M6 D-TYPEドライバーを詳細解説・ヘッド内部動画あり!

テーラーメイドの2019年のニューモデルの内、M6 D-TYPEドライバーについて取り上げます。

M6ドライバーは2種類ある!

テーラーメイドのM6ドライバーは、M6ドライバーとM6 D-TYPEドライバーの2種類あります。

ただし、日本発売モデルに関して言えば、M6は、M6ドライバーのみで、M6 D-TYPEドライバーは取り扱いがありません。何故、ドローモデルを発売しないのかは不明ですが、M4と同じく、D-TYPEの日本発売は見送られています。

M6 D-TYPEはドローバイアス仕様のドライバー

M4では外観からドローバイアス仕様であることが分かりました。

左がM4ドライバーで、右がM4 D-TYPEドライバーです。ドローモデルではソール後方のシルバーのネジがヒール寄りにあるのが分かります。

今回のM6 D-TYPEはソールのヒール寄りにD-TYPEと書かれているのみで、ぱっとみ違いが分かり難いですが、しっかりドロー設定になっています。

M6 D-TYPEのヘッド内部動画

こちらがM6 D-TYPEのヘッド内部の動画です。0:18ぐらいからD-TYPEと書かれた部分の説明が始まり、ドローバイアスデザインでヒール寄りに重心を寄せていることが分かります。

重心がヒール寄りに設定されていると、重心距離が短くなり、ボールのつかまりがよくなりスライスが出にくくなります。これが基本的なドローモデルと言われるクラブの設計で、詳しい説明は重心位置の話になりますので下記記事をご覧ください。

ヘッドの重心距離とドライバーの飛距離との関係

M6 D-TYPEはスライスに悩むゴルファーにおすすめ!

M6 D-TYPEドライバーは、つかまりが良くなるドローバイアス設計となっていますので、スライスに悩むゴルファーにおすすめです。ただし、M6 D-TYPEドライバーを手にする際には若干の留意点があります。

M6 D-TYPEドライバーのクラウン

前作と比べて前方のシルバーのエリアが薄く・狭くなっています。後ろの黒いカーボンエリアが増えていて、ヘッドの軽量化が進んでいることが分かります。

M6 D-TYPEドライバーのフェースには二つの赤い穴がある

こちらのフェースの2つの穴は、製造工程上の事情からあけられたもので、使用者が調整などで使うものではありません。こちらの動画を見ると分かりやすいのですが、2つの穴はレジンというジェルを注入ためのものです。

M5、M6のヘッドは、一度、ルール適用外の高反発で製造されます。その後、ジェルを注入することで、反発性能をルール限界点に合わせる作業が行われます。ルールギリギリではなく、ルール限界の反発性能を持つドライバーということになります。

ツイストフェース・ハンマーヘッドも搭載されている

前作のM3、M4で新たに搭載されたツイストフェースとハンマーヘッド。M6 D-TYPEドライバーでも搭載されていますので、自分のスイングではなく、クラブの方で弾道を真っすぐにして欲しいとうゴルファー、特にスライサーには、ツイストフェースで弾道の戻し、ハンマーヘッドでミスの許容性、D-TYPEで抜群のつかまりが発揮され、心強いクラブとなります。

M6 D-TYPEドライバーのスペック

ヘッドサイズはルール限界の460ccあり、スペック設定はノーマルのM6ドライバーと同じとなっています。ただし、下記項目に表れない重心設計については、ヒール寄りに設定されていますので、重心点はドロー仕様で異なります。

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56~60°
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • バランス:D3

M6 D-TYPEドライバーのオリジナルシャフト、PROJECT X EVENFLOW MAX CARRY 45

オリジナルシャフトはPROJECT X EVENFLOW MAX CARRY 45となります。なお、これはM6 D-TYPEやテーラーメイドだけではないのですが、USモデルのシャフトは日本シャフトより硬いと言われています。日本でSを使っているゴルファーがUSモデルでRを選んでも、それでも若干硬いと感じるとう声も良く聞かれますので、シャフトのフレックスは日本と同じものを選択しないように注意しましょう。

M6 D-TYPEドライバーを入手するさいにの留意点、気を付けたい点!

冒頭で触れました通り、M6 D-TYPEドライバーは日本モデルとしての用意がありません。そのため、USモデルを取り扱いしているショップから入手する形になります。とはいってもそれほど難しいわけではなく、ご自分でUSサイトから購入するといったことも不要です。

USモデルを専用に取り扱っているゴルフショップもありますし、中古ゴルフショップでも取り扱われます。中古ゴルフショップというと、「私は新品しか買わない」と敬遠される方もいるかと思いますが、新品も普通に取り扱っていますし、保証書もあります。また、USモデルといったややレア扱いのものも積極的に取り扱うお店も多くあります。

〇M6 D-TYPEドライバーの付属品

M6ドライバーに関する記事

M6ドライバーの 試打・評価・感想

あわせて読みたい

当サイトの人気記事