飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るアイアン タイトリスト

タイトリスト T200アイアン 2021(2代目)の試打・評価・感想

投稿日:

タイトリストから発売のT200アイアンの2021年モデル(2代目)について、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。

T200アイアン 2021(2代目)の特徴

タイトリストのTシリーズアイアンは、T100からT400まで100刻みでモデルがあり、幅広いゴルファーをカバーしているアイアンです。

数字が小さいほど上級者向けで、T200アイアンは中級者から上級者向けのモデルです。

中空構造を採用

2021年のT200アイアンは2代目となるモデルで、初代は2019年に同じ名前で発売されています。

アイアンの基本特性を左右する構造面は、前作に引き続いて中空構造が採用されています。

中空と言えば、少し前はアベレージゴルファー向けの飛距離性能を持たせたアイアンでした。しかし、近年はヘッド内部に高比重金属やクッション材を詰め込む技術が主流となりつつあり、中級者や上級者向けのアイアンでもヘッド内部に空間を確保した構造が増えています。

マックス インパクト 2.0を搭載

マックスインパクトテクノロジーは、新開発の高弾性ポリマーコアを用いた2.0へと進化して搭載されています。

オフセンターヒットの際でもボール初速のロスを抑えてくれますので、ショットの安定性を高めてくれます。

タングステンウェイトを配置

高比重金属のタングステンウェイトがトゥ、ヒールに配置されています。

ボール初速と許容性が求められるロングアイアン、精密なコントロールが求められるショートアイアンなど、全ての番手で重心が最適位置に配分されています。

マッスルプレートがフィーリングを向上

前作と大きく異なる点として、バックフェースにマッスルプレートと呼ばれるパーツが新たに採用されています。

T200アイアン 2021年モデルと2019年モデルの違い

バックフェースがシンプルデザインに

※左が2021年モデル、右が2019年モデル

2021年モデルでは、バックフェースにマッスルプレートが採用され、平坦ですっきりとしたデザインとなっています。

マッスルバックとまでは行きませんが、前作よりもトップとボトムでの厚みの差がなだらかで、中空構造らしさが出た形状になっています。

マッスルプレート

テクノロジー面では、上記でも触れましたが、2021年モデルではバックフェースにマッスルプレートが搭載されています。

音響調整がなされていますので、より上級者に好まれる打感・打音となっています。

2021年モデルのロングアイアンは、別モデルに分かれている

番手は、2019年モデルが4~9、P、W1なのに対して、2021年モデルでは5~9、P、W1となっています。4番アイアンを外した形となっています。

これがスペック面でのデグレ―ドではなく、実はアップグレードに近くなっています。

と言うのも、T200アイアンとは別に、T200ロングアイアンというモデルがユーティリティの区分でリリースされ、そちらは2~4番、ロフトで言うと17~22°までカバーしています。

T200のロングアイアンを使いたいという方は、T200ロングアイアンをご検討ください。

ロフト角は1°寝ている

ロフトは2019年モデルから2021年モデルになって1°寝ています(5~9番まで)。

最近の潮流としては、ロフトを立てるメーカーが増えていますので、逆に寝かしてきたというケースはかなり異例です。

球をしっかり上げて、ターゲットをしっかり狙えることを重視したのかもしれません。

T200アイアン 2021(2代目)の試打・評価

T200アイアン 2021をトラックマンで計測試打・評価

  • AP2と比べると、ブレードが薄く、シャープに見える。
  • ブレード長が短く、面長感は無く、オフセットは少なくしてT100と同じになっている。トップライン、ソール幅も薄くなっている。
  • T100とT100Sと共用して、上の方のアイアンだけ使うこともできそう。
  • T100、T100Sの打感の良さ・重たさは、インパクトの時は似ているが、その後は中の空洞感があって軽い感じられる。
  • T100、T100Sと比べて、飛距離が出るというより、球が楽に上がりやすい。
  • 前作のT200と比べると見た目がシャープで、弾道も乱暴に飛ばず、コントロールしやすい。グリーンを狙っていける。
  • テーラーメイドのT770、キャロウェイのAPEXフォージドが比較対象になりそう。

ゴルフライターがTシリーズアイアン2021を詳しく解説

試打ラボしだるTVのゴルフライター、コヤマ氏にて、タイトリストのTシリーズアイアン 2021年モデルについて、詳しく解説されています。

T100~T300までで、どのモデルにしようか悩まれている方は必見です。

T100・T100S・T200・T300アイアン 2021をプロが試打・比較

みんなのゴルフダイジェストさんにて、リニューアルされたTシリーズアイアンの全モデルを比較試打されています。

T200アイアン 2021(2代目)のスペック

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
5 25° 62° 38.00″
6 28° 62.5° 37.50″
7 31° 63° 37.00″
8 35° 63.5° 36.50″
9 39° 64° 36.00″
P 43° 64° 35.75″
W 48° 64° 35.50″

シャフトスペック

公式サイトでは、3種類のシャフトが掲載されています。

  • N.S. PRO 105T(スチール)
  • N.S. PRO 880 AMC(スチール)
  • 3D055(カーボン)
シャフト 材質 フレックス 重さ トルク 調子
NSプロ105T スチール S 111.3g 1.9° 先中調子
NSプロ880 AMC スチール S 94.5 ~ 106.5g 2.1° 中元調子
3D055 カーボン 69 ~ 85g 3.9° 中調子

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るアイアン, タイトリスト
-, ,

関連記事

EZONE CB511アイアン(2022)の最新情報!試打・評価・スペック

ヨネックスから発売のCB511アイアン(2022)について、最新情報を取り上げます。 EZONE CB511アイアン Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次1 EZONE CB511アイアンの …

TSi1フェアウェイメタルの最新情報まとめ!試打・評価・発売日・スペック

タイトリストのTSiシリーズに追加されたTSi1フェアウェイメタルについて、製品の特徴、試打した感想・評価などを詳しく取り上げます。 TSi1フェアウェイメタル Amazonで探す 楽天市場で探す G …

【60代前後のシニア向け】飛ぶ・やさしいアイアン おすすめランキング2022年

60代前後のシニア向けで、やさしく飛距離が出せるアイアンの2022年モデルについて、ランキング形式で紹介します。 対象となるアイアンは、各メーカーで現行モデルとしてホームページやカタログに掲載している …

ゼクシオ8 アイアンの試打・評価・口コミ!スペック・シャフト

ダンロップのゼクシオから発売のゼクシオ8アイアンについて、スペック・シャフト、そして、試打した評価・口コミを取り上げます。 ゼクシオ8アイアン Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次1 ゼクシ …

タイトリスト 907 D1 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2007年モデルとして発売されている907 D1ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 907 D1ドライバー/タイトリスト Amazonで探す 楽天市場で探 …