当サイトは広告が含まれています

タイトリスト プロチタニウム905S ドライバーの試打・評価・感想

飛距離が出るドライバー タイトリスト 2023年7月30日

タイトリストから2005年に発売されているプロチタニウム905Sドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。

プロチタニウム905Sドライバーの特徴

タイトリストのプロチタニウム 905シリーズは、チタニウム983シリーズの次に発売されているモデルです。2005年に905Tと905S、そして翌年の2006年に905Rが発売されています。

プロチタニウム905シリーズはT、S、Rの3種類

プロチタニウム905シリーズは3種類のヘッドがあります。写真左と中央が2005年に発売されているヘッド体積400ccの905T、905S、写真右が2006年に追加発売されているヘッド体積460ccの905Rです。

現在はシリーズ内のモデルの種類を2、3等で分けていますが、905まではアルファベットで分けています。現在の2や3に当てはめると、905Tが「2」、905Sが「3」、後発の905Rが905TのMAXモデルといった位置づけになろうかと思います。

  • プロチタニウム 905Tドライバー
    飛距離アップとミスショットの軽減を求めるゴルファー向け。
  • プロチタニウム 905Sドライバー
    正確なボール・コントロールを求めるハードヒッター向け。
  • プロチタニウム 905Rドライバー
    905Tの後継モデルで、460ccの大型ヘッドでミスショットを忘れ、安心して振り切れる。

400ccのディープフェース

905S、905T共に400ccのハイバックなヘッドですが、905Sはよりディープフェースで洋ナシ型が際立っています。

重心深度が905Tより浅く設定されていて、低スピン量の強い弾道が特徴です。

ヘッドスピードが速く、ボールの吹き上がりとスピン量を抑えたい方におすすめです。

操作性が高い

905Tよりもコンパクトなヘッド形状で、重心位置もフェースに近づけて設計されています。

操作性が高いため、意図した弾道を繰り出しやすく、ドロー・フェードを打ち分けたいゴルファーに適しています。

ロフト角は8.5°と9.5°の2種類

ロフト角のラインナップは、905Tでは、8.5、9.5、10.5°の3種類ありますが、905Sでは、8.5、9.5°の2種類となっています。

ヘッドスピードが速く、吹け上がりを抑えたい方向けのドライバーのため、高ロフトの10.5°はありません。

なお、905Tの後継に当たる905Rでは、さらに11.5°が加わっていますので、ロフト設定で打ち出しを高くしたい方には、905T、905Rがおすすめです。

プロチタニウム905Sドライバーの試打・評価

  • 905Sのほうがディープフェースでヘッドの重心距離が短い為、つかまりが良いです。 ドローを打ちたい人に合います。 905Tのほうがフェード打ちやすいですね。
  • 905Tを打って右にすっぽ抜けるって事は、インサイドから打ちに行くタイプなので905Tを 使う場合はロフトを増やした方が良いですよ。
引用:yahoo.co.jp
  • 905Sと905Tは、ともに400ccで、見た目にはほとんど同じですが、 Sのほうがディープフェース、Tは若干シャローフェースです。 そのため、Tのほうが多少やさしいモデルです。 905Rは、SやTの後のモデルで、ヘッド体積は460cc、 ミスヒットに対しても、905S&Tに比べると多少やさしくなっています。 なお、どのモデルも、ツアープレイヤーに使用者がいる(いた)モデルです。
引用:yahoo.co.jp
  • 905T,905Sを両方打ってみましたが、905Sの方が983に近い打感です。
    905Tはフェースがいかにも薄い感じの打感ですが、05Sはフェースにくっつくというかめり込む感じでこちらの方が私の好みですね。
  • 打球音もかん高い音ではなくバシュっという上級者好みの音。掴まりもいいです。
  • H/S47前後ですが、飛距離も240-250ヤードはコンスタントに打てます。買うならスリクソンW505よりこっちかな。
引用:kakaku.com
    • 905S M-65(S)318gを中古で購入いたしました。今までメインは983Eの333gだったので最初は違和感がありましたが、飛距離も打ち出し角も上がったので購入して良かったと思います。
引用:yahoo.co.jp

プロチタニウム905Sドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:8.5、9.5°
  • ライ角:57°
  • ヘッド体積:400cc
  • クラブ重量:331g(タイトリスト・スピーダー S)
  • クラブ長さ:45インチ

シャフトラインナップ

シャフトは3種類あります。

  • タイトリスト・スピーダー(S、X)
  • ツアーAD M-75(S、X)
  • ツアーAD M-65(SR、S、X)
シャフト バランス 重量 トルク 調子
タイトリスト・スピーダー D3 78g 3.0 中調子
ツアーAD M-75 D2 74g 3.0 中調子
ツアーAD M-65 D2 67g 3.4 中調子
*Sフレックスでのスペック値

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, タイトリスト
-, ,

関連記事

ミズノ ST-MAX 230ドライバー|評価・スペック|ST-X・ST-Zとの違い|発売日・発売価格

ミズノ ST-MAX 230ドライバーについて、特徴・評価・スペック、そして、最安値の調査結果などをまとめました。 ST-MAX 230ドライバー 楽天市場 Amazon フェアウェイゴルフUSA 目 …

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバー BC 438・BC 458(2022)の最新情報まとめ

BALDOの2022年モデル、CORSA PERFORMANCEドライバー BC 438・BC 458について、最新情報を取り上げます。 バルド コルサ BC458ドライバー Amazon 楽天市場 …

ROGUE SUB ZERO ドライバーの試打、感想

キャロウェイから発売されているROGUE SUB ZERO ドライバー。ROGUE スタードライバーも人気のモデルですが、ハードヒッターの方には数量限定のSUB ZEROがお勧めです。 ROGUE S …

【2022年】打感がやわらかいドライバー おすすめランキング!柔らかい・吸い付く!

2022年モデルのドライバーで、打感がやわらかいドライバーについて、おすすめ順にランキング形式で紹介します。 対象となるドライバーは、2022年モデルとして発売されているドライバー、そして、2022年 …

ONOFF KURO 黒 ドライバー 2023の試打・評価・感想

オノフから発売のONOFF KURO 黒 ドライバー 2023について取り上げます。 ONOFF KUROドライバー 2023 楽天市場 Amazon ゴルフパートナー 目次1 ONOFF KURO …