飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

EPIC MAX STARドライバーの最新情報まとめ

投稿日:2021年9月20日 更新日:

キャロウェイのEPIC 2021年シリーズに、新たなドライバーが追加となっています。

軽量・長尺のEPIC MAX STARドライバーについて、最新情報を取り上げます。

EPIC MAX STARドライバーの特徴

こちらがEPIC ’21に新たに追加されたモデル、EPIC MAX STARドライバーです。

日本では当記事執筆時点では公式サイトに掲載がありませんので、取り扱いがないようです。

軽量モデルとしては、USではEPIC MAX STAR、日本ではEPIC MAX FASTということになります。

超軽量・やや長尺

EPIC MAX STARドライバーの最大の特徴は、クラブの思いきった軽さにあります。

モデル EPIC MAX EPIC MAX FAST EPIC MAX STAR(US)
クラブ重量 287g 269g 253g
ウェイト重量 12g 12g 9g

EPIC MAX FASTドライバーも、EPIC MAXドライバーより18gも軽量で、日本国内では軽量ドライバーの代名詞的な存在のゼクシオよりも軽いです。

しかし、EPIC MAX STARドライバーはその上を行く軽さで、クラブ重量は253gです。

この軽さはシニアクラブの水準で、ゼクシオプライムドライバー(2021)の254gよりも1g軽いです。

クラブ長さも、標準の45.75インチよりも0.25インチ長い46インチです。

EPIC MAX STARドライバーは、超軽量・やや長尺で、軽さと長さを活かして飛距離を出すタイプのドライバーとなります。

対象ゴルファーとしては、ヘッドスピードが遅めで、超軽量クラブで楽に振りたい方、スインガーでクラブのしなりと長さを効かせて飛ばすタイプの方となります。

軽量でもウェイト調整機能を搭載

軽量モデルと言うと、重量を極限まで絞り込むため、調整機能は一般的に搭載されていないことが大半です。

しかし、EPIC MAX STARドライバーは、EPIC MAXやEPIC MAX FASTと同じく、スライダー式のウェイト調整機能が搭載されています。

ウェイトを左右に移動させることで、重心位置が変わりますので、ドロー・フェードに弾道を調整することができます。

スライスを抑えたい方、つかまり過ぎを弱めたい方など、クラブの方を自分のスイングに合わせることができますので、より求める弾道に近づけることができます。

ロフト角・ライ角の調整機能は未搭載

なお、EPIC MAXドライバーに搭載されているロフト角・ライ角の調整機能は、EPIC MAX FASTドライバーと同様に搭載されていません。

そのため、ロフト角・ライ角の切替は行えません。なお、ロフト角のラインナップは、10.5°と12.0°の2種類です。

ドローバイアスでつかまりが良い

トゥ側にはカーボンパッチが採用されていて、ドローバイアスとなっています。

顔つきもトップラインがストレートでフックフェースに見え、ボールのつかまりの良さを感じながら構えることができます。

EPIC MAX STARドライバーのスペック

  • ロフト角:10.5°、12.0°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:46インチ
  • バランス:D1
  • クラブ重量:253g

EPIC MAX STARドライバーのシャフト

公式サイトに掲載されているシャフトは、UST MAMIYA ATTAS SPEED SERIES T1100 30 GRAPHITEの1種類のみです。

硬さ 重量クラス トルク 調子
LIGHT (A) 30 高い
REGULAR 30 高い
STIFF 30 高い

シャフトは重量クラブが30ということで、公式サイトでの説明では36gとなっています。

EPIC MAX FASTの標準シャフトがRで42gですので、シャフトもかなり軽量化に貢献しています。

EPIC MAX STARドライバーの発売価格

冒頭でも触れました通り、EPIC MAX STARドライバーは日本での発売がないため、USモデルとなります。発売価格は、公式サイトでは699.99ドルです。

EPIC MAXドライバーが529.99ドルですので、170ドル(≒2万円)高いです。

日本でもシニア向けモデルはデザインの華やかさもあってやや高額で、USモデルも同様のようです。

なお、ネットでの出品価格は、USモデルの取り扱いでお馴染みのフェアウェイゴルフUSAで77,699円、楽天で84,700円となっています(Amazonでは出品無し)。

フェアウェイゴルフUSAは、メーカから直接仕入れの正規品商品のみの取扱いを謳われていて、シャフトの選択も豊富のため、USモデルを購入する場合はとてもオススメです。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, ,

関連記事

【名器ドライバー】おすすめランキング【完全版】アベレージゴルファー編

ドライバーはゴルフクラブの中で最も飛距離が出て、スコアを大きく左右するクラブです。 更なる飛距離ややさしさを実現すべく、開発が重ねられていますが、過去のモデルの中でも名器と呼ばれているドライバーがあり …

EPIC SPEEDドライバー 2021のロフト角5°の絶壁モデルがコレだ!

▼EPIC SPEEDドライバーの詳細・試打評価は下記記事をご覧ください。 ≫ EPIC SPEEDドライバー 2021の試打・評価・感想 キャロウェイの2021年モデル、EPIC SPEEDドライバ …

ONOFF AKA 赤 ドライバー 2020のロフト角・ライ角調整機能(OTCS)を徹底解説!

ONOFF AKA 赤 ドライバー 2020に搭載されているロフト角・ライ角の調整機能(OTCSスリーブ)について取り上げます。 ONOFF AKA ドライバー 2020 GDOで探す 楽天市場で探す …

Gドライバーの試打・評価・感想

PINGから2016年に発売のGドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。 Gドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 G …

no image

5年ぶり復活優勝のタイガーウッズが使用するドライバー、フェアウェイ、アイアン、ウェッジを公開

タイガーが帰ってきた。2018年9月20~23日に開催されたPGA ツアープレーオフシリーズ最終戦ツアー選手権にて、5年ぶりにタイガー・ウッズが勝利。ツアー通算勝利数が80勝の大台に乗った。 ここ数年 …