当サイトは広告が含まれています

ボイスキャディ VC4 Aimingを徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

距離・弾道測定器 2020年11月21日

ゴルフ用のGPS距離測定器でシンプルな音声案内が特徴のボイスキャディ VC4 Aimingについて、使い方・特徴・評価を取り上げます。

ボイスキャディ VC4 Aimingの特徴

VC4 Aimingは、ボイスキャディシリーズから発売の音声タイプのゴルフ用GPS距離測定器です。

従来モデルのVC300Aと比べると、グリーンの位置情報がより正確で、さらにジャイロセンサーによりターゲット方向に正確に構えやすくなっています。

それでは、ボイスキャディ VC4 Aimingについて、機能面・操作面の特徴を見ていきましょう。

特徴① ゴルフ場・コースをGPSで自動検出!

VC4 Aimingは、GPS機能が搭載されていますので、ゴルフ場で電源を入れると、現在地のゴルフ場・コースを自動で検出してくれます。

▼ゴルフ場で実際に起動している様子(1:43頃)が紹介されています。

動画では古い機種で紹介されていますが、起動時の基本的な挙動はVC4 Aimingも同じです。

クラブハウスなど、まだコースに出ていない場合はゴルフ場のみが検出され、実際にコースに辿り着くと、コースも自動で検出されます。

特徴② 国内コースのカバー率100%、世界40,000コース以上

VC4 Aimingは、国内のゴルフ場はカバー率が100%、世界でも40,000コース以上に対応しています。

収録されているコースはコチラのページで調べることもできます。当記事執筆時点での掲載件数を確認してみたところ2413件でしたので、日本のゴルフ場はほぼカバーされていると考えて良さそうです。

特徴③ 基本操作はクリックのみ!超簡単

ボイスキャディーの特徴であり長所は、本体前面のボタンを押すだけの簡単な操作で利用できる点です。

当サイトでは、色々なゴルフ距離測定器を取り上げていますが、恐らくこのシリーズ以上に操作が簡単なものは、これまでだけでなく今後も無いのではないかと思うほどです。こういったアイテムが苦手という方でも安心して扱えます。

ボタン操作も、①クリック、②ダブルクリック(2回クリック)、③長押しの3種類です。

クリック グリーン中央までの距離を音声案内してくれる。
ダブルクリック グリーンの前・後までの距離を音声案内してくれる。
長押し ショットした地点で1回目の長押しをすると、距離測定を開始し、ボール落下地点で2回目の長押しをすると、飛距離を音声案内してくれる。

コース情報を聞くのがメインとなりますので、基本的には、クリックでグリーンまでの距離、ダブルクリックでグリーンエッジの前・後の距離を音声で聞く、という使い方になります。

▼1クリック、2クリック、長押しの3種類の操作、実際の音声案内(2:41頃から再生)が紹介されています。

グリーンが2つある場合は、右グリーン・左グリーンの両方の距離が案内されます。

引用:youtube.com

VC4 AimingではACTIVE GREEN機能が搭載され、ダブルクリックで紹介されるグリーンの前後のエッジまでの距離が、より正確に案内されます。

特徴④ スロープ(高低差)機能を搭載

VC4 Aimingは、V-アルゴリズムによるオートスロープ(高低差補正距離案内)機能が搭載されています。現在地点からの水平距離ではなく、高低差を加味した狙うべき目安距離が案内されます。

日本のゴルフ場は丘陵コースが多く、起伏に富んだコースが豊富なため、国内での使用を中心となる場合は、スロープ機能はとても役立ちます。

※高低差データがないゴルフ場の場合は、直線距離が案内されます。

なお、高低差機能があると大会では使えない場合があります。その場合、オートスロープをOFFにすることができますので、直線距離の案内のみで利用することができます。

特徴⑤ エイミング機能でターゲットを正確に狙える

出典:amazon.co.jp

VC4 Aimingでは、新たにエイミング機能が搭載されていて、ターゲットに対して真っすぐ正確にアドレスに入るのをサポートしてくれます。

▼エイミング機能を実際にゴルフ場で使っている動画です。

エイミング機能の使い方は簡単で、ボールの後ろに立ってターゲット方向を向き、上部のエイミングボタンを押すだけです。この時、長押しだとサウンドで、短押しだとバイブレーションで知らせるモードになります。

