飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー タイトリスト

TSi2・TSi3ドライバーの最新情報まとめ!TSi3は移動式ウェイトを搭載

投稿日:2020年9月7日 更新日:

タイトリストから発売のTSi2ドライバー、TSi3ドライバーについて、最新情報をまとめます。

タイトリストの2020年モデルは「TSi」

TSiシリーズの初期リリースはTSi2、TSi3ドライバーの2種類

出典:titleist.com

TSiシリーズのドライバーは、TSi2ドライバー・TSi3ドライバーの2種類がリリースとなっています。

R&Aの適合リストではTSi4ドライバーの存在も確認されていますので、後々、TSi1、TSi4が市販される可能性はあると思いますが、前作のTSシリーズと同様に、先ずはど真ん中の「2」と「3」の2種類ということになります。

TSi2・TSi3ドライバーの概要

▼モデルの概要と特徴比較

モデル ヘッド体積 ウェイト
調整機能
ロフト角
調整機能
弾道
TSi2ドライバー
(写真左)
460cc × 高い許容性が生み出すストーレーと弾道
TSi3ドライバー
(写真右)
460cc SureFit CGトラック搭載。
さらに思い通りの強弾道。

TSi2は寛容性・直進性、TSi3は調整自由度・強弾道が特徴となります。

タイトリストの「3」のシリーズと言えば、小ぶりなヘッドが特徴でしたが、TSi3ドライバーはルール上限の460ccとなっています。

前作のTS3ドライバーも460ccでしたので、バリバリのアスリート向けモデルでも体積は460ccというのが業界標準になりつつあるようです。

特徴①:航空宇宙で使われる強靭素材をフェースに採用

TSiシリーズの特徴の1つがフェース素材にありまして、航空宇宙の分野でも使われている強靭なATI 425チタンが、ゴルフ業界では初めて採用されています。

「フェースのどこで打っても驚きのボールスピードを発揮」と説明されていまして、飛距離性能と寛容性が備わっています。

特徴②:空力設計

最近のドライバーヘッドはエアロデザインが再び流行になっているようで、タイトリストでも空力が取り入れられています。

クラブヘッドの空力性能が大きく向上していて、メーカーの言葉を借りれば「誰もが大きなボールスピードの向上を実感する」とのことです。

ある程度のヘッドスピードがないと、空力効果は得られないという意見もあるようですが、「実感」できると言われると、振ってみたくなります。

特徴③:マルチMOIを実現

慣性モーメントはゴルフクラブの寛容性・安定性を表す上で頻繁に使われます。

一般的には、左右方向の値だけを指すケースが多いですが、TSiシリーズのドライバーでは、上下・左右・前後のMOIを解析して最適化されています。

TSi2・TSi3ドライバーの発売日・発売価格

TSi2、TSi3ドライバーの発売日は、2020年11月13日です。

発売価格はシャフトにより異なっています。TSi2、TSi3ともに、シャフトがTSP110 50、TSP322 55で82,500円(税込)、Tour AD DI(5S/6S)で93,500円(税込)です。

TSi2ドライバーの特徴

こちらがTSi2ドライバーです。ソール後方に固定ウェイトが搭載されていて、従来の「2」のモデルと同様に、直進性と寛容性を持たせたモデルとなっています。

アベレージゴルファーからセミアスリートが、許容性からくる安心感をもって、ミスを怖がらずに振りやすいドライバーと言えそうです。

CHECK!特徴

  • 高慣性モーメント設計でブレにくい
  • バックスピンを抑えて高弾道で飛ばせる
▼TSi2ドライバーの試打・評価はこちらをご覧ください。
≫ TSi2ドライバーの試打・評価・感想

深重心により弾道がブレない

TSi2ドライバーのウェイトは、ソール後方に搭載されています。そして、ヘッドの奥行(ストレッチ)も長くとられていますので、形状面からも重心が深くなるように設計されています。

重心が深くなることで、慣性モーメントが大きくなりますので、打点のバラつきに強く、弾道のブレにくさを発揮してくれます。

シャローで高弾道で飛ばせる

ヘッド形状は後方に長く、そして、地面に沿うように低くなっていて、深重心に加え、低重心となっています。

重心が低くなることで、インパクトの際にヘッドが上を向きやすく、ロフト角以上に弾道が上がりやすくなりますので、高弾道で飛ばすことができます。

ヒール側に体積があるヘッド形状

こちらはTSi2とTSi3のクラウンを比較した映像です。右のTSi3は洋ナシ型ですが、左のTSi2の方はヒール側に体積がしっかり確保された形状となっています。

この形状のヘッドは重心距離が短く、重心角が大きくなり、つかまりを良さを高まります。TSi3は洋ナシ型で操作性があり、TSi2はヘッドが返りやすく、比較的にはボールのつかまりと直進性に優れたヘッド形状となっています。

TSi2ドライバーのスペック

  • ロフト角:9.0、10.0、11.0°(11°はカスタム)
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • クラブ重量:301g(TSP110 50 S)

