飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

MAVRIK MAX FASTドライバーの最新情報【試打・評価・スペック・発売日・発売価格】

投稿日:

キャロウェイのMAVRIKシリーズから新たなモデル「MAVRIK MAX FASTドライバー」が発売となっています。

MAVRIKシリーズは、基本3モデルに加えて、ツアー仕様のトリプルダイヤモンドと440が限定発売され、上級者向けのモデルが手厚くなりました。

今度は、MAXの軽量版がリリースされ、やさしい方のモデルも充実しています。

MAVRIKシリーズのドライバーは全部で4種類

MAVRIKシリーズのドライバーは、MAVRIK MAX FASTドライバーが加わったことで、全4種類となります。

スタンダードモデルのMAVRIKドライバー、ハードヒッター向け低スピンモデルのMAVRIKサブゼロドライバー、ハイドロー仕様のMAVRIK MAXドライバーです。

そして、今回追加されたのが、MAVRIK MAX FASTドライバーで、ヘッドスピードが遅めの人向けの270g台の軽量モデルとなります。

念のため付け加えておきますと、上記の他にツアー仕様モデルが2種類ありますが、限定発売のため常時販売モデルとしては4種類となります。

⇒ MAVRIK 440とMAVRIK サブゼロ トリプルダイヤモンドの最新情報まとめ!試打・評価もあり!ツアープロ専用モデル

MAVRIK MAX FASTドライバーの特徴

MAVRIK MAX FASTドライバーは、軽量化に拘ったモデルで、ヘッドスピードが遅めの方向けの専用モデルです。

最軽量のRスペックにすると、クラブ重量は270gとなり、かなり軽くなりますので、シニアの方でも扱いやすいドライバーです。

ウェイトはヒール寄りに1つ

MAVRIK MAXドライバーは、ソール後方とヒール寄りに1つずつウェイトが搭載されていますが、MAVRIK MAX FASTドライバーは、ヒール寄りに1つのみとなっています。

ヒール寄りのウェイトが引き続き搭載されることで、重心距離を短くし、重心角を大きくする効果がありますので、ヘッドが返りやすく、スライス改善に効果を発揮してくれます。

フラッシュフェースSS20、ジェイルブレイクを搭載

軽量モデルではありますが、搭載テクノロジーは削られていません。

フェースはAIデザインによるフラッシュフェースSS20が搭載され、ヘッド前方で内部を貫通する2本の柱、ジェイルブレイクテクノロジーも搭載されています。

高初速エリアが広く、効率的にヘッドが撓み、飛距離アップに貢献してくれます。

ロフト角の調整機能は未搭載

MAVRIKシリーズのスタンダード、サブゼロ、MAXとの違いとしては、ロフト角の調整機能が搭載されていない点が挙げられます。

ネック部分の調整機能は重量増の大きな要因となりますので、軽量化モデルでは外すのが一般的です。

ロフト角のラインナップは、9.5°と10.5°の2種類となっています。MAVRIK MAXは9.5°と10.5°ですので、ロフトが立っている方の角度が0.5°違い、よりボールを上げやすいロフト設定になっています。

クラブ重量は270~273gとかなり軽量

MAVRIK MAX FASTドライバーは、かなり軽量化されています。シャフトスペックにより重量は異なり、最軽量のRでは270gとなっています。

  • Rスペック:270g
  • SRスペック:271g
  • Sスペック:273g

▼他メーカーの軽量クラブとの重量比較です。

メーカー モデル クラブ重量
タイトリスト TS1/エアスピーダー 268g
キャロウェイ MAVRIK MAX FAST 270g
タイトリスト TS1/ディアマナ 271g
テーラーメイド Mグローレ 273g
ダンロップ ゼクシオ11 280g

軽量クラブとして知られるゼクシオ11よりも、10g軽い仕上がりです。重くて外ブラのクラブが使えなかったという方には、是非、試してみてもらいたいモデルです。

MAVRIK MAX FASTドライバーの試打・評価

  • 座りが良く、球が上がりやすそうなヘッド。
  • クラブが軽い分、ふりぬきやすく、力を入れなくても良い。
  • 強く振っても、軽く振っても、あまり飛距離が変わらない。
  • 強く降らなくても飛距離が出る。

アマチュアゴルファーが、MAVRIK MAXドライバーとMAVRIK MAX FASTドライバーを打ち比べて、ヘッドスピードや飛距離を比較している動画です。

MAVRIK MAX FASTドライバーの公式動画です。

MAVRIK MAX FASTドライバーのスペック

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • 標準シャフト:Diamana 40 for Callaway Black
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:273g、271g、270g
  • バランス:D0

軽量モデルは、ヘッド重量が軽くなったことによる飛距離の低下を補うべく、クラブを長尺にしてしまうモデルが少なくありません。そうなると、軽くなっても、長くて振りづらく、逆効果になることもあります。

しかし、MAVRIK MAX FASTドライバーは、MAVRIK MAXドライバーと同じ45.75インチです。軽いクラブを使いたいが、長尺過ぎるクラブが苦手という方が安心して使えます。

MAVRIK MAX FASTドライバーの発売日・発売価格

MAVRIK MAX FASTドライバーの発売日は、2020年7月17日です。発売価格は77,000円からとなっています。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , , ,

関連記事

2019年前半の一押しドライバーは、M5ドライバーで決まり!絶賛の声が続出!

2019年が折り返し地点を迎えた今、ニューモデルを振り返ってみると、テーラーメイドのM5ドライバーを推す声がジワジワと増え、現時点でNO.1ドライバーではないかと筆者は感じています。 そんなM5ドライ …

【2019年】飛距離が凄かったプロのドライバーまとめ!国内男子プロゴルファー編

ドライバーでどれぐらい飛距離が出るのか? これはゴルフをしている上で、常に気になるところで、プロの飛距離についても関心が集まります。 そして、飛ばし屋と呼ばれるプロ達が、実際のどのドライバーを使ってい …

G410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違い

PINGのG410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違いについて取り上げます。 G410 LST ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 G410 L …

TSR2ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストの2022年モデル、TSR2ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TSR2ドライバー Amazon 楽天市場 フェアウェイゴルフUSA 目次1 タイトリスト …

EPIC SPEEDドライバー 2021のロフト角5°の絶壁モデルがコレだ!

▼EPIC SPEEDドライバーの詳細・試打評価は下記記事をご覧ください。 ≫ EPIC SPEEDドライバー 2021の試打・評価・感想 キャロウェイの2021年モデル、EPIC SPEEDドライバ …