飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ピン

G425 SFTドライバーの試打・評価・感想

投稿日:2020年9月5日 更新日:

PINGの2020年モデル、G425 SFTドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

PING G425 SFTドライバーについて

PINGの2020年モデルのGシリーズである「G425」は、従来と同様に3種類のドライバーが発売となっています。写真左から、G425 MAX、G425 LST、G425 SFTです。

本記事で取り上げるのは、右のG425 SFTドライバーです。ドロー仕様のつかまりが良いモデルで、G410 SFTと同じくウェイトはドロー側に固定されていますので、他の2タイプとは異なり、ウェイト調整機能は搭載されていません。

▼G425シリーズの3種類の概要・特徴については下記記事をご覧ください。
≫ PING G425ドライバー(MAX・LST・SFT)の最新情報まとめ

G425ドライバー3種類を、プロが試打・評価

  • スライス防止のドライバーは構えてみるとフェースが左を向くタイプが多いが、SFTはほぼスクエア。
  • 普通に打って、フックになるので、かなりつかまる。
  • 外から物凄くカットめに入れて売っても、スライスというよりフェードという球筋。

G425 MAX・SFT・LSTをスピーダーEVOLUTION 7で試打

▼G425 SFTの試打のところ(8:07頃)から再生されます。

  • 前作と比べて、ヘッドはシャープに見える。打感は柔らかくて、打音は静か。
  • G425 MAXは打感が弾く感じだったが、G425 SFTは柔らかくて、喰い付いて弾く。スピンも抑えられる。

吉川 桃プロがG425 MAXドライバーを試打

▼G425 SFTの解説(20:54頃)から再生されます。

G425 SFTは試打されていませんが、特徴・おすすめゴルファーについて解説されています。

  • ウェイトは固定で、G425 MAXと比べると、20ヤードつかまる設定になっている。
  • アマチュアの方は、十分視界(検討対象)に入ってくる。
  • ヒール側に重心があるので、つかまりが良い。スライサーの方に使ってほしい。
  • G425 SFTと硬いシャフトの組み合わせが人気がある。

G425 MAX・LST・SFTドライバーの最新情報まとめ

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ピン
-, , ,

関連記事

ゼクシオX(エックス) 2022 ドライバーのロフト角・ライ角・フェース角の調整機能を徹底解説【スリーブの互換性】

ダンロップから発売のゼクシオX(エックス)2022ドライバーについて、ロフト角・ライ角・フェース角の調整機能の仕組み・調整方法について解説します。 XXIO X 2022ドライバー Amazon 楽天 …

inpres UD+2 2021ドライバー(3代目)の試打・評価・感想の最新情報まとめ

★追記2020-09-26:試打動画を1件追加しました。 ヤマハのinpres UD+2ドライバーの2020~2021年モデルについて、最新情報を取り上げます。 インプレス UD+2ドライバー 202 …

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違い

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違いについて解説します。 スリクソン Zシリーズドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 スリクソンの2018年 Zドラ …

ヤマハ RMX 220ドライバーの試打・評価・感想

ヤマハから2019年後期に発売のRMX 220ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 RMX 220ドライバー/ヤマハ GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目 …

RMX VD・VD59ドライバーの最新情報まとめ!スライダー式のウェイト調整機能を搭載

★2021-10-05更新:RMX VD・VD59ドライバーの公式情報を反映 ヤマハから発売のRMX VD・VD59ドライバーにいて、最新情報を取り上げます。 RMX VDドライバー Amazon 楽 …