飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー タイトリスト

915 D2と915 D3ドライバーのロフト角・ライ角、ウェイトの調整機能を徹底解説【Sure Fit Tourホーゼル・ウェイト】

投稿日:2020年9月10日 更新日:

タイトリストから発売の915 D2ドライバー、915 D3ドライバーについて、ロフト角・ライ角、ウェイトの調整機能を取り上げます。

915シリーズのドライバーは日本では2種類、USでは3種類

タイトリストの915シリーズは、915 D2ドライバーと915 D3ドライバーの2種類が発売されています。

なお、ツアープロ向けのモデルである915 D4ドライバーは、USでは発売されているものの日本では未発売です。915 D5ドライバーが存在するという話もありましたが、市販はされていません。

なお、タイトリストのモデル名については、末尾の数字が大きくなるほど難しくなりまして、1がアベレージゴルファー、2がアベレージゴルファー~セミアスリート、3がセミアスリート~アスリート、4がアスリートといった解釈が一般的です。

調整機能はロフト角・ライ角、ウェイトの2種類

915シリーズのドライバーには、調整機能として2種類の機構が搭載されています。

1つはSure Fit Tourホーゼルと呼ばれるロフト角・ライ角の調整機能です。日本では可変スリーブやカチャカチャとも呼ばれていて、ロフト角・ライ角を予め定められた値に変更することができます。

もう1はSure Fit Tourウェイトと呼ばれるウェイト調整機能です。915D2もD3も、ソール後方にウェイトが搭載されていますが、取り外しが可能で、オプションで別重量に変更することでスイングウェイトを変更することができます。

Sure Fit Tourホーゼルによるロフト角・ライ角の調整方法

Sure Fit Tourホーゼルの仕組み

Sure Fit Tourホーゼルは、シャフトの先端にあるスリーブ、スリーブの上にはまっているリングの2つのパーツで構成されています。

スリーブには1、2、3、4、リングにはA、B、C、Dの夫々4種類のポジションがありまして、この組み合わせにより4×4=16通りのロフト角・ライ角の調整が可能となっています。

▼後継モデルの917シリーズの動画ですが、互換性があり同様の仕組みです。

他メーカーの一般的な可変スリーブとの大きな違いは、ロフト角とライ角を独立的に調整できる点です。調整の自由度が高いため、より自分好みのカスタマイズがしやすくなっています。

Sure Fit Tourホーゼルによるロフト角・ライ角の調整内容

(右用)ロフト角\ライ角 +1.5° +0.75° 標準 -0.75°
+1.5° A3 B3 A4 B4
+0.75° D3 C3 D4 C4
標準 A2 B2 A1(標準) B1
-0.75° D2 C2 D1 C1

上表は右利き用の設定値です。A1がスタンダードポジションとなりますので、調整の際にはここを基点として考えます。

少し分かりづらい印象がありますが、数字で弾道グループを4タイプに分けて、アルファベットで0.75°の調整があると考えると分かりやすいです。

  • 1:ローフェード、2:ロードロー、3:ハイドロー、4:ハイフェード
  • ロフト角:A=B>C=D
  • ライ角:A=D>B=C

なお、左用は設定値が以下の通り異なっていますのでご注意ください。

(左用)ロフト角\ライ角 -0.75° 標準 +0.75° +1.5°
+1.5° C1 D1 C2 D2
+0.75° B1 A1 B2 A2
標準 C4 D4(標準) C3 D3
-0.75° B4 A4 B3 A3

Sure Fit Tourホーゼルによるロフト角・ライ角の調整方法

ロフト角・ライ角の調整方法は3つの手順で行います。

  • 専用レンチをソール側から挿し込み、反時計回りに回転させて緩める。
  • リング、スリーブを回転させ、好みのセッティングに変える。
  • 再び専用レンチをソール側から挿し込み、時計回りに回転させて締める。(カチッと音がするまで回す)

915 D2・D3のSure Fit Tourホーゼルの互換性

タイトリストではスリーブの互換について公式に述べられています。メーカーによっては事実上、互換可能なものの、公式には禁止しているところもありますが、タイトリストは互換性があるモデルを公言されていますので、とてもありがたいです。

915 D2・D3のSure Fit Tourホーゼルは、機構の名称こそ微妙に違いがありますが、以下のモデルと互換があります。

910、913、915、917、TS(1・2・3・4)、VG3(2014・2016・2018)

Sure Fit Tourウェイトの調整方法

SURE FIT CGの仕組み

Sure Fit Tourウェイトは、915D2・D3ドライバーのソールに搭載されたウェイトです。こちらも専用レンチを用いて取り外すことができ、オプション購入による別重量のウェイトと交換することができます。

Sure Fit Tourウェイトによる弾道の調整内容

ウェイトは、4g(白)、7g(緑)、9g(赤)、11g(青)、14g(黒)の5種類があり、形状は同じですが色で識別することができます。標準は9g(赤)で、その他のウェイトは別売りで、1つ1800円+税です。

ウェイトの装着箇所は変更できないため、ドロー・フェードの調整ではなく、スイングウェイトを変えることができます。

ウェイト 4g 7g 9g 11g 14g
スイングウェイトの変化 -3 -1 0 +1 +3

Sure Fit Tourウェイトによる弾道の調整方法

ウェイトの交換は3つの手順で行います。

  • 専用レンチをウェイトのネジ穴に挿し込み、反時計回りに回す。
  • 既存のウェイトを取り外し、新たなウェイトを設置する。
  • 再び専用レンチをウェイトのネジ穴に挿し込み、時計回りに回転させて締める。(カチッと音がするまで回す)

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, タイトリスト
-, , , ,

関連記事

TS2・TS3ユーティリティメタルの最新情報まとめ!TS2はストレート弾道、TS3はカスタマイズ弾道

タイトリストから発売のTS2ユーティリティメタル、TS3ユーティリティメタルについて、最新情報をまとめます。 TS2ユーティリティ Amazon 楽天市場 ゴルフダイジェスト ゴルフパートナー 目次1 …

タイトリスト 917 D3 ドライバー の試打・評価・感想

タイトリストから2017年モデルとして発売されている(発売日は2016年後期)、917D3ドライバー。2018年後期にはタイトリストから新モデルTSドライバーが発売されているため、9系の最後のモデルが …

TSドライバーの全モデルを徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4

タイトリストから発売の新ブランド、TSドライバーについて、TS1、TS2、TS3、TS4の特徴を取り上げます。 目次1 タイトリスト TSドライバー2 TS1~4モデルの特徴3 TS1ドライバーは27 …

ゼクシオ9 ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2016年モデルとして発売されているゼクシオ9ドライバー。2018年にゼクシオ10が発売された後も人気が衰えないゼクシオ9ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 XXI …

PING G410ドライバーの発売日が決定!

PINGの日本サイトでも遂にG410ドライバーの掲載が始まりました。動画もアップされ、発売日についても発表されています。 G410 PLUS ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Ama …