飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー ゼクシオ

ゼクシオ9ドライバーとゼクシオ8ドライバーの違いを徹底解説

投稿日:2020年2月24日 更新日:

ゼクシオ11とゼクシオ10の違いについてはコチラ
≫ ゼクシオ11 イレブン ドライバーとゼクシオ10ドライバーの違いを徹底解説
 
ゼクシオ10とゼクシオ9の違いについてはコチラ
≫ ゼクシオ10ドライバーとゼクシオ9ドライバーの違い

ゼクシオ9ドライバーと8ドライバーの違いについて取り上げます。

ゼクシオ9ドライバーとゼクシオ8ドライバー

左がゼクシオ9ドライバーで、右がゼクシオ8ドライバーです。ゼクシオ8ドライバーは2014年のゼクシオ8代目モデルで、2年後の2016年に発売されたのが9代目のゼクシオ9ドライバーです。

≫ XXIOの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2000年に発売!

ゼクシオ9と8のキャッチコピーから、特徴が分かる!

ゼクシオシリーズの特徴

ゼクシオはウェイト調整機能、可変スリーブなどが搭載されておらず、シンプルでオートマチック性の高いクラブです。

奇抜な外観や仕掛けが搭載されがちな外ブラのドライバーとはどちらかと言えば対局に位置していて、ヘッドスピードが遅めの方が、気持ちよく、やさしく扱えるクラブであり続けています。

アイアンでもスペックの変更が殆どありませんので、ゼクシオユーザーとしてはリニューアルで全く異なったクラブになることが少なく、世代の乗換が非常にしやすいクラブです。

ゼクシオ8ドライバーの特徴

ゼクシオ8ドライバーは、「重さに。速さを。」というキャッチコピーが付けられています。まず、ヘッドが1g重量アップしていますので、前作よりも重いヘッドによりインパクトエネルギーがアップしやすくなっています。

クラブ全体では、シャフトやグリップの軽量化により、10g軽量化されています。全体が軽量化されることで振りやすくなっています。

ゼクシオ9ドライバーの特徴

一方、ゼクシオ9ドライバーは、「軌道は力だ。」というキャッチコピーが付けられています。

ゼクシオドライバーは、7代目からスイングをテーマに取り入れています。そして、9代目では、ダウンスイングでのコックの開放が早まらないメカニズムが採用されていて、ヘッドスピードが速まりやすくなっています。

ゼクシオ9ドライバーの方が反発エリアは広い

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sp/2015_s26.html

ドライバーはニューモデルが出ると反発エリアが前作より大きくなっているケースが殆どです。ゼクシオ8はゼクシオ7よりも10%拡大、そして、ゼクシオ9もゼクシオ8より10%拡大していますので、反発エリアの広さは、ゼクシオ9の方が優れています。

ヘッドの重みによるインパクトエネルギーの違い

ゼクシオ8ドライバーは、「重さに。速さを。」のキャッチコピーで、ヘッド重量を重くしたことがアピールされています。しかし、ゼクシオ9はさらに重量アップしています。

ヘッドの重みによる飛距離アップへの効果は、スイングスピード、シャフトの性能、ヘッドの剛性など、諸条件が同じであれば、ゼクシオ9の方が大きいということになります。

なお、運動エネルギーは重量の2乗に比例しますので、インパクトエネルギーの違いを算出してみると、以下の通りとなります。

▼ゼクシオ7ドライバーを100%としてヘッド重量からインパクトエネルギーを算出した結果です。

モデル ヘッド重量 算出インパクトエネルギー
ゼクシオ7ドライバー 195g 100%
ゼクシオ8ドライバー 196g 101%
ゼクシオ9ドライバー 198g 103.10%

単純に、インパクトエネルギーと飛距離が比例するとした場合、ゼクシオ7ドライバーでの飛距離が200ヤードとすると、ゼクシオ8ドライバーでは202ヤード、ゼクシオ9ドライバーでは206.2ヤードということになります。

なお、クラブ全体の重量はRスペックで共に272gとなっていまして、変わりません。バランスはゼクシオ8ドライバーの方が1ポイント小さくなっています。

スイングのしやすさ

ゼクシオ8ドライバーもゼクシオ9ドライバーも、スイングをクラブの側から改善して、ヘッドスピードを速める仕組みが採用されています。どちらも体の近くをクラブが回ることを重視しています。

どちらの方が優れているかは、数値化しづらく評価が難しいところではありますが、ゼクシオ9ドライバーの方は、ヘッドを重くし、コックの開放を遅らせるという、より具体的な仕組みが採用されています。

ゼクシオ8ドライバーも回転をコンパクトにすることで、ヘッドスピードをアップする仕組みが採用されていますが、ゼクシオ9ドライバーがその後から開発されているということを考えると、スイング改善によるヘッドスピードアップの効果はゼクシオ9ドライバーの方た高いように自然と期待してしまいます。

▼こちらはゼクシオ8ドライバーのスイングスピードアップの説明動画です。

ゼクシオ9ドライバーと8ドライバーのスペック比較

モデル ゼクシオ9 ゼクシオ8
ロフト角(°) 8.5/9.5/10.5/11.5 8.5/9.5/10.5/11.5/12.5
ライ角(°) 58 58
ヘッド体積(cc) 460 460
クラブ長さ(インチ) 45.5 45.5
クラブ重さ(g)R 272 272

基本的なスペックを見ると違いが見られません。ただし、中身を見ていくと幾つか注目したい違いがあります。

まず、シャフト重量はゼクシオ9ドライバーの方が2g軽く、トルクも大きめになっています。ヘッドは2g重くなってはいますが、シャフトは20mm手元重心化されていますので、ヘッド重量増によるスイング負荷が和らげられています。

ゼクシオ9ドライバー・8ドライバーの試打・評価

ゼクシオ9 ドライバーの試打・評価・感想

ゼクシオ8 ドライバーの試打・評価・感想

XXIOの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2000年に発売!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ゼクシオ
-, , ,

関連記事

【アマチュアのスライサーがガチで試打】11本の中のイチ押しドライバーが興味深い!

アマチュアゴルファーの殆どがスライサーと言われていますので、スライス改善に効果的なドライバーは、関心度がとても高く、永遠のテーマです。 本記事では、アマチュアのスライサーが試打して11本のドライバーを …

M5ドライバー、M6ドライバー(テーラーメイド)の動画が出ている!

追記:本記事はM5・M6の発売前に当時の最新情報を紹介したものです。M5・M6に関する試打・評価は下記記事をご覧ください。 ⇒M5ドライバーの 試打・評価・感想 ⇒M6ドライバーの 試打・評価・感想 …

TS1ドライバーの試打・評価・感想

★追記2019/06/06:試打動画を2本追加しました。 タイトリストから発売のTS1ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TS1ドライバー/タイトリスト GDOで探す …

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバーにゴルファーが求めるもの、それは今も昔も飛距離です。最近のドライバーは、ヘッドの撓みに着目してモデルを各社次々と開発し、ゴルフクラブに対する期待が更に高まっています。 2018年に人気のモデ …

スライスを改善したい人は必見、重心角が大きいドライバー選ぶべき理由!

目次1 初心者の80%がスライスに悩んでいる!?2 スライスを改善するには、クラブ選びも重要!3 テーラーメイドやキャロウェイの有名モデルでは、スライサー専用モデルがある!4 スライサー専用モデルは、 …