飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 g425 」 一覧

G425アイアンの試打・評価・感想

PINGから発売のG425アイアンについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

G425アイアンの特徴

G425アイアンは、PINGのG425シリーズから発売のアイアンです。ドライバーとフェアウェイウッドは3タイプありますが、アイアン、ハイブリッド、クロスオーバーは1種類のみです。

深低重心設計でミスに強い

ソールは縦幅のあるワイドソールで、ダフりにくさがあり、そして、深低重心が実現されています。

アイアンは後ろを大きく取ることで、慣性モーメントが大きくなりますので、ミスに対して強さが発揮されます。

スイートエリアが広く感じられますので、ドライバー同様、ブレにくい、ミスが出にくいアイアンです。

バックフェースのバッジが拡大し、フィーリングも良い

出典:clubping.jp

バックフェースにはバッジが搭載され、打音・打感の良さを生み出してくれます。

従来モデルよりもバッジの面積が54%拡大していますので、やさしさ、飛びだけでなく、フィーリングも重視する方におすすめです。

7番のロフト角は30°

最近のアベレージゴルファー向けのアイアンは、フェースを立たせて長尺にしたストロングロフトのディスタンス系が増えています。

そんな中、G425アイアンは、7番アイアンのロフト角30°で、アベレージゴルファー向けとしては最もフェースが寝てるタイプと言って良いと思います。

クラブ長さも37インチで、7番としては標準で振りやすい長さです。

ワイドソールによりダイナミックロフトを上げる効果もあり、球が上りやすく、アイアンらしい高い弾道でターゲットを狙いやすいアイアンです。

アイアンでどうしても球が上りづらいという方には、とても扱いやすいモデルです。

重心は前作よりヒール寄り

G425アイアンは、トゥ側にウェイトが搭載されていて、ミスヒットに対する強さを持たせてあります。

反面、ヘッドに重たさが感じられ、返しにくくなる懸念がありますが、重心はヒールよりになっています。

とは言え、この後の試打・動画でも取り上げていますが、ヘッドが持ってかれるため、球をつかまえられる方に適していて、スライスに悩んでいる方は、右へのミスが出やすい可能性があります。

G425アイアンの試打・評価

G425アイアンを計測試打・評価

NSプロ950GH neo Sで試打されています。

  • 見た目の印象は、前作のG410アイアンよりもシャープに見え、i210アイアンに寄ってきている。
  • 実際にコースで打っても、球が上りやすい。
  • 打音はカツンカツンという音がして、打感は硬く、弾いている感じはする。フェースに乗ってる感じはない。
  • フェースが面長で、トゥ側が持ってかれるので、ある程度、ボールをつかまえられる方向け。
  • ミスヒットに強い。球はブレないので、曲げに行かない方が良い。

G425アイアンの特徴を解説

  • バックフェースの振動吸収材であるバッジ部分が、前作よりも大きくなっていて、心地良い打感になっている。
  • 慣性モーメントが高く、曲がりづらいのが特徴だが、その結果、球が右に出やすくなる。そのため、前作より球がつかまりやすくなっている。
  • ロフトの割に球が上りやすい。飛び系でありが、グリーンで止められる弾道が打てる。

G425アイアンのスペック

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 クラブ長さ
4I 20.5 60.5 5 38.88
5I 23.5 61 6 38.25
6I 26.5 61.5 7 37.63
7I 30 62 8 37
8I 34.5 62.8 9 36.5
9I 39.5 63.5 11 36
PW 44.5 64.1 12 35.5
UW 49.5 64.1 12 35.5
SW 54 64.4 13 35.25
LW 58 64.6 13 35

シャフトラインナップ

公式サイトで紹介されているシャフトは8種類あります。

  • ALTA J CB SLATE(R、SR、S)
  • ALTA DISTANZA BLACK 40(R)
  • N.S.PRO ZELOS 7(S)
  • AWT 2.0 LITE(R、SR、S)
  • N.S.PRO 950GH neo(S)
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR 105(S)
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR 120(S)
  • DG EX TOUR ISSUE(S200)

G425アイアンの発売日・発売価格

G425アイアンの発売日は、2020年10月16日です。発売価格は、シャフトにより異なります。

  • カーボンシャフト:23,100円(税込)
  • DG EX TOUR ISSUE:22,000円(税込)
  • 上記以外のスチールシャフト:本体価格:19,800円(税込)







G425 MAX・LST・SFT フェアウェイウッドのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!スリーブの互換性は?

PINGから2020年に発売のG425シリーズのフェアウェイウッドについて、ロフト角・ライ角の調整機能の仕組み・調整方法を詳しく取り上げます。 G425 MAXフェアウェイウッド GDOで探す 楽天市 …

G425ドライバーのMAXとLSTはどちらが飛ぶか?【プロの試打で、結論が出ました】

PINGのG425シリーズのドライバーは、前作のG410シリーズに続いて、またもヒット商品となっています。 G425では前作とラインアップに若干違いがあり、G425 MAXドライバーとG425 LST …

USモデルのG425 MAX・LST・SFTドライバーが遂に発売開始!スペック・シャフト・価格を調査!

G425シリーズドライバーの日本モデルについては、下記記事をご覧ください。 ≫ G425 MAX・LST・SFTドライバーの最新情報まとめ PINGのG425ドライバーのUSモデルが発売開始となりまし …

宮里美香プロがSIM・MAVRIK・G425を試打した結果が興味深い!

2020年は大手メーカーから発売のモデルがどれも高評価で、ドライバーの当り年と言えそうです。 特に、テーラーメイド、キャロウェイ、PINGの3社から発売のモデルは、MAXモデルと低スピン強弾道モデルが …