当サイトは広告が含まれています

PXG TDドライバーの最新情報まとめ

飛距離が出るドライバー PXG 2022年10月28日

PXG TDドライバーがR&A、USGAのドライバールール適合リストに掲載されました。

PXGのニューモデルと思われるドライバーについて、最新情報をまとめました。

PXG TDドライバー

出典:USGA

こちらがドライバーのルール適合リストに掲載されたPXG TDドライバーです。

公式サイトに掲載されている現行モデルは、0811 XF GEN4、0811 X GEN4、0811 XT GEN4、0811 X PROTOTYPE、0811 X+ PROTOTYPE、0211の6機種となります。

「PXG TD」という名称のドライバーはありませんので、2022年のニューモデルということになると思います。

ウェイトは3ヶ所に搭載

ソールには3つのウェイトが確認できます。

搭載箇所は、ソール前方の中央に1ヶ、ソール中ほどのトゥ・ヒールに1ヶずつです。

寛容性を高めつつ、浅重心で操作性・低く強い弾道を意識したドライバーではないかと思います。

また、3つのウェイトは形状が同じで重量が異なれば、ローテーションにより弾道調整・バランス調整が可能となります。

外観から判断する限り、ヒール側のウェイトは、前方、トゥ側のものとは異なるように見えます。

ロフト角は、9°と10.5°の2種類

スペック面については、ロフト角のみ適合リストに掲載されています。

  • 9.5°
  • 10.5°

現行の0811シリーズでは、XT GEN4が7.5°, 9°, 10.5°、X GEN4が7.5°, 9°, 10.5°, 12°、XF GEN4が9°, 10.5°, 12°となっています。

今回、確認されたPXG TDドライバーは、9°、10.5°の2種類のため、やや対象ゴルファーが絞り込まれたモデルのようです。

一般的に、上級者向け・ハードヒッター向けの方が、ロフトスペックが少ない傾向にありまして、実際、PXG TDドライバーは後方の最深部にはウェイトが搭載されていないようですので、低スピン・強弾道を求めるゴルファー向けのモデルの可能性が高そうです。

まとめ

PXG TDドライバーについて、ルール適合リストに掲載された内容から最新情報を取り上げました。

まだPXGの公式サイトなどでの直接の発表はありませんので、テクノロジー安ペクの詳細は確認できていません。

新たな情報が確認されましたら、都度、取り上げていこうと思います。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, PXG
-, ,

関連記事

ステルス2 PLUSドライバーのウェイト調整機能について徹底解説【調整例の基本3種+タイガーウッズの調整例】

ステルス2 PLUSドライバーに搭載されているウェイト調整機能について、調整の仕組み・調整方法・具体的な調整例・実際のツアープロの調整例を、詳しく取り上げます。 ステルス2 PLUSドライバー テーラ …

【スライサー必見】ローグST MAX Dドライバーより、EPIC MAXドライバーがオススメな3つの理由

キャロウェイの2022年モデルからドロータイプのローグST MAXドライバーが発売となっています。 前年のEPIC ’21には、ドロータイプのモデルがありませんが、スライスを改善したいゴル …

上級者にオススメの1万円台で買える中古ドライバー!おすすめランキングTOP5

ゴルフ上級者にオススメの中古ドライバーで、1万円台で購入できるモデル5本をランキングで紹介します。 目次1 ドライバーは中古クラブから選ぶとメリットだらけ!2 第1位 スリクソン Z765ドライバー3 …

MEVO ゴルフ用の弾道計測器の使い方と特徴【完全ガイド】

ゴルフ用の弾道計測器のMEVOについて、使い方と特徴を取り上げます。 MEVO 弾道測定器 GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 MEVOは、安価で個人が購入できる弾道測定器!2 …

PRGR RS REDドライバーの試打・評価・感想

PRGRのRSシリーズから発売の RS REDドライバーについて試打の感想や評価を交えながら取り上げます。 RS REDドライバー/PRGR GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 …