シャフトスペック

シャフト 硬さ 長さ シャフト重量 バランス トルク 調子
TSP110 50 SR 45.5 44 D2 6.1
S 45.5 46 D2 5.8
Tour S 45.5 48 D2 5.7
TSp322 55 SR 45.5 54 D3 5.4 中元
S 45.5 56 D3 5.3 中元
Tour S 45.5 58 D3 5.1 中元
TOUR AD DI5 S 45 57 D1.5 4.7
TOUR AD DI6 S 45 65 D2.5 3.3

TSi2ドライバーの試打・評価・感想

TSi3ドライバーの特徴

こちらがTSi3ドライバーです。ソール後方には新たに移動式のウェイト調整機能が搭載されていて、弾道を調整することができます。

ヘッド体積は460ccありますが、ディープで操作性が高く、セミアスリート~アスリート向けのドライバーです。

CHECK!特徴

  • ウェイト調整機能により弾道調整できる
  • 操作性が高いディープヘッド
  • 強い弾道で飛ばせる
▼TSi3ドライバーの試打・評価はこちらをご覧ください。
≫ TSi3ドライバーの試打・評価・感想

移動式ウェイトにより弾道を調整できる

タイトリストの「3」シリーズは、ウェイト調整により弾道を切り替えられるところが特徴です。TSi3ドライバーでは従来までの棒状のウェイトではなく、ソール後方に移動式のウェイトが搭載され、5つのポジションに切り替えられる形となっています。

トゥ側からT2、T1、N、H1、H2となっていて、ドロー、フェードの調整が可能となっています。ドローもフェードも2段階になっていますので、より自分の求める弾道に近づけやすくなっています。

ディープで低スピンの強い弾道が出る

こちらはヘッドを横から見た映像です。厚みがあり、奥行きが短く、TSi2と比べるとディープヘッドとなっています。

重心が浅いことで、スピンが抑えられ、球が吹けずに低く強い弾道が出やすくなっています。

洋ナシ型で操作性が高い

こちらはTSi2とTSi3のクラウンを比較した映像です。左のTSi2は投影面積が大きいのに対して、TSi3は小ぶりな洋ナシ型です。

上級者が好むヘッド形状で、操作性が高く、意図した弾道で飛ばしたいゴルファーに適しています。

TSi3ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.0、9.0、10.0°(8°はカスタム)
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • クラブ重量:301g(TSP110 50 S)

シャフトスペック

シャフト 硬さ 長さ シャフト重量 バランス トルク 調子
TSP110 50 SR 45.5 44 D2 6.1
S 45.5 46 D2 5.8
Tour S 45.5 48 D2 5.7
TSp322 55 SR 45.5 54 D3.5 5.4 中元
S 45.5 56 D3.5 5.3 中元
Tour S 45.5 58 D3.5 5.1 中元
TOUR AD DI5 S 45 57 D1.5 4.7
TOUR AD DI6 S 45 65 D2.5 3.3

TSi3ドライバーの試打・評価・感想

TSi2・TSi3ドライバーの試打動画

TSiドライバーのタイトリスト公式動画

TSiドライバーの全モデルの違い・特徴を徹底比較!TSi1、TSi2、TSi3、TSi4

TSi2ドライバーの試打・評価・感想

TSi3ドライバーの試打・評価・感想

TSi2・TSi3ドライバーのまとめ

TSi2ドライバー、TSi3ドライバーについて、最新情報を取り上げました。前作のTSシリーズと比べて新しい点として、フェース新素材の採用、空力対応、慣性モーメントのアップが挙げられます。

特に慣性モーメントを強調されていますので、弾道のブレにくさがの採用、全体的には慣性モーメントを高めた点が大きくアピールされています。

試打者の評価としてもブレにくさを挙げられていますので、寛容性の高さがTSiシリーズの特徴と言えそうです。

TSi2ドライバーの試打・評価・感想

TSi3ドライバーの試打・評価・感想

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, タイトリスト
-, , ,

関連記事

EZONE GT 450ドライバーの試打・評価・感想

ヨネックスの2022年モデル、EZONE GT 450ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 EZONE GT 450ドライバー Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー …

【2022年】低スピンで飛ばせる!おすすめドライバー特集!

2022年モデルのドライバーで、低スピンで飛ばせるモデルをおすすめ順にランキング形式で紹介します。 対象となるドライバーは、各メーカーの公式サイトやカタログにて現行モデルとして掲載されているモデルとな …

no image

5年ぶり復活優勝のタイガーウッズが使用するドライバー、フェアウェイ、アイアン、ウェッジを公開

タイガーが帰ってきた。2018年9月20~23日に開催されたPGA ツアープレーオフシリーズ最終戦ツアー選手権にて、5年ぶりにタイガー・ウッズが勝利。ツアー通算勝利数が80勝の大台に乗った。 ここ数年 …

【8,000円以下の名器ドライバー8本】最も飛距離が出たのは?【横田真一が検証】

横田真一プロのyoutubeチャンネルにて、以前、3万円以下のドライバー10本を試打して、どれが一番飛距離が出るかを検証されていました。 ≫ 【3万円以下の名器ドライバー10本】最も飛距離が出たのは? …

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバー BC 438・BC 458(2022)の最新情報まとめ

BALDOの2022年モデル、CORSA PERFORMANCEドライバー BC 438・BC 458について、最新情報を取り上げます。 バルド コルサ BC458ドライバー Amazon 楽天市場 …