飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー ランキング

長尺ドライバーのメリット・デメリットを解説!お勧めの長尺ドライバー3本!

投稿日:2020年4月20日 更新日:

長尺のドライバーについて、そのメリットとデメリットについて解説します。また、長尺ドライバーでおすすめのモデル、簡単に長尺を用意する方法と注意点についても解説します。

長尺ドライバーとは!?

一般的なドライバーの長さ

長尺ドライバーとは、クラブの長さが一般的なものより長いものを指します。そもそもドライバーの長さは一昔前より長くなっていまして、時代により違いますので、一概に標準の長さを指し示すのは難しい面もあります。ただ、最近のモデルでは、45.5~45.75インチが一般的と考えて良いでしょう。

どのぐらいから長尺か?

まず、ゴルフクラブのルールでは、48インチを超えたものはルール違反とされています。現実的には、48インチとなると一般的なものより約6cmほど長くなりますので、使いこなすのが至難の業なのは想像に難しくないと思います。

現在、長尺と呼ばれるクラブは、概ね46か46.5インチ以上のものとなります。特にヘッドスピードが落ちてきたシニア向けのクラブでは、クラブを長くすることで回転半径を大きくし、ヘッドスピードを上げて飛距離をアップさせるモデルが多く見受けられます。

最近は短尺が注目を集めている

ゴルフクラブ全般の傾向で言いますと、ドライバーはヘッド体積がルール上限の460ccに近づく傾向が続いています。いわゆる大型化です。

しかし、クラブの長さについては、テーラーメイドがミニドライバーを発売したり、PRGRがノーマルモデルに加えて短尺モデルを発売したりと、短尺のニーズがじわじわ高まってきている傾向にあります。

具体的には、リッキー・ファウラーが43.5インチ、ジミー・ウォーカーが42インチのドライバーを使って優勝を果たして注目を浴びたことがあります。また、国内でも宮里優作プロがミニドライバーを使っていることが輪千となっています。

ミニドライバーの人気が再燃!?その理由を徹底解説!おすすめミニドライバーも紹介!

長尺ドライバーのメリット

一般的に考えると、クラブは長いより短い方が扱いやすいのは想像できると思います。最近では短尺ドライバーに注目が集まる中、あえて長いクラブを使うメリットはどこにあるのか?

基本的に長尺ドライバーのメリットは、飛距離アップの1点につきます。同じ回転速度で振った場合、回転半径が長い方が円周が長くなりますので、先にあるヘッドが単位時間あたりに進む距離は長くなります。つまり、ヘッドスピードが速くなります。

そして、ヘッドスピードがアップすれば、インパクトエネルギーもアップしますので、飛距離がアップする方向に働きます。

ただし、実際に飛距離が伸びるかどうかは、ミート率やスイングの回転速度が落ちず、スピン量も適正であることが条件となります。そして、この点が長尺のデメリットにもつながります。

長尺ドライバーのデメリット

クラブが長くなることで生じるデメリットは大きく2つあります。一つは構えづらさ・振りづらさなど、扱いにくさです。長ければ長いほど、抵抗も増えますので、スイングの正確性が損なわれ、ミート率の低下が生じやすくなります。

もう一つはヘッドが同じ重さの場合、より重たく感じられる点です。自分にとって振りやすい重さを超えると、スイングスピードの低下やスイングの乱れが生じる原因となります。長すぎて重たく感じると、ヘッドスピードとミート率の低下が生じやすくなります。

長尺ドライバーを選ぶ際の注意点

長尺を選ぶ主な理由は、飛距離アップを図るための策の一つです。長くすることでヘッドスピードを上げようとしても、クラブが重たく感じられ、スイングが乱れると、飛距離そのものや安定性も低下する恐れがあります。

基本的に長尺クラブは振りやすいよう軽量化など工夫が凝らされています。自分にあった重量感、振り心地を備えたドライバーを選ぶことが重要です。

お勧めの長尺ドライバー3本

マジェスティー プレステジオ10ドライバー(47インチ)

マジェスティ プレステジオ10はクラブ長さが47インチで、クラブ重量は252~260gと軽めに作られています。

バランスはD1~D4で一般的なアベレージ向けと同程度になっていますので、長尺に興味がるものの、重さを感じて振りづらくなるのを懸念される方におすすめのモデルです。

デザインは思い切りゴールド仕様ですので、現実的にゴルフ場で手にできるのは年配の方に限られるかもしれません。

マジェスティ プレステジオ テン 10 ドライバーの試打・評価・感想

PRGR REDドライバー S-9.5(47インチ)

あPRGRから2016年に発売のドライバーです。REDドライバーは46インチですが、REDドライバー S-9.5は、ロフト角が9.5°で長さが47インチのワンスペックのモデルです。

クラブの重さはフレックスにより266g・268gとなります。いわゆる軽量クラブと同じぐらいの重さに仕上がっていて、バランスはD2です。

フォーティーン CT518ドライバー(47.75インチ)

長尺で直進性が高いフォーティーンのCT518ドライバーです。クラブ長さは46インチと47.75インチの二種類あります。どちらも一般的なものより長いため、やや長尺と超長尺です。

クラブ重量は291gとなっていますので、一般的なアベレージ向けと同じぐらいの重さになっています。そのため、バランスはD5、D6といったあたりになりますので、この点は事前に把握しておきたい点です。

▼あまり300ヤードを超えることがない試打るさんが、CT518で306ヤード飛ばしています。

「短尺・長尺」関連記事

ミニドライバーの人気が再燃!?その理由を徹底解説!おすすめミニドライバーも紹介!

テーラーメイド Original One ミニドライバー 275ccの評価・くちこみをまとめました

ブリヂストンのミニドライバー P18-22の最新情報!宮里優作が試打!

テーラーメイド オリジナル ワン ミニドライバー 275ccの試打・最新情報まとめ

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ランキング
-, ,

関連記事

EPIC FLASHドライバー スターとサブゼロの違い

キャロウェイから発売されているEPIC FLASHドライバー。AI Design、FLASHフェースが話題となっている注目のモデルです。 本記事では、EPIC FLASHドライバーの2種類の基本モデル …

M6 D-TYPEドライバーを詳細解説・ヘッド内部動画あり!

テーラーメイドの2019年のニューモデルの内、M6 D-TYPEドライバーについて取り上げます。 M6 D-TYPE ドライバー USモデル Amazonで探す 楽天市場で探す フェアウェイゴルフUS …

【温かいボール or 冷たいボール】どちらが飛ぶか試した結果→驚きの差が出ました!

ゴルフボールの違いにより、飛距離・スピン量・打ち出し角などにどのような違いが出るかは、興味深いところです。 実際、ツアープロが使用するボールは硬めだったり、飛距離アップのために柔らかボールがあったりな …

TOUR B XD-3 ドライバーの試打・評価、感想

ブリヂストンから2018年9月に発売されているNEW TOUR B XD-3ドライバー。たわみ効果をブリヂストン独自の視点で効率化させている注目のドライバーです。 ブリヂストン TOUR-B XD-3 …

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

【2020年版】軽いドライバー おすすめランキングは下記記事をご覧ください。 ≫ 軽いドライバー おすすめランキング2020!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見 ヘッドスピードがあまり速くない方、ヘッ …