飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー ピン

G425 SFTドライバーの試打・評価・感想

投稿日:2020年9月5日 更新日:

PINGの2020年モデル、G425 SFTドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

PING G425 SFTドライバーについて

PINGの2020年モデルのGシリーズである「G425」は、従来と同様に3種類のドライバーが発売となっています。写真左から、G425 MAX、G425 LST、G425 SFTです。

本記事で取り上げるのは、右のG425 SFTドライバーです。ドロー仕様のつかまりが良いモデルで、G410 SFTと同じくウェイトはドロー側に固定されていますので、他の2タイプとは異なり、ウェイト調整機能は搭載されていません。

▼G425シリーズの3種類の概要・特徴については下記記事をご覧ください。
≫ PING G425ドライバー(MAX・LST・SFT)の最新情報まとめ

G425ドライバー3種類を、プロが試打・評価

  • スライス防止のドライバーは構えてみるとフェースが左を向くタイプが多いが、SFTはほぼスクエア。
  • 普通に打って、フックになるので、かなりつかまる。
  • 外から物凄くカットめに入れて売っても、スライスというよりフェードという球筋。

G425 MAX・SFT・LSTをスピーダーEVOLUTION 7で試打

▼G425 SFTの試打のところ(8:07頃)から再生されます。

 

  • 前作と比べて、ヘッドはシャープに見える。打感は柔らかくて、打音は静か。
  • G425 MAXは打感が弾く感じだったが、G425 SFTは柔らかくて、喰い付いて弾く。スピンも抑えられる。

吉川 桃プロがG425 MAXドライバーを試打

▼G425 SFTの解説(20:54頃)から再生されます。

G425 SFTは試打されていませんが、特徴・おすすめゴルファーについて解説されています。

  • ウェイトは固定で、G425 MAXと比べると、20ヤードつかまる設定になっている。
  • アマチュアの方は、十分視界(検討対象)に入ってくる。
  • ヒール側に重心があるので、つかまりが良い。スライサーの方に使ってほしい。
  • G425 SFTと硬いシャフトの組み合わせが人気がある。

PING G425ドライバー(MAX・LST・SFT)の最新情報まとめ

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ピン
-, , ,

関連記事

テーラーメイド 歴代M・SIMシリーズを一挙紹介!M1、M2は2世代ある!

テーラーメイドから発売の「Mシリーズ」「SIMシリーズ」は、常に新しいテクノロジーを搭載し、人気のモデルとなっています。 これまで発売されている「Mシリーズ」「SIMシリーズ」のドライバーについて、歴 …

SASO RRR Ⅱドライバーの最新情報まとめ

独特の技術を取り入れたゴルフクラブとして一部で根強く支持されているサソーグラインドから、ニュードライバー「SASO RRRⅡ」が発売となっています。 目次1 SASO RRR Ⅱドライバー2 RRRと …

ブリヂストン 歴代JGRドライバーを一挙紹介!JGRの前はGRだった!

ブリヂストンから発売の「JGRシリーズ」は、何度か名称を変更しながら、ニューモデルがリリースされ続けています。アベレージゴルファーからプロまで使っていて、幅広いゴルファー層から支持されているモデルです …

XXIOプライムドライバーの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2001年に発売!

XXIOプライムの最近のモデルについてはコチラをご覧ください ≫ XXIOプライムドライバー 2021の最新情報まとめ ゼクシオのゴルフクラブと言えば、シニアを中心としたヘッドスピードが遅めの方向けで …

スライサー必見!スライサーがドライバー選びで注意したい3点

ドライバーショットでの最大の悩みの一つであるスライスについて、スライサーのゴルファーがドライバーを選ぶ時に注意したい点について取り上げます。 目次1 殆どのゴルファーがスライサー!?2 スライスが出る …