当サイトは広告が含まれています

ZX5ドライバーとZ585ドライバーの違いを徹底解説

スリクソンのZX5ドライバーとZ585ドライバーについて、違いを解説します。

ZX5ドライバーとZ585ドライバーの違い

左が2020年モデルのZX5ドライバー、右が2018年モデルのZ585ドライバーです。

2018年はZシリーズ、2020年はZXシリーズでが、ZからZXに改称されていますので、同じシリーズが継続しています。

どちらのモデルも同年に5と7の2種類のヘッドが発売となっていて、5であるZX5、Z585はやさしい方のモデルです。上を目指すアベレージゴルファー、セミアスリートがターゲットと言われています。

ZX5ドライバーにはロフト角・ライ角の調整機能を搭載

左のZX5ドライバーはネックに可変スリーブが搭載されていて、ロフト角・ライ角・フェース角の調整機能が搭載されています。

一方、右のZ585ドライバーはペンシルネックで角度調整機能は搭載されていません。

弾道調整を行いたいゴルファーにとっては、今回のZX5ドライバーはウェルカムな機能追加となっています。

この後でも触れますが、Z585ドライバーはつかまりが良いため、右に逃がしたいと思っても弾道調整を行えないため、基本的にスイングで対応する形となります。

今回のZX5ドライバーもつかまり感がありますが、フェースアングルを±2°まで調整できますので、クラブの方を自分のスイングに合わせていくことができます。

ZX5・ZX7ドライバーのロフト角・ライ角、ウェイトの調整機能を徹底解説【スリーブ・ウェイトの互換性】

ボールのつかまりが良いのは、Z585ドライバー

こちらはクラウンの投影を比較した図で、左がZX5ドライバー、右がZ585ドライバーです。ヘッドの一番奥深いところが、ZX5はほぼ中央ですが、Z585はヒール寄りにあります。

もともとスリクソンの5系は、最もやさしいモデルのため、ボールのつかまりを持たせてありますが、特にZ585ドライバーはヒール寄りに体積が確保されていますので、ボールのつかまりが良いヘッド形状となっています。

ウェイトの搭載位置からしても、Z585はヒール寄りにありますので、ボールのつかまり性能を持たせたヘッドであることが分かります。

▼石井プロが比較のためZ585ドライバーを試打するところ(2:35)から再生されます。

こちらのZX5ドライバーの試打動画の中で、前作のZ585ドライバーを比較のため試打されています。

Z585の方はボールが激しくつかまってしまう様子が紹介されていて、ZX5ドライバーよりも極端に大きくつかまっています。

弾道の直進性・安定性はZX5ドライバー

ZX5ドライバーは、リバウンドフレームと呼ばれるヘッド剛性を柔・剛・柔・剛と繰り返したトランポリンのような構造が採用されています。

これにより、反発性能がアップしていて、CORが0.80以上の高反発エリアは111%になっています。

左右方向の慣性モーメントも9%アップしていますので、打点がばらつきやすい方は、ZX5の方がより安定した弾道が出やすくなっています。

ZX5ドライバーは、シャローで球が上りやすい

左がZX5ドライバー、右がZ585ドライバーです。Z585ドライバーは、フェース高があり、ヘッドがぷっくりとした形状でした。

ZX5ドライバーの方はフェース高が抑えられ、ヘッド後方も下がっていますので、シャローに見えます。ウェイトもZX5ドライバーの方が深いところに装着されていますので、低重心化に寄与しています。

公式サイトやプレスリリースで低重心度合いに関する言及はありませんが、ZX5ドライバーの方は、球が上りやすいと感じる方が多いと思います。

シャフトがMiyazakiからDiamanaに変わっている

スリクソンのZシリーズは、これまでMiyazakiシャフトが使われてきましたが、今回のZXシリーズでは、Diamanaが標準シャフトとして採用されています。

筆者個人としては、この点が一番の驚きでして、他社シャフトを用いているという点は、大きく方向転換してきた印象を受けます。

軽量化とシャフト先端部の剛性を低くしたことで、ボールのつかまりと球の上がりやすさがアップしています。

ZX5ドライバーとZ585ドライバーのスペック比較

ZX5ドライバー

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:59.0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.25インチ
  • バランス:D2
  • 標準シャフト:Diamana ZX 50
  • クラブ重さ:304g(S)

ZX5ドライバーの試打・評価・感想

Z585ドライバー

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:58.0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.25インチ
  • バランス:D2
  • 標準シャフト:Miyazaki Mahana
  • クラブ重さ:302g(S)

スリクソン Z585ドライバーの試打・評価・感想

ZX5ドライバーとZ585ドライバーの試打・比較

ZX5、Z585、XXIOエックスの打ち比べ

しだるTVさんによるZX5ドライバー、Z585ドライバーの試打比較動画です。ゼクシオX(エックス)も試打されていますので、ZX5とゼクシオX(エックス)で迷われている方にも参考になります。

ZX5・ZX7とZ585・Z785を試打比較

マーク金井氏がZX5・ZX7と前作のZ585・Z785の4本を試打されています。

【何処よりも早い】スリクソン ZX5・ZX7ドライバーの最新情報まとめ

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, スリクソン
-, , ,

関連記事

G30ドライバーのロフト角調整機能を徹底解説!

▼G410シリーズのロフト角・ウェイト調整機能については、下記記事をご覧ください。 ≫ G410 PLUS・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角・ウェイト調整機能を徹底解説! PINGのGシリ …

スリクソン Z585ドライバー、Z785ドライバーが、やさしくなっている!その根拠を徹底解説!

スリクソンから2018年9月22日に発売のZ585ドライバー。ダンロップのアスリート向けブランドとして人気のスリクソンからは、2018年モデルのドライバーとして、Z585 とZ785 の2種類が発売さ …

ZX7 MKⅡアイアンの試打・評価・感想

スリクソンの2022年モデル、ZX7 MKⅡアイアンについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 ZX7 MKⅡアイアン 楽天市場 Amazon ゴルフパートナー 目次1 ZX7 MKⅡア …

MAVRIK(マーベリック)ドライバーのカラー実物画像を発見!

▼MAVRIK マーベリックドライバーの最新情報はコチラをご覧ください。 ≫ キャロウェイのMAVRIK(マーベリック)・MAVRIKサブゼロの最新情報まとめ キャロウェイのMAVRIKドライバーにつ …

TS1ドライバーの試打・評価・感想

★追記2019/06/06:試打動画を2本追加しました。 タイトリストから発売のTS1ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TS1ドライバー/タイトリスト GDOで探す …