッジが出てて、球を拾いやすい。
  • サブゼロは打感が柔らかい。ヘッドスピードがある人向けで、飛距離がでる。
  • MAXは球が上がりやすい。フェアウェイから打つのが苦手な人におすすめ。
  • HS45以上の人は、スタンダードかサブゼロがおすすめ。

MAVRIK フェアウェイウッド

こちらがスタンダードモデルのMAVRIKフェアウェイウッドです。スタンダードモデルらしく、ヘッドサイズや球の上がりやすさなど、バランスが良いモデルです。

MAVRIK フェアウェイウッドの特徴

ソールはヘッド後方に1つだけ配置され、球の上がりやすさと寛容性のある形状になっています。

フラッシュフェース、JAILBREAKテクノロジーは継承され、反発エリアが広く、効率的にたわんで飛ばしてくれます。

リーディングエッジが地面に近く、サブゼロと比べるとアイアンライクなフェース形状をしていますので、地面の上から楽に打ちやすくなっています。

MAVRIK フェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7
ロフト角 15 18 21
ライ角 56 56.5 57
ヘッド体積 174 154 143
クラブ長さ(インチ) 43.25 42.75 42.25

MAVRIK フェアウェイウッドのシャフト

  • Diamana 50 for Callaway (S、SR、R)
  • Speeder EVOLUTION VI FW 60 (S)

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッド

こちらがアスリート向けモデルのMAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドです。投影面積が小さく抑えられ、ソール前方にスクリューウェイトが搭載され、低スピンで力強い弾道で飛ばせます。

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドの特徴

ウェイトはソールの前方と後方に1つずつ搭載されていて、ドライバーと同様に低スピン性能を高めた重量配分となっています。

サブゼロにもフラッシュフェース、JAILBREAKテクノロジーは搭載されています。

ヘッドはディープで、力強い球が出そうな形状をしています。EPIC FLASHのサブゼロフェアウェイには可変スリーブが搭載されていましたが、MAVRIK サブゼロフェアウェイには搭載されていません。この辺りはROGUEと似ています。

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドのスペック

番手 3+ 3 5
ロフト角 13.5 15 18
ライ角 55 55 55.5
クラブ長さ 43.25 43.25 42.75
ヘッド体積 171 169 160

3番の上にロフト角が13.5°の3+が用意されていて、ドライバーと3番の間を埋めてくれます。最近は、ミニドライバーに注目が集まっていますので、場面によってはドライバーの代わりに使うこともできそうです。

≫ ミニドライバーの人気が再燃!?その理由を徹底解説!おすすめミニドライバーも紹介!

MAVRIK サブゼロ フェアウェイウッドのシャフト

  • Tour AD SZ-5 TypeII (S、SR)
  • Speeder EVOLUTION VI FW 60 (S)

MAVRIK MAXフェアウェイウッド

こちらは投影面積が大きく、ドローバイアス設計のMAVRIK MAXフェアウェイウッドです。スライサーやアクティブシニアにおすすめのモデルです。

MAVRIK MAXフェアウェイウッドの特徴

ソールはヘッド後方に1つとヒール寄りに1つで、合計2つ搭載されています。ヒール寄りのウェイトにより、ヘッドが戻りやすくなっていますので、ボールのつかまりが良くなっています。

他の2モデルと同じく、フラッシュフェース、JAILBREAKテクノロジーが搭載されています。

ヘッドの投影面積が大きく、薄い形状になっていますので、ボールが楽に上がりやすくなっています。深重心効果も働きますので、打点のミスに強く、飛距離ロスや弾道のそれが抑えられやすくなっています。

MAVRIK MAXフェアウェイウッドのスペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 16 19 22 24
ライ角 57 57.5 58 58.5
クラブ長さ 43.25 42.75 42.25 41.75
ヘッド体積 197 168 156 148

MAVRIK MAXフェアウェイウッドのシャフト

  • Diamana 40 for Callaway (S、SR、R)

MAVRIKフェアウェイウッドで、打点を4ヶ所にずらして飛距離を計測

MAVRIKフェアウェイウッドを、プロが打点を4ヶ所にずらして試打しています。打点のブレによるボール初速、飛距離を測定して弾道も比較されています。

  • 芯で捉えた時の飛距離性能が高い。
  • 打点のブレによる弾道のそれが殆ど無い。
  • 打点が左・右・下にブレた場合、飛距離の落ち幅は15~25ヤード程度。

MAVRIK・MAVRIKサブゼロ・MAVRIK MAX フェアウェイウッドの違い

ウェイト配置により特徴が分かれる

3つのモデルはヘッド形状だけでなく、ウェイトの個数や配置が異なっています。アベレージゴルファーの場合、まずはスタンダードモデルから検討して、スピンを抑えたい方は前方にウェイトがあるサブゼロ、つかまりを求める方はヒール寄りにウェイトがあるMAXを試されるのがおすすめです。

サブゼロは高さを抑えた強い弾道が出る

サブゼロは重心が浅くディープ形状で、スピンと打ち出しを抑えた弾道が出やすいモデルです。ヘッドスピードが速めの方が使うと、飛距離が出て性能を発揮できます。反対にヘッドスピードが遅い方が使うと、球が上がりきらずキャリーが出ません。

可変スリーブは搭載されていない

カチャカチャ式と呼ばれる可変スリープは、MAVRIKフェアウェイウッドのどのモデルにも搭載されていません。

調整機能としてはスクリューウェイトが搭載されていますので、2つのウェイトの交換・オプションで別重量に入替えにて行う形となります。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るフェアウェイウッド, キャロウェイ
-, , , ,

関連記事

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

ROGUE STAR ドライバー/キャロウェイ GDOで探す 楽天市場で探す EPICからROGUE 2018年の海外メーカーの注目クラブの一つが、キャロウェイのROGUE。昨年はEPICという新たな …

ROGUE ドロー ドライバーを徹底解剖!試打・スペックも掲載

キャロウェイから発売のROGUE DRAW ドライバーについて取り上げます。 ROGUE ドロー ドライバー USモデル フェアウェイゴルフで探す 楽天市場で探す 目次1 ROGUE ドロー ドライバ …

キャロウェイ EPIC FLASHドライバーの全容が判明!?

キャロウェイから2019年モデルとして、EPIC FLASHドライバーが発売されるのではないかと話題になっています。 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー GDOで探す 楽天市場で探す …

M5ドライバー、M6ドライバー(テーラーメイド)の動画が出ている!

追記:本記事はM5・M6の発売前に当時の最新情報を紹介したものです。M5・M6に関する試打・評価は下記記事をご覧ください。 ⇒M5ドライバーの 試打・評価・感想 ⇒M6ドライバーの 試打・評価・感想 …

EPIC FLASHの試打・打ち比べ動画まとめ!エピックフラッシュの全てが分かる!

キャロウェイの話題のクラブ、EPIC FLASHドライバーの試打・打ち比べ動画をまとめます。 キャロウェイ EPIC FLASH エピックフラッシュ ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す アマゾン …