飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

距離・弾道測定器

GOLFBUDDY ゴルフバディ aim W11とW10の違いを徹底解説!

投稿日:2021年3月12日 更新日:

ゴルフ用の腕時計型GPSゴルフナビでゴルフバディから発売のGOLFBUDDY aim W11とW10について、違いを解説します。

W11は、W10の後継機種

※左がGOLFBUDDY aim W11、右がW10

GOLFBUDDY aim W10とW11は、発売時期が異なります。モデル名からも分かる通り、W11の方が後継の新しいモデルで、機能・性能面でアップグレードしています。

  • GOLFBUDDY aim W10:2019年5月に発売
  • GOLFBUDDY aim W11:2021年に発売

サイズは同じで、どちらもカラー液晶タッチパネル

ディスプレイサイズ 直径1.3インチ
解像度 240 x 240 ピクセル
スクリーン フルカラータッチスクリーン
外形寸法 幅46mm×縦46mm×厚さ14.6mm
重量 55g

新・旧モデルで、本体サイズ・画面サイズに違いは無く、どちらもフルカラー液晶のタッチスクリーンが採用されています。

出典:Amazon

タップ・スワイプなど、スマホやタブレットと同様に扱えますので、操作が直感的で簡単な点が魅力の一つです。

W11は、グリーンのアンジュレーションも見れる

W10、W11のどちらにも高低差(スロープ)機能は搭載されていますので、起伏のあるコースなどで、高低差を考慮した距離が案内されます。

▼GOLFBUDDY aim W11は、アンジュレーションも表示される

W11の方では、高低差機能はグリーンビューにも反映され、高いところは赤、低いところは青でアンジュレーションが表示されます。

W11は、飛距離計測ができる

引用・出典:User Guide

W11の方に搭載されている新機能として、ダイナミック・ショット・ディスタンス機能があります。

ホール全体情報の基本画面で、左にスワイプすると、飛距離計測の画面(上図の左)が現れます。

ショット地点でグリーンの▶ボタンを押すと測定が開始され、ボール地点でオレンジの■ボタンを押すと、飛距離測定が完了します。

ドライバーショットなどで、どれぐらい飛んだか気になる場合、とっさに計測することができますので、ラウンドしていて楽しみが一つ増えそうです。

W11とW10のスペック比較

ディスプレイ 直径1.3インチ 直径1.3インチ
解像度 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル
スクリーン フルカラー
タッチスクリーン
フルカラー
タッチスクリーン
外形寸法 46×46×14.6mm 46×46×14.6mm
重量 55g 55g
バッテリー
稼働時間
ゴルフモード:最大10時間
時計モード:最大1週間
ゴルフモード:最大10時間
時計モード:最大1週間
防水等級 IPX7 IPX7
通信仕様 Bluetooth Bluetooth
コースデータ 全世界40,000件以上 全世界40,000件以上

サイズ、基本スペックに違いはありません。

W11、W10の詳しい解説については、別記事にまとめてありますので、リンクを載せておきます。

≫ GOLFBUDDY ゴルフバディ aim w11を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

≫ GOLFBUDDY ゴルフバディ aim W10を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

W11とW10の販売価格の比較

当記事執筆時点で、GOLFBUDDY aim W11とW10の販売価格を調べてみると、大手ショッピングサイトではAmazonが安値で出品されています。

新・旧モデルで価格差はなく、W11、W10ともに19,900円で出品されています。

よほどの事情が無い限り、サイズも一緒ですので、新しい方のW11を購入されることをオススメします。

まとめ

GOLFBUDDY aim W11とW10について、新・旧モデルの違いについて取り上げました。

新機種のW11の方は、新たな機能が搭載されていて、価格も19,900円という腕時計型のGPSゴルフナビとしては廉価となっていますので、新機種も高コスパで人気が出るものと思います。

【2020・2021年】GPSゴルフナビ おすすめ機種11モデルを徹底紹介【人気モデルの比較で特徴が分かる】

ゴルフレーザー距離計と腕時計型GPSゴルフナビのメリット・デメリットを徹底比較【おすすめポイント・違いを解説】

GOLFBUDDY ゴルフバディ aim w11を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

GOLFBUDDY ゴルフバディ aim W10を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-距離・弾道測定器
-,

関連記事

ボイスキャディ 音声タイプの全モデルを徹底比較【選び方・おすすめモデルが分かる完全ガイド】 VC200SE・VC4 Aiming・VC300A・VC170

ゴルフ用のGPS距離計測器は、腕時計型、PDA型など色々なタイプのものが発売されています。 その中で、VCジャパンが販売するVOICE CADDIEの音声タイプのものが、キャップに取り付けられ、操作も …

FineCaddie ファインキャディ J500を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

※FineCaddie全モデル比較完全ガイドは、下記記事をご覧ください。 ≫ FineCaddie ファインキャディ レーザー距離計の全モデルを徹底比較【選び方・おすすめモデルが分かる完全ガイド】 ゴ …

グリーンオン ザ・ゴルフウォッチ A1-Ⅱを徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用の距離測定器・GPSナビを取り扱うグリーンオンから、ザ・ゴルフウォッチ A1-Ⅱが発売となりました。従来のA1から新たに生まれ変わったA1-Ⅱについて、使い方・特徴・評価を取り上げます。 ザ・ …

ショットナビ W1 EvolveとHug Beyondの違いを徹底解説!

ゴルフ用の腕時計型GPSゴルフナビで注目の「ショットナビ W1 Evolve」が2020年10月に発売となっています。 数か月前には「ショットナビ Hug Beyond」が発売されていて、どちらが良い …

ニコン COOLSHOT 50i(2021)を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用のレーザー距離計でニコンから発売のCOOLSHOT 50iについて、使い方・特徴・評価を取り上げます。 COOLSHOT 50i Amazon 楽天市場 目次1 ニコン COOLSHOT 50 …