飛距離が出るドライバー ランキング

2018年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

ROGUE ドロー ドライバーを徹底解剖!試打・スペックも掲載

投稿日:2019年2月27日 更新日:

キャロウェイから発売のROGUE DRAW ドライバーについて取り上げます。

ROGUE ドロー ドライバーはUSモデル

ROGUE ドロードライバーは日本で未発売のモデルです。そのたえ流通しているドロータイプはUSモデルとなります。

USモデルと言えど、日本でも簡単に購入できます。購入方法は本投稿の最後にまとめて紹介します。

ROGUE ドロー ドライバーのスペックデータ

  • ロフト角:9°、10.5°、13.5°(調整範囲±1°)
  • ライ角:59°
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • ヘッド体積:460cc
  • バランス:D3

ヒール側にウェイトを搭載し、ドローバイアス設計になっている!

ローグドライバー、ローグサブゼロドライバーとの違いとして、ヒール寄りにウェイトが搭載されています。重心がヒール寄りになりますので、重心距離が短く、として、重心角が大きくなり、ボールのつかまりが良くなっています。

JAILBREAK テクノロジー

EPICで初めて搭載されたヘッドを縦に貫通する2本の柱、JAILBREAK テクノロジーは、ROGUE ドローモデルでも搭載されています。

クラウンとソールをがっちり固定することで、無駄なたわみを抑えボールスピードをアップしてくれます。

日本のローグスタードライバーと同じ?違う?

ウェイトの位置をみると、あれ?と思った方もいると思います。ヒール寄りにウェイトがあるソール設計は、日本のROGUEスタードライバーと同じです。では日本モデルと同じなのかというと、異なる点があります。

まず、USのROGUEドロードライバーにはホーゼル部分にロフト角の調整機能が付いています。日本のROGUEスラードライバーには付いていません。おそらく、クラブを軽量化するために外させていると思われます。もう1点はシャフトです。シャフトラインナップが異なっています。

ROGUEを試打した感想–マーク金井氏

ROGUE ドロードライバーの日本での試打動画は見つかりませんでした。シャフトの違い等ありますが、ウェイト位置は日本のGORUEスタードライバーと同じですので、スターの試打動画を見てみましょう。

  • ROGUEはEPICのモデルチェンジではなく、全く新しいモデル。
  • ヘッド形状はシャローフェースで、奥行がある。慣性モーメントは大きい。
  • シャローなため重心距離が長く、操作性は低い。
  • 飛距離性能が高そうで、EPICより安心感が強くなった。

ROGUE ドロードライバーのシャフト

日本のスタードライバーでは、Speeder EVOLUTION for CW 50が標準シャフトですが、USモデルではシャフトはカスタムで選択でき、公式サイトでは6種類のシャフトについて仕様と共に紹介されています。

なお、USのシャフトは日本のシャフトと比べて硬いと言われています。日本でSを使っている場合、USのRが調度良いという方が多いようです。

Aldila Quaranta 40 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Light 44 high mid
Regular 45 high mid

Aldila Synergy 50 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Light 56 mid mid
Regular 58 mid mid
Stiff 60 mid mid

Aldila Synergy 60 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 66 low-mid mid-high
Stiff 68 low-mid mid-high

Project X EvenFlow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 65 mid mid
Stiff 67 low-mid mid
X-Stiff 65 low low

Project X HZRDUS Yellow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 62 low low
X-Stiff 63 low low

Project X HZRDUS Yellow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 76 low high
X-Stiff 76 low high

ROGUE ドロー ドライバー USモデルの購入方法について

ROGUE DRAWドライバーはUSモデルになりますので、基本的にネットショップで購入することとなります。

楽天でも取り扱いがありますが、US専門のフェアウィゴルフさんはスペック選択もでき、運営実績も長いので、安心して購入できます。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , , ,

関連記事

M6ドライバーとM5ドライバーの違い

テーラーメイドのMシリーズから発売されている注目のドライバー、M5ドライバー、M6ドライバー。どちらを選択するか悩むゴルファーも少なくない中、両モデルの違いについて取り上げます。 テーラーメイド M5 …

テーラーメイド M2 ドライバーの試打・感想・評価

テーラーメイドから発売されているM2ドライバーの2017年モデル。前作から更に進化し、後継モデルであるM4も人気、Mシリーズの中でも注目のモデルです。このM2ドライバーについて、試打と評価、感想を紹介 …

タイトリスト 917 D2 ドライバー の試打・評価・感想

タイトリストから2017年モデルとして発売されている(発売日は2016年後期)、917D2ドライバー。このサイトでは2018年のぶっ飛びドライバーをテーマにしていますが、今尚、ゴルファーの支持の熱さを …

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

PINGから発売のG410ドライバーについて、前作のG400ドライバーとの違いを取り上げます。 G410 PLUS ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 G4 …

タイトリスト TS2ドライバーの試打・評価、感想

タイトリストから2018年9月28日に発売のTS2ドライバー。 ※追筆2019/03/22:試打動画を1件追加 TS2ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す タイト …