飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー タイトリスト

タイトリスト 915 D2 ドライバーの試打・評価・感想

投稿日:

タイトリストから2015年モデルとして発売されている915 D2ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。

915 D2ドライバーの特徴

上級者に人気のタイトリストのドライバー。アベレージゴルファーでも扱いやすい915 D2ドライバーについて、特徴を見ていきましょう。

915シリーズは2種類のドライバーがある

タイトリストの915シリーズは、913シリーズの後継にあたるモデルです。ツアー向けでは、実は915D4、915D5というモデルがありますが、公式サイトで掲載のあった市販モデルは、D2、D3の2種類となっています。

D2はヘッドが大きく許容性が高いのが特徴で、D3はヘッドが小ぶりで操作性に優れているのが特徴です。

  • 915 D2ドライバー
    大きな飛びと、高い許容性を実現。
  • 915 D3ドライバー
    大きな飛びと、弾道のコントロール性を追求。

460ccで丸形に近いヘッド

915 D2ドライバーのクラウン

メーカーの公式サイトでは、915 D2ドライバーは洋ナシ形と説明されていますが、こちらの写真を見て頂くとどうでしょうか?

実は、915 D3は綺麗な洋ナシ形をしていますので、それとの比較もあって、個人的には915 D2は丸形のように見えます。

実際、ヘッドサイズはD3よりも20cc大きい460ccサイズで、ストレッチも長く取られていて深重心を意識した形状に見えます。

D3よりも高弾道でつかまる!

915 D3ドライバーと比べると、シャローで重心が深くなっていますので、ミスへの許容性が高く、直進性に優れています。

ボールのつかまりもD3よりは良く、中から高弾道が出やすくなっています。スライスが治るほどのつかまりではありませんが、軽いドローが入りやすくなっています。

アクティブ リコイル チャンネルが、高初速、低スピンを実現

前作の913 D2ドライバーと大きく変わって点として、ソールにスリットが搭載されている点が挙げられます。

アクティブ リコイル チャンネルと呼ばれる溝構造により、インパクトの際にクラウンとソールが撓んで、低スピン・高初速を実現してくれます。

アクティブ リコイル チャンネルによって、インパクト時の衝撃を吸収し、フェースの挙動を抑え、ギア効果を抑制することで、ボールを低スピンで押し出すことができるのです。また、特にフェース下部に反発力が生まれることで、初速がアップします。

ロフト角・ライ角の調整機能、SureFit Tourを搭載

915シリーズのドライバーには、913シリーズと同様にロフト角・ライ角を調整することができます。

タイトリスト独自のロフト角、ライ角の2次元独立調整システムにより、16通りのポジションから最適なセッティングを選べます。

タイトリストの調整機能は、テーラーメイドやPINGのものとは若干異なっています。可変スリーブとホーゼルの間に調整用のリングがあり、その組み合わせにより、ロフト角とライ角を独立的に変更することができます。

915 D2 ドライバーの試打・評価

915 D2ドライバーを詳しく解説

アクティブ・リコイル・チャンネルが弾道に与える影響について、詳しく解説されています。後継のTSシリーズにはスリットが搭載されていないことへの考察が、なかなか興味深いです。

ジョーダン・スピースによる915ドライバーの評価コメントです。

915 D2ドライバーの適合ゴルファー

どんなゴルファーに向いているか?

  • 低スピン弾道で飛ばしたいゴルファー
  • 打点が上下にバラつきやすい人
  • 弾道調整機能付きを求めるゴルファー

915 D2 ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:307g
  • 標準シャフト:Titleist Speeder 515
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ長さ:45.5インチ

公式サイトでは、9種類のシャフトが掲載されています。

  • タイトリスト スピーダー515(フジクラ社製)
  • KURO KAGE XM SERIES(三菱ケミカル社製)
  • Speeder EVOLUTION Ⅱ SERIES(フジクラ社製)
  • Tour AD GP SERIES(グラファイトデザイン社製)
  • ATTAS G7 SERIES(シャフトラボ社製)
  • Diamana R SERIES(三菱ケミカル社製)
  • Speeder EVOLUTION SERIES(フジクラ社製)
  • Tour AD MJ SERIES(グラファイトデザイン社製)
  • ATTAS 6☆ SERIES(シャフトラボ社製)

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, タイトリスト
-, ,

関連記事

MグローレドライバーとM4ドライバーの違い

テーラーメイドから2018年後期に発売されているMグローレドライバー。Mシリーズとグローレの融合ということで、注目のモデルとなっています。2018年の前半はM4、後半はMグローレと、1年を通してドライ …

TS2ドライバー、TS3ドライバーのTSに込められた意味

2018年後期に発売されているドライバーの中で、注目を浴びているモデルの一つがタイトリストのTS2ドライバー、TS3ドライバー。 何故注目を浴びているかと言うと、モデルの名前が一つの要因となっています …

TW757 Type-D・Type-Sドライバー(2022)の最新情報・違いをまとめ!試打・評価・感想

本間ゴルフから発売のTW757 Type-D・Type-Sドライバー(2022)について、最新情報を取り上げます。 TW757 D-typeドライバー Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次1 …

PGRG TUNE05ドライバーの試打・評価・感想

PRGRから発売のTUNE 05driverについて取り上げます。 PRGR TUNE 05 ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 PRGR TUNE 05 ドライバー …

TS1ドライバーの試打・評価・感想

★追記2019/06/06:試打動画を2本追加しました。 タイトリストから発売のTS1ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TS1ドライバー/タイトリスト GDOで探す …