ボタンを押した後にボールの横に移動し、ターゲットに対して90°になるとサウンドまたはバイブレーションで知らせてくれます。

特徴⑥ ウェアラブルで邪魔にならない

出典:amazon.co.jp

背面にはクリップが付いていますので、帽子のつばや側面、ウェアやベルトに挟んで使うことができます。

エイミング機能を活用したい場合は、キャップのつばに付けて使うのがおすすめです。顔の向きと方向が一致してターゲットに合わせやすいですし、音声案内を聞くのにも耳に近くて聞き取りやすいです。

ボイスキャディ VC4 Aimingの使用者による感想・評価

USB-Cで充電なので充電忘れても行きの車中にスマホの充電器で充電出来る所でしょうか。

あと、大まかな残り距離だけ分かれば良いと言う方には、腕時計とかよりも楽に使えるかも。

距離はほぼ正確です。飛距離計測はついつい忘れてしまいます・・・。

ボタンを押すだけなので薬ですね。

エイミング機能は時に役立ちます。

引用:amazon.co.jp

距離も正確だと思いますし、操作の感度もよく、ストレスなく使えました。

バッテリーも、1ラウンド終わっても、まだ十分に残っていました。

引用:rakuten.co.jp

ボイスキャディ VC4 Aimingのスペック

大きさ 48×48×13mm
重量 28.5g
言語 日本語、英語、中国語、韓国語
収録ゴルフコース 全世界のゴルフコース(一部コースを除く)
・国内コースカバー率100%
・世界40,000コース以上
誤差範囲
電源 USB Type-C充電式
稼働時間 約15時間
充電時間 約1.5時間

高低差情報があるゴルフコースでは、高低差を想定した距離が案内されます。

ボイスキャディ VC4 Aimingの発売価格

ボイスキャディ VC4 Aimingの定価は17,380円(税込み)です。

当記事を執筆した時点での小売価格は、amazon、楽天共に17,380円でしたので、どちらで購入しても同じ価格です。

ポイントが貯まっている等、利用しやすい方でお求めになられると良いと思います。

ボイスキャディ 音声タイプの全モデルを徹底比較【選び方・おすすめモデルが分かる完全ガイド】 VC4 Aiming・VC300A・VC170

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-距離・弾道測定器
-, ,

関連記事

【2021年】ふるさと納税で貰えるゴルフ レーザー距離計まとめ!おすすめ順にランキングで紹介

ふるさと納税により、応援したい自治体に寄付する動きが広がっています。 寄付した自治体からはお礼の品が、いわゆる返礼品が送られてきますので、寄付する方にも大きなメリットがあるのが、ふるさと納税が盛んにな …

G-LABO(ジーラボ)ゴルフレーザー距離計を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用の距離計測器「G-LABO(ジーラボ)ゴルフレーザー距離計」について、使い方・特徴・評価を取り上げます。 G-LABO ジーラボ ゴルフレーザー距離計 GDOで探す 楽天市場で探す Amazo …

FineCaddie ファインキャディ J1000とJ300の違いを徹底解説!

※FineCaddie全モデル比較完全ガイドは、下記記事をご覧ください。 ≫ FineCaddie ファインキャディ レーザー距離計の全モデルを徹底比較【選び方・おすすめモデルが分かる完全ガイド】 ★ …

BOOMEE MINI+ レーザー距離計を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用のレーザー距離計 BOOMEE MINI+について、詳しく解説します。 製品評価(良い点・悪い点)、市場での口コミ(良い・悪い)、最安値をまとめましたので、BOOMEE MINI+をフェアな視 …

ボイスキャディ VC300Aを徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用のGPS距離測定器でシンプルな音声案内が特徴のボイスキャディ VC300Aについて、使い方・特徴・評価を取り上げます。 ボイスキャディVC300A GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで …