飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー タイトリスト

タイトリスト 909 D2 ドライバーの試打・評価・感想

投稿日:2021年9月6日 更新日:

タイトリストから2009年モデルとして発売されている909 D2ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。

909 D2ドライバーの特徴

タイトリストの909シリーズは、907シリーズの2年後に発売されている後継モデルです。

タイトリストのドライバーと言えば、シャローでやや寛容性のある2のモデル、ディープで小ぶりな3のモデルの2種類が主だったモデルとなっていまして、その始まりは909シリーズからとなっています。

909シリーズはD2・D3の2種類

909シリーズは、D2とD3の2種類のドライバーがあります。前作の907シリーズでは、D1とD2でしたので、ラインナップがやや変わっています。

なお、D2・D3以外に、909DCompという460ccのヘッドもありますが、日本では未発売のモデルです。

909 D2ドライバーは460ccの大型ヘッドで、見比べて分かる通りシャローヘッドです。もう一方の909D3ドライバーは440ccの小振りなヘッドで、ディープな洋ナシ型となっています。

  • 909 D2ドライバー
    460ccのふっくらした洋ナシ形状のミッドディープフェース。低~中スピンの中弾道。
  • 910 D3ドライバー
    440ccの洋ナシ形状のディープフェース設計。フェード・ドローを打ち分けたいプレーヤー向け。低スピンの中弾道。

460ccの大型ヘッド

909D2ドライバーは、ヘッドサイズがルール上限の460ccあり、シャローで投影面積がしっかり取られています。

メーカーの説明では「ふっくらした洋ナシ形状」と表現されていて、ほぼ丸型に近い形状です。

ヒール寄りにも体積が確保され、深重心になっていますので、アスリート向けモデルでありながら、寛容性を持たせたタイプのヘッドです。打点のブレを許容してくれますので、ドロー・フェードを打ち分けたいという方は、909D3ドライバーの方が向いています。

フェース角についてはスペック公表値が無いようですが、構えてみるとややオープンしています。

左につかまり過ぎないイメージが持てます。

低~中スピン・中弾道

909D2ドライバーは、ヘッド後方が低く深いシャローヘッドで、重心が深く・低くなっています。

スピンはD3ほどではありませんが適度に抑えられ、中弾道で飛ばすことができます。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載されていない

タイトリストと言えば、ロフト角・ライ角の2次元独立の調整機能で知られていますが、角度調整機能が搭載されたのは910シリーズからとなります。

ということで、909シリーズはロフト角・ライ角の調整機能が搭載されていません。

メリットとしては、ペンシルネックと呼ばれるすっきりとしたネック形状のため、ネックに余分な重量負荷がなく、構えやすさがあります。

ちなみに、909からスルーボアでなくなっていますので、ソールの見た目もすっきりしています。

909 D2 ドライバーの試打・評価

909D2ドライバーの試打・評価–マーク金井氏

10.5度Rから打って見ると・・・見た目通りボールが左に飛びづらい。ストレートボールを意識してスイングすると軽いフェード。オープンフェースに加え、ダウンからインパクトにかけてヘッドが返りづらく感じる。

Sに持ち替えても球の飛び方は変わらず、しっかりしている分だけ叩ける。そして、叩いてもシャフトがあまり動かないので、ボールが左右に散りにくい。

<適合ゴルファー>

  • インサイドからあおって打つフッカー
  • ドライバーで左OBのミスを減らしたい人
  • 平均飛距離を稼ぎたいゴルファー

「ゴルフ体験主義」の試打評価

打感は、しっかり感がありつつも柔らかめ。弾道は中弾道。球の上がりは悪くないし、それでいて上がりすぎないのがいいですね。ほどよいつかまりでボクが打ってもいい感じのストレートから軽いドローのイメージでした。

『909D3』と比較してみるとよく分かるのですが、『909D2』は意外とミスヒットに強く、良い意味でアバウトに打てます。

一般ゴルファーの口コミ・評価まとめ

  • 評価ではドローと記載されていますが、フェースは若干オープンでフェード気味になります。弾道は強く高さはちょうど良い感じで強く振っても左には行きにくいので安心して叩けます。打球音も落ち着いていてフェースに乗っている、押している感じがして良いです。
    操作性は腕の問題もあると思いますが、けっこうオートマチックで操作は難しいかもしれません。
  • 顔がよく、左を気にせず叩いていける。 D3に比べ優しく安心感もある。
  • 907D1からの買い替えです。まずとても構え易いです。また、題記の通りで球が良く上がるだけでなく、ホントにドロー系のボールが出ます。ただし、ミスショットしちゃうと、907D1に比べて曲がり幅が大きいので、今まで助かってたものが助からなくなり、ボールの生存率がやや落ちました。
  • 古いですが中々、良いクラブです。
  • 練習場での手応え的には飛距離が伸びたように思います。後は練習を重ねて方向性の精度を・・・・
  • 一発の飛びは素晴らしい。顔があんまり好きじゃなかった
引用:aftergolf.net

909 D2 ドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:8.5、9.5、10.5°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:316g
  • 標準シャフト:タイトリスト・TG
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ長さ:45インチ

シャフトラインナップ

公式サイトでは、3種類のシャフトが掲載されています。

  • タイトリスト・TG
  • タイトリスト・ツアーAD
  • ランバックス6F09

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, タイトリスト
-, ,

関連記事

M4ドライバーの評価・くちこみをまとめました

テーラーメイドから発売のM4ドライバーについて、評価やクチコミ・感想をまとめました。 テーラーメイド M4ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 M4ドライバーの特徴2 …

CROSS FRAME CONSTRUCTION│キャロウェイのニューテクノロジーか!?

▼テーラーメイドの2022年モデル「STEALTH ステルス」については、下記に最新情報をまとめてあります。   USの商標サイトでキャロウェイゴルフの「CROSS FRAME CONSTR …

VG3 ドライバー 2018の試打・評価・感想

タイトリストから発売されているVG3ドライバー。発売日は2017年12月22日ですが、この時期のものは2018年モデルと位置づけて良いでしょう。 VG3 ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市 …

ゼクシオ7 ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2012年モデルとして発売されているゼクシオ7ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 XXIO ゼクシオ7 ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す 目次1 ゼクシオ7 …

ヨネックス Royal EZONEドライバーの試打・評価・感想

ヨネックスから発売のRoyal EZONEドライバーについて、試打や評価、モデルの特徴について解説します。 Royal EZONEドライバー/ヨネックス GDOで探す 楽天市場で探す 目次1 ヨネック …