当サイトは広告が含まれています

スリクソン ZXシリーズのツアープロの使用・移行状況まとめ

飛距離が出るドライバー スリクソン 2020年11月2日

スリクソンの2020年モデルとして、ZXシリーズがが発売となっています。

ツアープロも使うシリーズのため、前作となるZ585・Z785ドライバーから、ZXのどのモデルに移行されているか、ダンロップ契約プロの移行状況をまとめました。

ZXシリーズのドライバは、ZX5とZX7の2種類

スリクソンの2020年モデル、ZXシリーズ(旧Zシリーズ)は、ZX5ドライバーとZX7ドライバーの2種類あります。

従来通り、5系のZX5ドライバーはシャローで「つかまり」「球の上がりやすさ」「寛容性」に優れ、7系のZX7ドライバーは「低スピン」「強弾道」という特徴があります。

アスリート向けブランドであるスリクソンのドライバーについて、ツアープロの移行がどのように進んでいるか調べてみましたので、デルの方は、「ヘッドサイズ・投影面積が大きい」、「弾道が高い」、「寛容性が高い」、「直進性が高い」、「つかまりが良い」といった特徴があり、やさしい方で中級者向けと言われています。

反対に「7」のモデルの方は、「ヘッドサイズ・投影面積が小さい」、「低スピン」、「操作性が高い」といった特徴があり、難しい方で上級者向けと言われています。

ZX5ドライバーへのツアープロの移行状況

松山英樹プロは、SIM MAXドライバー → ZX5ドライバー

スリクソンと言えば松山英樹が欠かせませんが、アイアンはスリクソンを使っているものの、ドライバーは長らくテーラーメイドでした。

2020年初めもSIM MAXドライバーでしたが、遂にZX5ドライバーを手にしました。恐らく2016年以来、4年振りにスリクソンのドライバーに返り咲きです。

SIM MAXドライバーの前は、M5ツアードライバー、M3 440ドライバーと小ぶりなヘッドを好んでいる印象でしたが、2020年からはSIM MAXドライバー、ZX5ドライバーと大型ヘッドを選択されています。寛容性を重視し始めたのかもしれません。

小池一平プロは、ZX5ドライバー

前の使用クラブが分かりませんでしたが、かなり前はZ725ドライバーを使用していたようです。いずれにしても、小ぶりなモデルを使っていた時代がありましたが、シャローなZX5ドライバーを選択しています。

香妻 陣一朗プロは、Z785ドライバー → ZX5ドライバー

ディープなZ785ドライバーから、シャローなZX5ドライバーに移行しています。

ZX7ドライバーへのツアープロの移行状況

星野 陸也プロは、Z785ドライバー → ZX7ドライバー

これまでZ785ドライバーやZ745ドライバーなど、やや小ぶりなZ7系を使っていました。2020年のZXシリーズでも、同じくディープなZX7ドライバーを選択しています。

稲森佑貴プロは、Z585ドライバー → ZX7ドライバー

以前はZ585ドライバー、その前はゼクシオナインドライバーを使っていたこともあり、最近はドライバーにやさしさを求める傾向がありましたが、今回はより上級者向けのZX7ドライバーを選択しています。

出水田 大二郎プロは、Z585ドライバー → ZX7ドライバー

Z765ドライバー、Z585ドライバーときて、ZX7ドライバーに移行しています。

塚田 陽亮プロは、ZX7ドライバー

最近の使用クラブは分かりませんでしたが、以前はZ765ドライバーを使用していました。ZXシリーズでもよりディープなZX7ドライバーを選択しています。

ZXドライバーへの移行状況のまとめ

ダンロップの公式サイトなどで確認したところ、ZX5ドライバーへの移行が3名、ZX7ドライバーへの移行が4名でした。

内、松山英樹プロはZX7ドライバーも試していますので、プロからはZX7ドライバーが多く支持されているようです。

一つ注目したい点としては、5系、7系を跨いでいるケースが少なくない点です。Z785からZX5、Z585からZX7というケースがあり、ディープ・シャローという分け方はプロにはあまり意味をなさなさそうです。

そもそも2018年のZ85シリーズから、ヘッドサイズは全て460ccとなっていますので、体積で見れば大きい・小さいはありません。

アイアンに目を向けても、プロが使うモデルにもタングステン・中空構造などが採用され、寛容性がますます取り入れられていますので、ドライバーも上級者がやさしさを取り入れる傾向が強まっています。

【何処よりも早い】スリクソン ZX5・ZX7ドライバーの最新情報まとめ

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, スリクソン
-, , , ,

関連記事

タイトリスト 909 D3 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2009年モデルとして発売されている909 D3ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 909 D3ドライバー/タイトリスト Amazonで探す 楽天市場で探 …

【PRGR歴代ドライバーの飛距離ランキング】横田真一プロが試打して決定した結果が興味深い!

PRGRから発売のドライバーについて、横田真一プロが歴代モデルの中から実物を見ながら5本を厳選。 そして、どれが一番飛ぶか、じっくり試打して検証されている動画がアップされていますので、取り上げてみたい …

ゼクシオ10ドライバーとゼクシオ9ドライバーの違い

ゼクシオ11とゼクシオ10の違いについてはコチラ ⇒ゼクシオ11 イレブン ドライバーとゼクシオ10ドライバーの違いを徹底解説 ゼクシオ10ドライバーと9ドライバーの違いについて取り上げます。 XXI …

ONOFF RD-330Sドライバーの試打・評価・感想

ONOFFのラボスペックから発売されているRD-330Sドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 ONOFF RD-330Sドライバー Amazon 楽天市場 ゴルフダイジェス …

ローグST ◆◆◆、◆◆◆LS、◆◆◆S ドライバー3機種の最新情報・違いをまとめ!トリプルダイアモンド3機種の試打・評価

キャロウェイのローグSTシリーズに、トリプルダイアモンドのドライバーが3機種追加されています。 ツアープロ仕様のローグST ◆◆◆、ローグST ◆◆◆LS、ローグST ◆◆◆Sの3機種のドライバーにつ …